人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

10日の民主・小沢会見を見て思ったこと ~報道のアヤうさ&民主党はさらなる広報努力を~


最新記事の一覧は、カレンダーの<October2007>をクリック


<先に断わっておくなら、私は民主党の関係者でも支持者(党員とか
サポーターとか)でもない。いわゆる無党派層ではあるけど、今の自民
党の政策、あり方には問題があると思うし。本当の意味での民主主義
を実現するためには、政権交代が可能な政治環境が必要だと思うので、
現時点では、比較的、考えが合う民主党(&野党共闘)を応援している。>


 先週、民主党の小沢代表が「政権を担ったら、ISAFへの参加を
実現したい」「国連承認の平和維持活動を行なう場合は、武力行使を
伴うものでも、憲法違反にはならない」という発言をしたということが
報じられて。<*1>
 マスコミやブログ界でも、チョットした話題になっているし。国会の
場も含め、自民党にツッコまれたりもしているのだけれど。^^;
<この件についてはiiyumeさんやお玉おばさん が、かなり取り上げて
いる。そのうち、iiyumeさんとのi居酒屋議論についても書いてみたい。>


 私の考えについては、改めて書きたいと思っているのだけど。<今、
勉強中&考え中なので。>
 率直なところ、私は、この報道を見て、かなりのショックを受けると
共に、ある種のイラ立ちさえ覚えるところがあった。_(。。)_

 というのも、場合によっては、私自身、もう民主党を応援しにくく
なるかも知れないし。また、政権交代を目指すに当たって、民主党&
野党共闘には、マイナスの要素が大きいと思ったからだ。

 おまけに昨日は、コチラの記事にも書いたが、小沢氏の政治団体の不動
産賃貸問題が出て、「も~、何だかな~」という感じに。(-_-)


 さらに、昨日の10日には、小沢氏の会見が開かれたのだけど。

 これが、昨夜、TVのニュースでチラッと映った場面が、すっごく機嫌
が悪そうで、横柄な感じの受け答えをしているところだったので、「何、
これ~っ?」「イヤな感じ~」と思ったりして。(ーー;) 
<何か、ツッケンに「憲法? どこが違反なの?」「反対の人は、離党
してもらうしかない」みたいな感じで。かなり印象が悪かったんだもん。>

 正直なとこ、めっちゃブル~な気分になっていたmewなのだけど。(-"-)huu

* * * * * 

 今朝、民主党HPで、記者会見の様子をすべて見て、個人的にはチョッ
ト安心させられたところがあった。

 というのも、ISAF発言に関する小沢氏の考えや、不動産賃貸の問題
に関して、とても丁寧に説明していたし。記者に対しても、一生懸命に
丁寧に対応しようとしている姿勢が見えたからだ。<昔の会見の様子を
知っているだけに(?)、「小沢さん、ちゃんと『変わらなくっちゃ』で頑張っ
ているじゃない」と思ったりもして。(・・)>

 でも、逆に言えば、30分以上の会見の中で、本当にたった何十秒か
2回だけ、横柄な感じの受け答えをしたところを切り取って流されて
いたわけで、日頃からよく思うことではあるけれど、改めてニュース
編集のコワさを実感じたりもした。(-"-)

<小沢氏は、昨日の会見で、毎日新聞が急に不動産賃貸の問題の記事を
出したのにも、政治的意図を感じると言っていたけど。^^;>


 ISAFに関する会見の要旨は、後ほど、この記事でもざざっと書くが。
 民主党HPのコチラ(ISAF発言に関する説明)&コチラ(不動産問題に
関する説明)にも、もう少し詳しい記事が掲載されている。
<同じく民主党のHPにある「小沢代表、疑問に答える 民主党はなぜ
自衛隊の給油活動継続に反対なのか」<コチラ>も、わかりやすいかも
知れない。>
 
 でも、もし時間&関心のある人は、30分以上の長い会見だけど、
できればコチラの録画映像をご覧頂けるといいな~とも思う。

 それを見て、どう思うかは別として<私自身、決して小沢氏の見解に
全面的に賛同できるわけじゃないし>、小沢氏の発言の真意や、不動産
賃貸問題の状況などに関しては、理解しやすいのではないかと思うからだ。
 
* * * * *

 とりあえず、会見の内容をざざっと記すなら・・・

 国際貢献は必要だし、場合によっては、警察の役割をする武力行使も
必要になる。その場合、米国主導の活動に従うというのではなく、
国連の承認のある国連主導の活動に参加すべきだ。
<小沢氏の考えでは、その範囲の武力行使は憲法違反にならない>

 民主党としては、国連承認の平和維持活動に参加することは、マニ
フェストなどの基本政策にも記されている。<それに反対する人は、
ほとんどいないはずだし。イヤなら離党するしかない。>

 ただ小沢氏自身、ISAFの治安維持部隊のあり方には疑問を感じる
部分もあるし、
 そもそも国際貢献&平和維持でも「生活が第一」で<テロ、戦争の
原因は貧困。アフガンでも、(国民が)生活ができれば、タリバンも
いなくなる>、軍事活動よりも貧困改善や生活支援の活動の方が重要
だと考えており、民主党としてもそれを優先して行なって行きたい。
・・・というような話だった。

<尚、賃貸に関しては、会社は既に退去。物件も売却に出している。
日米交流団体は、自分も活動に関わっているもので、総務省側と
どうしたらいいか相談中のようだ。>

* * * * *

 まあ、これをきけば、中道、左派、ハト派系の考えを持つ議員や支持
者、一般国民も、多少は「なるほど、そういうことか~」と理解したり、
「まあ、そこまで過激な考えではないんだな」と納得できる部分もある
かな~とは思うのだけど。
 
 でも、TVや新聞の報道ではうまく伝わっていない感じがあるし。
もっとうまく広報をしないと、一般ピ~プルには、かなり誤解された
ままになってしまうのではないか、と懸念する部分も大きい。(・・)

 これから与党側は、給油新法を通すために、また衆院選を考えて、
いろ~んな形で巻き返しをはかって来るだろう。^^;

 それを考えても、民主党&野党が本当に政権交代を目指してやって
行くためには、もっともっと国民に自分たちの主張や、自民党との
違いを理解してもらうように、今の何倍も努力しなければなるまい。

<私はたまたま気になって、民主党のHPとか見るけど。一般国民は、
そんなのは滅多に見ないんだから。HPに載せておけば、説明した
ことになるとか考えている議員やスタッフがいるとしたら、大間違い
だと思う。(-"-)>


 昨日の国会論戦では、民主党の各議員も、社民、共産、国新党の
議員も、すごくいい質問&議論をしていたように思うけど。
<「晴天とら日和」さんに、野党質問をまとめ記事あり。>


 これからの国会の論戦も含めて、ともかくできるだけわかりやすく
<妙な誤解を与えずに>、国民にきちんと伝わるような形で、自分
たちの主張をアピールできるように、さらなる工夫&努力をして
欲しいと、改めて強く感じさせられた1週間だった。(@@。

                  THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】


↓ 25位枠ビッケに復活。but崖っぷち。(ノ_-。) ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑ 1位陥落のまま、なかなか上がれず。 ^^; 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

 mewはランキングがアブナイ&らんき~な お玉喜八もよろしくです。

<報道記事は↓Moreの部分に>






*1

『民主党の小沢代表が5日付の党機関紙で、アフガニスタンで治安維持を担う国際治安支援部隊(ISAF)への参加に前向きな考えを示した。

 国際貢献に積極的な姿勢を強調することで、インド洋での給油活動継続反対に理解を得る狙いがあると見られる。

 小沢氏は、給油活動継続反対の理由として「ことの始まりは、米国が『自衛の戦争』と宣言して武力攻撃したことだ。他国の自衛権行使に日本が自衛隊を派遣することは憲法上できない」として、給油活動は憲法違反にあたるとの考えを示した。

 その上で、治安維持を目的に、2001年12月の国連安保理決議に基づいて発足したISAFについて「国連の決議によってオーソライズされ、憲法に抵触しない」と指摘し、「政権を担い、外交・安保政策を決定する立場になれば参加を実現したい」と強調した。

 これに対し、党内では「何でも反対と誤解されてはいけない。テロとの戦いにはっきりした姿勢を示すためにも、ISAF参加を打ち出すべきだ」(長島昭久衆院議員)と歓迎する声が出ている。民主党は現在、アフガン支援の対案をまとめており、ISAFへの後方支援を盛り込むことも浮上している。

 ただ、ISAFの活動は、テロ対策特別措置法に基づいて実施している洋上給油に比べ、危険性が高い。保守系の議員からも「民主党の対案は、医療品を送るなど民生支援を中心にすべきだ」との声が上がっている。<読売新聞 3日>』

*2
『民主党の小沢一郎代表は10日の記者会見で、政権獲得後に参加するとしているアフガニスタンでの国際治安支援部隊(ISAF)について「ISAFの主力の治安維持には非常に疑問を持っている」と述べ、軍事部門への直接参加には慎重な姿勢を示した。そのうえで小沢氏は「何よりも生活が安定することが大切」とアフガンの民生を支援する重要性を強調した。

 ISAFへの参加自体については「党の政権政策の基本方針にも書いてある」と述べ、国連決議に基づく行為は憲法違反ではないと強調した。与党だけでなく党内にも慎重論があることを念頭に「少数意見はあるが、党の方針にしたがって行動しなきゃ党人ではない。嫌なら離党するしかない」と述べた。

 自身の資金管理団体「陸山会」が政治資金で購入したマンションから家賃収入を得ていた問題について、空室となった1戸は近く売却し、財団法人に貸与中の1戸は陸山会が財団法人に家賃分を寄付し、事実上家賃を受け取らない方法を検討していることを明らかにした。その他の物件は「銀行のローン完済後に売却する」と述べた。

 小沢氏はこの問題を報じた毎日新聞の記事について「政治的思惑でもって意識的に誹謗(ひぼう)中傷した報道だ」と述べた。<毎日新聞 10日>』


『民主党の小沢一郎代表は10日午後の記者会見で、自身が提唱したアフガニスタンの国際治安支援部隊(ISAF)への参加について「ISAFは治安維持、軍事部門だけでなく、いろんな民生活動が入っている」と指摘した。その上で「今の主力を成している治安維持活動には非常に疑問がある」と述べ、参加する場合は民生支援中心の活動を念頭に置いていることを明らかにした。 [時事通信社 10日]』
by mew-run7 | 2007-10-11 09:49 | 民主党、民進党に関して

by mew-run7
カレンダー