麻生、総裁選でオモテ向き圧勝も、その中身に不安が?+朝原陸上+船橋&大井競馬

 今日は、もう一つ、やや短めの「総裁選・呆れ話~遊説先は、参院選
で負けた地区に設定&選挙PR+東京議員は地方のお勉強
」という
記事もアップしました。(・・)

最新の記事一覧・・・9月分はコチラ 8月分は、コチラ 

 今日は祝日だし。最初にスポーツ&地方競馬のことから、はいって
みたいかなと。"^_^"

 今日23日は、セイコー・スーパー陸上が。例年、来日する有名外国
選手に日本人がチャレンジするのを見るのが楽しみなんだけど。
 今年は、日本人同士のレースが注目を浴びている。というのも男子
100mで、北京五輪男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した
朝原宣治、末続慎吾、高平慎士、塚原直貴選手が出場。4人並んで、
速さを競うからだ。(**)

 また、このレースは、mewの大好きな朝原選手の引退レースになる。
今日は、これがmewの一番楽しみかも~。(~~)

* * * * *

 そして、久々に勝手に地方競馬広報係のmewになって・・・。
今日は、船橋競馬場では、伝統の一番・第55回 日本テレビ盃が。
 え~っ? 戸崎騎手が負傷中とはいえ、もうフリオーソに川島jr.を
乗せちゃうの~って思ったりもしたけど。<わかる人にはわかる話?>
 武豊騎手、サカラート、SバッカスなどJRA騎手や馬も登場。
mewが応援するボンネビル&的場文さまのコンビも。他地区からは、
Kゾーン、Mタービンなども出馬する。(・・)
 というわけで、船橋の祝日開催もよろしくですぅ。m(__)m

* * * * *

 あと、先週、アップできなかったのだけど。大井競馬のことを少し。

 まず、トウィンクルレディ賞で、佐賀の真島騎手<大井ファンから
見ると、真島叔父騎手>が優勝して、よかったですぅ。(*^^)v祝

 また、納谷騎手が調教師試験に合格して引退とのこと。ともかく
マジメで、毎日、トレーニングをする姿を目撃されていて、コツコツ
頑張ってた人で。mewの応援馬(特にFダミスター)ではお世話になっ
たです。(一時は、確変もあったのだけどな~。(**))
 本当にお疲れさまでした。m(__)m(確か奥様が高橋三郎厩舎で厩務員
をしていた人だったはず。2人で力を合わせてガンバです!o(^-^)o)

 そして17日の落馬事故で負傷してしまった戸崎騎手、松崎騎手、
そしてMYごヒイキの矢吹誠騎手。<彼は希少な☆ファンだしね。(・・)
今年は好調だったのに、残念。>どうかお大事に。m(__)m 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、22日には、自民党の総裁選が行なわれ、麻生太郎氏(68)
が、第23代の総裁に選ばれた。(**)
excite関連記事 コチラ コチラなど

 はぁ・・・。(-"-;) 

 まあ、麻生氏が、4回も総裁選に挑戦した意欲&執念、地方行脚など
も行なって、支持を固めて来た努力は評価したいと思うけど。
<前回の総裁選で負けた県を中心に、昨年から160ヶ所以上を回って、
「この県は、オレに一票も入れてくれなかったからな~。次は頼みます
よ~」とか、アピールしてたですぅ。(-"-)>

 けど、いかんせん、mewは、超保守派の麻生氏とは、国家観や政治
の根本的な考えが全く合わないしね~。(-"-)
 個人的に、あの品のない&エラそ~な話し方や、話す内容&モラル
マナーのなさも、好きじゃないし~。(>_<) ・・・tteiuka ken-okan?

<はっきりモノを言う&話し方や内容が面白いのが人気の理由らしい
けど。・・・相手は、国&国民の生活を委ねる政治家なんだから。
はっきり&オモシロく話せば、中身はど~でもいいってわけじゃない
と思うのにな~。(ーー;)>

 先週、仕事場で「何か最近、毎日のように総裁選のニュースで麻生
が映るのを見るだけでもイラつくのに。首相になったら、その先も
ずっとTVに映るのかと思うと、ゲンナリして来る」と言ってた人が
いたのだけど・・・。
 mewなんて、ゲンナリどころか、ゲゲゲのゲ~って感じだもん。(`´)

 社民党の福島瑞穂代表が、 麻生さんは史上最短の首相になるのでは
ないか」って言っていたのだが。
 あの当選後の挨拶や記者会見をきいていて、尚更に「マジ、そうなっ
てもらわないと」と強く思ってしまった昨日のmewなのだった。(@@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ただ、総裁選自体は、結果的には圧勝だったものの、実際、麻生総裁
&陣営には、先行きを考えると、手放しで喜んでいられないような感じ
がある。(**)

 総裁選の結果は<議員票386票と地方票141票の計527票、
(議員票は2票無効)>、麻生太郎氏が351票、与謝野馨氏が66票
小池百合子氏が46票、石原伸晃氏が37票、石破茂氏が25票で、
麻生氏が、全体の6割6分を占める圧勝だったのだけど・・・。
<詳細な記事は*1に>

 議員票だけで見ると、麻生氏は全体の5割6分に当たる217票しか
とれず、目標&予測をかなり下回ってしまったし。
<総裁選で得票数が発表された時、本人も周囲の人たちも、チョット
渋い表情をしていたのは、そのためかも?(・・)>

 地方票では、何と9割5分に当たる134票をとるという大勝だった
のだけど。党員・党友の投票率は53.9%と過去に比べて低いもの
だった上<50%を割ったとこが7都県>、過去に比べて無効票も
多かったという話が出ているからだ。^^;

* * * * *

 まあ、今回の総裁選はまさに出来レースで。最初から、麻生氏の
当選は確実視されていたわけだけど・・・。
 でも、麻生氏&陣営は、いかに圧勝するかを重要視して、それなり
に人数も費用もかけて、まさに総力戦の形で、マジに選挙対策の活動を
行なっていた。(**)

 通常、本格的な総裁選では、よく見られる光景ではあるのだけど。
 今回の総裁選では、ホテルに選挙対策本部を構えたのは、麻生陣営
だけだったとのこと。そして、各国会議員に支持の依頼の訪問や電話、
その後も何回も確認の電話を行なったり、地方の議員、党員などにも
電話攻勢をかけたりしていたという。

<他候補の陣営は、一部の議員が熱心に動いていたものの、ここ
まで本格的には活動しておらず。TVの記者が選対本部を訪れたら、
閑散&のんびりしていたので、あ然としてしまったとか。(・o・)>

 また、派閥選挙の形は避けたものの、各派閥の長や幹部に麻生支持
を表明してもらい、支持拡大の<締め付けも?>協力を依頼。議員票
集めに、かなりの力を入れていたようだ。(・・)

* * * * *
 
 麻生陣営は、まず、基礎票として地方票を重視していたのだけど。
でも、総理総裁になった後の、政権&党運営を考えれば、いかに麻生
支持をしてくれる議員を増やすかが、も~っと重要な要素になる。

 特に麻生氏の場合、自派閥は20人と規模が小さい上、もともと
国会議員の間では、あまり人気や信用がない。<あとは、いわゆる
超保守仲間が頼り。>
 そこで、この総裁選で圧勝することにより、力を見せ付ける必要
があったし。またこの総裁選を機に、もっと幅広く、様々な議員に
支持を拡大しようという意図があった。(**)

 で、麻生陣営は、前夜に少なくとも6割の票は固めたと。また当日
朝に地方票で圧勝しているのを受け、勝ち馬に乗る議員が出れば、
7割近く行くのではないかという観測まで出ていたようなのだが・・・。
 結果は5割6分。絶対に固いと思った票が20票ほど、他候補に流れ
てしまったらしい。(-"-) uragirarete shimatta tte kotone

<かなりの働きかけや締め付けがあって、5割6分だということに
なると、本当に支持している人は、半分もいないかも?^^;>

派閥が大きければ、何かあっても、絶対に支持してくれる心強い
味方がいるわけだけど。麻生氏の場合、小派閥で基盤が不安定な上に、
全面支援してくれるはずだった最大派閥の町村派も、中川秀ー小池氏
グループとの間で割れてしまい、№2派閥の津島派も、半分以上が
与謝野、石破氏に投票したと見られ・・・。
 
 それゆえ、この投票結果は、麻生氏&陣営を、かなり疑心暗鬼&
不安にさせることになったように思われる。(・・)

<今、マスコミでは、閣僚候補が話題に上がっているが。
 人事に関してはまた書きたいけど。もしかしたら、この不安感ゆえ、
信頼できる超保守仲間や真っ先に派閥ごとの支持を表明し、選挙対策
も協力的だった伊吹派などを重用するような人事になるかも知れない。
 以前、予想したように、舛添、野田氏も起用しそうな感じが。

 ちなみに、仲良しの大島氏には、官房長官を断わられてしまったとか。 
あと、町村氏は、今度こそ、ずっとなりたかった幹事長が決定的と報じ
られてたのに。細田氏になっちゃったのは、何故なんだろ~?>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←一つでも上位に、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

地方票に関しても、懸念材料がある。(-"-)

 mewは、昨日の朝、地方票の結果をネットで見た時、驚くというより、
不気味にさえ感じてしまったところがあったのだけど。(゚Д゚;)

 何と麻生氏が、141票中134票と、9割5分の票数を獲得。
あとは石破氏4票(地元の鳥取3票+1)、与謝野氏2票、石原氏
1票、小池氏に至っては0票だったからだ。^^;

<ただし、全国の得票数の割合でいうと、麻生氏は66・52%
だったようだ。[毎日新聞23日より]>

 これは麻生氏が昨年から地方行脚を続けて、各地の県連、県議、
と結びつきを強めたり、党員などにアピールを続けて来た努力による
ものも大きいと思うし。<総裁選中も、電話アピールをしてたし。>

 また、総選挙を目前に控えて、各地方支部は、総理総裁はもちろん、
麻生氏の支持を表明している党本部の古賀選対委員長、菅副委員長
<特に菅は、党保守仲間>、党の重鎮などの協力を得る必要がある
ため、地元議員や県議なども党員に対して麻生支持の働きかけを
行なっていたという話もある。(・・)

<各県連は3票持っているのだが。今回は、党員の意思を反映する
ためにも、票数の割合で決めるドント方式を要望する声が多かった
ものの、麻生氏に有利だと思われる3票総取り方式(投票数最多の
人に3票すべて与える方法)に決めたところが16都県あったのも、
その努力のお陰なのかも。> 
 
* * * * *
  
 しかし、麻生氏の得票数は多かったものの、全国の平均投票率は
各都道府県連で実施された党員・党友投票(予備選)の
平均投票率は53.9%と過去に比べても低く、50%を割った
ところが7県あったとのこと。<06年の総裁選では、平均投票率が
61・45%だったんだって。(・・)>
 実際、党員の中にも「出来レースなので、投票しても意味がない」
「入れたい人がいない」というような声があったという。(-"-)

 さらに、各地の投票では、過去に例がないほど、無効票があった
という話も出ていた。大半は、白票だったようだが。立候補して
いない議員の名を書いたり、「どうせすぐやめるんだろう」などの
怒りの声が記されていたりしたという。
 これは、まさに今回の総裁選や党に対する期待感のなさがあらわれ
ているようなものだろう。(ーー゛)

 ただでさえ、今回の総裁選は盛り上がりにかけたばかりか、一般
国民に対しては、却ってマイナス・イメージになっているのではない
かと言われているのに・・・。
 自民党支持をしているはずの党員まで、総裁選への関心が薄いよう
では、目前に迫った総選挙に向けて勢いをつけるのは大変なだけに、
各県連では、危惧感を覚えているようである。(・・)

 そして、それがまた、麻生総裁&自民党に、さらなる焦りを与える
ことにつながるのではないかと思うmewなのであった。(@@。
              
                            THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m
 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。
現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 







『 22日投開票された自民党総裁選は、47都道府県連に各3票割り当てられた計141の地方票のうち、麻生太郎氏が95%に当たる134票を獲得、他の4候補を圧倒した。地方での「麻生人気」のすさまじさを見せ付けた形だ。しかし、各都道府県連で実施された党員・党友投票(予備選)の平均投票率は53.9%と振るわず、党全体としては次期衆院選へ不安も残した。

 今回、総裁が任期中に欠けた場合の総裁選としては初めて、全都道府県連で予備選が行われた。党員・党友参加のオープンな形で総裁選を盛り上げ、衆院選につなげる思惑からだ。
 しかし、平均投票率は最近の国政選挙を下回り、トップの島根ですら61.6%にとどまった。43.2%と最低だった長崎をはじめ7県連では5割を切り、麻生氏優位が早々と固まった選挙戦への関心の低さをうかがわせた。

 麻生氏は東京、愛知、大阪などの大都市部を含め、42都道府県連で各3票をさらった。ゼロ票だったのは鳥取のみで、麻生陣営では「130票を超えたのは予想以上」としている。一方、計386の国会議員票(無効票含む)は過半数を上回る217票を得たが、目標としていた230票には届かずじまい。陣営では、与謝野馨経済財政担当相と小池百合子元防衛相に一定程度の票が流れたとの見方が出ている。

 与謝野氏は徳島と高知で1票ずつ地方票を確保、議員票でも最低ラインとしていた50票を10票以上上回る64票を得て、2位となった。ただ、議員票については「もうちょっと伸びると思っていた」(与謝野陣営幹部)との声もあり、候補者乱立が影響した面もあるようだ。

 小池氏は、予備選で麻生氏に次ぐ7万4820票を集めながら、麻生氏との得票差が開きすぎたことや、16都県が採用した「総取り」方式が響き、地方票がただ1人ゼロに終わった。もっとも議員票では、石原伸晃元政調会長を上回る46票を確保。「小泉純一郎元首相が小池支持を表明した効果はあった」(若手)との指摘が出ている。

 石原氏は所属する山崎派や、東京都選出議員などから一定の支持を集め、議員票は36票を得た。ただ、予備選では地元の東京でも麻生氏に3倍の大差を付けられた。石破茂前防衛相は議員票が21票と最も少なかったが、地元の鳥取で3票を死守し、面目を保った。(了)
(時事通信22日)』
[PR]

by mew-run7 | 2008-09-23 11:51 | 自民党について