日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

解散総選挙で終わったCHANGE&民主党は政権CHANGEできるか?+竹島問題+sports

 相変わらず、ネット(接続)不調でイライラが募る日々。(-"-;)
 編集やリンクづけ、TBのお返しの遅れなど不備が多いと思いますが、
どうかお許しを。m(__)m

今週iから勝手に、「粘るぞ、リベ平キャンペーン」を。今はチョット
リベラル平和勢力に波が来ていないけど。ここで、しっかり(できる
だけ50位枠には)粘っておきたいところだ・・・ということで、当ブログ
喜八さん、秘書・玲奈さん、とむ丸さん、わんばらんすさんなどのクリック
ご支援をよろしくお願いいたします。m(__)m 


最近の記事一覧・・・2月分はコチラ  3月分はコチラ

当ブログのレギュラーになりつつあるクルム伊達公子選手であるが、
今週から宮崎国際女子チャレンジャーテニスに参戦。
 昨日、ダブルスの予選も通って、本選入り。少し前に、男子実業団
チームの合宿に参加して、ハードなトレーニングをこなしたりして、
意欲満々の様子。今大会もp(*^-^*)q がんばっです。

 また、昨日は、サッカーの五輪メンバー<反町JAPAN>が発表
されたのだけど。OA枠候補だった遠藤選手が体調を崩したことも
あって、結局OA枠はなしに。<五輪の出場資格は原則23歳以下。
でも、各国3人までオーバー・エイジ(年上)枠が認められている。
ブラジルはあのロナウジーニョが、OAで参戦するとか?(・o・)>
 でも、19~20歳の若い選手もはいって、今後にもつながりそう
な、それなりにいいメンバー構成になったかも。FWの森本や李のアグ
レシッブなプレーで、決定力不足を何とか克服して欲しいと思う。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 昨日、キムタク主演の月9「CHANGE」が最終回を迎えた。

 用事の合間に、ちらほら観てたのだけど。<mewママが実家で、
ビデオを録ってくれてるはず。でも、mewはビデオ・プレーヤーが
壊れちゃったから、なかなか見られないのよね。^^;>

 何か小泉元首相の秘書だった飯島氏が監修しているせいか、他の
ブログとかで、あれは小泉改革&新自由主義を賛美するような番組
に作られている・・・みたいな意見をいくつも見たのだけど。
<政治指導スタッフで、渡辺行革大臣の秘書も関わっているとか。>

 でも、私は最後まで、そんな感じがしなかった。
 以前、コチラの記事にこのドラマの感想を書いたことがあるけど。
キムタク演じる朝倉総理は、結構、国民生活を重視するリベラル&
平和主義のタイプのように思えたし。米国べったりでも、弱者切捨て
でもないし。<昨日はアジア外交の重視の話も出て来たし。>
 彼が後半に国民に向けて行なった演説は、民主主義や国会の議論、
国民の政治参加とはどうあるべきなのか、国の政治とはどうあるべき
なのかとか、いつもmewが考えているのと同じような、本当に大事な
ことを、問いかけていたようにも思えたりもした。(**)

<自分があまり政治に関心や期待がなかったこと、選挙の一票で
変えられるとも思っていなかったことから。今の政治、国会の問題
点などを、自分の言葉で、子供にわかりやすいようにと、一生懸命
に語ったのです。22分も。(・o・)>

* * * * *

 私は、このドラマには、もっと国民に政治に関心を持って欲しい、
国民に政治を身近なものに感じて、政治に参加して欲しいというメッ
セージが、かなりこめられていたような気がしている。(~~)

 そして、その思いは、このドラマのラストの展開に込められた。
 朝倉総理は演説で「あなたの一票は政治を、世の中を変えることが
できる」と強調し、解散総選挙を行なって、国民に真を問うことに
したのである。(@_@。

 なかなかGOODな結末でしょ?(^^♪

<まあ、ここが小泉的と言えばそうかも知れないけど・・・。^^;
この解散&選挙と、あの小泉解散&選挙の仕方は、何十倍も違うもの
でしょ?(・・)>

 月9ドラマとして考えた時には、政治ネタもわかりにくい感じ
だったし、登場人物のキャラ、周辺のエピソード、演出などもハンパ
で、魅力に乏しかったかも知れないのだけど。それが、視聴率にも
反映してしまったかも知れないのだけど。

<昨日も演説部分が長くて、あきてしまう人がいるんじゃないかなと
心配したり。(思わず、自分のブログを連想してしまったり?!^^;)
・・・それに、全体的に、閣僚の任命責任とか、委員会とはどういう
場だとか、ちょっと説明くさかった感じもあったり。・・・会議の
お茶の件も、いかに官僚が融通がきかず、長い間行なっている慣行や
既得権に縛られているかを示したかったのだと思うのだけど。一般の
人にわかりやすくしようとしたつもりが、逆にわかりにくく、つまら
なくなってしまった感じもあって。^^;  
 何かこのドラマは、そういうパターンが多かったかもね。(・・)>
 
 でも、私は、もしこれを見た人が、あとからニュースを見て「これ
が、今の党幹事長とか官房長官っていうやつなのか~」と思ったりね。
 そして、ちょこっとでも「次の選挙は投票に行こうかな?」「自分
の一票で何か変えられるのかな?」と思ってくれたら、もうそれだけで
OKというか、意義深いドラマになったのではないかな~と思ったり
もしている。(~~)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのクリックもよろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、今度の衆院選で、憲政史上初めて、選挙での政権交代、
政権CHANGEを目指す民主党が、昨日14日、結成10周年の
パーティを開いた。<約5000人が集まったとか。>

 小沢代表は、「この半年前後の間に必ずある」「何としても政権を
担わなければならない」とあいさつ。
 そして、候補内定者と共に壇上に上がって「今度の来るべき総選挙が
政権交代、すなわち日本の世直しの最大の機会であると同時に、最後の
チャンスだ」「我々の責任と歴史的な使命を果たすために、命がけで
頑張る」とアピールしたという。<JNN14日などより>

 また、自民党に関しては『「腐ってもタイ。いろんな人間のしが
らみ、半世紀以上にわたる利害の積み重ねがある」と指摘。「候補者
一人ひとりが国民の心をしっかりとつかまなければ衆院選は勝てる
ものではない」と公認内定者らにハッパを掛けた』そうだ。
<時事通信14日より>

 そうか~。NEW民主党ができてから、もう10年なのね~。(・・)
 
 私も、今の政党の枠組みで、選挙によって政権交代を実現できる
のは、おそらく最後のチャンスだと思うし。戦後60年余り、いい
加減、日本が民主主義の国家として成熟するためにも、ここで政権
交代を実現させることは、国民にとっても、まさに歴史的な使命だと
言えるのではないか・・・と思ったりもしている。(**)

<さすがに一般国民の多くも、このままずっと自民党に政権の座を
任せていたら、日本の国も私たちの生活もトンデモないことになって
しまうと、気付いているのではないかと思うしね。(・・)>

 それに、mewには、何よりも、自民党&政府(役人)の一部が、
米国側と勝手に決めて&どんどん実行に移している「日米軍一体化
による新安保体制の計画」に、早くSTOPをかけるためにも、
ど~しても、次の衆院選で、今の自民党に政権をとらせるわけには
行かないという、強い強い思いもある。(@@。

<これが実現されたら、自衛隊は米軍と一緒に世界のアチコチで軍事
活動を行なうような、トンデモないアブナイ国になっちゃうし。私たち
国民の平和で平穏な生活も、壊されてしまうことになるから。(`´)>

* * * * * 

 民主党については、代表選のことも含めて、今後もアレコレ書いて
行きたいのだけど。
 
 ちなみに、[代表にふさわしい人」の世論調査の結果では、小沢氏
が24・4%とトップ。2位は菅氏の13・0%。以下、前原氏が
10・4%岡田氏が8・4%、鳩山(由)氏が8・3%で。出馬候補
のひとり前原グループの仙谷氏は0・1%にとどまったそうだ。^^;
<首相にふさわしい人の調査結果も合わせて、*1に。>

 正直なところ、民主党の議員って、ほとんど名が知られていない
ので。ど~しても、よくTVのニュースに出て来る小沢氏や前元代表に
偏ってしまうとこがあると思うのだけど。<枝野氏とか長妻氏とかも
有名そ~で、ワイドショーとか見ない人は、全然知らないのよね。^^;>
 まあ、妥当な結果かなという感じがした。(・・)

<mew的には、平岡秀夫氏とかに、早く幹部に、そして将来は政党
を率いる存在になって欲しいんだけどな~。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)

にほんブログ村 ←コチラのクリックもよろしくですぅ。m(__)m

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 あと、民主党に関して、チョット面白い記事が出ていた。<*2>
 民主党の結党以来の歩みをまとめた「民主党10年史」が今月下旬に
出版されることになって。これは、30代の国会議員秘書、秘書経験者
ら5人が、党の歴史や現在の組織・政策決定過程を解説したものらしい
のだけど。

『偽メール問題では「普通の企業なら当然備わっている危機管理と統治
能力がなかった」「党執行部の仲良しグループ化が生んだ情報囲い込み」
と問題点を厳しく指摘。当時の前原誠司代表と安倍晋三前首相を「タカ
派的体質、自信過剰という点で共通点が多い」とした上で「両若手指導
者が短命で終わった点は興味深い」と記述している』んだって。(・o・)
<毎日新聞12日>

 身内から、「仲良しグループ、タカ派的体質、自信過剰、短命」って
言われちゃうようだとね~。(**)<っていうか、よくこんな記述を
OKしたわね~とか思ったりもしたのだけど。^^;>

 まあ、そういう方々は、やはり日本国の首相や政党の代表にはふさわ
しくないのではないかと・・・。改めて思ったmewだった。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 最後に、当ブログでも何回か書いて来た「竹島」の問題(新学習指導
要領の解説書にどのように記述するかという問題)が、昨日、ようやく
解決を見た。(**)
<何かTVのニュースでも、かなり取り上げられてた感じが・・・>

 ざざっと経緯を書けば・・・。文科省がこの3月に発表した社会の
新しい学習指導要領に「竹島」のことを明記しなかったところ、日本
会議などの超保守の団体、政治家、識者が、猛反発。<日本会議の議員
代表の平沼赳夫氏(安倍っち仲間)とかも、かなりお怒りに。^^;>
 で、新しい教科書を作る際の基準になる解説書に「竹島は、日本固有
の領土だ」と明記するように強く求めていた。
 
 しかし、他方の韓国側は、教科書に竹島のことを明記しないように
日本政府に強く求めており、福田政権は両者の板ばさみになって、
最終決断を迫られる形に。ギリギリまで検討を続けていたのだったが。

* * * * *

 そして、昨日14日、文科省が解説書を公開したのだが・・・。
 文科省は、ついに「竹島」のことを初めて記述したものの、政府(福田
政権)の韓国側への配慮に配慮して(?)、「わが国固有の領土だ」と
いう表現を用いるのはやめて、日韓両国に「主張の相違がある」という
記述をすることになったようだ。(・・)

『解説書は北方領土について「ロシアに不法に占拠され、返還を求めて
いる」と、従来の表現に「不法に」を加えた。竹島については「(韓国
と)主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同様に我が国の領土
・領域について理解を深めさせることも必要」とするにとどめた。

 会見した文科省の高橋道和教育課程課長は「解説書には『我が国が正当
に主張している立場に基づいて』という記載もあり、『理解を深めさせる』
ことの前提となる」と説明。学校現場では「我が国固有の領土で、韓国が
不法占拠している」との政府の公式見解に沿って指導するよう求める立場
を強調した。現行の中学教科書(地理、公民)で竹島を扱うのは14冊中
4冊だが、解説書は教科書編集に一定の影響があり、今後はすべてで扱う
可能性が高い。<毎日新聞14日>』

<もしかして、この高橋ナンタラ課長が、超保守派の要望をやたらに
取り入れようとしている人なのかしらと思っちゃった。(ーー;)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 スペース&時間が限られて来たので、ちょこっとだけ感想を書く
なら、これも福田政権らしい&妥当な結論だったのではないかと思う。

 私もコチラの記事に書いたように、「日本が領有権を主張している」
という形で、記述するのが一番いいと思っていたしね。(**)

 そして、これが日本らしい&「オトナの対応」「オトナの外交」
ってやつじゃないかな~と思ったりもしたmewなのであった。(@_@。

<仲良しグループだけでつるんで政治をやろうとしているタカ派、
自信過剰、短命に終わった誰かさんたちとは違ってね。(・・)>

                    THANKS
 
 
【mewなりにコツコツ多くの人に、日本のアブナイ政治、社会の流れ
を伝えたいと思って、下の2つのランキングに参加しています。
ランキングが上がると、と~っても励みになる&多くの人に読んで
もらいやすくなるので、応援のクリックをよろしくお願いいたします。】


↓ 25位枠が遠のく。(ノ_-。)後押しをよろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のいている。^^; アツい応援を、よろしくです。m(__)m

 

そして・・・
らんき~な お玉喜八はアブナイ?・・・さらに秘書玲奈とむ丸に乗り、
世の中のバランスを重視するリベラル平和系ブログ(超保守ウヨ伏魔殿?の
人気ブログ・ランキング政治カテにチャレンジ中)をよろしくです。m(__)m


リベラル・平和志向系ブログの紹介サイト・・・The Blogger <コチラ




『 民主党代表は誰? ポスト福田は─ FNN合同世論調査

 小沢一郎代表の任期満了に伴う民主党代表選が9月に行われるため、今回の合同世論調査では、次期代表に一番ふさわしい人物を聞いた。小沢氏が24・4%とトップで、男性31・7%、女性17・6%と、男性からより高い支持を受けた。小沢氏を最も支持した世代は男性で40代(38・2%)、女性は30代(25・6%)だった。昨夏の参院選や補欠選挙での勝利など「選挙に強い小沢」への期待は数字にも表れていた。

 2位は菅直人代表代行の13・0%で、小沢氏は菅氏に10ポイント以上差をつけた。菅氏は男性の14・1%、女性の12・0%がふさわしいと回答した。前原誠司前代表が10・4%、岡田克也元代表が8・4%、鳩山由紀夫幹事長は8・3%で、小沢氏に批判的で「推す声があれば(代表選に)出る」とする仙谷由人元政調会長は0・1%にとどまった。

 首相に一番ふさわしい人物を聞いたところ、小泉純一郎元首相が、前回から2・9ポイント上がって19・6%だった。小泉氏自身は再登板を否定しているが、最近、政局絡みの発言をする場面が多くなったことで、存在感を増しているようだ。

 前回、小泉氏を3ポイント近く上回った麻生太郎前自民党幹事長は19・1%と今回は2位だ。ただ、差はわずか0・5ポイントで、現実的な選択肢としては麻生氏に注目が集まっていることに変わりはない。「初の女性首相候補」として注目される小池百合子元防衛相は、前回よりも1・2ポイントアップして4・0%となった。

 民主党代表としては他を引き離した小沢代表は、首相候補としては11・1%の支持を得た。同党支持層の30・3%が小沢氏を支持したが、野党支持層でも麻生氏の人気はあり、民主党支持層の16・9%が麻生氏を支持し、小沢氏に次いで多かった。産経14日』


『出版:民主党10年史、秘書らが執筆 偽メール問題、厳しく分析

 民主党の結党以来の歩みをまとめた「民主党10年史」(第一書林)が今月下旬に出版される。30代の国会議員秘書、秘書経験者ら5人が、党の歴史や現在の組織・政策決定過程を解説した。05年郵政解散・総選挙の敗北と偽メール問題を「民主党最大の危機」と位置付け、客観的に分析している。議員や研究者ではなく、秘書や秘書OBによる政党関係書籍の出版はあまり例がない。14日に東京都内で開かれる党パーティーで先行販売される。

 党の歴史を、96年の旧民主党時代から説きおこし、今年6月の首相問責決議案可決に至るまでを総括した。偽メール問題では「普通の企業なら当然備わっている危機管理と統治能力がなかった」「党執行部の仲良しグループ化が生んだ情報囲い込み」と問題点を厳しく指摘。当時の前原誠司代表と安倍晋三前首相を「タカ派的体質、自信過剰という点で共通点が多い」とした上で「両若手指導者が短命で終わった点は興味深い」と記述している。【田中成之】

毎日新聞 2008年7月12日 東京朝刊』
[PR]
by mew-run7 | 2008-07-15 10:42 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7