国は岩国だけでなく、全国民をハメて行く+恒久法+米兵暴行+橋下、ゆかりなど

【ブログがかなり重く、編集、報道記事のアップなどに少し時間が
かかりそうです。すみません。m(__)m この何日かTB送信も
不調。お返しが遅れている方、今少しお待ちください。m(__)m】 


最新の記事一覧・・・12月分はコチラ、1月分はコチラ

 前記事で、昨年、岩国基地の米兵が集団レイプ事件を起こしたことを
挙げ、新たな部隊が移転した来た後のトラブルを懸念したばかりなのに。

 10日夜、沖縄市で米兵(38)が、14歳の少女に暴行を働くと
いう事件が起きてしまった。(ーー゛)
 在日米軍の兵士による犯罪は、あとを絶たない。<女性への暴行だけ
でなく、強盗や窃盗もあるし。また刑事事件にならなかったものの、
市街地で暴力や器物破損行為などを行なう例も少なくない。>

 10日に、基地移転を容認する福田良彦氏が市長選に当選してすぐの
ニュースだっただけに、色々と考えてしまった岩国市民も少なからず
いたかも知れないな~と思ってしまった。(-"-)

 そして、昨日の沖縄の件でもそうだが、基地を抱える地域の行政幹部
や住民の多くは、事件が起きるたびに、大きな怒りとある種の恐怖感を
抱いているのだけど。日本政府は、まるで他人事のような感じがある。
 もっとしっかりと米国に対して強い憤りと抗議を示して、責任を追及
したり、兵士の管理の徹底をさせたりするべきなのに。昨日も相変わらず
型通りの抗議の意を大使館に伝えるだけだ。(`´)

 米軍と一緒になって、戦争&防衛ごっこをすることを考える前に、
まずは自衛隊員による犯罪はもちろん、米軍兵士の犯罪から国民を守る
ことを考えるべきではないだろうか?(**)

* * * * *
 
 TVやネットで岩国市長選の報道を見ると、ど~してもため息が出て
しまうところがあるのだけど。(-"-)
 昨日、読売新聞11日の記事にあった岩国市議の発言を読んで、
め~っちゃイヤな気分になった。

『(福田候補の)応援弁士を務めた市議の一人は「最大の勝因は有権者
の意識の変化」と語る。「いくら反対を唱えても、米軍再編は着々と
進む。市民に『現実的な対応が必要』という意識が広がっていった」
と指摘する。』

 これって、要は「国が決めたことには、いくら反対してもムダなん
だから、とっととあきらめて、現実的な対応をしろ」と。つまり、
「国の言うことに、素直に大人しく従ってりゃいいんだよ」ってこと
でしょ?(`´)

 彼らには、国民主権なんて概念は、ほとんどないのよね。自分たちの
思うようにコトが進んで、自分たちが儲かれば、国民や市民の意思、
人権、生活の平穏なんて、ど~もいいのだ。(ーー゛)
   

 コチラにも書いたように、岩国基地に厚木の部隊を移転させるのは、
おそらく90年代から決まっていた<オモテ向きの正式決定は06年>
可能性はかなり高いし。
 国と山口県と安倍一派などがグルになって、それを市民に説明しない
まま、十何年もかけて何百億円単位の事業の利権をむさぼりつつ、岩国
市民をハメて行った&もはや抵抗できない状況に追い込んで行った可能
性が極めて高いのだけど。
 
 でも、しつこく書くように、これは岩国市に限ったことではなくて、
基地のないところも含めて、全国各地で要塞化が進んでいるし、問題
のある法律制定や施策の決定がどんどんなされているわけで。
 国は私たち国民にも同じようなことをしようとしているのだ。

 早くこのアブナイ流れを止めないと、私たち国民は、ふと気付いた
時には、「いくら反対しても、もう計画は決まって、進んでいるん
だから、従うしかない」という状況に追い込まれてしまう。
 本当に本当に、ここ1~2年が勝負なのである。(@@。

* * * * * 

 日本の要塞化については、また追々書きたいけど・・・。
 たとえば、コチラの記事にも書いたように、既に全国12箇所に迎撃
ミサイルが配備されることが決まっているし(しかも東京だと、私の仕事
先に近い新宿御苑とか代々木公園に設置する予定らしいし~。(ーー;)>
 そのうち弾道ミサイルも配備されるという話もあるし。いつの間にか
危険な原子力空母が日本の港に常駐しているし。こそっと核兵器も
隠しているかも知れないわけで。日本全国が要塞化しつつあるのだ。

 それに、自衛隊は、全国各地に日米軍が利用できる公営施設や民間用地
をチェック済み。(滑走路用の道路とかも)04年に有事関連7法案が
成立して、有事の際には、日米軍がそれらの場所を占拠して、住民を
追い出したり、逆に住民に協力させたりできるようになったし。「国民
保護」をタテマエに、時には防災訓練に名を借りて、また近時は堂々と
テロや有事対応と銘打って、住民を巻き込んでの訓練を行なっていたり
もする。<*など・・・コチラのような話も>
 
<それは、災害も含めて、有事の際の訓練もしておいた方がいいと思う
部分もあるのだけど。相手は、そうやって、国民をハメて行くのである。
 そもそも、これは、自衛隊などが国民をコントロール(抑制&管理)
するための訓練だったりもするし。国民に「有事の危険があるぞ~」と
刷り込んで、国の施策に文句を言わせないための方策だったりもするし。
 そして、自衛隊に従わない非協力的な人は、非国民扱いされて、チェッ
クされちゃったり・・・そのうち、各地域で有事の際の役割分担なんか
も決められて、国家総動員体制のような形に発展するおそれも高いので
ある。(ーー゛)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 

ishikawa ryou・・・ pro-golfer hatsushoukin ・・・ 26man-en
demo yorokobi wa priceless? (2Rme kara no pat shuusei wa omigoto)

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!
   
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位の攻防中


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 昨日の市長選の結果を見て、政府&自民党の閣僚や幹部などが、
「これで米軍再編にハズミがつく」と、どれだけ喜んでいたことか。
(*1)<それで尚更にイラ立ったり、危機感が募ったりしたのだけど>

 ちなみに、政府が「米軍再編」という時には、米軍の基地移転の計画
などと共に、再編後、日米軍が一体化して活動するために、日本の軍事
力を増強したり、2011年までに憲法を改正したり、その前に海外
派兵の恒久法を作ったり、集団的自衛権の行使の容認をすることなどが
全て含まれているのである。(-"-;)

* * * * *

 安倍政権は、憲法改正の準備に取り組むと共に、何とか昨年中に
集団的自衛権の行使の容認<今はそれを違憲だとしている政府解釈の
変更>や、恒久法を作ろうとアレコレやっていたのだけど。参院選で
負けた上に、安倍首相がいきなり辞任してしまって、実現できずに
終わったのだけど。(・・)

 でも、今度は福田政権が、海外派兵の恒久法を、できれば今国会中
に作ろうとしている。
 今日13日に自民党内の部会で協議を開始。今月中に与党にPT
(プロジェクト・チーム)を作る予定だという。(ーー;)

* * * * *

 高村外務大臣は、10日、ドイツ南部ミュンヘンで開催された安全
保障の国際会議で演説。
『安保面での日本の国際貢献について、「日本のマンパワーを、より柔軟
に生かすため、必要な法制度の検討を進めたい」と述べ、自衛隊の海外
派遣を随時可能にする恒久法の制定を目指す方針をあらためて表明した。
・・・ 国連平和維持活動(PKO)への参加についても、「日本の国力
に比べて、まだ努力の余地がある」として、積極的な姿勢を示した』と
いう。<東京新聞11日より>

<ついでに、「日本は米国以外の国では初めて、ミサイル防衛(MD)
の日米共同実験で迎撃に成功した」と述べ、日米同盟の重要性を強調。
アフガニスタンへの増派をめぐり米国と対立している欧州の安保専門家
らを前に、米国との緊密ぶりをアピールしたらしい。(ーー;)>

 また、訪韓中の自民党の山崎拓議員(自民党の部会の座長)は、
恒久法に関して「憲法解釈の可能な範囲内で武器使用の範囲を拡大できる
かどうかも議論の対象になる」と述べ、武器使用基準の緩和を検討する
考えを表明したという。<読売新聞 11日より>

 恒久法に関しては、これまでも、何回も書いているし。私はこの法律
には「ぜぇ~ったい反対!(`´)」なので、これからも、しっかり
ウォッチして、ず~っと書き続けて行きたいと思う。

* * * * *

 さて、当ブログの準レギュラーの橋下徹大阪府知事についても少し
書いておこう。

 何か昨日は、NHKとのやり合い<コチラ>に関して、「大人げ
ないとの批判も受けた」と大人しめの反応を示していた橋下府知事
なのだけど・・・。(・・) otonagenai tte kotoba o shitte itanone

昨日は、休日返上で、府の予算を査定。<仕事熱心なのは、GOOD>
でも、選挙期間中も、当選後も、ず~っと「新たな府債は立てない」
と主張し続けていたのに、結局、08年度の暫定予算案で、建設事業費
に充てるため、約160億円の府債を発行する意向を表明した。(・o・)

『橋下知事は「僕は『原則ゼロ』と言っていた。メディアが勝手に
『ゼロ、ゼロ』と言っていたわけで、必要なら議会や府民に説明する
と当初から言っている」と述べた』という。<朝日新聞11日>』
<相変わらず、詭弁的な弁明ばかり・・・。大人げないよ。(・・)>

 府の職員は、ほっとしたようだったし。2万%出馬しないと言って
いたのが出馬しちゃう人なので、心変わりにも驚きはしなかったよう
だけど。
 まだ当選してから、2週間しか立っていないのに。一番の公約だった
出産・子育て支援は、当面、実施できないと言うし。
 これは、また機会があったら、書きたいけど、何だか35人学級の
廃止、私学助成の削減など、教育関連費用をカットする意向を示して
いるようで。<でも、おカネはかかっても、学力別クラスは作りたい
らしい。^^;> 最も橋下氏を支持していたと言われる子育て女性層が
どのような反応を見せるのか、興味深いところだ。(**)

* * * * *

 最後に・・・昨日、岐阜で佐藤ゆかり後援会の会合が開かれて、
佐藤氏が東京5区に転出することの報告&挨拶を行なったのだけど。

 そこに登場したのが、小泉チルドレンの後見役である武部勤氏。
「別れる~こ~とは、つらいけど~♪」と「星影のワルツ」を歌った
あと、壇上の県議や佐藤ゆかり氏に手を握らせ(あとから本人も握り)
いきなり「お~て~て、つないで、ゆ~かり~と行~けば♪」と歌い
出したのには、ビツクリ。(゚Д゚)

 武部氏は、「小泉チルドレンはみんな守ってみせる」と述べ、
05年衆院選で当選した85人の新人議員について「Aクラスが50人
以上いる。彼らの頑張りに党や日本の将来がかかっている」と評価。
「小泉改革の灯を絶やしてはいけない」と呼びかけたというが・・・。
<毎日新聞 11日より>

 これを見て、小泉チルドレンは85人中50人以上は落選させて、
小泉改革の灯を早く消さないと、日本の将来はボロボロになってしまう
と思ったmewなのだった。(@@。

                    THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠の崖っぷちに。さらなるご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位の攻防中。(・・) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m






『鹿児島県十島村の口之島で12日、外国からの武力攻撃やテロなどの有事に備えた島外避難訓練があった。全島民の約85%に当たる105人と県や陸上自衛隊など19機関から約200人が参加し、島民28人がヘリコプターで脱出した。ほかにも島民80人近くが海上自衛隊の輸送船で脱出する計画だったが、波が高く港に接岸できなかったため見送った。同県によると、離島での訓練は全国初。

口之島の西約40キロの臥蛇(がじゃ)島が同日未明、国籍不明の武装勢力に占拠されたとの想定。訓練は午前9時に始まり、自動小銃を構えた自衛隊員が見守る中、島民が自衛隊の大型輸送ヘリコプターで島を脱出した。

参加した主婦の日高広代さん(50)は「何があるかわからない時代なので訓練は必要。火山島でもあり、防災にも役立つ」と話した。 <朝日新聞 06年11月13日>』

*****


『米軍再編が進展と期待 与党、衆院補選に全力
2008年2月11日 00時23分

 与党は10日、山口県岩国市長選で米空母艦載機の岩国基地移転に賛成する前自民党衆院議員の福田良彦氏が当選したことについて「与党にも、米軍再編の推進にも弾みがつく」(自民党役員)と評価、福田氏の転出に伴う4月の衆院山口2区補選に全力を挙げる方針だ。

 自民党の伊吹文明幹事長は「激戦を制したことを歓迎したい。国の安全保障と日米関係の重要性に照らしても、選挙結果が持つ意味は大きい。福田新市長のもとで艦載機移転問題がコンセンサスを得て解決することを期待したい」とのコメントを発表。

 古賀誠選対委員長は「勝利できて良かった。衆院解散・総選挙に向かい、1つずつ着実に結果を積み上げていくことが大事だ」と強調、補選候補者を2月中にも擁立する考えを示した。

 一方、公明党の斉藤鉄夫政調会長は「前回市長選などからすればよくここまでという結果だ。与党にとっても追い風になる。ただ、まだ(賛成は)半数であり、移転などは慎重に進めたい」と述べた。(共同通信 10日)』

『政府は10日、山口県岩国市長選で米空母艦載機の岩国基地移転を容認する前自民党衆院議員の福田良彦氏が当選したことで「在日米軍再編全体に弾みがつく」(政府筋)と歓迎している。井原勝介前市長辞任の引き金となった国による市庁舎建設補助金(35億円)凍結を見直し、支給に向けた検討に着手する。

 石破茂防衛相は10日夜、「米軍再編は抑止力の維持と日本全体の地元負担軽減の観点から、ぜひとも実現しなければならない。できる限り早く新市長の考えを聞き、岩国市の理解が得られるよう最大限努力する」とのコメントを発表した。

 政府は、福田氏が移転を正式に容認するか見極めた上で、米軍再編推進法に基づく再編交付金の支給手続きも早急に進める方針。福田氏が移転計画に関し「岩国の言い分を国に伝え、条件闘争を行う」と訴えていたことを踏まえ、騒音防止工事の加速化や新たな地域活性化策についても前向きに対応する構えだ。
2008年02月11日00時17分 西日本新聞

米空母艦載機移転の是非を問う山口県岩国市長選で、前自民党衆院議員、福田良彦氏が移転反対派の井原勝介前市長の再選を阻んだことにより、3年余り膠着(こうちやく)状態だった米軍再編に弾みがつくことは確実だ。政府・与党には追い風となったが、福田氏辞職に伴う4月の衆院補選(山口2区)は福田康夫首相の半年間の政治手腕を問う中間選挙的な色彩を帯びることになりそうだ。(加納宏幸)

 自民党の伊吹文明幹事長は10日夜、「わが国の安全保障と日米関係の重要性に照らしても選挙結果が持つ意味は大きい」とコメントした。

 福田氏の当選により、艦載機移転問題が動き出すことは確実だ。平成17年秋の米軍再編に関する中間報告では、岩国飛行場に米軍厚木基地の艦載機59機を移し、沖縄・米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の空中給油機(KC130)12機を移す計画となっており、この移転問題が決着すれば、「普天間飛行場移設問題などがドミノ現象で動き出す可能性もある」(防衛省筋)とされる。

 福田氏が福田首相と同じ町村派に所属し、国と市のパイプが太くなることも移転問題には好影響となりそうだ。

 安倍晋三前首相ら山口県選出国会議員は1月中旬、党本部に集まり、艦載機移転問題を争点にしないため、国会議員は表に出ない方針を確認。合わせて水面下で地元財界への強力に働きかけを続け、告示前圧倒的に優勢だった井原陣営の切り崩しに成功したようだ。

 一方、福田首相にとって初の国政選挙となる衆院山口2区補選は、20年度予算案をめぐる与野党攻防の影響を色濃く映す選挙戦となりそうだ。加えて山口県は安倍氏や高村正彦外相ら大物議員がひしめくだけに候補者選考は難航も予想される。

 最有力は林芳正参院議員(47)=山口選挙区=のくら替えだ。ただ、林氏の地盤は安倍氏と同じ山口県西部であり、東部の山口2区とは地縁が薄い。

 一方、岩国周辺は岸信介元首相の地盤。岸氏の孫であり、安倍氏の実弟の岸信夫参院議員(48)=同=の出馬を求める声も地元では根強い。林、岸両氏が公認を争う事態になれば、安倍氏らは板挟みとなり、思わぬ政局に発展しかねない。

 また、3月15日までに林氏か岸氏が議員辞職すると衆参ダブル補選となる。16日以降に辞職すると秋の参院補選となるが、党執行部はどちらが有利か、厳しい判断を迫られることになる。

 一方、民主党は前回衆院選で福田氏に敗れ、比例復活した平岡秀夫衆院議員(54)がすでに補選出馬を表明。平岡氏は過去2回自民候補を破るなど強固な地盤を持ち、艦載機移転問題が補選でも再び争点となる可能性は高い。
<産経新聞 11日>』
[PR]
by mew-run7 | 2012-07-23 07:18 | 平和、戦争、自衛隊

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7