深まる日米同盟+大阪府知事選+大相撲+福士+keiba

最新の記事一覧・・・12月分はコチラ、1月分はコチラ

 最初に、昨日のNHKスペシャル「日本とアメリカ(第一回)深まる
日米同盟」(コチラにHP)は、なかなか興味深い作品だった。
<2月2日(土)午後3時5分~4時4分にNHK総合で再放送あり>  

 昨日の記事でも、ミサイル防衛について少し書いたのだけど。私が
いつもこのブログで書いている、そして「このままじゃ、日本がアブ
ナイ!」とわめいている(?)、米軍再編による日米軍の一体化計画
(ミサイル防衛、集団的自衛権&憲法改正などなど)に関して、具体的
な例を映像で示して、伝えてくれるものだったからだ。(**)
<自衛隊海外活動の「恒久法」作りも、この一環だし~。>

 私がミュ~ミュ~言っている計画が、本当に現実に進められているの
だということを実感できる部分もあると思うので、まだ観ていない方&
関心のある方は、是非、再放送をご覧頂ければと思う。(・・)


 あと、先週、コチラの記事に少し書いたのだけど・・・。
 政府与党というか、自民党は、ど~も本当に、「揮発油税の暫定税率
を2・3ヶ月だけ延長する」という、まさに「その場しのぎ」のせこい&ズッコイ
法案<ブリッジ法案」or「つなぎ法案」と呼ぶらしい?>を出すことを考えて
いるようだ。
 公明党も同意しつつあるので、この法案を衆院再可決して、問題を
先送りする可能性が出て来た。(ーー;) (*1)

 もちろん国政(政局)や国民生活を混乱させないことは大事なのだけど。
彼らの最大の目的は、いかに福田政権を、最悪でも7月の洞爺湖サミット
まで保持するか<それまで解散総選挙をまぬがれるか>ということに
あるのは、明白だろう。(・・) 

<この件については、動きを見ながら、また後日に取り上げたい。>
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 27日には、昨日の記事にも書いたように、注目していたことがアレ
コレあったのだけど。

 まず、大阪府知事選は、当確が出るのが早過ぎ~~~!(>_<)

<20時チョット過ぎに、「今日、投票率、どれくらいだったんだろう」
って、ネットにつないでみたら、もう当確が出てるんだもん。^^;)> 

 橋下徹氏(38)がダブルスコアの圧勝で当選。現職では最年少、戦後
3番目の若い知事に決まった。

 正直なところ、この結果はかなり覚悟していて。それで土曜日にあの
ような(?)記事<コチラ>を書いたとこもあったのだけど。(-"-)
 ただ、橋下氏の勝因としては、知名度に加え、政党色(国政の影響)
を排除して、自分個人の政策&元気さをアピールしたことが大きいと
思うし。その分、国会や衆院選への影響も、さほど大きくないのではない
かな、と思ったりもしている。
<逆に熊谷氏の大敗した要因は、最後まで堅い感じがとれず、親近感
を持たれにくかったことや、自分個人のアピール&政党、支援団体の
アピールがごっちゃになって、ますます自分の存在感やイメージが
薄れたり、主張がわかりにくくしまったことかな~と思ったりもする。>
 

 まあ、気分的には、少しの間、自公与党の方は「ほっ」「うふ」
民主党は「う~ん・・・(-"-)」になるかも知れないけど。これで、自公
がすごく勢いに乗るということはないように思える。(・・)

<大阪府知事選については、また別記する予定です。)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 昨日、最も印象深かった&エキサイティングだったのは、やはり、
何と5年半ぶりだという横綱相星対決ではないだろうか?(@@。

 いや~、久々にホントにいいお相撲を見せてもらったな~・・・
と思ったのは、おそらく私だけではあるまい。(・・)
<何か「ありがとう」って言いたくなるような気分にさえなっている。>

 身体的な力とかもそうだけど、細かい技術、駆け引き、一瞬一瞬の
判断とか<あと運動神経のよさとか、クレバーさとか>、何か色々な
ものが凝縮されたような一番だったのでは? 一般のお相撲ファンも、
おそらくは、お相撲通の方々も堪能できたように思うし、何年かに一度
の名勝負になるのではないかと思ったりもする。(++)

<序盤から見所たくさんで、組み手での駆け引き&やりとり(?)、
すごくおもしろかった。(色々な角度で、スローを観てみたい感じが。) 
 個人的には、終盤、朝青龍が白鵬をやや強引に吊ったところが、
チョット残念に思えたりしている。(朝青龍は今場所、下半身がまだ
イマイチで、やや腕力や上半身に頼る傾向があったかも。)
 もしかしたら白鵬が身体を預けようとして来たので、しんどい&
何としたかったたのかも知れないのだけど。あの吊りで、腰&脚が伸びて
低重心&脚のバランスが崩れちゃったので、もったいなかったかな~と。^^; 
 でも、足がズルッとなりそうな瞬間を見逃さずに、こちらもやや強引に
身体ごとで投げを打ちに行った白鵬は、やっぱ上手い&強いな~と。(~~)>

 白鵬が優勝インタビューで、「夏巡業からしっかりやって」と言った
ところに、ゴタゴタの間に、ひとりで横綱として頑張って来た意地が
見えた感じもした。
 けど、やっぱ朝青龍は必要な存在だと認識した人も多いのではないだ
ろうか?<横審の内館牧子さんは、どう思うかしらん?^^;>
 
 でも、ついつい知人と「何か、相撲の技術でも、彼らにかなう日本人
力士が、なかなか見当たらないよね~」と嘆いてしまったりして。(-"-)
 何とか次の場所では、日本人力士が優勝争いにからんで欲しいかも~。 

* * * * *

 大阪国際マラソンは、マーラ・ヤマウチ(英国)選手が優勝。(*^^)v祝
<34歳。オックスフォード大卒、英国外務省勤務という異色の経歴で、
夫が日本人&コーチ。今は日本で練習しているらしい。>
 2位に森本友選手(てんまや)がはいって、北京五輪代表の有力候補
になった。

 mew注目の福士加代子選手は、最初から飛ばして独走態勢にはいった
ものの、30km過ぎにガクッと失速。最後は、足が動かず、何度も
転倒しながら、気力だけでゴールを目指して、19位に終わった。

<本人は、30km過ぎから意識&記憶がないらしい。意識がない
のに、転倒して立つ時に、笑顔を浮かべようとしていたのが、笑顔で
乗り切る根性娘の彼女らしい感じもした。終盤の走り方&転び方が
よくなかったので、脚や膝などに影響がないかといいんだけどな。>

 何か初マラソンの準備段階で、20km以上走っていないという報道
が出ていたので、それが吉と出るのか凶と出るのか、チョット気がかり
な部分はあったのだけど。
 また北京五輪後に、マラソンにトライして欲しいな~と期待して
いる。<残念ながら、5千・1万mは、アフリカ勢+αがあまりにも強く
て、入賞するのも大変な状況なんだもの。>

* * * * *

 そして、JRAのAJCCは、2位が続いていて、後藤騎手が「どげ
んとせんといかんと」の気持ちで騎乗したというエアシェイディが、
GⅡ初制覇。(*^^)v  (エダテルのお陰で、馬券はとれず。平安S
もタテ目ったし~~~。Qデイを狙ってたのにな~。(ノ_-。)>

 MY応援馬ドリパスは、松岡騎手がかなり早めに上がって行って、
先頭に立ってしまい<やや非難めいた言い方?(-"-)>、4位に終わっ
てしまった。^^; <関東若手なら吉田隼人を乗せてみたい気も。>

 以上、mewが27日に注目していたアレコレでした!(・・)

<とりあえず、就寝前に書いた分をアップしてしまうことにする。朝に
なってから、編集&書き足してとか思っていると、また行方不明になる
かも知れないしね。(^^;ゞ>


                   THANKS
 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠の崖っぷちに。さらなるご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位の攻防中。(・・) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


 



『3月末に期限が切れるガソリン税の暫定税率などの租税特別措置をめぐり、自民党の伊吹文明幹事長は27日、京都市内での講演で「民主党が3月31日までに法案を通さない政局を展開していくのであれば、何らかの方途を1月中に考えておかないといけない」と述べ、期限を2~3カ月程度延ばす「期限延長法案」を1月中に衆院通過させる意向を示した。

 自民党は、期限延長法案を議員立法で提出することで最終調整。1月中に衆院を通過させ、参院で採決されなくても憲法59条の「60日ルール」を適用し、年度内に衆院で再可決して期限切れを避ける構えだ。租税特別措置を含む予算関連法案の参院審議に民主党がどう出てくるか見極め、週明けに最終判断する。

 谷垣禎一政調会長も27日、記者団に「3月31日を過ぎるとマーケットなどの混乱が生じる。与党として『まったく無策でした』ということでいいのか」と強調。自民党幹部は「何らかのセーフティーネットが必要だ。60日でも70日でも民主党の出方を見ながら審議をしてもらう方法も考えないといけない」と語った。

 自民党は、28日にも民主党に国対委員長会談などを呼びかけて出方を見極める。ただ、1月中に強引に衆院を通過させれば、民主党など野党側が反発し、国会審議が空転することは確実だ。民主党は福田首相に対する問責決議案の参院提出も検討しており、一気に政局は緊迫することになる。そのため、与党内にも期限延長法案の提出に対する慎重論が根強い。
<朝日新聞 27日>』
[PR]

by mew-run7 | 2008-01-28 02:38 | 政治・社会一般