国粋主義の学校教育を行なおうとしている「日本会議+自民党政権にNO!」を。(1)

最新の記事は、3月分はコチラ、4月分はコチラに。


 中国のチベット問題が、なかなか収束しそうにない。
 中国政府は、相変わらずダライ=ラマ14世の批判を続け、欧米各国
からの「対話を行なうように」との提案を、なかなか受け入れようと
しない。
 これまでの中国政府の対応を見ていて、疑問や反感を覚える人は多い
ことだろう。(**)

 中国がこのような対応をするのは、共産主義だからと言うより、国家
主義、全体主義の要素が強い国であるからだろう。
 彼らは、国民より国家の利益を優先させ、国民に特定の思想や価値観
を植えつける教育を行なったり、それらを強制したりして、逆にそれ
以外のもの、自分たちの意向に反するものを排除しようとする。(-"-)

<国家主義・・・国家の権威を政治、社会、経済の単位として最も優位に
考える思想。
 全体主義・・・民衆一人一人の自由、権利を無視しても国家の利益、
全体の利益が優先される政治原理。
 国粋主義・・・歴史や文化・伝統に裏付けられたその国の美点を他国
よりも優れたものであるとし、それらに重きを置く国家体制を求める価値
観・思想。国家主義の極端化したもので、全体主義につながりやすい。
(以上、wikipedia より。色々な定義があるので、あくまで参考として)>


 でも、私たち日本人は、あれは他人事だと・・・日本では、あんなことは
あり得ないと思い込んで、悠長に構えてはいられない。

 というのは、日本でも、実際に、いわゆる政府&自民党の超保守的な
勢力が先導して、どんどんと国家主義的な・・・いや、さらにそれが
進んだ国粋主義的な政治や教育を行なおうとしているからだ。(**)
 
* * * * *

今回は、日本の学校教育がどんどんアブナくなっている・・・という
ことについてメインに書きたいのだけど。

 それこそ、この何年かのうちに、小中学生が、学校で天皇神話を学び
靖国神社に参拝や見学に行って、「日本が戦争をしたのは悪くなかった」
「将来は、お国のために命を捧げたい」と作文に書き、祝日に国旗を
掲げようと言い出して、それらに難色を示す親や周囲の人々を「反日」
「非国民」と呼ぶようになるかも知れない。(゚Д゚)

 実際、後述するように、3月に告示された新しい学習指導要領には、
もうそのような指導内容が、具体的に盛り込まれている。<しかも、
超保守勢力の圧力で、文科省が勝手にアレコレと書き加えた。>
 国会でも、国公立の小中学校が靖国神社の訪問を禁止するという通達
が、すでに失効していることが確認され、学校の授業などの一環として、
社会科見学や修学旅行などで、靖国訪問が行なわれる可能性も高くなっ
たからだ。(ーー;) 

 さらには、そのうち森元首相が作っていた教育国民会議で提案されて
いたように「子供を飼い慣らす教育」<コチラの記事参照 >なんかも
行なおうという話が出て来るかも知れない。(**)
<超保守派の中には、学校で、このような道徳&人格教育を行なうべき
だという人も本当に存在する。^^;>


 私が、このブログで「日本がアブナイ!」と、そして「早く政権交代
をして、自民党を政権の座からおろさないといけない」「麻生太郎氏が
次期首相になったら、アブナイ流れが加速してしまう」と訴えている
大きな理由の一つもそこにある。(-"-)

 そして、子供たちに特定の思想に基づいた学校教育をするのはよくない
と、日本の民主&平和教育を守りたいと思う人は、どうか、そのことも
念頭において、一日も早く政権交代をさせることを、そして国民の力で
このアブナイ流れをとめることを一緒に考えて頂きたい。(@@。

* * * * *

 正直なところ、私は、「何か世の中には、戦前のような国粋主義的
な教育を求める人たちがいるらしい」とは何となく知ってはいたものの、
つい3年ぐらい前まで、まさか彼らが考えるような教育を、本当に学校
で行なうようになるとは、夢にも思っていなかった。(-"-;)
 私の周囲や世間一般を見る限り、子供たちにそんな教育を求めている
人は、ごく少数しかいないように思えたからだ。(・・)

 そもそもマスコミ(特にTV)は、このような教育行政に関する
問題をほとんど伝えていないし。それゆえ、多くの国民は(子供のいる
人も含めて)、国が学校の指導内容をどんどん変えて行こうとしている
ことをほとんど知らないor気付いてもいない感じがある。^^;

 でも、実際、国会&特に自民党&そのバックにいる団体などの状況が
わかって来て、ガク然とさせられることになった。(゚Д゚)

 日本の戦後教育<現憲法やそれに基づく民主平和教育>を否定する
緒保守派勢力が、どんどんと法律や学習指導の内容を変えて、子供たち
に戦前と同じような国家主義&国粋主義的な思想や価値観を植えつける
教育を、押し進めようとしているからだ。(**)
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦
人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
にほんブログ村 ←政治・社会部門で1位復帰を目指して(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 私が超保守派勢力と呼ぶのは、日本の戦後体制や現憲法を否定し、
明治~戦中の時代の国家体制が、日本のあるべき姿だと考える人たちの
ことだ。彼らは、天皇を元首として頂点に戴き(一応、自由民主主義は
キープ?)富国強兵を目指して、国民は国のために尽くすというような
国家体制を作ることを理想として、政治活動を行なっている。(>_<)

 その超保守派勢力の基点となっている組織に「日本会議」というもの
がある。<HPはコチラ、wikipediaはコチラ
 同会議は、法曹、識者、財界人や国会議員や地方議員、そのOBなど
様々な人がメンバーになっているのだが。
 問題は、何と自民党の国会議員のうち300人以上が、日本会議の
議員懇談会に属しているということだ。<民主党も数十人いる?^^;>

 とりあえず参加しているという人もいるようなのだが・・・。次期
総裁候補の麻生太郎氏や、前首相の安倍晋三氏などは、議員懇談会の
幹部で、特に熱心に活動している。<映画「靖国」の上映中止問題の
きっかけになった稲田朋美氏もしかり。>(ーー;) 

 そして彼らは、国家体制を変えるために、米軍再編とセットで
日本の軍事増強&自衛隊の軍隊化や憲法改正の計画をどんどん進める
と共に、彼らの思想、価値観を子供たちに植え付けるために「教育再生」
という名の教育改変を行なおうとしているのだ。(**)

* * * * *
   
 その教育改変の動きは、特に安倍政権下に一気に加速した。

 06年には教育の憲法であり、戦後民主教育の根幹となって来た
「教育基本法」が改正され、07年には教育関連の法律も改正。
これで、愛国心などの国粋主義教育を行なえるように、また国が学校
や教員をコントロールしやすくなるようになった。<すべて自公与党
による強制可決で決まってしまった。>
 さらに、先の戦争や日本軍の行為を正当化し、日本の歴史教育を
変えようとする彼らは、日本史の教科書検定で、いきなり沖縄集団自決
に関して「軍の強制」の記述を削除したりもした。

 そして、今年08年、ついに、今後の小中学校での学習指導の内容が
細かく具体的に定められている新しい学指導習要領が告示されたのだが。
何と中教審がまとめた改定案を文科省が181箇所も書き換えるという
異例の事態が生じた。
 しかも、この新学習要領の書き換えにも、「日本会議」やそのメン
バーの国会議員などが大きく関わっていることがわかった。(ーー;) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 この3月28日に、文科省が、小中学校での学習内容を具体的に定める
新しい学習指導要領を告示した。

 この新学習指導要領を作るに当たっては、中教審(中央教育審議会・
学者や教員経験者を含め様々な人を集めた文科大臣の諮問機関)が
3年間もかけて公開審議を行なった上で、答申をまとめていた。
<中教審は、できるだけ政治的、思想的に中立性を保つように配慮して
いたように思われる。>そして、それをもとに作られた改定案が、
2月に発表されていたのだけど・・・。

 実際に告示された学習指導要領を見て、マスコミや多くの関係者が
驚いた。というのは、極めて異例なことに、文科省側が勝手に、改定案
のアチコチを書き換えていたことがわかったからだ。(゚Д゚)

 文科省によると、改定案公表翌日の2月16日から1カ月間、電子
メールや郵便で意見を受け付け、5679件が寄せられた。「国を愛する
心について総則に明記すべきだ」などの声があり、国会での議論、与党
部会とのやり取りなども加味して修正したという。<毎日3・28より>

 以前の記事にも書いたように、これはどう見ても、超保守派勢力が
強い要求をした(圧力をかけた?)のは明らかだったのだけど。

 色々調べていたら、実際に、「日本会議」の国会議員たちが、同会議
が提唱した改善点に沿う形で、改定案を修正するように16の要望項目
を文科省に提出していたことが判明した。(**)
 さらに、同会議の会員などが、ネットやメールを通じて、議員が要求
した項目と同じような内容の要望書を、文科省の意見公募(パブリック
コメント)に送付するよう働きかけていたこともわかった。(-_-)

<つづく>                 THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠から陥落。さらなるご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位から急落・・・。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m


 
そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ
[PR]
by mew-run7 | 2008-04-06 08:17 | 教育問題