2年連続で総理総裁辞任なのに、反省も節操もない麻生&自民党&公明党

最新の記事一覧・・・7月分はコチラ 8月分は、コチラ 

 福田首相が辞任会見をしてから、まだ1日チョットなのに・・・。
 もう世間やマスコミでは、誰が総裁選に出るのか、誰が次の総理総裁
は誰になるのかの話で持ちきりだ。(**)

 3日の毎日新聞の記事に『自民党選対関係者は笑いをかみ殺す。
「いや、もう誰と誰が戦うかという話ばっかりでしょう。みんな、福田
さんのことなんか、すぐ忘れるよ」』という一文があったのだけど。^^;
[*1 exciteニュース・コチラ

 まあ、それが世の現実というものなのだろうが・・・。
 それにしても、自公与党の政治家たちの(マスコミも?)節操のなさ
には、「・・・(-"-;)」と嘆かわしく思ってしまうところがある。

<何か*1の報道には、昨日の記事にmewが書いた推論を裏付けるか
のような、話も出ていた。・・・福田首相がやっぱ4月から辞めたがっていた
こととか。森氏が内閣改造を強く押したこととか。最後に、森氏が説得に
行こうとしたのを断わった話とか。^^;

『森氏が首相から、退陣表明の連絡を受けたのは1日午後7時半過ぎ。
緊急会見のわずか2時間前だった。2人の関係からすれば水くさいものだ。
 驚いた森氏は「待て。慌てるな。これから官邸に行く。話し合おう」と電話
口で食い下がった。首相はきっぱり拒否した。「来なくていいですよ。もう
遅い。記者会見をすでにセットしたから」
 決断できないリーダーと言われた福田首相の最後の決断だった。』>
 
* * * * *

 自民党は、06年の安倍前首相、07年の福田首相と2年続けて、
自分たちが選んだ総理総裁が、就任から1年にも満たないうちに、
突然、その座を投げ出すという醜態を演じたのに、そのことに問題を
感じて、反省をしている様子はほとんどない。(ーー;) 
 
 そもそも、安倍氏も福田氏も、いきなり辞任表明して、政権を投げ
出しておきながら、会見では、そのことを国民に謝罪していない。(`´)

  で、本当なら、国政を担う政権与党全体としても、まずは国民に
「このように2年連続して、政治的な混乱を起こして申し訳ない」と
わびるのが、筋ってもんだと思うし。
 評論家の中には、「こんなことでは、政権を担う資格がないので、
自ら政権の座をおります、と言ってもいいぐらいの醜態だ」と言って
いる人がいたけど。
 まあ、そこまで行かずとも、少しは国民に対して申し訳なさそうに
して、チョット小さくなって、大人しめに動いてもいいのではないか
と思ったりもするのだ。(・・)

<安倍、福田氏が属する派閥の長である町村官房長官は、このような
ことになって、次は派閥から特定候補を推すのは控えたいと自主投票
にする意向を示しているが。・・・これは、またの機会にゆっくりと
書きたいが。そのウラには、町村派の分裂の危機を避けたいという
思惑がある。(-"-;)>

* * * * *

 ところが、今の自民党、公明党の様子を見ると、大部分は、まさに
「待ってました」とばかりの反応を示していて、いわばマツリのような
状態にある。(ーー゛)

 ともかく、自民党の総裁選をそれなりに長い期間をかけて、華々しく
行ない、マスコミにも盛り立ててもらって、自民党に注目を集めようと。
 そして、その注目度や、ご祝儀相場での新政権への期待&支持率など
の勢いをキープしたまま、一気に解散総選挙まで運んでしまえないもの
かと・・・そんな話が進んでいる。(・・)
<あまり、新政権がボロを出さないうちに、早めに選挙を行なった方が
いいという考えもあるらしいけど。^^;>

 総裁選は、10日に公示、22日に投票という日程に決まりそうなの
だけど。
 そこには21日の民主党の代表選にぶつけて、そちらに関心が向か
ないようにしたいという思惑もあるようだ。^^;

<ま~、どうせ民主党の代表選は、無投票になるだろうから、たいして
盛り上がらないだろうし。たいした影響はないと思うけど。(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←こちらも、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 去年、安倍っちがいきなり辞任した時には、国会が召集されてすぐ
だったこともあってか、自民党側ももう少し申し訳なさそうで。
 自分たちの勝手な都合で、国政や国会が長く停滞してはいけないと。
できるだけ早く総裁選の告示、投票を行なって、国会を再開できる
ようにしようという姿勢を見せていたのに。(・・)
<そのウラには、一気に福田氏で総裁選を決めて、麻生氏の芽を潰し
ちゃおうという森氏ら重鎮たちの思惑もあったんだけどね。(-"-)> 

 今年は、政権交代のかかった総選挙前に行なう大事な総裁選である
とはいえ。国会や国政の停滞など・・・ひいては、国民に迷惑をかける
ことなど、ほとんどアタマにはないかのようだ。(ーー;) 

 22日に投票となれば、その後、国会での首班(新首相)指名やら
何やらで、まともに国会の審議が始まるのは、9月下旬か10月初め
ぐらいになっちゃうと思うのだけど。(・・)

 その間、とりあえず福田内閣は続くものの、もう死に体内閣ゆえ、
国政は完全に停滞。早く決めなければならない大事な経済対策などの
政策立案も、実質的に進められない状態になる。(-"-)

<福田首相は、もう退陣を表明したのだからと、1日1~2回行なう
のがお約束だった官邸でのぶら下がり会見も拒否して。もうほとんど
首相の仕事を放棄?^^;<毎日新聞2日・exciteニュース・コチラ

* * * * *

 それに、そもそも、政府自民党は、この秋の臨時国会は、国や国民
生活にとって重要な法案がいくつもあるから、早く国会を召集したいと。
それこそ、できれば8月下旬か9月上旬には召集したいと言っていて。
それで9月下旬を主張する公明党や野党と、ずっともめていたのに。^^;
 そして、大事な法案を通すまでは、簡単に解散をするような無責任な
ことはできないとかまで言ってた人もいたのに。^^;
 
 なのに、何で、福田首相が辞任することになったら、国会召集が
こんなに遅くなってしまってもいいのだろうか?(`´)

 国や国民にとって、大事な法案は放っておいても、いいの?
それらをちゃんと通さずに、解散総選挙に踏み切ってもいいの?(・・)

 たった数日で、言ってることとやってることがコロッと変わっちゃう
んだからな~。^^;

  これを見ても、いかに自民党(&公明党)が、本当に国民のことや
国政のことなど考えていないか。自分たちに注目が集まって、チョット
でも政権維持にプラスになるなら、それまでの方針&計画などなかった
かのようにしてしまう、何でもありの、節操のない政党なのか・・・
よ~~~くわかるのではないだろうか?(**)

<まあ、mew的には、早く解散総選挙をしてくれた方がいいのだけど。
ひとりの国民として、自分の国の政権与党が、ここまで節操がない&
国政に対する責任感のないことを言ったりやったりしてしまうのは、
あまりにも情けない&嘆かわしいと思ってしまったりして。(-"-)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、これも節操がないと思ったのは、福田首相が辞任して間も
ないというのに、麻生太郎氏がもう公の場で、総裁選に立候補する
意向を表明しているということだ。(>_<)

『お気に入りの青いネクタイを締めた麻生氏は、福田首相も出席した
党役員会後の会見で「(総裁を)受ける資格はある。自分なりの考えを
実行したい」と事実上の出馬宣言。記者からリーダーシップについて
聞かれると、不敵な笑みを浮かべながら「私が意志薄弱だということか?
リーダーシップはとらねばならない」と強い口調で言い切った。
<スポニチ3日>』

 麻生氏は、去年も幹事長に任じられてすぐに、安倍氏が首相辞任する
ことになったのだけど。何と、今年も、幹事長に任じられてすぐに、
福田氏が首相辞任することに。<「首相キラー」って、呼んじゃおう
かな?(@@。>

 で、去年も、総裁を支えるべき立場で、急な辞任に多少なりとも責任
のある幹事長が、シャ~シャ~と総裁選に出ていいのかという批判が
あったのだけど・・・。
 本人は、自分の立場や責任のことは、お構いなしのようだ。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←こちらも、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 総裁選に関しては、これからずっと、状況を追いかけながら、色々と
お伝えしながら、アレコレ思うところを書いて行きたいと思っている
のだが・・・。

 昨日、チョット驚いたのは、公明党の浜四津代表代行が、早くも麻生
支持を表明したという報道が出ていたことだった。(・o・)

『公明党の浜四津敏子代表代行は2日、党本部で記者団に対し、自民党
の麻生太郎幹事長が同党総裁選への出馬を事実上表明したことについて
「明るくはっきりしていていい。(公明党支持者からも受け入れられる)
と思う」と述べ、歓迎の意向を明らかにした。[時事通信社2日]』
<関連の詳しい記事 *2 exciteニュースはコチラ

 よく麻生氏は公明党とパイプがあるので、公明党側も麻生氏が総理
総裁の方がやりやすいとか、麻生氏の人気を活かして選挙を戦いたいと
考えているようだという報道を見るのだけど・・・。

 麻生氏というのは、基本的には超保守勢力<復古主義のタカ派保守>
に属していて。安倍晋三氏、中川昭一氏、平沼赳夫氏らとHANAの会
を作っていたり。日本会議の議員懇談会の会長を務めていたこともある
政治家なのである。(**)

<超保守とは・・・戦後体制や現憲法を認めず、新憲法制定を計画。
天皇&靖国信奉が強く、戦前に近い形で、天皇をTOPに置いて富国
強兵を目指す国家作りをしたいと。学校でも国に奉仕する国民を育てる
ために、愛国心、道徳教育を強化したいと考えている勢力。>

 つまり麻生氏の政治思想というのは、公明党の唱える平和主義とは、
ある意味で、対極にあるような感じなのだ。^^;
<だから、新テロ特措法の再可決にも反対しているわけだしね。(・・)>

* * * * *

 実際、スポニチ3日には、こんな記事も出ていた。

『連立を組む公明党内にも“麻生アレルギー”が存在。同党の太田昭宏
代表に近い人物は「党としては静観の構えをみせているが、公明党が
提言した定額減税に真っ先に反対したのは麻生氏。そのしこりは消えて
いない」と強調。支持母体の創価学会内でも「選挙の実動部隊である
婦人部を中心にタカ派の麻生総理誕生は好ましくないとの意見が出て
いる」という。』

 逆に言えば、浜四津氏があえて、早めに麻生氏の支持表明をしたのは、
女性の一般学会員の間で、麻生氏が人気がないことを懸念してのこと
かも知れない。(**)

 きいた話では、女性学会員は、あまりアクが強い人、ズケズケものを
言う人、好戦的な人は好まない傾向にあるそうだし。実際、何日か前に
(福田辞任発表の前に)、テレビ東京の番組で、公明党支持者100人
を対象に「福田と麻生、どちらがいいか?」というアンケートをとった
ところ、6対4で福田氏を選んだ人が多かったのだ。(・・)

 去年の夏、安倍自民党と協力して戦った参院選の時に、学会員の中
には、憲法9条の改正や自衛隊の海外派遣を公約に掲げているような
(超)保守&タカ派の首相&政党を、本気で応援する気になれないと
いう不満の声があったという。

 もしかしたら、同じ超保守派の麻生氏をTOPに置いた衆院選でも、
同じような不満が出るおそれもあるだけに。今から女性学会員に人気
のある浜四津氏が「明るくて、はっきり」とか言って、麻生氏のイメー
ジ・アップに努めているのかしらん?(・・)
・・・と思ってしまったりもしたのだが。

 いずれにせよ、自民党内でも、公明党との間でも、まだまだアレコレ
ありそうな予感がしているmewなのだった。(@_@。

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 






『<福田首相辞任>4月から「辞めたいなあ…」

 福田康夫首相の退陣表明から一夜明けた2日、首相の存在は忘れられたかのように総裁選への手続きが進んだ。首相はマスコミとは接触したくないと、記者団との「ぶら下がり取材」を拒否。心の動揺は隠し切れなかった。

 退陣会見は突然のものだったが、首相にはすでに今年4月から退陣の2文字が頭をよぎっていた。

 首相が後見人でもある森喜朗元首相に辞意を漏らしたのは、改正租税特別措置法の衆院再可決を前にした今年4月だった。

 大連立構想の破綻(はたん)に始まり、日銀総裁の空席、ガソリン税の暫定税率失効と「ねじれ国会」にくたびれ果て、「辞めたいなあ。もう外遊もしたくないよ」と、森氏に赤裸々に語っていた。

 首相は、4月末から5月の大型連休にかけて予定していたロシアとイギリス、ドイツ、フランスの欧州3カ国訪問を取りやめたいと漏らした。

 ロシアとのパイプが深い森氏は「少なくともロシアだけは行くべきだ」と説得した。

 その結果、首相は欧州3カ国歴訪は見送ったものの、ロシアには出向き、メドべージェフ、プーチンの新旧大統領と会談した。

 森氏らは、北海道洞爺湖サミットが終了後、声高に内閣改造熱をあおった。

 森氏は福田首相が内閣改造(8月1日)を断行する半月ほど前の7月中旬、周辺にこう語った。「おれは福田さんの背中を押してやるだけだ。自前の内閣を作って、9月までしか持たないかもしれないが、そこまでは頑張ってほしい」

 人事を断行しても支持率は低迷。身内の公明党からも揺さぶられ、臨時国会の乗り切りは誰の目から見ても容易ではなかった。

 森氏が首相から、退陣表明の連絡を受けたのは1日午後7時半過ぎ。緊急会見のわずか2時間前だった。2人の関係からすれば水くさいものだ。

 驚いた森氏は「待て。慌てるな。これから官邸に行く。話し合おう」と電話口で食い下がった。

 首相はきっぱり拒否した。「来なくていいですよ。もう遅い。記者会見をすでにセットしたから」

 決断できないリーダーと言われた福田首相の最後の決断だった。

 ◇「負け幅」縮めるシナリオ

 小池百合子元防衛相が自宅で飼うメスのヨークシャーテリアの名は「ソウ」。いつかは、と総理大臣のソウから名付けた。

 小池氏は2日朝、東京都内の自宅前で記者団に総裁選出馬への意欲を示し、午後には「(総裁選では)文明論、経済対策論、そして何より希望を示すべきだ」と語った。

 福田康夫首相の退陣、麻生太郎幹事長と小池氏で総裁選、新首相のご祝儀相場で解散・総選挙。自民党議員が期待交じりに口にしていた、衆院選での「負け幅」を縮めるためのシナリオだ。小池氏の出馬の有無は、総裁選が国民注視の“大興行”になるかのカギになる。

 キーマンはともに小泉改革を支えた中川秀直元幹事長。小池氏には自ら推薦人を集め、総裁選戦略を巡らす力はない。小泉純一郎元首相や中川氏らの担ぐみこしに乗るしかない。

    ◆

 安倍晋三前首相と福田氏の母体である町村派は「党に迷惑をかけた」という理由で派閥の推薦候補を見送る方向だ。2日、他派閥が総裁選に向けた総会を開く中、町村派は同日の総会を開かなかった。

 2日午後、中川氏の個人事務所には、塩崎恭久元官房長官、渡辺喜美前行革担当相、猪口邦子元少子化担当相ら「改革派」や「小泉チルドレン」と呼ばれる議員が訪れた。

 中川氏は渡辺氏に「誰を選ぶかではなく、何をするかが大事だ。改革を続行しなければいけない」と語気を強めた。

 小池氏も午後5時過ぎから約40分間、中川氏と意見交換。小池氏は記者団に「国内外の情勢について意見交換しただけです」とだけ説明した。

 幹事長に就くように麻生氏を口説いた森喜朗元首相は、周辺には「1人になっても麻生さんを支持する」と言う。参院幹部は「森さんは派閥をバラバラにしたくないと考えているようだが、町村派はもうバラバラだ」と語った。

    ◆

 古賀派は幹部が派閥事務所に集まり、今週中に対応を決定することを確認。同派の谷垣禎一国土交通相は記者団に「首相にはもう少し頑張ってほしかった。まったく考えていない」と出馬を否定した。

 派閥会長の古賀誠選対委員長は麻生氏と疎遠だが、派内には菅義偉選対副委員長のように、麻生氏を推そうというメンバーもいる。

 山崎派も総会を開き情勢を見守ることを確認したが、同派の甘利明前経済産業相は麻生氏支持を鮮明にして、一枚岩でない状況は古賀派と同じだ。

 山崎派の石原伸晃元政調会長は記者団に「20人の推薦人がない限りは出られない。派閥を率いていないので、そういうハードルが目の前にある」と語った。

    ◆

 「(総裁の)資格はあるのかな。福田首相がやりたくてもやれなかったこと、やらねばならないことを実行していきたい」

 本命と言われる麻生氏は2日午前の記者会見で総裁選立候補を表明。会見では、記者の追加質問を「1社1問だ」と退けた。麻生派はこの日、2度の緊急総会を開き結束を固めた。

 ただ、「本命」の根拠は希薄だ。昨年の総裁選で派閥包囲網を敷かれながら善戦したことと、世論調査で示される高い人気がよりどころだ。

 過去3回の選挙で敗れている麻生氏は、「4度目の正直という言葉自体はないんだけどね」と笑った。

    ◆

 自民党選対関係者は笑いをかみ殺す。「いや、もう誰と誰が戦うかという話ばっかりでしょう。みんな、福田さんのことなんか、すぐ忘れるよ」
<毎日新聞3日>』

******

*2

『公明党の浜四津敏子代表代行は2日、党本部で記者団に、自民党総裁選に出馬表明した麻生太郎幹事長について「明るくて、はっきりしていて(総裁・首相として)いいのではないか。公明党の党員・支持者からも受け入れられる」と述べ、いち早く支持を打ち出した。党幹部で麻生氏支持を表明したのは初めて。福田康夫首相を事実上先頭に立って退陣に追い込んだ公明党が、今度は「麻生禅譲」戦略もリードしようとしているようだ。

 浜四津氏は支持母体・創価学会の中核である婦人部から絶大な支持があり、大きな党内発言力を持っている。閣僚の問題発言などで、公明党が辞任を迫る時には浜四津氏が口火を切るケースも多く、「麻生氏支持」発言も同党全体の姿勢を示唆しているとみられる。

 公明党は、年末年始の解散・総選挙実現に向けて8月以降、政局をリードしている。臨時国会の召集日や会期幅の決定、定額減税の年度内実施合意など、この間の重要な政府与党決定では、北側一雄幹事長を中心に麻生氏と連携しながら議論をけん引してきた。

 麻生氏との「蜜月関係」の一環で、党内では福田首相の退陣表明前から、麻生氏への早期交代を待望する意見が半ば公然と出ていた。その意味で、浜四津氏の支持発言は必ずしも唐突でない。

 だが、自民党総裁選で公明党は、しょせん局外にいる。自民党の各派閥はまだどこも態度を明確にしておらず、公明党の先行ぶりが目立つ。麻生氏が狙い通り次期総裁に選出されれば、いち早い支持表明は、連立与党内の足場を強くするが、思惑が外れた時は、先走りすぎたリスクを背負う可能性もある。

 このため、太田昭宏代表は同日の記者会見で「個別の人の論評は差し控える」と慎重姿勢を強調。党内には、「昨年の自民党総裁選では1日で情勢が一変した。行方をよく見極める必要がある」(公明党幹部)と、前のめりな「麻生氏支持」を不安視する声もある。

<毎日新聞2日>』
[PR]
トラックバックURL : https://mewrun7.exblog.jp/tb/8559333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from お玉おばさんでもわかる .. at 2008-09-03 10:55
タイトル : 正義の味方
正義の味方ってやっかいだな・・正義の味方には絶対的な悪(悪者)が存在する。正義の味方はどこまでも正義を振りかざし、多数派が悪と認めたものと闘わなければならない。でも、正義の味方はあまり相手の言い分ぎ..... more
Tracked from とむ丸の夢 at 2008-09-03 11:58
タイトル : 政治家の人相――面構えというには、まだ修養が足りない
「麻生ぐらいしかいないんか!?」「茶番だ、茶番」「お祭りだ」「人相悪いね」「日本にはまだお金があるんですってね」&hellip;&hellip;昨日1日で耳にした普通の人たちの声。  ポスト・フクダへの道はすでぎ..... more
Tracked from 無党派日本人の本音 at 2008-09-03 15:20
タイトル : 福田さん辞任のマスコミ報道
[一方的な福田さん自民党批判報道] 福田さんの突然に辞任についてのマスコミ報道は福田さんと自民党への批判ばかりだ。 喧嘩に負けて、家に帰った子供が親に相手のことについて泣き言を言う様な、一国の首相に批判が集まるのは当然だ。 然し公平を旨とすると自身も言い、そして日本の世論形成に大きな力を持つマスコミがそれだけで済ませて良いのだろうか。  「喧嘩両成敗」と言う言葉がある。 喧嘩には負けたほうにも勝った方にも、双方に何らかの問題点があるものだ。 福田さんの「話し合い路線」を飽くまでも突っぱねた小沢さんに...... more
Tracked from 巨大派遣会社と戦うドンキ.. at 2008-09-03 17:17
タイトル : 3年近く働いてたったの20円アップだよ?
相互リンクをしているブログ”Web銀色定期便~ポポ子のつぶやき~”の記事”20円だと、1日に150円のアップです…。”を紹介します。派遣社員として働くポポ子さんの時給交渉のてん末が書かれています。本文の握..... more
Tracked from 「ちょっと、よってけらっ.. at 2008-09-03 20:08
タイトル : その151 福田総理辞任。でも、倒さなアカンのは福田氏で..
 今晩は。伊東です。 どうも最近、またブログ制作がパラパラに。チャーハンならパラパラご飯もおいしいのでしょうが、ブログの制作がパラパラ状態になるのはちょっとね。そういう意味では、今もなお精力的に記事を制作している皆様には、非常に頭が下がる思いです。 社...... more
Tracked from メゾフォルテからあなたへ at 2008-09-04 07:55
タイトル : 歳歳年年人不同
書道の稽古に月3回ほど通っています。 秋に書道教室の地区の小さな文化祭がその地区の集会所で開かれるの ですが、今年は3回目の出品をします。 一昨年は「敢」という1文字、昨年は、般若心経から抜き出した16文字でした。 今年は何を書くか、を考えました。 下手....... more
Tracked from 自分なりの判断のご紹介 at 2008-09-04 21:15
タイトル : 衝撃波走る:京大発表、太陽のフレア観測 & 福田総理無責..
9月1日はさすが防災の日 関東大震災以上の衝撃波。 まずは清々しいほうね。 太陽:黒点付近の爆発で3連続衝撃波も 京大チームなど 太陽の黒点付近の爆発(フレア)に よって、三つの連続する衝撃波が 起きる場合があることを、京... more
Tracked from 犬との生活 - 犬の動画.. at 2008-09-19 01:19
タイトル : ヨーキーなぞの行動
我が家のヨーキー、プリッツ。 左右のおひげを手で集めて、噛み噛みするというなぞの行動をします・・・ なにしとるん?... more
by mew-run7 | 2008-09-03 08:54 | 自民党について | Trackback(8)