人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

【速報】 久間氏、しょうもない発言で引責辞任・・・参院選への影響回避&公明党から圧力か?


 3日朝に「安倍支持率ダウンで、史上最悪の森レベルに?+久間発言の波紋が広がる&
胸が痛む被爆者団体の怒り」<コチラ>もアップ。これは、2本めです。

 この記事は、速報バージョンで書きなぐったものなので、あとから追記や加筆修正するかも
です。

* * * * *

 3日午後1時過ぎ、久間防衛大臣が、自ら引責辞任をすることを発表した。

<後任は何と小池百合子首相補佐官だそうだ!>

 ちょうど前記事のつづきで、いかに久間大臣や安倍首相が、あの問題発言の重大性が
わかっていないのか、書き連ねていたところだったのだけど・・・。(--; botsu kana?

 久間氏が午後1時過ぎに首相官邸を訪れ、辞任を申し出て、安倍首相もそれを了承した
という。
『久間防衛大臣は、午後1時すぎに総理大臣官邸で安倍総理大臣と会い、「参議院選挙を
前に自分の発言でいろいろご迷惑をかけた。参議院選挙は勝たなければならず、けじめを
つけたい」と述べ、辞任する意向を伝えた。これに対し、安倍総理大臣は「わかりました。
非常に残念だが、その決意を受け止めます」と述べ、辞任を了承した。
 久間大臣は、記者団に対し「きょう上京した長崎市長にも長崎の皆様にも非常にご迷惑
をかけている。なかなかこの問題について、わたしが最初に思っていたのと違ったような
形で、みなさまの理解を得られていない。安倍総理大臣にも申し訳ないが、1つのけじめ
をつけなければならないので、わたし自身が辞任すると伝えた」と述べた。
<NHK3日より>』

<ただ、久間氏は自分の真意が伝わらなかったことが、よほど悔しかったのか、記者に
対して『「しょうがない」「ま、いいか」は自分の口癖だ。九州人も「しょうがない」を
よく使うが、是認ではなく、ある種のあきらめの気持ちなのに、(マスコミに)違うように書かれて
しまった』などと弁明し続けていた。<TVで目撃>
 以前にも書いたように、私は決して彼が長崎の人たちを傷つける意図で発言をしたの
ではないことは理解しているが、防衛大臣としての立場をわきまえず、本人いわく
「解説者の立場で話し過ぎた」のだとも言えるし、同じ九州人にも誤解を与えるような
表現をしてしまったのだから、「しょうもない」とも言えるだろう。(っていうか、原爆
を落とされて死んだ人、家族を失った人、今も後遺症で苦しむ人は、そう簡単にはあき
らめ切れないことぐらいわからないかな~ (-"-;))>

* * * * *

 久間大臣は、昼食をとりながら、自分で辞任の決意をしたのだという。
 実際、3日の午前中には閣議に出ており、その後、記者からマイクを向けられた時には、
野党の罷免要求に関しても、「それは(謝罪とは)別の話であり、選挙が近いこの時期に
軽々に論じるべきではないと思っている」と、強気の姿勢を示していた。
 安倍首相も、閣議で全閣僚に「発言に注意して欲しい」と述べるにとどまり、久間氏を
辞任させる意思はなかったように思われる。

 しかし、2日、3日と、閣僚や自民党内からの批判の声が相次いでおり、また公明党から
もかなり強い批判や辞任を要求する声まで出るように。
 さらに、3日の午前中には、久間大臣の地元である長崎の田上市長が上京して久間大臣
に直に抗議文を手渡したり、長崎県議会も抗議の決議を全会一致行なったりするなど被爆地
からの怒りが強まっていた。<*1>


 私は、安倍首相や久間大臣は、今でも尚、この発言の問題の重大性はよくわかっていない
のではないかと思う部分があるのだが。

 自民党の閣僚からも批判が出た上に、党内からも「このままでは、選挙がたたかえない」
という声も出始めた上に、何より選挙で頼りにしている公明党からの批判、圧力が強かった
ため、参院選への影響を考えると、辞任せざるを得ない状況に追い込まれたというのが、
実情なのだと思う。

* * * * *
 
 公明党に関して言えば・・・。

 久間大臣は、3日の午前中に公明党に釈明に行く予定だったが、公明党側に断られた。
また公明党は、この発言のあった30日から太田代表が不快感を示しており、1日には
塩崎官房長官に電話を入れたという。

 さらに2日には、漆原国対委員長が「参院選に影響する。迷惑千万だ。謝罪するくらい
なら初めから言うんじゃない」、3日には冬柴国交大臣が「政治は結果責任で、それを
どう評価するかは安倍晋三首相の判断による。発言した本人が政治家として出処進退を
考えるのは当然のことだ」と指摘。「2度までも原爆の被害を受けた唯一の民族として、
どんなことがあっても、これを容認する発言は許されない」と批判した。
 そして極めつけに浜四津代表代行が、「個人的見解」としながらも「久間氏は(問題の
大きさを)自覚して身の処し方を賢明に判断していただきたい」と自発的辞任を求め、
辞任しない場合は更迭が望ましいとの認識を示していた。
(熊本にちにち新聞、毎日新聞3日などより)

 安倍首相は辞任が決まって、太田代表に電話をかけたとの報道もある。公明党とは大分
の衛藤氏のいきなりの復党&参院選出馬や、宮崎の中山恭子首相補佐官の出馬で、九州の
選挙戦協力に問題が生じていた。それゆえ、ここで長崎でも問題が生じたとなれば、もは
や選挙協力は困難だという話が水面下であった可能性もあると思われる。


  <つづく>                THANKS


【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 参院選まで、何とか25位枠に残りたい!皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
      ↑ 1位の攻防が激化しているかも。ご支援よろしくです。 _(。。)_

 



 

 





『久間章生防衛相(衆院長崎2区)が米国による原爆投下について「しょうがない」と発言した問題で、長崎市の田上富久市長は三日午前、防衛省で久間氏と会談。同発言は「被爆地長崎として決して看過できず、遺憾だ」として核廃絶への揺るぎない取り組みを求める要請書を手渡した。

 久間氏は「長崎市民だけでなく、県民、全国の被爆者の皆さんにご迷惑、ご心配をかけてすみませんでした」と陳謝。八月九日の平和祈念式典出席辞退を検討する意向を示した。会談には、吉原孝同市議会議長も同席、市議会で可決した抗議の意見書を手渡した。

 会談で、田上市長は「今回の発言は被爆者の心を非常に傷つけた。市民にとっても衝撃的だった」と抗議。久間氏は「核廃絶、原爆反対の私の姿勢は変わらない」と述べ「今回の要請を受け、私も発言に注意し、肝に銘じていきたい」と述べた。平和祈念式典出席については「もし混乱を招くようなら辞退も考えたい」と語ったという。<西日本新聞3日>』

『久間章生防衛相(衆院長崎2区)の原爆投下発言について、地元の長崎県議会は3日の
本会議で「到底容認できない」と抗議する決議を全会一致で可決した。
 決議は、久間防衛相が「原爆投下で戦争が終わった」と投下是認とも受け取れる発言を
したことを挙げ、「今日なお被爆者が後遺症に苦しんでいる現状に思いをいたすと、
不用意な発言と言わざるを得ない」と批判した。
 長崎県の金子原二郎知事も県議会閉幕にあたりあいさつし「防衛相の発言は知事として
遺憾に思う。発言を2度と繰り返さず、これまで以上に(核兵器廃絶に)尽力するよう
お願いする」と述べた。<共同通信 3日>』
by mew-run7 | 2007-07-03 16:33 | 安倍政権に関して

by mew-run7