参院選の政党討論会は、年金制度ばかりでいいのか?+赤城ガーゼ+脅迫メール事件

【期日前投票は3日間で前回より10%増。(*1)参院選への関心を、このままキープする
ためにも、当ブログ&TBを頂いているお仲間ブログのご支援をよろしくです。m(__)m】


中越沖地震の被害の状況が、時間が立つにつれ、明らかになって来ている。
避難先の状態もあまりよくないようで、気がかりだ。
 また原発のトラブルが50件も見つかっているという。
 ともかく1日も早い復旧を、そして被害者と避難者の十分なケアをと、それだけを
切に願っている。

 こちらのことも書きたいことが色々あるのだが、別稿で扱うことにして・・・。
この記事では参院選&安倍政権がらみの話を。

* * * * *

 赤城農水大臣の顔のガーゼが話題になっている。(*2)<写真は「お玉おばさん」のところに>
 記者がきいても「大したことではありません」と一点張りで<7回言ったとか>、
説明しようとしない。
 その気取りっちのシレ~ッとした言い方が「法にのっとって」と重なって見えて
しまったのは、私だけだろうか?(・・)

 あとから「皮膚が弱いからかぶれたかも」とコメントを出したそうだが、本当にそう
なら、最初からそう言えばいいことで。<確かに無精ひげとの整合性はあるけれど。>
何も言わないと、「やっぱ腹が立った人から『いい加減に領収書を出せ!』とか一発
見舞われたんじゃない?」なんて、憶測が飛んでしまうのだ。(>_<)
<他の閣僚が事情をきかないのも、何か不思議な気がしません?(・・)>

 先日、元・小学校教師が、中川自民党幹事長に脅迫メールを送ったとして逮捕された。
(*3)塩崎官房長官のところにも、同人を含めて、脅迫メールが来ているという。
 逮捕された男は「安倍晋三首相や中川幹事長が日本の政治を悪くしていると思って
頭にきた」と供述していたそうだが。・・・気持ちはわかる。(-_-) 気持ちはわかる
が、暴力や脅迫のような手段を用いてはならない!<小学校の先生なら尚更。>
 
 私たち国民は、「投票」という手段で、意思表示をすべきなのだから!(@_@。

 もし次の参院選で安倍自民党が大敗すれば、党内実質№1&選挙の総責任者である
中川幹事長は辞任せざるを得なくなる。
 また安倍首相が退陣することになれば、官房長官を含め国務大臣たちも総辞職する
ことになる。<もし安倍首相は粘っても、内閣改造は必至だろう。>

 だから、今の政治が悪くなっていると思った人は、ともかく「安倍自民党にNO!」
と、意思表示するしよう!(^^♪

~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 さて、参院選まで、あと11日。個人的に気がかりなことがあるので、書いておきたい。

 今週にはいって、一般国民の参院選への関心が、やや薄れかけているように思えるのは、
私だけだろうか?
 この連休に、大きな自然災害もあったので、メディアや国民の関心がそちらに移る
のはいたし方ない部分もあるのだが・・・。
 私は、もう一つの要因として、参院選の争点がアレコレあり過ぎて、何に重点を
置けばいいのか、また各政党の主張をどう判断していいのかが、わかりにくくなって
いることがあるのではないかと思う。

 そして、私はあえてここで、一つ疑問を投げかけてみたい。
 この2週間、特に週末にはTVで各党の党首や政調会長らの幹部が、討論会を行なう
機会が多い。
 でも、今回の参院選では、国民の最大の関心事は「年金」であるとはいえ、ほぼ全て
の番組が、年金制度や財源に関する討論に大部分の時間を割いていて、他の争点がほと
んど扱われていない。

 おそらく多くの国民の最大の願いは、「安心して年金を受け取りたい」ということ
なので、そうなると年金制度や財源の問題は不可欠になるのはわかるのだが。<これ
は消費税その他の税制にも関わる問題だし。> でも、果たして、この参院選で、
このシステムの議論をメインにする必要があるのか、私は疑問に思うのだ。


 で、先に言えば・・・もしこのブログをTVメディアの関係の人や野党の関係の人が
見ていたなら、来週の週末の討論番組では、もっと年金制度以外の争点を取り上げる
ことを検討してもらえないだろうか?
<もうあと選挙まで、日曜日に国民が討論を見られる機会は1日しかないのだから。>

 そうしないと、一般国民の多くは、何か消化不良のまま終わってしまい、どの政党に
投票するかを判断する材料が十分に得られなかったり、また下手をすれば参院選への
関心が薄れてしまったりするおそれもあるからと思うからだ。

 折角、今回の参院選はいつもより多くの国民が関心を抱いていて、真の民主主義の
時代が始まろうとしている時ゆえ、是非メディアにも、国民の政治的に関心に応える
役割を果たして欲しいと思うのである。

<後半につづく>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
「今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのはしんどい!^^;」けど、「応援クリック
はしようかな」という方のために。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 私の周辺でも、今回の参院選にはいつもより関心を抱いている人が増えている。
そして、ふだんはあまり政治に関心のない人も、報道番組や討論番組などを見よう
としているのだが・・・。これは私自身も含めて、やたらに年金制度に関して長々と
<各党フリップまで持ち出して>説明や討論をする番組が多いので、ちょっとウンザリ、
ヘキエキとさせられてしまうことが少なくないのである。

<もしかしたら、このあとで他の争点も扱ってくれるかなと期待して、とりあえず
待ってみるのだけど。年金の話だけで時間切れになってしまう番組もある。^^;>

 それゆえ、

「年金のことが一番心配ではあるけど、何か難しい仕組みの話ばかりで、何を言って
いるかわからないし、興味も薄れてしまって、見る気がしなくなる。」

「何で急にあんな制度の話になっているの? 今度の参院選は、あれが一番大事なこと
なの? あの話を理解して、どの政党に入れるか判断しなくちゃいけないものなの?」

「自分は、医療や教育のことに関心があるのに、その話が全然出て来ない」

「今度の一番の争点は、『格差の是正』や『政治とおカネ』の問題じゃなかったの?」

「自民党は公約のTOPに憲法改正を挙げているのに、憲法や集団的自衛権の話は全く
しないで、選挙を行なうのか? 社民や共産だって、9条のことを一番にアピールして
いるのに、何で野党は、もっとその話をしようとしないのだろう?」

・・・などなどの声が出ている。


 中には、「これは自民党の策略じゃないか?」と勘ぐる者さえいた。

 安倍内閣や自民党は、他の争点になると、野党から一斉に批判されるおそれがあっ
て、分が悪い。
 でも、年金制度の話は野党も各政党間で考えがバラバラだし、自民党・公明党は自分
たちの政策をアピールしたり、野党各党の批判もしやすい。それに、まだ議論も詰め
られていないところだから、何かもっともらしい討論をして、国民にはどちらがいいか
悪いか判断がつけにくいまま終えることができる。
 つまり、「本当の争点を煙(けむ)に巻いて、討論を乗り切る作戦では?」と。
<メディアもそれに協力しているってこと?(・・)>

* * * * *

 私個人も、もっともっと他の争点に関する各党の見解がききたいし。もっと
自民党にも、ツッコンできいて欲しいことがあるし。
 何より私が一番イヤなのは、もし安倍政権が存続した場合、ろくに議論もされて
いないのに、街頭演説や講演でも語っていないのに、「マニフェストで公約したの
だから」と言って、勝手にそれを進めて行くかも知れないということなのだ。


 安倍首相は、昨年末に、教育基本法の改正をした時に、民主党議員の「何故、
教基法改正が国民に望まれていると思うのか?」という質問に対し、「自民党は、
教育基本法の改正を主張して選挙を行ない、勝利している」と答えたのである。

 ご存知のように、05年の総選挙では、小泉前首相は「これは郵政民営化に
賛成か反対かを国民に問う選挙だ」と宣言し、郵政民営化のことを中心に、
構造改革や小さな政府(&官から民へ)のことばかりを主張していた。
 私もできる限り、TVや新聞等の討論会やインタビューを見たが。少なくとも、
私が見た範囲では、教育基本法の「キョ」の字も話に出て来なかったと思う。
  
 そこで民主党の議員が、「去年の総選挙は郵政民営化が争点じゃなかったのか?」
と反論すると、「公約2005をよく読んで下さい」と言い返した。
 そう、公約2005の「120の約束」の中で、25番目に「教育基本法の改正」
に関して記されていたのだ。(゚Д゚) <衆院TVで目撃>

 そして安倍首相は、「私どもは政党として教基法改正を訴えて選挙を行なっている。
私はそれを何回も選挙で言っている。私は総裁選挙の時も教育改革を訴えた」と。
 まあ、あの選挙は確かに自民党の大勝だったのだが。安倍氏は、だから国民は、
教基法改正も望んでいるのだと解釈して、それを堂々と国会で主張するような人なの
である。(-"-;) 

 ってことは、もし安倍政権が続いた場合、仮に大きな争点にならなくても、公約の
1番目に書かれた憲法改正をはじめ、公約のTOP3にあげた教育再生や安保政策
(集団的自衛権)や155番目の自衛隊の海外派遣恒久法)を、バンバンと進めて来る可能性
が高い。

<政権がギリギリの状態であればあるほど、強引にこれらを進めようとするだろう。
「私は、総裁選の時も参院選でも、これらを公約に掲げている」とか言ってね。>

* * * * *
 
 今度の参院選でも、年金問題が前面に出てしまったために、オモテに出ずに隠れて
しまったままの重要な争点がたくさんある。
 だから、メディアは、せめて少しでもその隠れてしまった、but国のあり方や国民の
生活に大きく影響するような争点を、積極的に掘り起こして、取り上げて欲しいのだ。

 そして、私たち国民も、できるだけ各党の公約を見ておく必要があるのではない
だろうか?
 正直なところ、私はマニフェスト選挙には懐疑的なところもあるのだが<あんな
百いくつもアレコレ書かれても、全部読むのも大変だし~。他党との比較や判断も
難しいし~ ^^;>。あとから隠れ公約を持ち出されて「しまった!」「騙された!」
と思わないように、ある程度は自分でも努力する必要があるのではないかと思う。

                        THANKS

【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】

↓ 参院選まで、何とか25位枠に残りたい!皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
      ↑ 何とか1位復活。ギリギリの攻防ですが、頑張りたいです!o(^-^o)


<報道記事は↓Moreの部分に>
 




*1

『参院選の期日前投票の出足が与野党の注目を集めている。選挙結果を左右する投票率を占う指標になりそうだからだ。13~15日分の総務省の中間発表では投票者総数(選挙区)は68万3046人。前回04年の同時期に比べて10.46%増えた。与党内では夏休みとなる29日の投票日の前の投票を働きかけた成果と評価する見方がある一方、「投票率が上がるとまずい」(公明党幹部)との声も漏れる。

 中間発表の投票者数は32都道県で前回を上回った。投票者数が2倍以上になっているのは、青森(119%増)、山形(103%増)、群馬(184%増)、富山(157%増)。いずれも1人区だ。しかし、九州各県は軒並み前回を割り込んだ。台風4号の影響で有権者の出足が鈍ったとみられる。

 前回参院選では717万人が期日前投票を利用したが、投票率(選挙区)は全国平均で56.57%と戦後4番目の低さだった。投票日の投票が伸び悩んだためだ。一方、期日前投票の利用者が896万人だった05年衆院選の投票率(小選挙区)は67.51%。小選挙区比例代表並立制が実施された96年以降で最高となった。

 今回、投票の出足が好調なことについて自民党執行部の一人は「3年前や6年前と比べてどの比例区候補の組織もしっかり運動している。予想以上だ。事務所によっては『期日前投票を済ませましたか』と確認の電話まで入れている」と好意的に見ている。党内には「期日前投票は1000万票を超すのでは」(幹部)との見方も出ている。

 一方、公明党も支持者に期日前投票を熱心に呼びかけている。しかし、幹部の一人は、期日前投票の増加が投票率の大幅な上昇をもたらした場合「うちの組織票が劇的に増えるわけではない。激戦区では民主党候補の票が増え、のみ込まれてしまう」と懸念する。

 これに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は記者団に「安倍政権は『投票日が夏休みに入って投票率が下がればいい』という思惑があったが、『そうは問屋が卸さないよ』と怒りの一票を投じた人が結構いるのではないか」と期待感を示した。 <朝日新聞 17日>』

*2

『事務所費問題を抱える赤城徳彦農相は17日の閣議後の記者会見に、顔に2カ所、傷を負って登場した。理由を尋ねられても、憤然として「何でもない」と繰り返し、“非公開”を貫いた。

 農相は額とほおの2カ所に大きなガーゼを付けて会見。公務と関係があるのかという記者の質問には「心配なく何でもありません」と、あいまいな説明のまま。

 事務所費問題については「複数の事務所費を合算して計上している」「法やルールにのっとって処理することが大切」と従来通りの説明に終始。領収書についても非公開の姿勢を変えなかった。

 ただ会見後に事務方を通じて「(けがの理由は)公務ではない。肌が弱いこともあって、かぶれたかもしれない」とのコメントを出した。<日刊スポーツ18日>

*3

『自民党の中川秀直幹事長あてに「拳銃で襲撃する」などとする電子メールを送ったとして、警視庁捜査一課と麹町署は12日、脅迫容疑で茨城県城里町徳蔵、元公立小学校教諭山口栄容疑者(64)を逮捕した。「安倍晋三総理、中川幹事長が日本の政治を悪くしていると思い込み、頭にきてやった」と容疑を認めているという。調べでは、山口容疑者は6月29日~7月8日に計5回にわたり、自宅のパソコンから中川幹事長のホームページに「水戸黄門」などを名乗って「拳銃で襲撃する」と脅迫するメールを送信した疑い。パソコンを識別する「IPアドレス」が残っていたため、山口容疑者が送信したことが分かった。<日刊スポーツ 13日>』
[PR]

by mew-run7 | 2007-07-18 09:15 | 民主主義、選挙