今日からJP&福田国会スタート。もうだまされない国民になろう!+競馬&相撲など

最新記事の一覧は、カレンダーの<September2007>をクリック。


さあ、10月だ~。今年もあと残り1/4に。(・o・)hayasugiru

 東京は、金曜には30℃を越えていたのに、日曜は日中も20℃に
達さない肌寒い雨の1日に。今日も朝から寒いですぅ。(xx)

 あまりに急激な気温&気圧の変化に、デリケート?なmewはついて
行けず、今朝まで5度寝をする状態に。<中央と大井のメイン前後は
しっかり起きたのだけど?(^^ゞ 競馬の話は、文末に。> 
 そして、何故かPCもご機嫌斜めになってしまい、保存したはずの文章
や資料が消滅。<午後から、あわてて書き直し中。>(ノ_-。)

 季節の変わり目で、体調を崩しやすい時期なので、皆さまもお体に
お気をつけて。で、今月も頑張って行きましょう!(~~)/


また1日未明には、神奈川県の箱根で震度5強の地震があった。
幸い大きな被害はなかったようだが、負傷者の方にはお見舞いを
申し上げたい。余震のおそれもあるとのことなので、お気をつけて。

<震源が浅かったせいか、東京はあまり揺れなかったかも。今日から
大きな地震は予報が出るとのことだけど。夜中に寝ている時だと、
TVをつけていない人が多いから、恩恵を得られないかも~。^^;>

* * * * *、

 そして、今日1日からは、ついに郵政三事業が民営化して、JPに。
また国会も、や~っと約3週間ぶりに再開する。

<今日から、赤い羽根の共同募金も行なわれるから、きっと毎度ながら
とってつけたかのように、赤い羽根をつけた国会議員がいるはず?(・・)
ついでに言えば、今日は「日本酒の日」でもあるらしい。風邪予防も
兼ねて、今夜は久々に熱燗を頂こうかな?(~~)旦> 

 国会再開とはいえ、1日は福田新首相の所信表明からやり直し。
そして3~4日には、各党の代表質問が行なわれ、その後、予算委員会
の審議が優先されるので、注目されている給油新法などの本格論議は、
10月の中旬からになってしまいそうだ。(-"-)

 とりあえず、福田首相の所信表明の内容を見てから、またアレコレ
書いてみたいと思うが・・・。

 何か、折角、野党はもちろん、国民の多くもマスコミも「参院選で
与野党逆転。さあ、国会だ~」と盛り上がっていたのに。安倍辞任&
総裁選で3週間も空白ができたことで、何だかその勢いや国民の関心
に水が差されてしまった感じもして、「何だかな~」という気分に
なっている。(-"-)
 
 福田内閣は、確かに「安定感がありそう」に見えるし、思ったより
支持率も高く出ていたのだけど。ベテランが多い分、タヌキ的ズル
賢さもかなり備えているわけで。何とな~く、煙に巻くような感じで
野党の追及を交わしたり、対立軸や問題点をぼやかしたりするような
形で、国民の目をごまかしてしまうおそれもある。^^;

 こういう時こそ、マスコミがしっかりと国政や国会で出た問題点を
伝えて欲しいと思うし。ブログ勢にも頑張って欲しいし、mewも
自分なりに頑張らなくっちゃと、思ったりする。(@_@。

* * * * *

 郵政民営化のことや、新自由主義的な諸政策<過度な市場競争原理、、
官から民へ、小さな政府などなど>に関しては、また定期的にこの
ブログでも書いて行きたいと思っているけど。

 昨日、全国各地の郵便局で、民営化の準備のために、局内外の看板
やプレート、様々な書類を替えている光景をTVで映していた。この
他に、制服を替えるところもあるようだし、システムの変更はもちろん
パンフレットや名刺の刷り直しなどもしなくてはいけないわけで、
思わず「一体、これらを取り替えるだけで、どれくらい費用がかかるん
だろ~」と考えてしまった。^^;nanka mottai nai kanjimo

 今日は、朝からTVに、小泉前首相の姿がアチコチに映っていたので、
思わずイライラ~ッとしてしまったのだけど。(`´)
<今朝のJPの発足式にも、小泉氏は福田首相と共に参加。「首相就任
前、すべての政党が郵政民営化に反対か必要がないと言っていた。実現
したのは国民の支持があったからこそだ」とか語ってたようだし~。^^;>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 
konya wa atsukan ni nikomi kana?

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

民営化されれば、国が税金を(印紙代なども)とれるようになる
けど。その印紙代は、早速、手数料の値上げで、国民の負担につながる
わけだし。何かポストの設置も、場所によっては地代がとられることに
なるために、撤去しなければならないところも出て来るかも、なんて話
もきいた。
 以前に書いたように、局や業務の統廃合、サービスの低下など、これ
から「果たして、この民営化が全国の一般国民にとって、本当にメリット
のあるものなのかどうか」どんどん実感させられることだろう。

 この件は改めて書くが、この何日かだけでも、国税庁の調査で給与
格差が拡大したことがわかったとか、日銀短観で大企業と中小企業、
産業別に景気の格差が拡大していることが示されたとか。
 また医療に関しても、東京の北区の総合病院(毎月の外来患者は
約1万5000人の規模)が、医師不足のために今月末で全科を休診
することになったとか、都内の知人宅の近くの歯科医が保険点数が
下がったので、やって行けなくなって閉院してしまったとか。
 
 小泉ー竹中氏の言うことが、どれだけマヤカシであったか・・・
 一部の大企業やその関係者以外は、生活が向上&便利になるどころか、
その逆になっていることが、よ~くわかるのではないかと思う。

 私は、この格差などの問題を是正するためには、今がラスト・チャ
ンスなのではないかと思っている。<憲法とか自衛隊の問題も、そう
だと思っているけど。>

 ここで、国民がきちんと実情をウォッチして、能動的に動いていけ
ないと、この格差を是正することは、極めて困難になってしまうかも
知れない。<そのためにも、もっと関心を持ったり、もうだまくらか
されないようにしないとね!(**)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 何かあわてて書き直しているので、話がグチャグチャになっている
感じだけど。^^;
 
 最後に、今日1日には、相撲協会で北の湖理事長が数人の理事と共に
時津風親方の事情聴取を行なうことになったという。
 昨日、いくつかの新聞に、力士が死亡した当日&前日の様子を詳細に
報じる記事が出ていたのだが。以前、親方が説明していたことと、報道
に出ている内容が、あまりにも違うことから、改めて事情を聴くことに
なったようだ。
<東京新聞に出た記事をあとでMore部分にアップしておくが。もう相撲
部屋というより、XXXに近い感じかも?^^;>

 まずは、相撲協会がしっかりと真相を解明すると共に、きちんと対応
策も考えて、国民や相撲ファンが納得するような説明を行なって欲しい
と思う。
 今さら、体面をつくろっている場合ではないし。今回のことを「これは
あくまでも特別な事例」として扱ってしまったら、もう相撲界の発展は
ないと思った方がいい。


p.s. 最後に遅ればせながら、日本ハムのパ・リーグ優勝、おめでとう
ございます。新庄や小笠原がいなくて、今年は厳しいかと言われていた
けど、素晴らしい&羨ましいです。m(__)m
 スプリンターズSは、ビチャビチャの不良馬場を見て、思わずCライ
トオーがよもやの逃げ切りを見せたレースを思い出していたのだけど。
何と3歳の爆走娘・Aマーチャンが、さすが中館騎手と思わせる見事な
逃げ切りで優勝!<川田くんは、一番人気に背負ったこともあってか、
チョット慎重過ぎた感じも?(・・) ・・・あと条件戦を見てても、今年の
3歳牝馬は、かなり強いかも?> 
 三連複しかとれなかったけど、13年ぶりにGIをとった中館騎手の
嬉しそうな顔を見たら、シアワセな気分になっちゃいました。(~~)
<幸いに?、トロットスターの記録も、また抜かれずに済んだし~。(^^ゞ>

                   THANKS
 
 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠、マジにギリギリに?!(・・) ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑ 2位もアブナくなったかも~? (ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

 うちも含めてランキングがアブナイ? らんき~な お玉喜八もよろしくです。







『2007年10月1日、郵便、郵便貯金、簡易保険の郵政3事業が民営化され、新たに「JP日本郵政グループ」が発足した。1871年に始まった「官営・郵便事業」の歴史は136年で幕を閉じた。新会社は、持ち株会社の「日本郵政」(西川善文社長)の傘下に、「郵便事業」(北村憲雄会長、團宏明社長)、「ゆうちょ銀行」(古川洽次会長、高木祥吉社長)、「かんぽ生命保険」(進藤丈介会長、山下泉社長)、「郵便局株式会社」(川茂夫会長、寺阪元之社長)が入る。社員数24万100人。総資産は338兆8,300億円で、このうち、ゆうちょ銀行は約222兆円、かんぽ生命は約113兆円に上る。金融2社は遅くとも4年目、早ければ3年目の株式上場をめざす。
「ゆうゆう窓口(時間外窓口)」は午前0時から開き、午前9時には民営化記念切手が発売された。新規事業として、自動車保険の受託販売(取り扱いは限定)が解禁。ATMでの振り込み手数料が一律30円から「3万円未満30円、3万円以上240円」となるなど一部の手数料が改定された。
霞ヶ関のJP本社で行われた発足式には、福田康夫首相、郵政民営化を実現した小泉純一郎元首相が来賓として招かれた。小泉元首相は「わたしが民営化を提唱したときは、すべての政党が『反対』と言った。実現は国民の支持があったから。国民から信頼される立派な会社になってほしい」と述べた。<J-CAST 1日>』 





☆ 時津風部屋の力士死亡に関する記事

『 「おまえらもやってやれ」。夕食後自らビール瓶で殴ると、親方は兄弟子たちに命じた。時津風部屋で入門間もない時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名斉藤俊(たかし)さん=が急死した問題。暴行や亡くなる直前の生々しい様子を部屋関係者が語った。 

 六月二十五日午前十一時ごろ、斉藤さんが逃亡したことに兄弟子らが気付いた。近くのコンビニ前にいるのを見つかり連れ戻される。兄弟子から殴られた。

 同日午後六時ごろ、夕食で「逃亡」の罰として斉藤さんは時津風親方の斜め後ろに正座させられた。斉藤さんが「心を入れ替えます。すみませんでした」と許しを求めると、兄弟子は「だまって正座しとけ」と怒鳴り、親方は「何十年も相撲界にいるが、おまえみたいに根性のないやつは初めてだ」と説教した。

 午後七時ごろ。親方は飲み終わったビール瓶で斉藤さんの体を数発殴った。最後に額のあたりを強めに殴り血が流れた。親方は兄弟子らに「おまえらもやってやれ」と指示。三人が「根性いれてきます」と言って、部屋の裏手や宿舎の外で三十分以上、素手や金属バットで暴行を加えた。

 兄弟子らは親方の前に連れて行き謝らせたが、親方は「駄目だ。何度おまえにだまされたか」と突き放した。

 翌二十六日。午前十時ごろにけいこが終わると、間もなく斉藤さんに対して「かわいがり」と呼ばれる集中的なぶつかりげいこが始まった。親方もそばで見ていた。

 親方は兄弟子たちに続けさせたまま、風呂と食事を終えて帰ってくると、「後はわしが面倒を見る。おまえらは風呂に入れ」と言い、けいこ場で斉藤さんと二人きりになった。その間約二十分。「あー」という斉藤さんのうめき声が聞こえた。

 午後零時半ごろ、斉藤さんが意識不明になり、壁にもたれぐったりしていた。かすかに息はあったが、あざもはっきりと浮き出て体全体が土気色になっていた。水をかけたが意識が戻らず、体も冷たくなってきたので、親方の「今度は温めよう」という指示で風呂場に運び湯をかけ始めた。弟子たちは「救急車、救急車」とざわつき始めたが、親方は呼ぼうとしなかった。湯でも意識が戻らず、親方もようやく救急車を呼ぶことを承諾。午後零時五十分に一一九番し、斉藤さんは病院に運ばれたが、午後二時十分に死亡した。

    ◇

 親方は、二日後の二十八日に、自分の部屋に関取衆を除く弟子らを呼び、暴行に金属バットが使われたことや自分が斉藤さんをビール瓶で殴ったことを漏らさないよう指示。その後、ほぼ連日、弟子らを集めて県警の聴取に何を聞かれ、話したかを詳細に報告させ、「みんなで供述を合わせよう」と口裏合わせを求めたという。

 ある弟子が金属バットについて話したと報告すると、親方は「なんで本当のことを言うんだ」としかったという。

<東京新聞 30日>

『 大相撲の時津風部屋の時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名斉藤俊(たかし)さん=が急死した問題で、死亡の直前、時津風親方が斉藤さんと二人きりになりながら介抱せず、病院への搬送もすぐに指示しなかったことが二十九日、関係者の話で分かった。金属バットによる暴行を警察に話さないよう兄弟子らに口止めしていたことも判明。愛知県警は立件に向けて最終的な詰めの捜査を進めている。 

 県警や複数の関係者によると、六月二十六日午前十時ごろ、愛知県犬山市の時津風部屋で朝げいこが終了。親方の指示で四、五人の兄弟子が残され、斉藤さんとのぶつかりげいこが始まった。

 親方は土俵脇で様子を見た後、宿舎に移動。約一時間後に戻り、ぐったりした斉藤さんを見て、「後はおれ一人でみるから、おまえらは風呂に入れ」と話し、兄弟子らを遠ざけた。約二十分間、二人きりだったが、斉藤さんを介抱するなど救護措置は行わなかった。

 その後、駆け付けた兄弟子らが意識がない斉藤さんを見つけた。兄弟子たちが救急車を呼んだ方がいいのではとざわつき始めたが、親方はすぐに救急車を呼ぼうとしなかった。結局、部屋が一一九番したのは同日午後零時五十分ごろだった。<東京新聞 30日>』
[PR]
by mew-run7 | 2007-10-01 14:49 | 新自由主義&小さな政府