人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

松岡問題、9条改憲隠し?、石川・漫画で人気とり~安倍自民党は 国民をバカにし過ぎ!+衆参同日選

 何か書きたいことが山ほどあって、どこから手をつけていいものやら・・・。^^;
<でも、昨日はやっと☆が★X8から脱出&工藤も初勝利で、気持ちはチョット↑>


 今回は前半で、「国民をバカにするな」のアレコレを。そして後半では「衆参同日
選挙があり得るかも」+αについて書きたいと思うのだが・・・。

 その前に、コチラのご紹介を・・・。

 ☆ 自民党・民主党に9条改変に関するアンケート!

「反戦な家づくり」の明月さんが、「自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアン
ケート」 に賛同するブロガーを緊急募集されている。<コチラをご覧下さい。>
 締め切りは、5月25日24時なので、あと1日チョットしかなくて、申し訳ない
のだが。^^;・・・私自身、アレコレ考えて悩んでいるうちに、日にちが過ぎてしまい、
すっかり遅くなってしまった。<すみません。m(__)m>

 この企画自体、とても意義があるものだと思うし、特に9条護憲派の方には、
大きな意味があるのではないかと思うので、ここにご紹介しておきたい。

 ~ ~ ~ ~ ~

 23日にはネットやTVでニュースを見ていて、マジに「てめえら、どこまで国民
をバカにすれば、気が済むんだ~~~!!!( ̄□ ̄#)」とわめきたくなるような
衝動に襲われてしまった。

 * * * * *

 ☆ 松岡農水大臣、説明する気なし。安倍首相も説明させる気なし。<*1>

 23日に、衆院予算委員会で「政治とおカネ」の問題に関する集中審議が行なわれた。

 ここで野党は、松岡大臣のナントカ還元水(事務所費、光熱水費)疑惑に関して質問
するも、松岡大臣はひたすら「法に乗っ取り適切に対処・・・」「法に従い対応・・・」
を繰り返し、説明をする気が全くないことを示した。
<保坂議員のどこどこ日記に、やりとりの様子が書かれている。(コチラ)>
 しかも、安倍首相らが答弁している最中に、他の大臣と談笑している姿も。(-"-;) 


 さらに安倍首相も、「法に求められている中で農相は説明を果たした」と答弁。
松岡大臣を擁護し、これ以上は説明を求めない姿勢を示した。
 夜に行われた会見では、記者が何度か「国民が納得しないのでは?」と質問している
のに「国会で申し上げた通りです」と繰り返すばかり。<答えになってないっしょ。>

 最近は、「国民に向けて話をしたい」とか言って、質問する記者の方にはほとんど
目を向けず、カメラ目線で前を向いたままの時が多くなっているし~。<せめて質問
されているぐらい、そっちを見ようよ。子供の教育によくないよ!>

 メディアよ。どうか怒りをもって、この件を伝えて欲しい。そして、国民も決して
このことを忘れないで欲しい!(**)

<誰かが説明しないのは、法に反するわけではないと言ってたけど。でも、虚偽記載自体が、
政治資金規正法違反になるのだから。彼がやっていることは、法律上、適正ではない可能性が
高いし、そちらの方が重要なことなのだ!>

 * * * * *

 ☆ 参院の公約では、9条改憲は隠してしまうかも・・・なの?

 自民党の参院選公約の原案が22日、明らかになった。<*2> 
 これに関しては、また改めてツッコミたいと思うが、「美しい国づくり」に基づいた新憲法制定、
教育再生、集団的自衛権の検討、自衛隊海外派遣の恒久法など、と~っても安倍タカ派
カラーが出た内容になっている。

 
 ただ、自民・公明は、与党としての参院選での公約も作ることになっており、憲法改正の
扱い方に関して文言を調整する協議を行なうことにしたという。
 公明党は、憲法改正を公約や争点にすること自体に反対の立場だったが、安倍氏は引く
気がない。でも、公明党は9条1・2項は絶対護持の方針なので、与党公約に9条改憲
や集団的自衛権を盛り込まれたら、選挙協力に問題が生じてしまうおそれがあるからだ。

 その中で、驚くべきことに、中川幹事長は公明党に配慮して「9条をどうするかと
いうものではない」と発言したとか。<はぁ~?(゚Д゚)>
 
 何? 自民党は「憲法改正は考えているけど、与党としては9条を改正するかどうか、
これから考える」と言って、参院選を行なうだろうか? 
 すでに9条改憲の草案を発表している自民党が、そんなことを言うのは、反則or詐欺
になるでしょ~! ■\(@@ red card

 それで学会の人たちは「そうか~。自民党はまだ9条を変えると決めているわけじゃ
ないのね~。安心したわ~」って、投票するわけ?(ーー;)
 まさか一般国民にも、そういう説明をするわけじゃないと思いたいが・・・国民が騙されない
ように注意しなくちゃと思う。

 ** * * *

 ☆ 石川くんと漫画で人気とり?!

 安倍首相は、23日にゴルフの石川僚選手(15歳)を急遽、官邸に呼んで対面を行なったり
もしている。TV&スポーツメディアに多く取り上げられるのを意識してのことだろう。<*3>
<金曜から中間試験の高校生を、わざわざ呼び出して、利用するなんて。(-_-;)>


 また22日、麻生太郎外務大臣は、「漫画のノーベル賞にしたい」と「国際漫画賞」
の創立を発表した。<*5>
 私はこの賞自体は悪くないと思うし、麻生氏がもともと漫画好きなのも有名な話で
あるのだが。<ポスト安倍をアピールしたいという意向もあり? 何か「とてつもない日本」
ない本も出すらしい。あまりトテツモない国には、なりたくないんだけどな~。>

 ただ、この時期の発表は、参院選で若者ウケを狙いたいという意図もあるのではないかと
勘ぐってしまうところもある。

 * * * * *

 ともかく、安倍首相&内閣&自民党は、こんなに国民をバカにして、よく平気で
いられると思ってしまう。

 次の参院選では、「あまり国民をナメると、大変な目に合うよ」ということを絶対に
思い知らされなければ!・・・と改めて誓ったmewなのであった。

 ~ ~ ~ ~ ~

 「今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのは、しんどい!^^;」という方の
ために、クリック・コーナーを。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


 ~ ~ ~ ~ ~

☆ 衆参同日選挙もあり得るかも?

 先週の週刊ポストに『安倍首相が密かに放った「6.23解散&同日選」指令』という
記事が出ていたそうなのだが。<残念ながら読んでいないのだけど。^^;>

 毎日新聞22日には、「民主党が衆参同日選挙の可能性を警戒&参院選の応援も考え
て、急ピッチで衆院小選挙区の候補者確立を進めている」という記事が出ていた。(*5)
<民主党は05年、いきなりの小泉解散に十分対応できずに、負けちゃったしね~。>

 安倍首相は、衆参同日選挙に関しては「考えていない」と否定しているが、私は衆参
同日選挙の可能性は、それなりにあるのではないかと思っている。

 もし6月中旬に行なう最終的な票読み&予測で、自民党が過半数獲得のための最低
目標の51議席にかなり届かない状況であったなら、安倍首相は思い切って衆参同日
選挙に打って出ることが、考えられるからだ。

<民主党も、それを感じたからこそ、警戒して備えておこうとしているのだろう。
別方面から、もしかして情報が届いたりもしている。・・・もしかしたら、松岡大臣
が解散の立役者になり得る可能性も?^^;>


 今の段階では、自民党が確実視されているのは40議席前後だとか? そこで、党
としては、佐賀選挙区の候補者の入れ替え、丸川珠代氏の立候補<比例区でも、さらに
有名人を模索中>などテコ入れに必死になっているが、どこまで挽回できるかが鍵に
なるだろう。
 中川幹事長は「衆参同日選挙もあると思って体制を調える」ように指示。衆院議員
に地元選挙区を支援するように伝え、その功績を人事に反映する意向も示したという。
<もう「何が何でも」&アメとムチ体制なのだ。>

 同時に、たぶん今頃、過半数に足りなかった場合に備えて、国民新党などの元・自民
党議員、もしかしたら参院民主党の議員などと水面下の交渉を行なっているのではない
かと思うのだが。秋までに不足分が集められる計算が立つかどうかも、今後の状況に
大きく影響すると思われる。

 * * * * *

 何故、同日選挙の話が出るかと言えば・・・自民党は過去2回(80、86年)衆参
同日選挙を行なっており、2回とも圧勝しているからなのではないかと思われる。
 もし自民党支持者が多ければ、また同時選挙で組織力がうまく働けば、一挙両得に
なりやすいのである。 

 ただ、当時は選挙のシステムが今とは違う(*5)&当時は自民党は支持団体の組織
力が強かった。また、80年は当時の大平首相が選挙期間中に急逝し、同情票が集まっ
たことも大きかったし、86年(中曽根首相当時)はバブル景気が始まりつつある時で
都市部の企業、団体の組織力がうまく働いたことが大きかったと言われている。

 だが、今は選挙制度が変わって、有権者が投票の際にわかりにくい状況にあること、
自民党はかつてほど組織力が働かないこと、衆参の両議員や公明党から反対の声が出る
可能性が高いことなどから、同日選挙を行なうのは極めて難しいと考えられている。
 もし安倍首相が、あえて衆院を解散して、同日選挙を行なうとすれば、それこそ小泉
郵政選挙のように、自分の政治生命(首相生命)を賭けた大博打を打つしかないと
いう時に限られるだろう。<参院が大敗しそう&党内の安倍包囲網が強まりそうな感じ
になったら。・・・ついでに政界再編まで持ち込もうとするかも?>


 ただ、私たち国民としては、情勢をしっかりウォッチする必要があると思うが・・・
ともかく下手に踊らされないようにして、冷静に判断して投票ができるようにするのが
一番大切なのではないかと思う。

 衆参一気に野党が勝って、一気に政界大再編成というのも、今後の政治がわかりやすく
なって、いいかも~と思ったりもする。(@_@。

~ ~ ~ ~ ~
 
 22日に元・経団連会長の平岩氏が他界されたこと&安倍+経団連のことや、23日
に米軍再編法案が成立したことなどなど、アレコレ気になるニュースがあるのだが。
 また機会があれば、後日、書きたいと思う。

                        THANKS

【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 25位枠の攻防に。皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
         ↑つかの間の1位だったけど。(--) またコツコツと復活を!(・・)


【報道記事などは、More の部分に】





*1

『衆院予算委員会は23日午前、安倍晋三首相らが出席し、松岡利勝農相の資金管理団体による多額の光熱水費問題など「政治とカネ」をめぐる集中審議を行った。農相は、同問題に関し「法に基づいて適切に報告している」と繰り返し、自ら内訳の詳細を説明する考えがないことをあらためて強調した。

 農相はまた、与党が今国会に提出予定の1件5万円以上の光熱水費などにも領収書添付を義務付ける政治資金規正法改正案に従い、光熱水費の明細を開示するかどうかについては「法の定めに従い対応するのが基本だ」と述べ、改正案が成立した場合でも法律の不遡及原則により公開する考えのないことを示唆した。

 首相は「法に求められている中で農相は説明を果たした」と農相を擁護。同時に「国民の信頼という政治の基盤をしっかりしたものにするためにも国民の厳しい声に応えて法改正を行うべきだ」と述べ、法改正に取り組む姿勢をアピールした。


*2

『自民党の参院選公約の原案が22日、明らかになった。安倍晋三首相のキャッチフレーズである「美しい国づくり」に取り組むことを前文に掲げ、具体策として新憲法制定や道州制導入の推進、「教育再生会議の議論を深め『教育新時代』を開く」ことなどを明記している。

 計29の改選1人区が勝敗の鍵を握ることを踏まえ、地方で深刻化する「医師不足問題への早急な対応・地域医療の再構築」や「救急医療の拡充」を柱の1つに据え、地方重視の姿勢をアピールしているのも特徴だ。

 個人住民税の一定割合を出身地などに納めることを可能にする「ふるさと納税」制度導入については、与党の一部に異論があることを踏まえ「ふるさと納税構想を検討する」との表現にとどめた。都市部の無党派層の関心が高い地球温暖化対策など環境問題への取り組み強化も盛り込んだ。

 少年の凶悪事件続発や愛知県の発砲立てこもり事件を受けて「青少年健全育成基本法案」(仮称)の制定や銃器対策推進も打ち出した。

 外交・安全保障分野では、集団的自衛権行使に関する論議を進め「安全保障の法的基盤の再構築」に努めることや、国際貢献活動としての自衛隊の海外派遣を随時可能にする「一般法(恒久法)の制定」を目指すことを列挙した。<共同通信23日>』

*3

『自民、公明両党は23日、参院選の与党公約をめぐり、憲法改正に関する文言調整に
入る方針を決めた。安倍晋三首相が9条を含む改憲に強い意欲を示す一方、公明党は
9条改正に否定的で、参院選で野党から足並みの乱れを突かれるのを防ぐのが狙い。
近く自民党の中川昭一、公明党の斉藤鉄夫両政調会長らが協議する。

 自民党の中川秀直幹事長は同日、公明党の北側一雄幹事長らとの会談で「6年間の
任期中に改憲発議があり得る以上、参院選候補者の意見表明があってしかるべきだ」
と述べ、あらためて改憲を争点化する考えを示した上で、表現を調整したいとの意向
を表明。「9条をどうするかというものではない」とも述べ、公明党に配慮する考え
を示した。
 自民党憲法審議会の中山太郎会長も23日、公明党の太田昭宏代表と国会内で会談。
中山氏は中川政調会長に調整を要請した。<東京新聞23日>』

『安倍晋三首相は23日、男子プロゴルフツアーのマンシングウェアオープンKSBカップにアマチュア参加し、史上最年少で優勝した東京・杉並学院高校1年、石川遼さん(15)を首相官邸に招き、「日本全国を明るくしてくれた」とたたえた。

 両親と一緒に首相と面会した石川さんは「はにかみ王子」の愛称通り照れた様子。「目標はマスターズで優勝。タイガー・ウッズが尊敬する選手」と語り、首相から「目標は大きいほうがいい」と激励され、「真実一路」と書かれた手書きの色紙をプレゼントされた。

 面会後、石川さんは記者団に「ゴルフに集中して頑張りたい。今日のことは一生忘れません」と話した。<毎日新聞 24日>』



『 「漫画好き」を自認する麻生太郎外相の肝いりで、海外で活躍する外国人漫画作家を顕彰する「国際漫画賞」(国際交流基金などの実行委員会主催)が創設されることになった。実行委員長を務める麻生外相は22日午前の閣議後の記者会見で「日本のポップカルチャー、サブカルチャーの発信力を高め、マンガの『ノーベル賞』みたいにしたい」と抱負を述べた。

 候補作品は、一般公募と国内外の出版社による推薦で集め、6月22日に漫画家の里中満智子、やなせたかし、ちばてつや3氏や国内有力漫画雑誌の元編集長らが選考。優秀作品に「国際漫画賞」などを贈呈する。授賞式は7月2日に東京で開催する。<毎日新聞 22日>』

『麻生太郎外相は、昨年の自民党総裁選で掲げた政権構想に肉付けした著書「とてつもない日本」(新潮新書)を近く出版する。安倍晋三首相の支え役に徹している麻生氏だが、首相の「美しい国へ」(文春新書)の向こうを張ったタイトルで、「ポスト安倍」への意欲をにじませた形だ。

 麻生氏は「日本人のエネルギーはとてつもない」という祖父吉田茂元首相の言葉をもとに本書を構想。「高齢化を讃(たた)える」「ニートも、捨てたもんじゃない」など逆説的な表現を多用し、「日本の底力を見つめ直そう」と訴えている。

 アジア各国とのネットワーク強化を図る「麻生ドクトリン」や、東欧などの新興民主主義国を支援する「自由と繁栄の弧」構想も展開。持論の靖国神社非宗教法人化についても説明している。

 党内の主流派に属しながら時機をうかがうのが現時点での麻生氏の政権戦略。そのため首相との違いはあえて強調していないが、6月5日の麻生派パーティーでは外交演説集も配布し存在感をアピールする。<毎日新聞 18日>』

『自民党は21日、夏の参院選に向け、接戦が予想される都道府県の衆院議員を党本部に呼んで情勢分析を進めるなど、組織の引き締めを本格化させた。今年は参院選と統一地方選が重なる12年に1度の年で、選挙を終えたばかりの地方議員の動きは鈍い。このため、同党執行部は衆院議員の動きがカギを握るとみて、「衆参同日選的な取り組み」(中川秀直幹事長)を求めていく方針だ。

 21日の情勢分析は非公開。山梨、滋賀、香川、愛媛などの選出衆院議員に谷津義男選対総局長が県別に面談した。衆院愛媛1区選出の塩崎恭久官房長官も姿を見せた。

 中川幹事長、石原伸晃幹事長代理ら執行部は14、15の両日には衆院議員を対象にブロック別の懇談会を開き、参院選対策を議論したばかり。その際に中川氏は「与党が衆参両院を握っているからこそ、みなさんの支部、後援会の意見も初めて政治に反映させることができる」と述べ、衆院議員に対し後援会などを総動員し、参院選対策に真剣に取り組むよう指示した。

 選挙実務を担う谷津氏は(1)比例18議席(2)1人区20議席(3)2人区以上18議席以上--で自民単独56議席以上という高めの目標を示した。<毎日新聞22日>』

『『民主党が次期衆院選小選挙区の候補者擁立を急ピッチで進めている。22日は新たに
2人の公認を内定したほか、残る108小選挙区についても、鉢呂吉雄選対委員長は来月
2日までに候補者を決める考えを示した。衆参同一選の可能性を警戒すると同時に、
衆院候補を早期に擁立し、参院選の応援に駆り出す狙いとみられる。<毎日新聞22日>』
by mew-run7 | 2007-05-24 05:40 | 安倍政権に関して

by mew-run7