日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

国会召集と新テロ特措法延長を巡って、自公民の攻防が激化+山崎が北朝鮮と交渉か?

 このブログに書いた効果なのか、他の理由によるものなのか・・・
昨日exciteニュースにつけたTBは、今のところ残っているようだ。
 何かタイトルに+とか&があって、複数のテーマについて書くと
嫌われるのかも知れない・・・という意見もあるので。今日は、+入り
の記事をTBしてみるですぅ。(・・)

<16時半に観たら、やはり+がつくタイトルのTBはすべて削除
されていた。誰かがわざわざ通報してるのかしらん?(・・)>

最新の記事一覧・・・7月分はコチラ 8月分は、コチラ 


 昨日19日、五輪観戦のため(という口実で?)北京を訪れていた
山崎拓氏が、北朝鮮の大使館を訪問していたことが発覚。(・o・)
 何の目的で訪れたのか、憶測を呼びそうな感じだ。

 私は、政府自民党が、支持率アップ&総選挙のウルトラ逆転技として、
秋頃までに拉致問題の具体的な解決or進展をさせることを考えている
のではないかと推理(?)しているのだが。<コチラの記事参照>
 もしかしたら、その際に、福田首相を訪朝させることも計画して
いる可能性もあるかもな~と思ったりもしていて。(・・)

 何か山崎氏の訪朝のニュースを見て、ますます、やっぱそうなの
かもな~という気がして来た。(**)

 もちろん、私は、拉致問題は早く解決して欲しいし。そのために
努力すべきだと思っているのだけど。
 拉致問題を総選挙に有利な材料に使おうという意図があるとすれば、
そのことには大きな疑問を覚えるし。また、実際、今の国や国民生活
の状況を見れば、そのことと、自民党が国政を担うのにふさわしい
政党だと言えるかは別問題なわけで。
 賢い国民は、そんなことにまどわされずに、政権選択を考えてくれる
と信じたい&そうしてくれるように訴えたいmewなのであった。(@@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
  
 そして、コチラの記事のつづきになるのだが・・・。

 19日、自民党、公明党の代表者の会合が開かれた。
 前日に、福田首相が、この場で、国会招集日やその後の方針に関して
決断&提言をするという報道が出ていたりもしたのだけど。
 半分、冗談で「自民が8月下旬~9月上旬、公明が9月下旬を要望
しているのなら、福田さんは、間をとって9月中旬って言ったりして
ね~」って言ってたら、本当に「9月中旬」を提言したそうで。^^;
思わず「あらら~」と思ってしまったmewだった。(・o・)

 公明党側は、昨日も、国会の早期召集&新テロ特措法の衆院再可決
には、かなり難色を示していたようで。自民党は、8月下旬召集案を
9月上旬に譲歩したものの、OKが出ず。

 そこで、お互い妥協する形で、9月中旬にしようということで、
話をおさめることになったようなのだが。<福田首相は「もーじき決め
る」と会見で発言していたが。自民党は12日スタートで調整する予定
らしい。ただ、13~15日が連休になるので、16日説も。>
 でも、もし、そうなれば、民主党が代表選<8日告示、21日投票>
の真っ最中に国会が招集がされることになる。

 これには、小沢代表も『19日の記者会見で「常識を持っている首相
と内閣であれば、相手のそういうこと(代表選日程)を斟酌して召集
時期を決めるのが普通だ」と不快感を表明』。
 鳩山幹事長も「わが党の代表選にぶつける形になり、大変失礼な話だ」
(鳩山由紀夫幹事長)と反発し、下旬以降に召集時期をずらすよう求め
ている。<以上、産経新聞19日より>

* * * * *

 自民党は、去年の9月、安倍前首相のいきなり辞任したことで、民主
党&野党に大迷惑をかけてしまい、大きな借りがある。

 昨年も政府自民党は、テロ特措法延長の再可決も考えて、当初は8月
下旬に国会召集をしたいと言っていたのだが。党内でバタバタしていた
&安倍前首相のAPEC訪問もあって<ここで「職を賭す」発言が^^;>、
結局10日に召集することになった。(・・)
 で、10日に首相の所信表明を行なって、12日の午後から「さあ、
今日から野党の代表質問がスタート」と出陣式を行なっていた最中に、
安倍氏がいきなり辞任の会見を開いたのである。(・o・)
 そのために、民主党など野党側は、代表質問の準備をしていたのに、
すべてがムダになってしまったのだった。

 さらに、自民党がそこから総裁選を行なうことになったため、国会
はストップすることに。福田新首相が所信表明を行なったのは、10
月1日で。結局、野党は、約3週間「お待ち」をさせられることに
なったのである。(>_<)

* * * * *

 そもそも秋の臨時国会というのは、9月下旬に始めるのが通例だ。 
 それもあって、民主党は、9月8日告示、21日に投票という形で
代表選を行なう日程を組んでいる。<ちゃんと、早めに公表してた。>
 そして、新代表が決まったら、その人が党執行部や影の内閣なる
各分野の政策担当を決めて、「いざ、秋の臨時国会へ」ということに
なる。(・・)

 自民党も、昨年の借りもあるので、当初は、民主党の代表選の期間
は国会開催を控えると言っていたのだが・・・。
<それで、自民は代表選の前に、所信表明や代表質問が終わるように
8月下旬召集を提案。それに対し、公明は、代表選が終わってから、
9月下旬にしようと言ってた。>
 なのに、いきなり代表選のど真ん中に国会を召集したいと言い出し
たのだから、「おいおいっ」ということになるだろう。(ーー;) 

 まあ、実際のところ、民主党の代表選が行なわれるかどうかは、
まだビミョ~な状況ではあるけれど。日程が先に出ている以上、それは
配慮すべきだし。
 それに、どうも野田佳彦広報委員長氏が出馬の意向を固めつつある
という記事も複数出ている。[*1]
 <ちなみに河村たかし氏も19日に会見を開いて、出馬する意欲を
示したが、20人の推薦人を確保するメドが立っていないようだ。^^;>

 何だか、こんなところにも、政府自民党の混乱ぶり、余裕や節操の
なさ・・・そして、結局は、凋落ぶりがあらわれているような気がして
しまう今日この頃だったりする。(@@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←こちらも、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、政府自民党は、新テロ特措法延長に関しても、バタバタ
し続けている。(**)

 政府自民党は、先日の記事に書いたように、12日にシーファー駐日
米国大使が防衛省を訪れて、特措法の延長を求める発言をした直後
から、急に「ど~しても、新テロ特措法を延長しなければならない」
モードになって。福田首相や党声明でも、そのことを強調するように
なっている。^^;
 また、17日には、山崎拓氏(前副総裁)が、秋の臨時国会で
特措法延長ができなければ、福田首相の政治責任の問題になるとまで
発言していたのだが・・・。

 しかも、19日には、石破前防衛大臣が、BS放送の収録で、
『新テロ対策特別措置法の延長の必要性を指摘し「民主党が政権を取っ
ても日米同盟はなくならない。国会で認めなければ、彼らは彼らで責任
を負う」とけん制した』。[日刊スポーツ19日より]

<石破氏は、この放送で、麻生氏らが提唱していたタンカー護衛案には、
新法が必要で困難があることを指摘。<同上より> また、自分が法案
を準備していた恒久法の必要性も強調し、『「最大のみそは、すべて
国会の事前承認にかかることだ。法の活動メニューから政府が選び、
賛否を主権者の代表である国会が決めることの何がいけないのか」と
述べた』という。[毎日新聞19日より]>

 まあ、石破氏の場合は、防衛大臣として、ゲーツ米国防長官と会談
した際に、給油継続をお約束。また、恒久法の制定に前向きな姿勢を
示していたので、内閣を退いても、現状を見て、気が気ではないところ
があるんだろうな~とも思うけど。(-"-)

 さらに、19日には中川秀直氏(元幹事長)も、この件について解散
総選挙も迫るような、強い発言をしたようだ。(・o・)

『自民党の中川秀直元幹事長は19日午後、神奈川県箱根町のホテルで
開かれた町村派の研修会で、海上自衛隊によるインド洋での補給活動を
1年間延長する新テロ対策特別措置法改正案について「秋の臨時国会の
最大の焦点だ。民主党が法案成立に抵抗するのなら、日本が国際貢献
をする国家でいくか、テロに屈服する国家でいくかを福田康夫首相の
手で堂々と民意に問わなければいけない」と語り、衆院解散・総選挙も
視野に、成立を期すべきとの考えを示した。<産経新聞19日>』

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←こちらも、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ただ、私は最近、この新テロ特措法の件に関しては、何かイヤ~な
予感も覚えたりしている。^^;

 上述の石破氏や中川秀直氏の発言には、民主党の名が出ているのだが。
彼らには、この件で、民主党を揺さぶろうとする意図があるように
思えるからだ。(・・)

 今、自民党内には、2つの考えがあるような感じがある。

 一つは、11月か12月までに新テロ特措法を延長するためには、
民主党を説得して、同党の協力を得るべきだという見解だ。

 昨日、公明党の太田代表も、福田首相に民主党との党首、幹部会談
を提言していたようだが。民主党さえ同法延長に賛成して、参院で
可決してくれれば、政府自民党も米国との約束が守れるし、公明党も
衆院再可決の問題がなくなるので、両者にとって都合がいい。
 
 また、もし結局、小沢民主党がOKしなかった場合は、政権を
担おうとする政党がそれでいいのかと批判のネタを作ることもできるし。
民主党内には特措法延長に賛否両論あるので、党内対立を促す効果も
期待できる。
<早速、野田氏や枝野氏あたりが、代表選の争点にこのことを持ち
出したりすると、チョット厄介になるかも知れない。(-"-)>

* * * * * 
 
 さらに中川秀直氏が語っていたように、7月ぐらいから、新テロ特措
法の延長や自衛隊の海外派兵などをメインの争点に、解散総選挙を
行なうという案も、チラホラ出始めている。

 自民党内には、経済&国民生活、社会保障の対策がメインの争点に
して民主党とやり合ったら、昨年の参院選と同じように、勝ち目がなく
なると考えている者が少なくない。

 そこで、何とか国民の目を経済面とは違う方向に向けるような争点を
メインにすべきではないかと。
 さらに民主党内の意見が固まっておらず、同党が選挙対策に苦慮する
ようなor党内対立を生じさせるような争点をメインにした方がいいの
ではないかという考えも出て来るわけで。

 その争点の有力候補になり得るのが、新テロ特措法の延長かも知れ
ないのだ。(ーー;) 


   <つづく>          THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 


 
[PR]
by mew-run7 | 2008-08-20 13:07 | 自民党について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7