民主党・江田五月氏が参院議長に!+タイゾーくんが「政治とおカネ」の問題でまた正論を


 今日7日、参院の臨時国会が開かれ、民主党の江田五月氏が参院議長に選出された。
<*1>
 55年に自民党ができてから、参院の議長に自民党以外の政党の議員が選ばれるのは
初めてのことだ。(・・)
 そして何よりわんだほ~&画期的であるのは、それが国政選挙の結果によって、つま
りは国民の手によってもたらされたということなのではないかと思う。(~~)

<ちなみに衆院議長の方は、93~6年に社会党の土井たか子氏が務めたことがある
のだけど。これは自民党が画期的というより驚異的なことに、ずっと敵対関係にあった
社会党と連立政権を組んだことによって実現したもので、選挙の結果によるものでは
なかった。>

 私は、今、ちょっとワクワク・ウキウキしながら参院の臨時国会が始まるのを待っ
ている。
 というのも、江田氏は私が一番最初にと~っても心が惹かれた国会議員であり、
それがきっかけで彼が属していた「社民連」にも大きな期待を寄せるようになったの
だけど<たぶん保守でも革新でもない「リベラル」という概念を知ったのも、社民連が
きっかけだったと思う>、後述するように、それからず~っとず~っと、いつか選挙に
よって自民党の一党独裁ではなくなる日を夢見ていて・・・。本当に随分長くかかって
しまったけれど A^^;、それがやっと半分だけながら、実現する日を迎えたからだ。
<しかも、その江田氏が参院議長になるという形で。>


 これは、まだ本当に小さな一歩に過ぎないのだけど。この一歩が、国政選挙という
まさに民主主義の力によって、踏み出すことができたのはスゴく大きいことだし。
そして、ここから、まずは小泉ー安倍政権が壊してしまった議会制民主主義を立て
直して、また新たなステップに移行できれば、と心から願っているmewなのであった。

* * * * *

 話は変わるが・・・。コチラに続き、またまたタイゾーくんこと自民党の杉村太蔵氏
が、自分のブログ<コチラ>にいいことを書いていた。

 『政治とカネについて。
 何で選挙の前にもっと早く処理できませんでしたか。
 私は今回の選挙戦、ほとほとこの政治とカネの問題では遊説中、国民の皆様を誰一人
納得させるための言葉が出てきませんでした。
「反省すべきは反省をし・・・」と申しあげましてもね、有権者のあの鋭い冷めた視線
は本当に突き刺さるものがありましたし、なんで領収書の一部でもいいから公開できない
ものか、各議員には法律で保管義務が課せられているわけですからね。<中略>

 議論になっている政治資金規正法の再改正について。
 私も1円から公開すべきだと思います。領収書がいただけない支出に関しては、きちん
とその旨を収支報告書にメモ書きでもいいから記載をすれば済むことであります。
 中には自動販売機で買った飲み物はどうする?といった議論もあるようですが、そんな
もの、自腹で払えといいたくなります。
 いずれにしても政治とカネの問題。今後の選挙で議論になるような、そんな無駄な
ことのないように、今こそきっちりと与野党で協議をし、合意をさせて解決すべきだと
考えます。』

 スバラシイ正論でしょ?(@_@。

 もう自民党内の議論で出たという発言の内容をきいていると「おいおい、いい加減に
しろよ~(ーー;)」と言いたくなってしまうことが、あまりにも多くて・・・。
 1円から領収書をつけることになったら、電車代や飲料などを自販機で買った場合に
どうするんだとか、ホント呆れてしまう。(-"-;) まあ、タイゾーくんの言うように、
個人的に自販機で缶コーヒーの一本or何本か買うぐらいは自腹で買うのがフツ~でしょ~
と思うところもあるのだけど。 
 まあ、お客様が来るとかミーティングのために何本も必要だと言うなら、スーパーか
コンビニで買って領収書をもらうか、電車代などの交通費も含めて、出金伝票とかを
残して、帳簿にもきちんと記載してあれば、税務署だってOKなわけで。あまりにも
セコイ詭弁or言いがかりと言うか・・・。<それとも、単なる世間知らず?^^;>

 慶弔費のことをやたらに言う人も少なくないみたいなのだけど。そもそも、国会議員
は自分が出席する結婚式やお葬式などに祝儀や香典を出す以外は、慶弔費などの寄付は
禁止されているわけで。<それで秘書や後援会の人の名で出したりするらしいけど。>
 こちらも、出金伝票&帳簿でOKのはずなんだけど。でも、それでも誰にいくら出し
たか、公にわかると困るから、イヤなのだと言う。まあ、気持ちはわからなくはない
けど、だったら自分の歳費で出すしかないでしょ~。(@@。

 あまり厳しくすると、オモテに出せない経費のために、ウラ金作りに走る危険性が
あると指摘する知人もいたけれど。<確かに、あり得そ~。っていうか、もうかなり
あるような気もするけど。^^;>
 そこはまさに法違反だし、国会議員のモラルや「政治とおカネの問題」に対する意識が
問われる部分なわけで。国会議員たちは、自分たちが国民に選ばれていて、その国民が、
何を望んでいるのか、よ~く考えてみるべきなのではないかと思う。

<何か赤城くんは、またまた二重計上の問題が発覚したとか。(-_-;) <*2>安倍首相は、
やめさせたあとで、ホッとしているかな?(・・) あと長勢法務大臣にも、妙な献金疑惑が出て
いた。<*3>
 安倍首相は、新閣僚は、政治資金収支報告の監査を経た人から採用することにしたという
けど。<*4>果たして、ま~ったく問題ないという人は、閣僚候補になれるような自民党の
中堅以上の議員に何人いることか・・・。(**) >
 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

再リクエストがあったので、中休みを兼ねて・・・? ( ^^) _旦~~

「今は最後まで読む時間がない」「一気に最後まで読むのはしんどい!^^;」けど、「応援クリック
はしようかな」という方のために。<でも、できれば余裕のある時に、残りも読んでね。(・・)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 話を江田氏に戻すと・・・先ほど、10時過ぎに江田五月氏が参院議長に満票で選出
された。
 今、参院中継を見ながら書いているのだが、何か今日の参院本会議は、かなり盛り上がって
いて、明るい雰囲気だ。<野党にとっては?(・・)>

<副議長には、山東昭子氏(自民党)を選出。もう一つの重要ポストである議院運営
委員長には西岡武夫氏(民主党)がなった。かなり保守的な人なのが気がかりだけど、
自民党とうまく折り合いがつけられるという意味では適任なのかな・・・?>
 

 江田五月氏は、私が一番最初に「すごくいいかも~」と、ある意味でファンになった国会議員
であった。たまたまTVに出ているのを見て、話もわかりやすいし、考えも何となく合うし
「あ、この人、いいこと言うな~。何かかなり賢そうだな~」と惹かれるものがあったのである。

<私にとって「賢い」政治家とは、全体観を持って、論理的に(&ある程度、現実的に)ものごと
を考えて、それをわかりやすく表現できる人。またそれをもとに、議論の中や質問に対して、
的確な受け答えができる人のことを言う。>

 その頃はネットもないし、私の周辺には政治に詳しい人もいなかったので。江田氏
が「社民連」という政党の人で、元・裁判官だった人でとか少しずつ知って行った。
<父・江田三郎氏が社会党で活躍した人で、社民連の元を作った人だということは、
ず~っと後になるまで知らなかったりして。^^;>

 
 当時、「社民連」という政党には、今年参院議員を引退したダンディ&スマートな
印象のある田英夫氏や、まだ若かりし菅直人氏などがいたのだけど<爆弾男の異名の
ある楢崎弥之助氏とかも(・・)>。
 ちょっと古くさいイメージ&ゴリゴリの保守や革新の自民党、社会党とは違って、
何か「政治偏差値の高い」&「旧来の政治思想にとらわれない」感じに思え、今までで
唯一「こういう政党を支持したいな~」と思わせてくれたところだった。

 そして、社民連はとても小さな政党だったのだけど、他党からもそこそこ尊重されて
いて、野党を結集させる扇の要のような役割を果たしているところがあった。
 あの超画期的な出来事だった「93年の細川政権樹立」<自民党が結党以来、たった
10ヶ月だけながら野党に>にも大きく貢献した。ちなみに、この時のもうひとりの
立役者が、自民党を離脱した小沢氏だった。
<余談だが、細川政権で、江田氏が科技庁長官を引き受けたのには、「自分のキャリア
と全く関わりのないポストでも閣僚になった方がいいのか」とちょっとガッカリした。>


 その後、社民連は解散してしまい、江田氏は日本新党、新進党を経て、民主党に
合流する。<私が、ちょっと民主党をヒイキにするのは、社民連の江田氏と菅氏が
いるからかも知れない。>
 そして細川政権が、お殿さまの事情&自民党が社会党と組んでまで政権与党の座を
取り戻そうとした執念により、1年も持たずに終わってしまったあと、またまた
ず~っと(その後は一党独裁にはならなかったけど)自民党政権が続くことになって
しまったのだ。(ノ_-。)
 
 安倍首相や改憲勢力は、60年以上も憲法改正が行なわれないのは異常であると言う
のだけれど。私にしてみれば、自由&民主主義の国でありながら、60年近く政権交代
のない国の方がよ~っぽど異常に思える面がある。
 
 日本の国民の中には、55年体制(自由主義vs社会主義)がどこか強くしみついて
しまっていた人も少なくなかったのかも知れない。
<むか~し、mewに「自民党が与党でなくなったら、日本は社会主義の国にとられて
しまうかも知れないのよ」と言った人がいたのだけど。そこまで行かずとも、東西冷戦
&イデオロギーの対立が続いていた中、社会・共産主義への脅威や抵抗感を持っていた
人はかなりいたのではないかと思う。>
 自民党以外の政党は、政権を担当できる能力がないのではないか、と考える人も
少なくないだろう。

 でも、たとえ参院であれ、ここで自民党以外の政党が選挙によって第一党に選ばれた
ことには、本当に大きな意義があると思う。

 あとは、次の衆院選で、国民が「やっぱり、政権を任せるのは自民党じゃなくては」
と考えるのか、それとも「一度、民主党に政権を任せて、新たな日本の国政の一ページ
を開いてみよう」と思うのか・・・それは、これからの自民党、民主党の政治活動&
幹部や議員たちの姿勢や言動にかかっている。

                        THANKS   
 
 下の二つのランキングに参加中です。mewなりに、政治や社会のことを書き続けたいと
思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪


                  
↓ 何とか25位枠に残留中!記事を読んで下さる方々のご支援だけが、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
      ↑ このまま1位で粘れるか?<2位との差がかなり少なくなったです>^^; 


<報道記事は↓Moreの部分に>
 
 





*1

『第167臨時国会が7日、召集された。参院は午前の本会議で正副議長選挙を行い、自民党が大敗した参院選結果を受け、議長に民主党の江田五月元科学技術庁長官、副議長に自民党の山東昭子元科技庁長官が選出された。自民党は保守合同による「55年体制」発足後、56年以降独占してきた議長職を初めて野党に明け渡し、参院での与野党逆転を鮮明に印象づけた。会期は10日までの4日間。常任委員長人事でも参院本会議の運営にあたる議院運営委員長ポストを民主党が占め、野党が参院での主導権を掌握した。

 参院では第1会派から議長、第2会派から副議長を選出するのが慣例。参院選で民主党が大勝、「民主党・新緑風会」(113人)が「自民党」(85人)をしのぐ第1会派となったため、議長ポストを得た。午前10時からの本会議では定数242人のうち240人が投票。江田氏、山東氏とも満票を得た。本会議ではほかに10常任委員会の委員長も選任。議院運営委員長には民主党の西岡武夫元文相を選任したほか、参院選や江田氏の議長転出で空席となった4ポストを補充、残りを再任した。議長、議運委員長のラインを占め、民主党が法案審議など議事の運営を主導する。

 また、新潟県中越沖地震への対応や閉会中の災害発生などに備えて災害対策特別委員会の設置を決めた。午後の衆参両院本会議で会期を10日までの4日間とすることを全会一致で議決。開会式は午後3時から天皇陛下を迎えて行う。

 衆参両院で与野党の多数派がねじれた国会の構成を受け、民主党は今国会に年金保険料を給付以外に流用することを禁止する「年金流用禁止法案」を提出するなど、安倍内閣への対決姿勢をアピールする方針。ただ、今国会はお盆休みを控え会期が短いため、本格論戦は31日に召集される臨時国会に持ち越される。

 江田氏は岡山選挙区選出、66歳。衆院4回、参院3回当選。93年の細川政権では科学技術庁長官を務めた。[毎日新聞 7日]』

*2

『赤城前農相が代表を務める自民党茨城県第1選挙区支部が政治資金収支報告書に記載していた政治活動費約270万円分を、05年の衆院選の「選挙運動費用収支報告書」にも二重計上し、党支部の報告書を訂正していたことが7日、分かった。訂正前の報告書によると、05年9月15-16日に「印刷代」「チラシ折込料」「音響、照明費」として支出と記載。選挙運動費用の報告書にも同じ内容の支出を計上していた。<共同通信 7日>』

*3

『長勢甚遠法相の地元事務所が昨年9月ごろ、法相が相談役を務める外国人研修生の受け入れ団体「富瀋国際事業協同組合」から、研修生の査証について法務省などに問い合わせた謝礼として50万円の献金を受けていたことが分かった。法相側は、毎日新聞が富瀋などを取材した今年6月以降に返金し、相談役も辞任した。 <毎日新聞 7日>』

*4

『政府、自民党は27日にも行う内閣改造で資金管理団体や関連政治団体の全政治資金過去4年分の外部監査を受け、問題がないと報告することを入閣などの条件とする方針を固めた。党執行部が6日、各派閥に伝えた。赤城徳彦前農相らの資金問題が参院選惨敗に直結したと受け止め、改造内閣での不祥事回避が最優先課題と判断した。7日の党改革実行本部総会で了承を経て、衆参全所属議員に通達する。<共同通信6日>』
[PR]

by mew-run7 | 2007-08-07 11:23 | 民主主義、選挙