日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

株安の不安も払拭?麻生首相が公明党を重視すれば、11月30日に総選挙の可能性大。

最新記事の一覧 10月はコチラ、9月はコチラ 

 14日の日経平均は、mewが予想した以上の上昇をした。(・o・)
 終値は同1171円14銭高の9447円57銭で、上昇率は14.
15%と90年10月2日(13.24%)を超え、何と戦後最大の
上昇率だったとのこと。exciteコチラ
<バブル最盛期を越えたってことよね。(・・) やっぱ先週末、何か
買っておくべきだったかしらね~。^^;iitsumo ato de omou noyone>

 また日本時間の14日夜には、米政府&ブッシュ大統領が、ついに
2500億ドル(約25兆円)規模の金融機関への公的支援を行なうことを
発表した。<ただNY市場は一時上がったものの、今は停滞気味^^;>

 日銀の白川総裁は、金融機関で大不足しているドル供給を、さらに
積極的に続けることを発表。<しかも、銀行に固定金利で貸し出し。>
 今日は、やっと1人欠員のままだった日銀副総裁が、国会で決まる
予定にもなっているし・・・。exciteコチラ
 まだ安心とは言えないけど。何か最悪の事態はまぬがれたのでは
ないかという感じは出て来ているように思える。"^_^"

 そして、そうなれば・・・。また、その話かって言われそうだけど。
やっぱ、mew的には、解散総選挙のことに関心が行かざるを得ないの
である。(^^ゞ

<だって、mewが今、政治の世界に何より望んでいるのは、解散総選挙
→政権交代→政界再編であって。今は、そのために、このブログを書き
続けているようなものなんだもの~。(@_@。
 個人的には、政界再編で、平和志向&リベラル(自由主義を前提に、
国民生活重視)の方針をきちんと守ってくれる政党ができて。そこが
中心になって。国民と共に、平和で平穏な生活ができる国を築いて。
・・・で、mewは動植物と戯れたり、競馬やスポーツや音楽を楽しんだり
しながら、の~んびりと老後(?)を過ごすのが、理想かな?(^^♪>

* * * * *

 昨日14日の参院の予算委員会では、麻生首相が、例の「文藝春秋
11月号」に載せた手記に、冒頭解散について書いたことを、ツッコ
まれたりもしていたのだけど。<コチラの記事参照、exciteコチラ

『民主党の直嶋正行政調会長が「手記の冒頭に、自民党総裁選が終わった
後『しょせん準決勝でしかない』とある。早く決勝戦(衆院選)をやる
決断をしていたはず。なぜ変わったのか」と追及した。
 首相は「準決勝から決勝までどのくらい時間がかかるか。少なくとも
『明日』と甲子園のように決められているわけではない。選択権は
私たちの手にある」とかわした。
 手記で「国会の冒頭、堂々と私とわが自民党の政策を(民主党の)
小沢(一郎)代表にぶつけ、その賛否をただしたうえで国民に信を
問おうと思う」と明記したことには、「ただしたんですけど(小沢氏に)
お答えいただけず、賛否はただせなかった」と、冒頭解散が不発に
終わった理由の一端が小沢氏にあると主張した。<毎日14日より>』

 でも、もし今後、経済的その他に大きな異変がなければ、何だか
11月30日に決勝戦(総選挙)になりそうな感じも出て来た。(**)

* * * * *

 コチラの記事の続報みたいな感じにもなるのだが・・・。

 森喜朗氏&細田幹事長は、11月中に総選挙を行なうように、
麻生陣営にプレッシャーをかけ続けている。(・・)

 14日には、『都内で開かれた町村派議員のパーティーであい
さつし、次期衆院選について「11月末までにしなければ、12月は
使えない。常識的に11月中に選挙が行われるスケジュールで考えて
おくのが無難ではないか」と述べた。<産経新聞14日より>』

 これに呼応するかのように、既に選挙事務所を開いた細田幹事長も
日本外国特派員協会での記者会見で、『「(ねじれ国会の)難局の
打開にはできるだけ早く解散して選挙を行うことが最もいいということ
を、麻生総理の考えとして聞いている」と述べ、首相が早期解散の意向
で変わりはないと明言。投開票日が11月の最終週かどうか問われると、
「皆さん方の推測と私の推測は非常に共通点が多いような気がする」と
述べ、11月下旬の投開票を示唆。』<朝日新聞14日より>

『「私どもは選挙と今の金融対策を密接に関連付けてはいない」との
認識を示した。・・・「国際的な問題があるから解散するなと言っても、
政策や予算が(国会で)通らなければいつまでもできない可能性がある。
その制約を打開するには解散も一つの選択肢だ」とも語った』という。
<NIKKEI14日より抜粋>

 昨日書いたように、11月23日は麻生首相に外遊日程がはいって
いて。30日になると、年末の予算編成に支障が出るのではないかと
言われていたのだけど。
『自民党幹部は「財務省からは『ぎりぎり予算編成をやれなくもない』
と聞いている」と語っている。<毎日14日より>』という報道も
あって、麻生首相の決断次第で、30日総選挙の可能性が、かなり
高まって来たような感じがあるのだ。(・・) exciteコチラ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 麻生首相の決断の鍵となるであろうことの一つは、公明党との関係
だるう。
 麻生自民党が、次の総選挙で、公明党の選挙協力をどれだけ重視
するのか・・・そこがポイントになるのではないかと思う。(**)

 森喜朗氏が、13日に石川県の公明党の大会で、14日には埼玉県
の講演で、「自民党だけ、民主党だけで過半数を取るのはなかなか
難しい」と。それゆえに「公明党さんとの協力が要になる」「公明党
が重要な役割を担う」と繰り返し強調していたのも、それをアピール
するためだろう。(・・)

<14日には、小沢一郎氏に関して『「あの方は基本的に公明党が嫌い
で、根底は『切ってしまえ』という考えだ」と指摘して、公明党が
民主党との連携を考えないようにけん制もしてたけど。^^;・・・
(以上、時事通信13,14日より抜粋)>
      
 そもそも、麻生氏がこの夏に幹事長になったのも、総裁選で圧勝
できたのも、公明党の意向も受けて、森氏らが麻生氏を「選挙の顔」
として選んだからこそ。・・・逆に言えば、森氏と公明党の協力が
なければ、麻生氏は、こんなにスムーズに、総理総裁になれなかった
かも知れないのだ。(**)

 しかも、公明党は、もう8月には麻生幹事長に、年内に早期の解散
総選挙を行なうことを要望しており、麻生氏とそれなりに合意をして
いた節がある。<福田氏が、早めに辞任したのも、派手な総裁選→
早期の解散総選挙を行なうことが前提になっていたからだ。(・・)>

* * * * *

 それで、コチラの記事にも書いたように、公明党は11月9日に
総選挙の日を設定して、自民党のためにも、選挙活動の準備を進めて
いたのに。自民党が「10月26日にしてくれ」、「いや、2日が
いい」「やっぱ、11月中旬まではムリだ」とコロコロと話を変えて。
 さらに、年内はやめて、来年1月or4月or9月にしようなんて話
まで出て来たので、公明党&学会側は、かなりお怒りの様子。(-"-)

 11月末までに総選挙を行なわないようであれば、「自民党への
選挙協力は難しくなるかも」なんて声まで出たという。(・o・)

 そもそも公明党というか、学会員の中でも平和志向の強い人たち
の中には、安倍氏や麻生氏のような超保守タカ派の人たちが、好き
ではない人が多いらしいし。<だから、昨夏の参院選惨敗後に、
もう安倍自民党の支援はしたくないという声もかなり出ていた。^^;>

 またコチラの記事にも書いたが、麻生氏はかつて、今、公明党攻撃
をしている亀井静香氏らと、公明党&学会批判のための活動をして
いたので<コチラwikipedia参照>、尚更に印象が悪いし。(-"-)

<麻生支持のウヨ・保守系ブログや掲示板には、公明党や学会の
批判の記述が多いらしく。それも快く思っていないという話も?^^;>

 もし麻生自民党が勝った場合は、今後、公明党が反対or慎重な
憲法改正、海外派兵の恒久法、集団的自衛権の容認などを、どんどん
行なって行くであろうことを考えると、ますます、自民党支援のため
に選挙活動をしたくないとか、早く連立を解消すればいいのにと思う
人たちがいてもおかしくない。(**)
<あと、後期高齢者医療制度に怒っている学会員、学会系(?)の
病院や医師、看護師も少なくないという話も伝え聞いた。(・・)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 いや、以前もコチラなどに書いたように、麻生氏らの超保守仲間
だって、本当は公明党が好きじゃないし。彼らと思想や考え方の異なる
公明党と手を切りたいのは、ヤマヤマなのだ。(**)<彼らのバック
にいる神道、仏教系の宗教団体も、いい顔をしていないという。^^;>

 でも、今の自民党には、公明党の選挙協力なしに、総選挙を戦う
力はない。(-"-;)

 もちろん、自公与党で過半数をとるためには、公明党の約30議席
も貴重なのだけど。
 それ以上に、自民党の各選挙区の候補者の中には、公明党の選挙
活動支援や固定票がなければ、当選し得ない人が、かなりの数、いる
というのだ。<特に当落選上の数十名は、落選する可能性が高い。>
 
 実のところ、もし公明党と98年に連立を組んでいなければ、
自民党は議員数が激減していて、と~っくに野党に転落していたと
いう話もある。^^;

* * * * * 

 実は、2000年以降、唯一、自民党が自力で圧勝したのが、あの
05年の小泉総選挙だったのだけど。
 麻生氏は、自分が小泉氏のようにリーダーとして前面に出ることに
よって、いわば個人人気、個人への期待で、麻生旋風を起こして、
自民党を勝利させることを考えているものの、今のところ、あまり
思うように行っていない感じがある。(-"-)

 また麻生氏は、衆院選前or直後に、平沼グループ、国民新党、民主
党の保守系議員と連携したいという思いもあったのだけど・・・。
これも、おそらく思ったほど上手く行っていないようなのだ。^^;

 麻生氏は、国民新党など郵政造反離党組のことも考えて、そして
彼らを支持する郵政票を得ることも考えて、自民党内に「郵政民営
化見直し」のための会を作ったのだが・・・。

 先週の衆院予算委員会で質問に立った亀井静香氏に、「本当に
見直しをする気があるなら、閣議決定をして、公約に載せて欲しい」
と言われて、かなり渋~い顔をしていた。<mewがTVで目撃>(・・)
 
 反小泉改革の姿勢を明確にしている麻生首相ではあるが。さすがに
05年に郵政民営化を争点にした衆院選で圧勝しておいて、次の選挙
で、民営化見直しを公約にすることもできないだろうし。
 また、そんなことをしたら、民営化に大賛成の小泉改革派が、下手
すれば、数十人ぐらい離党することにもなりかねない。(ーー;) 

前原グループなどの民主党の保守系議員も、当面は、念願であった
「政権交代の実現」「利権優先&官僚主導政治の改革」をメインに
考えて行動しそうな感じがある。(・・)

* * * * *

 そんなこんなで、今の状況を見る限り&国政上、特に大きな問題が
起きない限り、麻生首相は、11月末までに総選挙を行なうべく、
10月末か11月初めに解散を行なう決断をする可能性が高いのでは
ないかと・・・。
 期待も込みで(?)、そのように予測するmewなのだった。(@@。

                    THANKS
 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2008-10-15 04:49 | 09年衆院選

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7