青少年保護の有害情報「ネット規制」に思うこと+岡田JAPAN勝利&長沼氏逝去


 1日、東京(関東・甲信越地方)も、梅雨入りをした。平年より6日
間早いそうだ。
 というわけで(?)、ブログのデザインもちょっと梅雨っぽい感じに
変えてみた。<色とか、右上の粒々とかが梅雨っぽい?!(・・)>

今日はかなり風雨が強くなる地域もあるようなので、気をつけて
下さいね~。(**)

 最新記事の一覧・・・4月分はコチラ、5月分はコチラ

 まず、ダービーウィーク2日めは、盛岡競馬場で、「岩手ダービー
ダイヤモンドカップ」が行なわれ、2番人気のゴールデンクリーク
with板垣吉則騎手が優勝した。(*^^)v祝

 そして、昨日は、サッカーWC三次予選で、日本代表はホームで
オマーンと対戦し、3-0で勝った。(~~)
 残念ながら、帰宅が遅くて、試合をTV観戦できなかったのだけど。
<ヒデが出演していたらしいのに。(涙)そのあとのヒデの特集番組も
ちょこっとしか見られなかった~。(ノ_-。)
 マンチェスターなどから復帰オファーが来てるって、ホントかな~?
どうせなら、WC前にオファーしてくれればよかったのに。・・・でも、
ラモスも言っていたように、Jリーグの発展のために、日本でやって
欲しい気もちょっとあったりして。(・・)demo nenpou ga na~>

 何か岡田監督は、練習を非公開にしたり、試合前のインタビューを
短時間で切り上げたりして、緊張モードを高めたとか?<あのWC
予選の時も、カズやキ~ちゃんを切って、ある意味では緊張モードを
高めたと言えるのかもね~。(-"-)>
 でも、それなりに攻撃の形もできて来たようだし。不用意な失点も
なかったみたいなので、このまま緊張感と意欲をキープして、アウェ
イでもしっかりと勝って欲しい。(**)

 また、昨日、元・サッカー協会の会長(現・最高顧問)だった長沼健氏
が亡くなった。75歳だった。
 選手、指導者、協会関係者として長い間サッカー界に携わっており、
監督として日本のメキシコ五輪銅メダルをもたらしたり、日本リーグ、
Jリーグの創設、日韓ワールドカップ開催などなど、日本サッカーの
普及、強化、国際化などに大きな貢献をされた方だ。
 そして、以前、インタビューを見て思ったのは「ともかくサッカー
が大好きな人なんだな~」ということだった。
 心からご冥福をお祈りしたい。
 
~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 2日、自民党と民主党が、18歳未満の子供をインターネットの
有害サイトから守るための議員立法の共同法案の修正協議で合意。
今週中に衆院の「青少年問題に関する特別委員会」に委員長提案と
して提出し、今国会で成立する見通しだという。(・・)

 有害情報の選別をめぐり、自民党側は「国の一定の関与が必要だ」
と主張。国が指定した民間の第三者機関が選別基準を作ることを
提案していたのだが。ネット関連業界が「実質的に国の情報統制に
あたる」と強く反発。民主党も「民間の自主的な対応に委ねる
べきだ」と主張したことから、自民党側が妥協し、修正案では国の
関与を排除することになったという。<関連記事*1>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 先月から、政府の教育再生懇談会が、小中学生の携帯電話の利用
制限を提言したり、自民党がネット規制の法案作りに乗り出したり
していて。私も周囲の人たちと、これらの話をする機会が何度も
あった。
 でも、正直なところ、どうするのが一番いいのか、自分なりの
答えが導き出せないままでおり、ブログにもなかなか書けずにいた。
 
 先に言えば、私は何らかの形で、青少年、特に小中学生以下の子供
たちを対象にしたネット規制をすべきだと思っている。
 それは、今のネットの実態&子供たちの利用の仕方や頻度を考える
と、このまま野放しにしておくことは、日本の社会や子供たちの将来
にとって、決していいことはないと思うからだ。(・・)

 ただ、本当は、国にアレコレ言われたり、国が関わったりする余地
を与えたくなかった。いったん国や法律が関わる形でネット&情報
規制が始まったら、それが、一般のネット&情報規制への足がかりに
なってしまう危険性が大きいからだ。(ーー;) 
 それは民主主義の根幹ともなる「表現の自由」を侵害することに
つながりかねない。(**)

 だから、私はネットやPC、携帯電話に関わる企業や業界に対して、
ともかく、国が何か言い出す前に、自分たちの方で自主的に規制や対応
策を講じて欲しいと強く願っていたところがあった。
 そうしないと、近時、ただでさえ情報のコントロールをしたがって
いる政府や一部の政治家に、ツケ込むチャンスを与えてしまうと・・・。
 それは、結局、いずれ彼らが、自分で自分のクビを絞めることにも
つながるし。国民にも大きな影響を与えることにもなりかねないと。

<もちろん業界だけでなく、有害情報の問題に十分な関心を持たない
ままorうちの子に限って的な考えで、ただ子供にPCや携帯電話を買い
与えていた保護者や、もっと早くからこの問題への対応を業界に働き
かけなかった教育、青少年少年育成に関わる者たちや、ひいてはマス
コミや私たち一般国民、一般社会にも責任があると思っている。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 でも、実のところ、子供たちを取り巻くネットの現状を見ていて、
もうこれは国や地方自治体のレベルで、法律や条例によって規制を
かけて行くしかないかな~という気持ちにもさせられていた。
 
 近時になって、モバゲ~(若者に人気の携帯検索サイト)を運営する
会社など、いくつかのネット関連企業が、自社が関わるサイトの有害
情報や書き込みのチェック&削除を行なったり、携帯電話会社がフィ
ルタリング・サービスの普及に努め出したものの、それらの大手企業
が個別に対応するだけでは、実効性に乏しい気がしたからだ。(-"-)

 私は、このブログを見ればわかるように、国や政府、多くの国会
議員を信じていないが。ある意味では、今の民間の企業はも~っと
信じることができない部分がある。
 これはバブル以降に顕著になったことだと思うのだが、日本の
企業はどんどんモラルが低下しているように見える。しかも利益
のためなら、子供さえ食い物にするようになっている。<子供&若者
をターゲットにした方が利益を得やすいと考えている企業も、少なく
ないかも知れない。(-"-)>

 しかも、小泉ー竹中氏がもたらした新自由主義&競争原理の導入で、
より多くの利益を得るためには「何でもあり」だと。また利益アップ
のためには、ともかくコスト削減だ、経済性優先だという風潮が広まり
よほどの企業でない限り、自主規制に積極的になるとは思えないところ
があるのだ。(ーー;) 

 それに、たとえば有害図書に関しては、地方自治体が条例で規制する
形をとって、青少年が書店などで容易にそれらを購入しにくくして
いたり。映画やビデオ、DVDに関しては、業界の自主規制や販売
店、レンタル店の協力によって対応しているのだけど。
 ネットに関しては、サイト&書き込みの出所が無尽蔵にあり、見る
側もチェックしにくいだけに、よほど国がかり、社会がかりで規制に
取り組んで行かないと、今の状況に歯止めをかけるのは難しいだろう。

 TVの場合は<最近、かなり基準が甘いけど>、自らが社会的な
存在であり、青少年に大きな影響を及ぼす媒体であることを認識
して、番組の内容や発言などにかなり配慮している。
 ネットという媒体も、いまや青少年にとっては、TV以上に大きな
影響を与える媒体であることを認識しなければならないとも思う。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←多くの人にアピールするために、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのご支援も是非よろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 これは、いつか機会があったら、ブログに書こうと思っているのだけ
ど。私は近時、自分の周囲にいる少年少女たちが、かなり有害サイトに
接している&影響を受けている実態を知って、大きなショックを受けて
いる。(-"-)
<出会い系&プロフ系、エロサイト、犯罪、自殺系サイトなどなどの
有害サイトを見たことがある人が多いし。中には、アブナイ目にあっ
たり、トラブルに巻き込まれたり、学校の裏サイトなどで苦悩させられ
たことがあったりする子もいた。(ーー;)>

 確かに若い頃は、好奇心が旺盛&怖いもの知らずだし。もし、今、
私が中高生で、PCや携帯電話を持っていたら、確実にこれらの有害
サイトを覗いてみていたとも思うのだけど。(^^ゞ
<でも、これはオトナも含めて、よく出会い系で知り合ったような人
とメール交換したり、会ったりする勇気があるな~というか。何か危険
性を察知するセンサーが、かなり麻痺している人が増えているような
感じもする。^^;>

 そして、変な言い方をすれば、かなり平々凡々に生活している私の
身の回りだけでも、これだけ有害サイトに接触している人がいるの
だから、世の中ではめ~っちゃ多くの人がいるのではないかと思っ
たりもする。<最近、携帯のパケット料金が安価で使い放題になっ
たので、色々なサイトを見やすくなったとか。ある程度、見ておか
ないと、友人との話題に困るという人も少なくなかった。>

 ともかく、人間、目の前に容易に見られる状態にあれば、見たく
なっても不思議はないし。そのようなものを見ているうちに、影響を
受けたり、何かを行動に移してみたくなったりするのも致し方ない
部分もあると思われるし。
 もしこれが成人なら「自己責任」の範囲だとは思うけど。やはり
判断能力や自制する能力に乏しい、そして自分で責任をとることが
できない年齢の者には、社会がそれなりにケアをすることが必要なの
ではないだろうか。(・・)

<個人的には、2chの一部のスレッドも、プライバシーや表現に
配慮するように、自主規制をして欲しいものだ。内容もさることながら
特に「死ね(氏ね)」「殺す」「逝く」などの表現は、社会的な影響が
かなり大きくなっているだけに、できれば禁止ワードにするぐらいの
思い切った対応をして欲しいと思ったりする。(`´)>

* * * * *

 その意味では、私はこのような法律が作られることは、やむを
得ないかな~と思う部分があるし。それでも、自民党のように国の関与
や規制が強い案だったら、大反対だったのだけど。民主党や業界の意見
が通って、民間機関が基準を決めることになったのは、幸いだったと
思っている。

 でも、むしろ大事なのは、この法案ができたあとのことかも知れ
ない。(・・)

 私たち国民は、この法律が本当に青少年の保護のためだけに使われ
るように、一般国民の「表現の自由」&「知る権利」の制約につながら
ないように、政府によってこの法律が恣意的に利用されないように、
本当にマジになって、しっかりとウォッチし続けていかなければなる
まい!(**)
<マスコミも、自分たちの表現の自由にも関わって来ることなのだから、
きちんとウォッチして、問題があれば、すぐに国民に伝えて欲しい。>

 また、これ以上、国にネット&情報規制に介入させないためにも、
ここでネット&PC&携帯電話に関わる企業&業界が、本気で有害
情報を規制するためのルール作りに取り組んだり、問題のあるサイト
や書き込みのチェック&削除を自主的に行なうようにしたりする必要が
あると思うし。
 子供を持つ親や、教育関係者なども、もっとこの問題に関心をもって
自分たちのできる対応を積極的に行なって行く必要があるとも思う。

 それが子供たちを有害情報から守ると共に、私たち国民の表現の自由
や人権を守るのに、最も大事なことなのではないかと思うmewなのだっ
た。(@@。
                  THANKS

【mewなりにコツコツ多くの人に、日本のアブナイ政治、社会の流れ
を伝えたいと思って、下の2つのランキングに参加しています。
ランキングが上がると、と~っても励みになる&多くの人に読んで
もらいやすくなるので、応援のクリックをよろしくお願いいたします。】


↓ 25位枠の攻防激化。皆さまの後押し、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位に戻れるといいな~。 アツい応援を、よろしくです。m(__)m

 

そして・・・
らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ
 





 自民党と民主党がインターネットの有害情報から18歳未満の子供を守るため、今国会に提出する共同法案は2日、何が有害情報に当たるかを判断する民間の第三者機関に政府が関与しないことで与野党が合意した。背景には、ネット業界が「国による実質的な情報統制は、表現の自由との兼ね合いから問題だ」と強く反対し、自主的に第三者機関の設立に動くなど、自浄努力の姿勢を示したことがある。自民党は当初、第三者機関を「国が指定する」など、規制強化の姿勢を示したが、民主党や業界の説得に応じる格好となった。

 同法案でパソコンメーカーはフィルタリング(閲覧制限)ソフトの搭載、サーバー管理者は有害情報に子供が安易に接しないよう管理する努力などが新たに義務付けられる。

 自民党は当初、「青少年特別委員会」(委員長・高市早苗前少子化担当相)が出会い系サイトなど有害情報の管理や規制を強化する法案を検討。年齢ごとにフィルタリングの対象を定めるほか、有害情報の認定は国が行うとしたが、党内で反発が強く、「第三者機関の設置」で落ち着いた。しかし、自民党は「国が指定した民間の第三者機関が認定を行うべきだ」と主張。「民間の自主的な努力に任せるべきだ」とする民主党と対立した。

 第三者機関への「国の関与」については、ヤフー、マイクロソフト、楽天などネット関連5社が4月23日、「自民党青少年特別委の法案では事態が改善する見込みがなく、表現の自由など憲法上の問題をはらむほか、ネット文化・産業の衰退を招来する」と、いち早く反対を表明した。

 5社は(1)情報の価値判断は個人によって多様。業界は自主的に有害と判断する基準を作り、根絶に取り組んできた(2)規制強化は海外からの有害情報にほとんど効果がない--などと指摘。ネット関連業界は「先手必勝」とばかりに、4月8日に携帯電話のサイトが健全かどうかを認定する第三者機関「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構」を設立。同25日には携帯電話やパソコン向けの第三者機関「インターネット・コンテンツ審査監視機構」が設立を表明。業界代表や有識者が判断基準を作り、9月をめどに健全なサイトの認定を始める予定だ。【川口雅浩】

==============

 ◇有害サイト規制法案骨子
・保護者が反対した場合を除き、携帯電話会社に18歳未満の子供へのフィルタリングサービス提供を義務付ける

・パソコンメーカーにフィルタリングソフトの搭載を義務付ける

・サーバー管理者に子供が有害情報に触れないようにする努力を義務付ける

・保護者に子供がネットを適正利用できるよう教育する努力を促す

・有害サイト対策をめぐる関係閣僚会議を設置

毎日新聞 2008年6月3日 東京朝刊

* * * * *

◇フィルタリング

 出会い系サイトや自殺サイトなどインターネット上の有害サイトを閲覧できないようにするシステム。今国会で法案が成立すれば、18歳未満の子供は既に契約済みの子供を含み、フィルタリングが義務づけられ、パソコンメーカーは出荷段階でフィルタリングの専用ソフトを装着しなければならなくなる。携帯電話各社は今年1月以降、18歳未満の子供が新たに契約する場合に親が「不要」と申し出ない限り、原則としてフィルタリングを自主的に装着している。
[PR]

by mew-run7 | 2008-06-03 06:54 | 政治・社会一般