中山発言の意図を考えてみる&中山、石破は、麻生首相の保守政策の代弁者?

今日は、午前中に「中山発言から、戦前回帰主義の超保守・麻生
政権の思想&国づくりの方針を知ろう!」という記事をアップしました。
これは2つめの投稿です。

最新の記事一覧・・・9月分はコチラ 8月分は、コチラ 
*のついた報道記事は、記事の下のMore部分にあります。

 私は、この何日かずっと、何で中山成彬氏が、このような発言を続け
ているのか考えていた。(-"-)u~n
 
 もしかしたら、25日の報道各社のインタビューでの発言はやや失言
&クチが滑った部分もあったかも知れないのだけど。<「ごね得」
「単一民族」発言は、翌日に撤回&謝罪しているし。>

 でも、中山氏は、周辺から発言に関して注意するように言われたにも
かかわらず、戦後教育、滅私奉公の公共精神、日教組、民主党などの
批判に関しては、26日の国交省での会見、27日の宮崎県連での会合、
28日の辞任会見、29日の「朝ズバッ」出演時と、まさに確信的に、
主張し続けているのだ。(ーー;) 
<excite関連記事・コチラ

 これは、総選挙を目前に控えて、一般的に見れば、異常な言動としか
言いようがないのだけど・・・。
 本人は、辞任会見で、麻生内閣や総選挙への影響に関して「もしそう
いうことがあれば、万死に値する」と答えている。
 ウラを返せば、本人は、この発言が、麻生内閣や総選挙にプラスに
働くと確信して、発言を繰り返していることになる。(゚Д゚)

<mew的には、この「万死に値する」という表現を使う人も好きじゃ
ないんだけどね!(`´)>

* * * * *

 で、いくつかのケースを考えてみた。(・・)

1・中山氏本人が、民主党が政権をとって、彼らの思想に反する国政、
教育などを行なわれることは耐え難いので、あえて捨て身の覚悟で、
批判の発言を続けた。<個人的にイッちゃったパターン?^^;>

2・中山氏の25日の発言を支持して、「もっと言うべきだ」という
仲間の政治家、関係者が多かった。<本人も激励の電話、メール、
FAXを多くもらったと言っていたしね。・・・夜中まで家に電話が
来てたと言っていたので たぶん政治家からのものも、含まれていた
のではないだろうか?(・・)>

3・麻生首相自身or超保守派の政治家や支持団体が、総選挙を控えて、
もっと彼らの思想や政策の方針をアピールするように求めている。
<麻生首相は、公明党や一般国民に配慮して、自らは言いにくい
ので、他の者に言ってもらうようにしているのかなと。(**)>

4・麻生首相&仲間たちは、いざとなったら、公明党と手を切ること
になっても、保守的な政策を前面に出して総選挙を戦う気でいる。

<総選挙後に、公明党と連立解消&他党の保守派と手を結んで、恒久
法や改憲準備を進めると思われているのだが。自民党の戦況によって
は、改憲などの争点をメインに持ち出して、民主党をかく乱する戦法
に出る可能性があるかも。(ーー;)>

5・麻生陣営は、もともと古賀氏と公明党が勝手に選挙日程を決め
たり、その情報がリークされたり<特に朝日新聞になんぞに?^^;>
しているのを好ましく思っていない。しかも、支持率が思ったより
低いことから、あまり早く選挙をしたくないことから、この中山発言
を利用して、総選挙の日程を遅らせることも考えているかも?(・・)

* * * * * 

 おそらく1と2は、かなり確定的なんだけど・・・。気になるのは、
3と4のケースかな。
 5は少し次元が違うのだが、党内&自公の主導権争いの問題だ。

<でも、公明党は、10月末か11月初は絶対に譲らないと主張して
いるらしい。もし状況が悪い場合は、予算委を開かずに解散をした方
がいいと言っていた幹部もいた。^^;>

 今回は、3、4に関して、書いてみたいのだが・・・。

 中山氏の戦後教育への批判(日教組批判を含む)、公務員の労働
組合への批判は、まさに超保守勢力の主張そのもので。
 安倍元首相が、あの「美しい国づくり」で公約していた「教育再生」
プログラムや、「戦後レジームからの脱却」なるフレーズも(要は
戦後体制を批判する戦前回帰主義なのだが>、それに当たるもので。
超保守としては、と~ってもアピールしたいことなのだ。(**)
<07年の参院選の時にアピールできなかった&民主党との差別
化をできなかったので、尚更に・・・。この話はまた次回に。>
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 また、実は、私は、石破茂氏が総裁選に出馬したのも、もしかしたら、
麻生氏に代わって、憲法改正や安保防衛政策をアピールするためだった
のではないかと思っているところもある。(・・)

<ちなみに、石破氏は復古主義の超保守ではなく、どちらかと言えば
新保守なんだけど。2011年までの憲法改正と日米新安保体制は、
新旧の保守タカ派の共通の目標になっている。(-"-)>

 石破氏は、「安保防衛政策について語る人もいないといけない」
と言って、総裁選に出馬。総裁選ツアーの間、ずっと自衛隊の海外
派兵やミサイル防衛、憲法改正の必要性などに関して、一生懸命に
アピールしていたのだけど。
 石破氏がいたお陰で、麻生氏もそれに付き合う形で、それなりに
これらの問題についてアピールすることができた。<たぶん石破氏
がいなかったら、そうは行かなかったかも。>

 で、石破氏は、当初「津島派の若手・中堅に押されて出馬すること
になった」と言ってて、すぐに20人の推薦人も集まったので、結構
支持してくれる人がいるのかと思ったら、議員からの投票は21票
だけ。(・o・) <つまり推薦人+石破氏本人の投票でピッタリ。これ
は、最初から誰かが推薦人20人を用意する形で、石破氏を出馬させ
る計画を立てたなんだな~と。(・・)>

 しかも、麻生氏はもう総裁選の終わる頃には「石破さんは、信用
できるいい政治家だ」とか評価してて、しっかり閣僚に入れたし。
 さらには、ふつうは他の候補の推薦人になった人は、閣僚や要職に
は任命しないのだけど、<だから、みんな、本命以外の候補の推薦人
になりたがらない>、石破氏の推薦人になった小渕優子氏は、麻生
内閣の閣僚に選ばれたし。
 何か津島派の重鎮or石破氏側とお約束があったかしら・・・と思って
しまったですぅ。(@@。

* * * * *

 もちろん、保守系議員たちにしてみれば、麻生首相が先頭に立って、
上述のようなことをメインの公約&争点にした上で、政権を賭けて
衆院選を戦うことができれば、ベストだと思っているはずなのだけど。

 何分にも、今の経済状況を考えたら、今回の衆院選では、まずは、
景気&国民生活の対策を訴えないと、国民に支持を受けられるはずも
ないだろうし。(-"-)
 それに、改憲や軍事に関する争点を前面に出すのは、公明党が絶対
に賛同しない&党内の慎重派もイヤがるので、なかなか麻生首相自ら
がそれらをアピールしにくい部分がある。^^;

<先週、麻生首相がニューヨークで集団自衛権の憲法解釈変更の話を
持ち出したら、早速、河村官房長官や浜田防衛大臣が慎重論を表明
して、麻生氏をけん制するような感じになっていたし~。(ーー)>

『河村建夫官房長官は26日午前の記者会見で、麻生太郎首相が集団
的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を変更すべきだと述べたこと
について「専守防衛の国のあり方は非常に大事だ。議論はあっていいが
(憲法解釈は)慎重であるべき課題だ」と語った。
 浜田靖一防衛相も会見で「解散・総選挙があるかもしれない中で、表面
上だけの議論で(解釈を変更)するのは極めて良くない」と指摘した。 
<時事通信26日>』


* * * * *

 でも、超保守派の政治家や支持団体などにしてみれば、折角、自分
たちの代表である麻生氏が総理総裁になったのに、彼らの思想、政策
をほとんど訴えない状態が続くのは、オモシロくない。
<彼らとは考えを異にする福田前首相の時に、イライラさせられた
ので、尚更に、色々と言って欲しいことだろう。(・・)>  

 また新保守も含め、早く海外派兵の恒久法を作ったり、集団自衛権
を容認して、もっと日米軍一体の活動をどんどん行なって行きたいし。
<米国からも、それをせっつかれているし。>

 2011年までに憲法改正をするとしたら、あと2年で最終的な
改正案の準備して国会発議をしなければならないわけで。その間に、
国民への改憲運動も行なわなければならないし。国会発議に必要な
衆参2/3の数の賛成議員も集めなければならないし。
 もうギリギリに間に合うかどうかの状況にあるだけに、次の総選挙
も含め、めっちゃアピールしたいところなのである。(**)

<中途半端だけど、時間がなくなったので、とりあえずここまで> 

        <つづく>       THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2008-09-29 16:50 | 自民党について