小泉が小池支持を表明した思惑は?+保坂(社民)が東京8区に、小沢も国替えで首相と対決?

最新の記事一覧・・・9月分はコチラ 8月分は、コチラ 


今回は、選挙がらみで、気になるニュースをいくつか・・・。

 最初に、社民党の保坂展人氏が、次の衆院選で、東京8区から出馬
することになった。(*1) 
<mewも愛読している「保坂展人のどこどこ日記」はコチラ

 東京8区(杉並区)の皆さま・・・保坂展人氏の応援を、よろしく
お願いしますですぅ。m(__)m 

 この地区の自民党候補は、何と今、総裁選に立候補して、全国遊説
(ドサ回り?)中の石原伸晃氏。(・o・) 
 相手に不足はない!・・・って感じかな?(**) 
  
 保坂氏に関する記事の続きは、また選挙前に改めて書きたいが・・・。
「国会の質問王」として、与党をタジタジさせることが多い保坂氏は、
社民党だけでなく、野党全体にとって貴重な戦力ですから~!(・・)

 民主党も8区は候補者を擁立せず、党推薦で、全面支援することに
なっている。<共産党は、8区は候補者を立てるのかな~? 保坂氏
なら、共産党の関係者や支持者も応援してくれるのではないかと思う
のだけど。>

 選挙直前になっての国替えで、準備が本当に大変だと思うけど。
石原氏が総裁選ショ~ごっこをしている間に、どんどん準備を進めて
p(*^-^*)q がんばっ です。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

  さて、一昨日のパーティでは、「何も言えねえ」と、総裁候補で誰を
支持しなかった小泉元首相だが・・・。
 昨日の朝になって、小池百合子氏を支持することを表明したという。

『小泉氏は12日午前、小池氏陣営の武部勤元幹事長、衛藤征士郎
元防衛庁長官、小野次郎衆院議員と会い、小池氏支持を表明した。

 同席者によると、小泉氏は「総裁選と総選挙が一連になっている。
次の総選挙、誰の応援をもらって小沢民主党と戦うのか、で考えない
といけない。日本初の女性総理に小池さんはなるわけだから、そこで
初めて小沢民主党といい勝負ができる」と語ったという。

 さらに、森元首相が麻生氏支援に回り、小池氏を推す中川秀直元幹事
長と対立していることについては「おもしろいじゃないか。それはあり
がたい。森さんが(小池氏に)反対すればするほど良い」とも語り、古い
自民党を代表する森氏が「反小池」の姿勢を強めるほど、小池氏に共感
が集まる、との見方を示した。<朝日新聞12日>』excite関連コチラ
 この話を聞いた小池氏は、「超うれしい~」と喜んだそうで。(・・)
<ここは「何も言えねえ」に呼応して、「超気持ちいい~」にしないね~。>

 でも、昨日の午後、総裁選出馬5人組は、日本記者クラブ主催の討論
会に出てて。TV中継をちょこちょこと見たのだけど。
 何だか小池氏は、前日よりかなり元気な様子で。「小泉改革」を前面
に出してアピールし始めた感じが。
「小泉構造改革を継承し、小泉さんは自民党をぶっ壊したけど、私は
霞が関(省庁)をぶっ壊して新しい仕組みをつくりたい」と、意気盛ん
に語っていたですぅ。^^; excite関連記事 コチラ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 小泉氏は、何で今日になって、急に、小池支持を表明したのか・・・。

 毎日新聞12日は、「政界再編にらみ? 小泉元首相の小池氏支持」
というタイトルで、このように伝えていた。<exciteコチラ

『小泉氏は「(自民党は)大変な危機なのに、危機感がまだ足りない」
とも指摘し、「派閥談合」の様相も見える総裁選に強い懸念を示した。
小池選対の会議で、中川氏は「さすが小泉さんだと改めて尊敬の念を
深くした」と興奮気味に語り、小池氏も記者団に「とても心強い」と
述べた。
 麻生氏を推す森喜朗元首相はこれまで、小泉氏が小池氏支援に回る
と警戒する議員に「大丈夫だ。小泉氏は動かない」との見通しを示して
いたが、12日は周辺に「知らん。(支持)するならすればいいじゃ
ないか」とぶぜんとした表情で語ったという。

 小泉氏は首相時代の05年9月、当時の前原誠司・民主党代表に
「大連立」を呼びかけたこともあり、民主党の若手改革派と気脈を
通じている。今回の総裁選の敗者を軸に民主党を巻き込んだ政界再編
が起こり得るとの状況認識が小泉発言の背後にありそうだ。』

* * * * *

 私は、小泉氏が、昨日になって小池支持を表明した最大の理由は、
一昨日の「何も言えねえ」発言にガッカリさせられた中川秀直氏ら
の小池陣営が、一昨夜から昨朝に小泉氏に支持表明を強~くお願いした
からなのではないかと思ったりもするのだが。(・・;)

 何分にも、小池氏らの所属している町村派(旧・森派)では、コチラ
の記事などでも書いたように、ドンの森喜朗氏をはじめ、町村氏、安倍
氏と幹部が次々に「麻生支持」を表明。
 町村派内に「麻生選対」を作って応援する熱の入れようで。
『「町村派の「麻生選対」は、週明けにも所属議員から「麻生支持」の
念書をとるなど、締め付けを強める構えだという。<毎日13日より>

 小池陣営としては、こうして、町村派内での締め付けが厳しくなれば
若手の支持者も崩される上、総裁選終了後、居場所がなくなってしまう
おそれもあるし。小泉氏の支持があれば、国民的にも注目が集まりそう
だし。
 ここは、森氏と対等にやり合える存在である小泉氏に後ろ盾になって
欲しいという気持ちが大きかったのではないかと思われる。(・・)

* * * * *

 また小泉氏としては、おそらく森、麻生氏に配慮をしながら、様子
を見ていた感じがあるのだけど。<で、出番を探っていた?>
 何か総裁選が麻生優勢で、これ以上盛り上がりそうにないので、
自分が小池支持に回ることになれば、チョットは華やかな展開になる
のではないかという思いもあったかも知れない。

 もちろん、いざとなって、中川・小池氏らが町村派を離脱した時
には、党内で新しい派閥orグループを作る手伝いをしたり、将来的に
新党を作ったりことも考えているとも思えるし。

 さらに、元・秘書の飯島氏が、与謝野氏の支持に回って動いている
との話もあるので。<TVで「与謝野さんこそが、本当の小泉改革の
継承者だ」と言ってたのを見たし。それで杉村大蔵くんや何人かの
チルドレンが与謝野支持に回ったとの報道もあった。>
 チョット飯島氏に対抗するような気持ちもあるのかな~なんて、
勘ぐってしまったりもした。(・・)

 まあ、mew的には、前記事でも書いたように、いまだに小泉氏なんぞ
に政界やマスコミが左右されるのは、オモシロくないことなのだけど。
 どうせなら、最後に<罪滅ぼしで?>、本当に自民党をぶっ壊して
政党解体させてくれないかな~と・・・ひそかに期待してみたりも
するとこがある。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 冒頭に保坂氏の国替え(選挙区替え)の話を書いたのだけど。
もう一つ、気になる国替えの話が・・・。

 民主党は、昨日、次期衆院選の第1次公認として小選挙区の候補者
187人<現職108人、前・元議員35人、新人44人>を発表した
のだけど・・・。<exicite関連記事コチラ

 何と小沢代表の地元・岩手4区の公認内定は、見送られたという。
『「どういう対応でもできるように」と自ら名前を外すように命じた
ためだ。
 鳩山幹事長は12日の記者会見で、「小沢代表は次の衆院選を背水の
陣と位置づけており、それを象徴する選挙区を選ぶ可能性がある」と
述べ、地盤である岩手4区からの「国替え」に含みを残した。公明党
の太田代表の選挙地盤である東京12区に、小沢氏が選挙区を変更する
構想が浮上したこともある。自民党からは「揺さぶりだ」との声も聞か
れる。<読売新聞12日>』


 小沢氏の地元選挙区では、自民党が、今回、対立候補として、小沢
氏の元・秘書を立候補させることにしている。
 この話が出て間もなく、小沢氏が公明党の太田代表の東京12区で
出馬するというウワサが報じられて。小沢氏はいったん否定していた
のだけど。

 何か小沢氏は、昨年から、どこか与党の大物がいる選挙区に国替え
して勝負をしたいと語っていたという記事も目にしたことがある。

* * * * *

 民主党が公認内定を出していない大物議員の選挙区としては、小泉
純一郎元首相の神奈川11区、安倍晋三前首相の山口4区、福田康夫
首相の群馬4区などがあるという。<毎日新聞12日より>

 う~ん・・・小沢代表とvs.元or前首相との選挙対決っていうのも、
なかなか興味深いし、マスコミにも注目されそうな感じがあるけど。
 
 さすが、この錚々たるメンバー相手では、岩手のように、ほとんど
帰らずとも当選するというわけにも行かないだろうし。
 小沢氏には、選挙期間中、全国を回ってもらわないといけないしね~。

<よっぽど岩手で元秘書と戦うのがイヤなのかな~? それとも、まさ
か、民主党を勝たせて、自分は落ちてもいいと。で、政界引退を考えて
いるとか?・・・とか、アレコレうがった見方もできなくないけど。>

 何か、衆院選がさらに早まって、10月26日になるという報道も
出て来たし。
<『ここにきて、次期総裁(首相)に有力視される麻生氏およびその
周辺で「政権誕生で得た支持の目減りを極力抑えるには、できるだけ
早い投開票日が望ましい」』という声が高まっているらしい。
(読売新聞13日より)>

 あまり策に走らずに、ここからは、自民党が総裁選ごっこに興じて
いる間に、どんどんと公認を決めて、選挙準備を行なった方がいいん
じゃないかな~。(・・)

* * * * *
 
 小沢代表は、また全国の遊説や、各選挙区のアポなしチェックを
始めているとか。

 前も書いたかも知れないけど、小沢氏って、小さな農村部などに
行って、地元の人と話している時とか、20~30人ぐらいの人たち
を相手にビール箱に乗って、演説をしている時なんかには、本当に
自然な感じのやさしい(チョットかわいい?)笑顔を見せたり、柔ら
かくてわかりやすい言葉で話していたりするのよね~。(・・)

 人前で話をするのは相変わらず苦手なのかも知れないけど。<何か
米共和党のマケイン大統領候補も、演説が苦手なのだとか?>

 小沢氏の地方行脚の映像を見るたびに、「あの笑顔、話し方を、
記者会見や大きな演説会でも見せられるようになったら、もっとイメー
ジも上がるのにな~」と思ってしまうmewなのだった。(@_@。

                   THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 













*1

『社民党は10日、次期衆院選の東京6区で公認を内定していた現職の保坂展人氏(52)を同8区に「国替え」させる方針を固めた。11日の常任幹事会で決定する。

 6区では民主党が現職の小宮山洋子氏(59)の公認を内定しているため、両党間で候補者一本化の協議を進めていたが、自民党の石原伸晃元政調会長(51)の選挙区で民主党の公認内定者がいない8区に保坂氏が回ることになった。保坂氏は質問回数の多さから「国会の質問王」とも呼ばれている。 <朝日新聞10日>』

*2

『小泉元首相が自民党総裁選で小池百合子氏の支持を明らかにした。なんとか総裁選を盛り上げて自民党への支持を底上げし、小沢民主党との戦いを有利に運ぶ狙いがありそうだ。小池陣営は人気の高い小泉氏の援軍に活気づくが、麻生太郎氏の優勢をどこまではね返せるかは見通せない。

 小泉氏は12日午前、小池氏陣営の武部勤元幹事長、衛藤征士郎元防衛庁長官、小野次郎衆院議員と会い、小池氏支持を表明した。

 同席者によると、小泉氏は「総裁選と総選挙が一連になっている。次の総選挙、誰の応援をもらって小沢民主党と戦うのか、で考えないといけない。日本初の女性総理に小池さんはなるわけだから、そこで初めて小沢民主党といい勝負ができる」と語ったという。

 さらに、森元首相が麻生氏支援に回り、小池氏を推す中川秀直元幹事長と対立していることについては「おもしろいじゃないか。それはありがたい。森さんが(小池氏に)反対すればするほど良い」とも語り、古い自民党を代表する森氏が「反小池」の姿勢を強めるほど、小池氏に共感が集まる、との見方を示した。

 小池氏は「小泉改革の継承者」の立場を鮮明にしており、陣営には、中川、武部両氏ら、小泉政権を支えたメンバーが多い。小泉氏は、こうした点も考慮したようだ。

 小池選対の最高顧問に就任した中川氏は「大変心強く思っている。支援の輪が広がることを期待している」と語った。小池氏を支持する渡辺喜美前行革担当相も「前回の総選挙で初当選した人たちが、派閥を超えて小池さんに結集してくれるんじゃないか」と述べ、当選1回の「小泉チルドレン」が小池氏支持に回ってくれる、という期待感を示した。

 一方、麻生氏を支持する町村派の関係者は「小泉さんは一般の人には人気が高いが、党員や国会議員が対象の総裁選に大きな影響はない」と受け止めている。町村派の「麻生選対」は、週明けにも所属議員から「麻生支持」の念書をとるなど、締め付けを強める構えだ。 <朝日新聞 12日>』
[PR]
by mew-run7 | 2008-09-13 05:16 | 09年衆院選