参院選・・・国民も、政治家も、1度立ち止まって「日本のあり方、方向性」を考えよう。

【安倍政権の問題点をまとめていた記事が、サブマシーンの不調で飛んでしまい、
大shock (ノ_-。) FKsan gomen-ne 
らんきーぶいっちゃんがコチラにわかりやすくまとめてくれているので、ご参照下さい。
 まあ、でもここまで来たら、あわてず焦らす、悟りの境地に?(・・) 明日アップ予定で
書きかけていた記事に差し替えることにしたです。
参院選まであと2日。今週は早くも、過去最高アクセス「人数」を突破しました。(・o・)
あと少しの間、ご支援、よろしくです。m(__)m】            


私は、今回の参院選は、国民が1度立ち止まって、考えてみるための絶好の機会
なのではないかと。
「日本の国や政治のあり方、自分たち国民の生活は、このままでいいのかな?」
「日本がこれから目指す方向性は、このままでいいのかな?」
と考えるための、と~ってもいい機会なのではないかと思っている。


 今度の選挙は、参院選なので、これで自民党が負けたからって、与党でなくなるわけ
ではない。<一般に衆院で多数の議席を持っている政党が、与党になる。>
 安倍氏が首相を続けることになるかはわからないが、衆院選で負けない限り、自民党
主体の政権は続くので、経済や社会にそんなに大きな混乱が起きることもないだろう。
<今日の株安の主な原因は、アメリカ。市場は、自民敗退は織り込み済みだもん。>
 
 安倍政権は、この秋から「美しい国づくり」に向けて、さらに「スピード感を持って?」
突っ走ろうとしている。もしこのままでは、あっという間に「こんなはずじゃなかった~」
と思うような、トンデモない方向に持って行かれてしまう可能性もある。

 だから私たちは、とりあえず「ちょっと待った~!」<懐かしのねるとん風?(・・)>
とSTOPをかけておかないと、自分たちもゆっくり考えることができない。
<いや、「ちょっと待って、Play back!♪」で、少し前まで振り返った方がいいかな?>
 
 国民だけでなく、政治家たちにも、選挙の結果を受けて「日本の政治や方向性は、
本当にこれでいいのだろうか?」と考え直してみてもらうことも必要かも知れない。
 もしかしたら、政治家の中には、「このままではいけない」「もっと国民の声に耳を
傾ける必要がある」と少しずつ新たな動きを見せる人も出るかも知れない。


 そして、小泉ー安倍政権と、何だかあっという間にどんどん変わってしまっている
世の中や私たち国民の生活を見直すためにも、政治家たちにもっと国民の状況をよく
見て、国民の声にもっと耳を傾けてもらうためにも、もし今の政治や生活に疑問や不満
を持っている人は、できれば「安倍自民党にNO!」の投票をして、この急速な流れを
一休みさせる時間を作ってもらえればと思ったりもする。
  
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 私たちは、日ごろ、何となく自分の生活に追われていて、なかなかゆっくりと、
国のあり方などに関して考える機会がほとんどない。
 何か仕事やら家事やら、趣味&娯楽やら付き合いやらアレコレやっているうちに、
<何もせずにダラダラしていても?>、何だかあっという間に月日が立ってしまい、
「え?もう1年立っちゃったの?(・・)」みたいな感じの人も多いのではないかと
思う。

 そんな中、もともと政治には興味がないという人も少なくないかも知れないけど。
政治や社会に多少は関心がある、気がかりなことがあるという人でも、なかなか
じっくりと色々な報道を見て考えたり、ましてや日本の国のあり方まで、ゆっくり
考えたりすることはないと思うのだ。
<私も普段はそうだったのだが、仕事がらみや興味のある分野はチェックしても、
あとは、朝の新聞ネタTV番組や夜のニュースなどで、ざざっと見ておくだけという
人も少なくないのではないだろうか?>

* * * * *

 そして、国民の中には、小泉=安倍政権のやっていることを見て、「このままじゃ
マズイぞ」と感じていた人もいたと思うのだけど。<それは03年の衆院選や04年の
参院選で民主党が躍進したにも現れているのだけど。>
 まあ、そのうち何とかなるだろうと思っているうちに、あの05年の9.11衆院
選で小泉自民党が大勝し、「あらら~(>_<)。まじ、アブナイかも」と。

 でも、その後はしばらく国政選挙もなかったし、結局は、そのままどんどん郵政民営
化をはじめとする小泉-竹中政権の新自由主義政策は進められることに。さらに、それ
が安倍政権に継承される形で、ここまで来てしまったところがあった。(-_-;)
 さらに、安倍政権は、ここで国家再興を目指し、3年後に憲法改正を目指すことを
宣言。それまでも、どんどん教育の内容やシステムを変えたり、自衛隊の活動範囲を
拡大したりして、日本の国のあり方を根本的に変えてしまおうとしている。 
 
 何だか、この何年かのうちに、あっという間に、日本の経済や社会の仕組みや状況
が変えられてしまった感じがある。
<何でも市場競争原理。利益追求、コスト削減、スピード重視。官から民へ・・・それに
よって、労働者&弱者切り捨て、公のサービスが低下、国民の負担増。国民の間に生活、
医療、教育、福祉の格差が拡大。大企業も利益はアップしたが、競争激化で合併・提携
せざるを得なくなったり、外資のエジキになって、日々ビクビクなったりすることに。>
 
 それに対する批判は、自民党内や識者の間でも大きいのだが。安倍政権は、米国や財界
を味方につけたいばかりに(国家再興&富国強兵政策のために)、小泉政策を継承。
上述のような問題の解決をする気がない。
 しかも、自らは「美しい国づくり」のための憲法改正等に熱意を燃やしている。

* * * * * 

 もちろん世の中、色々な考え方の人がいるわけで。小泉氏の政策、安倍氏の政策に
大賛成という人もいるだろう。
 私は、みんなが同じ考えをする必要はないと思うし<そうなる方が気持ち悪いし、
アブナイ!>、今回の参院選で安倍自民党を支持する人が少なからずいても不思議は
ないと思っている。

 でも、何か「ふと気付いたら、日本の政治や社会の流れがおかしくなっちゃっている
ような気がする」とか、「自分たちの生活が一向によくなっていないし、悪くなって
いる部分がある」「何かそんなに急いで憲法改正とか軍隊派遣とかいう方向には進んで
欲しくない」と感じている人もかなりいるのではないかと思うのだ。


 少し前も、ふだんほとんど政治に興味のない女性が、やや怒り気味にきいて来た
ことがあったのだけど。
「ねえ、小泉さんは改革、改革って言ってたけど、結局、何をどう変えたかったわけ?
それで、私たちの生活には、一体、何のプラスがあったの?」
「安倍さんも、美しい国がどうのとか、改革がどうのとか言ってるけど、あの人は一体
何をどうしたいわけ?」って・・・(・・;)waashini mukatte okottemone~

 けど、私はその時、こういう疑問や怒りを持つことがすご~く大事なんじゃないかな、
と思った。

 そして、「何かおかしい」「よくわからない」と思ったら、とりあえず一度立ち
止まって、ちょっと一服、お茶?でも飲みながら、自分の状況はもちろん、世の中の
状況をゆ~っくり見回したり、「???」の部分を理解したりして、「今の日本の政治
や状況はこれでいいのかな?」「日本の方向性はこれでいいのかな?」と考えてみる
ことが必要だと思うのである。

 私たちにとって、国のあり方、自分たちの生活のあり方、方向性を考えることは、
と~っても大事なことだ。
 その考えや方向性が合っていると思うなら、自分たち国民のためになっていると
思うなら、そのまま国(政府)にお任せしておいてもいいかも知れないのだけど。
でも、「何かおかしい」「よくわからない」とか、「これじゃあ、イヤだ」と思った
時には、そのままお任せしておくと、自分が思いもしなかったor全く望まないような
トンデモない方向に運ばれてしまうかも知れないからだ。

* * * * *

 そこで話が最初に戻って、「ちょっと待って。Play back!♪」をするためにも、
「安倍自民党にはNO!」というのが大事なのではないかと思うのだ。(@_@。

 この参院選は、小泉ー安倍政権の激しい流れを止めることのできる、そして私たちが
立ち止まって考えることのできる最大のチャンスになる。<次の選挙では、どうなるか
わからない。また、それまでにもっとアレコレ変えられてしまっているかも知れない。>

 どうか29日には(期日前でもOK)、是非是非、投票所に足を運んで、あなたの
声を示して下さい。m(__)m
                         THANKS

<できれば、今日中にもう一つアップしたいけど・・・。気が向いたら、夕方以降にでも、
覗いてみてください。>

【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】

↓ 参院選まで、何とか25位枠に残りたい!皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
      ↑ 何とか1位復活。参院選まで粘りたいです!_(_^_)_ ねばりのポーズ?

 
 そして、お玉おばさんらんきーぶいっちゃん喜八さん の応援クリックもよろしくです。
[PR]

by mew-run7 | 2007-07-27 11:36 | 民主主義、選挙