安倍辞任で「徳育」見送り、給油新法も混迷+節操ないさつき、ゆかり&潔いぞ、タイゾー

【最近書いたブログ記事のタイトル一覧を見るには、←のカレンダーの
<September2007>の文字をクリックしてください。】


 安倍首相が辞任の効果が、もう国政にあらわれ始めている。

 まず安倍首相は、「教育再生」に力を入れており、特に「道徳」教育
の強化をアピールしていたのだが・・・。

『中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)は18日、政府の教育再生
会議が提言していた道徳の教科化を見送り、改定作業を進めている次期
学習指導要領ではこれまでと同じ位置づけにする方針を固めた。また、
再生会議は道徳を名称変更し、「徳育」とすることも求めていたが、
中教審は名称変更も見送る方針。(中略)教科化見送りは、安倍晋三
首相が辞任を表明し、教育再生会議の影響力低下の可能性が高いことが
背景にあるとみられる<毎日新聞 18日より*1>』

 ふ・ふ・ふ・・・。(^n^)

 福田氏が首相になったら、とっとと官邸の教育再生会議を解散して
欲しいんだけどな~。
<私も、今の教育には見直しが必要な部分は色々あると思うけど。安倍
っちや教育再生会議のように、偏った思想や考えに基づくような改悪は、
絶対すべきではないと思う!(・・)>


 ただね。実は福田氏の国家観とか教育政策に対する考え方って、よく
わからないところがあるのだ。^^;

 ちなみに、共同通信のインタビュー<*2>では、安倍自民党が公約
にしていた「3年後の憲法改正案発議」は事実上、棚上げする意向を
表明したって言うのだけど。(~~)
 でも、自衛隊の海外派遣については、「恒久法」を作るべきだと言っ
てるし~。(-"-;)u~n

やっぱ政界再編&政権交代した方が、話が早いかな?(@_@。
 
* * * * * 

 また安倍首相が「職を賭して」まで実現しようとした海上自衛隊の
給油継続に関しても、政府や与党幹部の間では、「何が何でも、今の
条件のまま、秋の臨時国会で」という感じではなくなったようで、
何だか色々な意見が出て来ているようだ。

<政府与党内がこんな感じだったから、安倍っちもますますガッカリ
しちゃったのかもね。(・・;>

 18日に、高村防衛大臣は、給油新法が「来年の通常国会にずれ込む
可能性は否定できない」と発言。
<ただし、与謝野官房長官は、「できるだけ秋の臨時国会で」と言って
いる。>

 また、山崎拓氏(テロ特措法に関する与党プロジェクトチーム座長)
は18日、都内の講演で、海自のインド洋での給油活動について、政府
が新たな国連決議を求めるべきだとの考えを示した。

<ただし、日本政府の要請で、国連安保理が、海自の給油活動も明記
した上で、米、英、日本などの有志連合による「不朽の自由作戦」への
「謝意」を盛り込んだ決議を行なう予定だという話があるので、それを
前提にして発言しているのかも? ^^;>

 この1~2日、給油新法がらみの報道が、アレコレ出ているので、
別稿にまとめて、アップできればと思うのだけど。
<その時に、上述の情報の元ネタになった報道記事を記載する。>

 もし福田氏が首相になった場合には、国政の停滞や混乱を防ぐために、
あまり閣僚は入れ替えないという方針を示しているが。
<支持してくれている派閥の長や幹部が、今の内閣に何人もはいって
いるしね~。(・・)> 
 
 まだまだ給油新法への対応は、流動的な感じがするけど。
 何よりも早く国会が始めて、きちんとした議論を行なって欲しいと
思う!(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ 

中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 nanka mata atsuizo~

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 話はガラッと変わるけど・・・。

 何だかここに来て、小泉チルドレンがやたらにTVに出たり、ニュー
ス映像でも目立ったりしていると思いません? 
<それを扱いたがるメディアもメディアなんだけど。>

 衆院選が近づいているかも知れないので、立場上、必死なのはわかるし。
麻生氏に反感を抱いているチルドレンが多いのはわかるけど。

<麻生氏は郵政造反組の平沼氏の無条件復党の話を進めたり、下手すると
落選者まで復党するという話も出ていたし。副大臣や党役員の人事で
小泉チルドレンがほとんど登用されなかったこと。幹事長就任の会見で、
小泉氏批判をしたことなどで、かなりの反発が・・・。^^;>


 でも、14日までは「小泉首相再登板」をと署名活動していたのに。
小泉氏が福田支持を表明したこともあってか、早速、福田支持に回る
チルドレンが続出。

 片山さつき氏が、福田氏の出陣式で、隣を陣取って「エイエイオー」
と腕を振り上げていたかと思えば、昨日は佐藤ゆかり氏が福田氏の
隣で、「エイエイオー」をやっていたし~。(゚Д゚)

<さつき氏なんて「あれはクーデターだ。首相を支えるべきが、後ろから
刺す人がいた」とか言って、麻生潰しに一役買ってたし~。(>_<)>

 昨日、福田氏は各議員の事務所周りを行なったのだけど、二人とも
福田氏の手を握りしめて、妙な笑顔を浮かべて、ヨイショ、ヨイショ
の言葉を発するのを見て、もう目も当てられないというか「節操なさ
過ぎ~」という感じ。(/_\)
<この2人は、去年の総裁選の時は、安倍氏が移動する度に、その
ヨコにべったりとくっついていたんだよね~。(ーー;)>

 2人とも、ともかく衆院選の選挙区での公認をとりたい&何かポス
トが欲しいのが見え見えなのだけど。
<片山さつき氏は、平沼氏と共に郵政落選組の城内みのる氏が復党
するのを警戒。佐藤ゆかり氏は、既に復党した野田聖子氏との間で
公認争いが。>

 同じ女性として、オンナのイヤな部分を見せ付けられているよう
で、めちゃ気分が悪くなってしまう。(`´)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 その点、最近、このブログで何回か取り上げているタイゾーくん
こと杉村大蔵氏の潔いこと!(^^♪
<いや、決してタイゾー・ファンというわけでは・・・。^^;>

 まず16日には、こんなことが・・・。

『小泉チルドレンと呼ばれる自民党の当選1回衆院議員らでつくる
選挙塾「新しい風」(会長・武部勤元幹事長)は16日、党本部で総裁
選対応を協議した。このうち、メンバーの杉村太蔵衆院議員が「(武部
氏らの方針に)ついていけない」と途中退席。武部氏は杉村氏に「もう
来るな」と怒ったという。
 杉村氏は記者団に「こんなことで総裁が決まるなら自民党は終わる」
と述べた。総裁選で小泉純一郎前首相の再登板を模索していた同会が、
福田康夫元官房長官支持でまとめようとすることに、反発したとみら
れる。<毎日新聞 16日>』

 そして、18日には、ブログにこんなことが・・・。

『勝ち馬に乗ることだけが勝ちだとはとても思えない。
ましてや、派閥の親分が右だからと言って右に向くような、そんな
先祖も驚きの先祖返りをするような選択しかできないようならば、
はっきり言って政治家なんて誰でもできるじゃないか。
本当にこの国の未来を託せるのはどちらの候補者なのか。
議論が尽くされたとは到底思えないこの段階で、結論を出すことなど
私にはできない。
最後の最後まで、じっくりと両候補者の政策主張に耳を傾け、いくら歳が
若いからといっても国民を代表する政治家の一人として、投票のその瞬間
まで自らの政治信条に照らし、私は一票を投じたいと思います。』

<ま~た、このブログの最近の記事に書かれていることは、mewも
共感できることが多いのよね~。(・・)>

* * * * *

 タイゾーくん、キミは正しい!(@_@。
 それが、正しい無派閥&若手議員のあるべき姿でしょ~。(~~)

 小泉前首相は、05年総選挙で初当選した「小泉チルドレン」と呼ば
れる83人の議員に「派閥にはいらない方がいい」と提言したのだけど。
 まあ、もともと派閥系の候補もいたとはいえ、2年立った今日、もう
完全に無派閥を通している議員は、実質的に30人いないという。

 派閥に所属していないと、国会や党の情報もはいりにくいし。特に
若手議員は、政治活動や選挙準備も(お金の面も)も行ないにくい
ので、かなりのマイナスになってしまう。
 そんな無派閥チルドレンをフォローすべく、武部氏が「新しい風」
なるグループを作って、タイゾーくんもその会合では、張り切って
スピーチなどをしていたのだけど。武部氏は、これは「派閥ではない」
と主張していたはずだった。
 なのに、グループとして福田支持をするように言われたら、「話が
違う」ということになるだろう。それじゃあ、何のために無派閥議員
を通しているのかわからない。(・・)

* * * * *

 タイゾーくんの今回の行為は、実はかなりリスキーなものだ。
 彼は次の衆院選で、生まれ故郷の北海道選挙区から立候補すると
いう話が決まりかけている。同じ選挙区には、民主党の横道氏という
強力な相手がいるので、比例ブロックでいい順位を確保しておきたい。

 武部氏は、北海道選出議員ゆえ、道連でまあまあの力があり、彼に
従っていた方が、得策になることは間違いない。福田氏の所属派閥の
長である町村氏も北海道が地元で、道連でも重鎮である。
<道連の会長の今津氏も、たぶん福田支持。>
 タイゾーくんとしても、ここは福田支持を表明しておいた方が、
次の選挙には有利なはずだったのである。

 まあ、見方によれば、ただ「青い」だけ。「賢くないやつ」で
終わるのだろうけど。でも、それらこそ「若さの特権」だろ~。
 折角20代で国会議員になったからには、ましてや無派閥を通して
いるのだから、ミョ~に永田町的&政治屋的な思惑だけで動くのでは
なく、まさに庶民&若者的な感覚で、国会や自民党のおかしいと思う
部分をどんどんオモテに出してくれるぐらいの方がいい。

 というわけで、またまたタイゾーくんを誉めてしまいたくなった
mewなのであった。(・・)

<タイゾーくんファンになったら、ど~しよ~?(@@。nai,nai!>

                  THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

 決してアブナイことはない? らんき~な お玉喜八もよろしくです。

<報道記事は↓Moreの部分に>





中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)は18日、政府の教育再生会議が提言していた道徳の教科化を見送り、改定作業を進めている次期学習指導要領ではこれまでと同じ位置づけにする方針を固めた。また、再生会議は道徳を名称変更し、「徳育」とすることも求めていたが、中教審は名称変更も見送る方針。20日の専門部会に提示する。

*1

『道徳は現在、小中学校で年34~35時間割り当てられており、国語や算数などの教科ではなく特別活動や総合的な学習の時間と同じ位置づけ。教育再生会議は6月の第2次報告で、徳育への名称変更と、教科としての扱いを提言していた。


 文科省も中教審委員と協議した結果、教科化した場合は検定教科書の作成や児童・生徒への評価が必要になることから、「道徳は教科に成りえない」と判断した模様だ。


 中教審の専門部会がまとめる検討素案では、道徳教育の充実が明記される。ある中教審委員は「教科化にこだわった議論ではなく、子どもたちの道徳心を高めるための実質的な論議をしたい」と説明しており、小学校での自然体験や中学校での職業体験のほか、高校での奉仕活動なども論議される見通しだ。


 専門部会では、道徳は学校活動の全体で教えていくもので個別の教科として指導することに疑問の声が出ていた。教科化見送りは、安倍晋三首相が辞任を表明し、教育再生会議の影響力低下の可能性が高いことが背景にあるとみられる。<毎日新聞 18日>』

*2

『 自民党総裁選で優勢となっている福田康夫元官房長官(71)は18日午後、共同通信の単独インタビューに応じ、自衛隊の海外派遣を随時可能とする「恒久法」制定を目指す考えを示した。自民党が参院選で公約した「3年後の憲法改正案発議」は事実上棚上げする意向を表明。首相に就任した場合の組閣については、臨時国会開会中を理由に閣僚の大幅入れ替えは困難との考えを重ねて示した。

 恒久法は福田氏が官房長官当時の2003年7月に制定方針を表明し、安倍政権も来年1月からの通常国会への提出を目指していたが、参院選惨敗により当面凍結を決定。これについて福田氏は「何か起こった時に慌てて法律を作るということでは機敏な対応はできない。きちんと整えておくことは大事だ」と述べ、あらためて制定の必要性を強調。<共同通信 18日>』
[PR]

by mew-run7 | 2007-09-19 08:04 | 安倍政権に関して