日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

強引&迷惑な会期延長で首相責任論。「国民のためを考えない政治家は辞めた方がいい」by安倍

<20日からexciteブログ同士のTBができるようになった。でも、他社ブログからの
TB受付はまだダメのようだ。(-"-;) 昨日は、超久々に政治ブログの1日最多記録を
更新していた。本当に感謝です。m(__)m ・・・参院選が1週間延びてしまったので、
どうかmewにその分のエネルギーを下さいませ!(*_*))>

 昨日は張り切って、あと2本分の(教育関連法案&イラク特措法)の記事を用意した
のだけど。張り切り過ぎたせいか、暑過ぎたせいか、PCがオーバーヒートして固まっ
てしまい、アウトに。(>_<) もし後から覗いてみた方がいらしたら、すみませんです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 昨日21日、正式に国会が12日間延長されること&参院選の投票日も7月29日に
延期されることが決まってしまった。(ーー;) 
 
 あ~あ。mewは23日から仕事が超忙しくなっちゃうのにな~。それに29日は大井
競馬(ナイター)もあるのに~。フジTVの27時間テレビともぶつかるし~。
<地方競馬関係者やフジ&27時間TV関係者は、安倍自民党にNO!を。(・・)>

 まあ、私のことはさておき、この国会延長&参院選延期を歓迎している人は、どれ
だけいるのだろうか? <強いて言えば、選挙戦に出遅れ気味の候補者にはいいかな?>
 ほとんどの候補者は、まずお金や人員の手配のことが心配になっていることだろう。
投票率も読みづらくなるかも知れない。<*1>

 安倍首相の応援団№1を自負する山本一太議員も、安倍氏の判断には理解を示しながら
も、19日のブログでアレコレぼやいていた。
「投票日をずらしたことで、ギリギリ獲得出来るはずだった5、6議席を失うと計算して
おいたほうがいい。 少なくとも、群馬地方区で山本一太が当選する確率は、20%くら
い低くなったと思う。 あ、そうか。 「同日の投票」になるはずだった県知事選挙とも、
1週間ずれることになる。 同じ全県一区の選挙なのに、県民の方々に「余分な
手間」をかけてしまう。 投票率も下がるに違いない。 ああ、与えられた期日の中で、
(勝っても負けても)正々堂々と勝負したかったなあ!!』と.。

 昨日も書いたが、各地の選挙管理委員会もアタフタだ。投票所として予定していた体育
館等が使えず、最悪の場合は、プレハブを建てることを考えているところもあるという。
当然に余分な費用&手間もかかる。
 どう見ても「大迷惑」だ。<昔、そういう題名のユニコーンの曲があったな~。♪>

* * * * *  

 当然にして身内からも、悲観論や責任論、そして不満、批判が続出している。
 
 青木参院会長は16日の講演で「責任者は安倍総理。責任の所在をはっきりして戦う
参院選だ」と言及。舛添参院政審会長も21日、朝日ニュースターの番組で「会期延長
は総理の責任でやった。参院選で大敗すれば翌日、内閣総辞職だ」と語ったという。
<「官邸は裸の王様になりかかっている」「安倍首相が公務員制度改革のために延長したと
(国民を)説得できなければ、参院選で大敗し安倍内閣は(投開票日)翌日に総辞職して瓦解
する」とも。>

 以前、ものを言うタレント議員としてご紹介した扇千景参院議長は、「参議院選挙の投票日
が7月22日だということはわかっていたはずだ。わたしはたいへん不本意だ」と厳しい顔で
苦言を呈していた。<NHK映像より>

 また21日には、自民党各派の事務総長の会合が開かれ『7月の参院選について「現状
では計29の改選1人区の獲得議席は2けたいかない。極めて厳しい」との認識で一致
した。出席者からは、安倍首相の政権運営をめぐり「昨年の総裁選での論功行賞で(閣僚
などの)人事をしたことが、今の状況を招いているのではないか。仲良しクラブではなく、
幅広の人事をしてほしい」との批判の声も上がった。<共同通信21日>』

 前記事で書いた鴻池議員もそうだけど。やはり仲良しごっこの「ボクの官邸」「ボクの
内閣」に対する不満、批判が、ここに来て一気に噴出して来そうな感じがある。
 もともと安倍氏は、政治家としてはさしたる実績も評価もなかったわけで。ただ改憲&
国家再興勢力が担いだオモテ向きの(一般国民向けの)顔として、また自民党議員にとっ
ては選挙向けの顔として総裁&首相に選ばれただけなのだから。<去年の夏に少し書いた
けど<コチラ>、いわばボクシング人気と視聴率のために担がれた亀田興紀選手のような
もので。負ければ、大バッシングになっちゃうのよね~。(・・)>

* * * * *

 何か自民党全体がヤケになっているような感じもする。
 言いたいことは山ほどあれど。ここまで来たら、もう安倍首相に「思いっきり好き勝手
にやってよ」と。どうせ大敗すれば、安倍政権も終わりなんだから・・・みたいな。
 
 そのヤケ&開き直りは、安倍首相の方にも感じられる。
 もともと孤立気味であった官邸だが、いまや四面楚歌になりつつある中、どうせ逆風
が吹いて惨敗する可能性が強いなら、首相として自分のやりたいようにやって、あとは
運を天に任せ、玉砕覚悟で勝負に賭けるしかないのではないかと、そういう気分になっ
ているになっているのかも知れない。<もしかして神風が吹くのを期待しながら?(・・)>


 安倍首相は21日の記者会見で、会期延長に関して責任論が出ていることを問われ、
「私たちの使命は技術的に選挙の勝利を考えることではなく、国民や国のために何をすべ
きかだ。そうでない政治家は辞めた方がいい」と不快感を示したという。
「これまでも国民のため、日本のため何をすべきかという観点から判断をしてきた。参院
選ではこういう私の信念も含め、国民の審判を仰ぎたい」とも。<朝日21日>

 確かに、安倍首相は、自分の思い憧れる「美しい国」づくりのためには一生懸命やって
いたかも知れないけど<それを国民のためと勘違いしているのかも知れないけど?^^;>。
私は安倍政権が、国民のためにしてくれたと思える法案や政策など、ほとんど全くと言って
いいほど思い浮かべることができない。

 教育基本法&教育関連3法案改正、防衛省昇格&自衛隊法(任務拡大)改正+イラク
特措法案延長、改憲手続法案(国民投票法案)などなど、すべての重要法案は、国民の
ためというより、いわゆる「戦後レジームからの脱却」に基づく、逆に言えば、私たち
国民が戦後60年にわたって築き上げて来たものをブチ壊すためのものではないか?

<私から見れば、すべては国民のためにならない法案だ。・・・今期で引退する社民党の
大田昌秀議員(元・沖縄県知事)が、「数を頼んで次から次へと強行採決する国会運営に
失望した。しかも、教育3法など日本の将来に影響が大きいことばかり。だが多勢に無勢、
成果を上げることなく国会を去るのは残念」と無念さをにじませていたそうだが。
 この半年に成立した法案に、色々な思いを踏みにじられた人はたくさんいると思う。(ノ_-。)>


 そして、やたらに「美しい国づくり」にこだわるあまりに、国民の現実の生活に本当
に必要な法案や政策は、ずっとないがしろにして来たのではないだろうか?
 経済、医療、教育、福祉、地域間の格差は、どんどん拡大して行くばかりなのだ。

 今回の年金納付記録の問題だって、その原因は安倍政権にあるわけではないが。
以前からわかっていたのに、それを公表せずに社保庁を解体することでしのごうとした
ごまかしの姿勢が、参院選前になってからの騒動を招いたのである。その意味では、
この逆風は、自業自得とも言える部分があるだろう。
<それに、参院選を延期したのは、その逆風が和らぐのを待ち&何か逆転のチャンスを
得る時間を稼ぐという戦術的な意図があることも、否定できないのではないだろうか?>


 でも、国民のために何をすべきか考えない政治家は、辞めた方がいいんでしょ?(・・)
 では、しっかりと国民の審判を仰いでもらって、もし国民から「NO!」と言われた
なら、潔く責任をとってもらうことにしましょう!
 政治家は辞めなくていいけど、内閣総辞職をして首相は辞めて下さいね!(**)


 p.s.
 昨日も仕事場で話が出ていたのだけど、安倍氏の顔がチョットゆがんで来ている感じ
が。右側のまぶたや頬が下がって、笑を浮かべようとする時も、左側の口角しか上がら
なかったり。顔も細くなっているし。かなりストレスが強くなっているのかも。
 自民党の新しいポスターの写真も(本人が選んだらしいのだけど)ちょっと悲壮感
が漂う感じが。<コチラ> 何だか色合いが、60年代の映画ポスターみたい。(絵で
書いたような) ちょっと三島由紀夫の写真のイメージとダブったりもする。
「成長に実感を」のキャッチ・コピーもピントはずれかも?(実感できる国民は、少ない
もん。)ちなみに、この日は、テレビCMも発表予定だったのに、ドタキャンになって
しまったらしい。^^;>


                         THANKS

【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 参院選まで、何とか25位枠に残りたい!皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
      ↑ 残念ながら、2位陥落。 でも、またコツコツと上を目指して。(@_@。


報道記事は↓Moreの部分に






『参院選の投開票日がようやく決まった。決戦の日は当初の想定より1週間延びた7月29日。選挙に臨む議員からは「お金が足りなくなる」「準備不足を補うチャンス」など不安と安堵(あんど)の声があがった。

 「首相応援団」を自任する自民党の山本一太議員(群馬)は「重要法案を通すためには仕方がない」とする一方で、「モチベーションを維持することも含め、全体としては厳しい」と本音も。公明党の山口那津男議員(東京)は「重要法案が残っているので、延長は必要」と与党らしい見解だ。

 一方、「欠陥だらけの公務員制度改革関連法案のための会期延長など、もってのほか」と憤るのは民主党の岡崎トミ子議員(宮城)。共産党の井上哲士議員(比例)はさらに辛辣(しんらつ)で、「首相はダダをこねている感じ。国会を私物のように思っているのでは」。

 こうした中、今期で引退する社民党の大田昌秀議員(比例)には無念さがにじむ。「数を頼んで次から次へと強行採決する国会運営に失望した。しかも、教育3法など日本の将来に影響が大きいことばかり。だが多勢に無勢、成果を上げることなく国会を去るのは残念」

 新人の自民、千田勝一郎氏(岩手)は「お金が足りない。1週間延びると約100万円かかる。カバンがない私には厳しい」と話す。同じく自民の丸川珠代氏(東京)陣営も「延びればその分、お金がかかる」と切実だ。しかし、準備不足を自覚する陣営からは「チャンス」の声も。民主の一川保夫氏(石川)の陣営は「出遅れたが、万全の選挙態勢が組める」と歓迎する。
<毎日新聞 21日>』

『 安倍晋三首相(52)は21日、公明党の太田昭宏代表(61)と首相官邸で会談し、23日までの国会会期を12日間延長することを決めた。これにより、7月22日に想定されていた参院選は1週間繰り延べされ、7月12日公示、29日投開票の日程となる。だが、会期延長には野党だけではなく、与党からも「首相は裸の王様」などと大ブーイング。首相主導の会期延長が選挙で裏目に出れば進退問題に発展する可能性も。安倍首相は「背水の陣」で参院選に臨む。

 安倍首相は党首会談で、強い意志で訴えた。「官製談合や、押しつけ的な天下りあっせんは国民の関心が高い問題。参院選日程がずれ大変なご苦労をかけるが、法案の成立が大事なので、ぜひ協力を願いたい」。公務員制度改革法案の成立に向けた執念に、太田代表も同意。参院選の1週間繰り延べが確定した。

 首相主導の日程変更には、身内からも批判の声が渦巻いている。「官邸は裸の王様になりかかっている」「安倍首相が公務員制度改革のために延長したと(国民を)説得できなければ、参院選で大敗し安倍内閣は(投開票日)翌日に総辞職して瓦解する」など舛添要一参院政審会長が露骨に批判すれば、今期限りで政界引退する扇千景参院議長も「あまりよろしくない。いつも最後のしわ寄せが参院に来る。不本意ですよ」ときっぱり。参院内閣委員会筆頭理事の鴻池祥肇氏もブログで「苦労知らずの『仲良し官邸団』の諸君よ。参院は官邸の下請けと違うんやで」と痛烈に皮肉った。

 悪夢がよぎる。参院選前に国会の会期を延長するのは今回で戦後9回目。最近20年間では1989年の宇野内閣と98年の橋本内閣の2回だけで、ともに自民党が惨敗し首相は退陣に追い込まれている。

 安倍首相は党内の反発について「法案を通すことが国民の期待に応える道」「国民や国のために何をすべきかを考えないといけない。そうじゃない政治家は辞めた方がいい」と不快感をあらわにしたが、“背水の陣”選択がどちらの目に出るか。

 政治評論家の浅川博忠氏は「延長は、首相の公務員改革への強い思い入れの表れ。小泉改革を継承しておきたいのでしょうが、12日間で法案を通すのは、かなりの無茶」。過去のジンクスについては「首相も知っているでしょうが、(リクルート事件や消費税問題などがあった)前例ほどの逆風ではないと読んでいるのでは」と分析。退陣ラインについて「40議席割れば退陣を余儀なくされるが、そうでもない限り連立で首はつながる」とした。<スポーツ報知 22日>』



『安倍首相は21日、会期延長が7月の参院選に不利に働けば首相の責任が重くなるとの指摘が自民党内から出ていることについて「私たちの使命は技術的に選挙の勝利を考えることではなく、国民や国のために何をすべきかだ。そうでない政治家は辞めた方がいい」と述べ、強い不快感を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「これまでも国民のため、日本のため何をすべきかという観点から判断をしてきた。参院選ではこういう私の信念も含め、国民の審判を仰ぎたい」とも語った。

 首相の敗戦責任論をめぐっては、自民党の青木幹雄参院議員会長が16日の講演で「責任者は安倍総理。責任の所在をはっきりして戦う参院選だ」と言及。舛添要一参院政審会長も21日、朝日ニュースターの番組で「会期延長は総理の責任でやった。参院選で大敗すれば翌日、内閣総辞職だ」と語った。 <朝日新聞 21日>』

『 自民党は21日、7月の参院選に向けた新ポスターを発表。同時に予定していたテレビCMの発表をドタキャン。逆風下で苦しむ政権与党の右往左往ぶりが表れていた。

 二田孝治広報本部長は「CMに年金対策を盛り込もうとかの話ではない。もう少し練り直そうということになった」。党関係者によると、この日CMを見た中川幹事長が内容に難色を示し、変更を決めたという。

 来週発表する見通しだが、片山さつき広報局長は「CM発表をまたやるのは申し訳ないですけど、より良いものを作りたいので…」と平身低頭だった。<スポーツ報知 22日>』

『投票所が足りない!? 23日までの国会会期が12日間延長されることが21日、決まった。この影響で7月22日に想定されていた参院選の日程が1週間繰り延べされ、7月12日公示、29日投開票となることが確定した。兵庫県三田市、大阪府熊取町ではともに市長選などとのダブル選挙、トリプル選挙の準備を22日実施に向けて進めていたが、日程変更で仕切り直し。29日の投票所確保に努めているが、先約があるなどで対応に苦慮している。

 22日に参院選と市長選、市議補選のトリプル選挙を見込んでいた三田市は、変更に伴う投票会場の確保、開票作業の人員確保におおわらわとなった。投票率アップ、経費削減の期待もあり、市長選、市議補選の日程を再調整、あくまで同日開催の方針を固めた。「29日の投票所を確保しなければ」と4人の選挙管理委員があたったが、小学校や体育館など34カ所のうち数カ所はイベント開催などの先約が入っていた。

 参院選の投票日が入るはずの選挙公報4万部や横断幕10本、のぼり250本、ポスター500枚の印刷は中断していた。市内257カ所に設置予定の候補者ポスター掲示板は参院選用は投票日を入れず、市長選、市議補選用は「22日」と入れ完成ずみ。制作業者の倉庫で保管されている。決定次第、業者がシールを張って修正するという。

 1週間延びれば、誕生日を迎える有権者も増え、選挙人登録漏れの心配も増える。市選管では「22日で動いてきたので、変更になれば人の確保や投票所、関係各所との連絡など、やることが多いんです。有権者の登録漏れもないようにしないと」と悲鳴をあげている。

 一方、町長選とのダブル選挙となる大阪府熊取町でも対応に大忙しだ。熊取町選挙管理委員会では「ポスターなど作り直しはしない予定なので、ダブル選挙で700万円の経費削減になります」とあって、こちらも参院選とのW選挙の方針だ。23日に臨時選挙管理委員会を開き最終決定となる。作り直しを避けるため、選挙啓発ポスター80枚、横断幕2本、候補者ポスター掲示板の制作を中断している。完成遅れを危ぶむ声に熊取町選挙管理委員会では「遅れないよう間に合わせるしかない」と話す。

 問題は投票所と投票立会人の確保だ。投票所11カ所のうち、小学校1カ所が夏休みを利用した大規模改修を行っており、代替場所探しに苦労している。投票立会人からも「日が変わったらお手伝いできへんわ。どうなるの?」などとと問い合わせが入っている。町選管では「日程がしっかり決まっていたら、こんな問題はないのに」とため息が漏れた。<日刊スポーツ22日>』
[PR]
by mew-run7 | 2007-06-22 09:03 | 安倍政権に関して

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7