人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本がアブナイ!

平和で平穏で楽しい生活が一番!・・・脱アベ・スガ、反超保守&新自由主義。左右問わず、mew基準で、政治や競馬、スポーツなどについて。写真はトロットスター・・・↓PC画面のリンク1~5は無効

沈没迫る自民党で、小泉、森など大物・古ダヌキたちが、いっせいに緊急出動!

最新の記事一覧は、12月分・・・コチラ、11月分・・・コチラ
 *印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。

 今週初めに出た世論調査の結果<コチラ>で、麻生自民党タイタニック
号は、もう半分ぐらい水につかっている状況になっていることが判明。^^;

 下の方にいる若手・中堅議員は、早めにそれに気付いて、アレコレ
動き始めていたわけだが・・・。exciteコチラ
<昨日は、渡辺、塩崎氏が率いる反麻生議員の会合に集まる人数が、
24人から48人に倍増。(・o・)・・・しかも、この中に安倍っちの実弟
の岸信夫氏もいたりして。^^; このメンバーの名簿を*1に。> 

 8日、内閣支持率急落を受けて、麻生首相の女房役である河村官房
長官が、党内の首相経験者や派閥の長のもとを回り、党内の結束への
協力&首相への支持、アドバイスを要請したという。<*1>
 これは、ある意味で、党内に、非常事態宣言&緊急警報の発令が
行なわれたと言えるのかも知れない。(・・;)

 それを受けてなのか、ついに最上階ラウンジに構えていた党内の
大物重鎮議員たち(古ダヌキたち)も、さすがに「これは、マジに
アブナイ」と思ったようで、いっせいに動き出して来た。
<何と、また小泉純一郎氏がオモテに登場。ウラでは、森喜朗氏ら
が読売のナベツネ氏と料亭会談を。>

 何だか、ここから年末年始に向けて、党の内外での駆け引きが加速
しそうな感じがある。(@@。

* * * * *

 先に、超・古ダヌキたちの動きについて書いておこう。

『自民党の森喜朗元首相、青木幹雄前参院議員会長、山崎拓前副総裁は
9日夜、都内の日本料理屋で会談した。
 麻生内閣の支持率急落を受けた今後の政局動向や、同党内に広がる
政界再編論などをめぐって意見交換したとみられる。
 会談には、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長、氏家斉一郎日本
テレビ取締役会議長も同席した。<時事通信9日>』

 毎日新聞には『景気・雇用情勢の悪化を受けて、09年度予算案の
成立を急ぐべきだとの意見が相次いだほか、次期衆院選後は「ねじれ
国会」の解消に向け、政界再編が不可避との認識で一致した』と。
 また、TVでは、「解散総選挙は、来年春の予算成立後に行なう
ことで意見が一致した」と報じていた。(・・) exciteコチラ

 森氏、青木氏と言えば、衆参のドン&自民党の二大派閥(現・町村
派、津島派)のドンとして、00年に小渕元首相の急逝の際に、密室
談合で森氏を首相に決めたのに始まって、小泉、安倍、福田、麻生を
総理総裁にする際に、オモテでウラで活動して党内をまとめたりなど
などをして来た人たちで。
 ともかく自民党が政権の座を保持できるためなら、「何でもあり」
という人たちなのだ。(ーー;) 

<特に麻生氏は小派閥の長で、この2人が票をまとめた町村派、
津島派の支持に依存するところが大きいため、彼らがまさに
麻生政権の命運を握っていると言ってもいいだろう。(・・)>

 また、ナベツネこと渡辺恒雄氏は、特に中曽根政権の頃から、
政界&自民党にやたらとクビやクチを突っ込んでいて、近時では、
昨年秋に、自民党と民主党の大連立構想を実現させようと画策して、
福田前首相や小沢代表に話を持ちかけたことで知られている。^^;

 この件については、また改めて書きたいと思うが・・・。
 彼らが動くと、ろくなことがないことがないし、民主主義が退廃
して行くように思えてしまうmewなのだった。(>_<) 

<また、各派閥の長である二階氏、古賀氏、谷垣氏も会談を行なって
今後の政局や経済対策について協議をしたという。(・・)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、昨日、最も注目すべきことは、昨日9日の午後、自民党
の本部内で、小泉純一郎氏、安倍晋三氏の2人の元首相らを呼び掛け
人として、「郵政民営化を堅持し推進する集い」の会合が開かれた
ことだろう。(**)

<ちなみに、同じ時間帯に同じ党本部内で、自民党の郵政民営化PT
(プロジェクト・チーム)の会合が行なわれており、それにぶつけて、
会合が設定されたという話も出ていた。^^;>

 すでに政界引退&次男への地盤禅譲を表明して、あとは選挙応援を
行なう以外は、半ば隠居生活にはいって、ひっそりと(大人しく?)
佇んでいると思われた小泉氏が、ここでオモテに出て来たのには、
チョット驚かされたところがあった。(・・)

 小泉氏が、ど~しても、じっとしていられなくなったのは、決して
麻生首相を支えるためではない。自民党の中で、郵政民営化の見直し
論が強まって来ていることを受けて、麻生首相&党の議員たちに、
「民営化をやめたり、下手に見直しをしたら承知しないぞ!」と強~い
プレッシャーをかけるためだ。(-"-)

<郵政民営化推進派は、反麻生の中川秀直氏や渡辺喜美氏の
グループとも重なっているので、小泉氏がその気になれば、いっせいに
麻生氏に反旗を翻し、麻生おろしに走ったり、離党したりすることも
可能だ。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 何分にも、小泉氏は、ともかく郵政事業を民営化することが30年
来の悲願で。<初出馬の時に、地元の特定郵便局の局長が対立候補を
支持したため、落選することになったのがきっかけらしい。^^;>
それが実現したいがために首相になったと言っても過言ではない。

 しかし、党内には反対、慎重派が多かったため、なかなか話が進め
られず。ついにしびれを切らした彼は、5年めに、強引に党内の異論
を押し切って、民営化法案を国会に提出。造反議員は党を出すと
脅したものの、衆参で造反者が出て、参院では否決されてしまった
ため、自らの政治生命を賭けて、衆院を解散。
 05年9月に、あの郵政民営化の総選挙を行ない、次々と刺客を
送り込むなどマスコミの注目を集める劇場型の選挙戦で、300議席
以上の大勝をして。ようやく法案を通したのである。(-"-)

 それが、折角、去年から実際に民営化が始まって、これから本格化
して行こうという時に、見直しなんぞをされては、たまったもんじゃ
ない。彼にとっては、それだけは絶対に許せない、何が何でも阻止
しなければならないことなのである。(**)
<下手すると、国会引退を撤回するとまで言い出しかねないかも?^^;>

* * * * *

 昨日の会合では、小泉元首相は、センターテーブルのど真ん中に
位置して、かなり強い調子で、麻生首相を含め、郵政民営化の見直し
を進めている者たちをけん制した。

『小泉氏はあいさつで、党内の民営化見直しの動きについて「何やら
不可解な行動をしているが、そういう方々の多くは(民営化賛成の)
誓約書まで書いて復党したことを忘れてほしくない」と厳しく批判
した。
 小泉氏はまた、11日の衆院本会議で予定される野党提出の民営化
見直し法案の採決に関し「難局にあればあるほど冷静に良識ある行動
を取ってほしい」と述べ、党内が一致して否決するよう呼び掛けた。

 「集い」の開催は、麻生太郎首相が日本郵政株の売却凍結に言及
したのを受けて勢いづく民営化見直し論をけん制するのが狙い。小泉、
安倍両氏を含め議員63人、代理50人が参加した。 
 出席者からは「3年前の衆院選で与党が3分の2の勢力を得た原動力
は民営化の推進だ。その原点は忘れてはならない」などの意見が続出。
首相に対し、民営化方針の堅持を申し入れることを決めた。
<時事通信9日>』

<この会合に参加した議員の名簿を、*2にアップ>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
 
 小泉氏らが、このような会合を開いた背景には、上の記事にも
あるように、11日に衆院本会議で、郵政民営化の見直し法案(株式
売却を凍結する法案)の議決が行なわれるからだ。(**)

<既に9日に総務委員会の採決で否決しているのだが。本会議
では、衆院議員が全員出席するので、造反が出るおそれがある。
exciteコチラ

 この法案は、国民新党が民主党などと協力して、去年の12月に
参院で可決、衆院に送付していたのだが。自公与党は、約1年、
審議もせずに、放置していた。
 しかし、ここに来て、野党側が、参院で金融強化法案の審議、
議決を行なうことと引き換えに、与党に衆院で郵政法案の議決を
行なうことを要求しており、自公与党は大きな決断を迫られていた。

 小泉氏や改革派にしてみれば、05年の郵政総選挙で大勝して、
国民世論の賛成を得て成立した法案なのだから、今さらアレコレ
見直しをすることなく、野党法案は否決するのが当然だろうと
いうことになるのだが・・・。

 ただ、実際のところ、党内には今でも反対や慎重論が少なからず
あるし。識者や国民の中にも、民営化を全面的に中止するのは困難
だとしても、小泉ー竹中方式の民営化に疑問を呈する声が強く
なって来ている。(・・)mew,too.

 しかも、何より麻生首相が、もともと民営化に慎重派(小泉方式
には反対のようだ)であり、超保守仲間である郵政造反離党した
平沼赳夫氏や国民新党の議員都の連携を模索して、党内でも
民営化の見直しを進めようとしていることが、小泉氏や改革派の
警戒感を強めているように思われる。(**)

<つづく>

                THANKS 
 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 






*1

『◆自民党の「速やかな政策実現を求める有志議員の会」の会員として登録しているメンバーは次の通り。

 <町村派=13人>谷畑孝(4)※、谷本龍哉(3)、柴山昌彦(2)※、西村明宏(2)、西村康稔(2)、萩生田光一(2)、関芳弘(1)、世耕弘成(3)参、礒崎陽輔(1)参※、岸信夫(1)参、古川俊治(1)参、丸川珠代(1)参、義家弘介(1)参

 <津島派=10人>伊藤達也(5)、茂木敏充(5)、大村秀章(4)、新藤義孝(3)、加藤勝信(2)、大塚高司(1)、原田憲治(1)※、福岡資麿(1)、田村耕太郎(2)参、島尻安伊子(1)参

 <古賀派=10人>遠藤利明(4)、塩崎恭久(4)、望月義夫(4)、小野寺五典(3)、上川陽子(3)、平井卓也(3)、井沢京子(1)、木原誠二(1)※、土井真樹(1)、萩原誠司(1)

 <山崎派=3人>山際大志郎(2)、上野賢一郎(1)※、平将明(1)※

 <伊吹派=1人>宇野治(2)

 <無派閥=11人>水野賢一(4)、渡辺喜美(4)、梶山弘志(3)、後藤茂之(3)、秋葉賢也(2)※、菅原一秀(2)、御法川信英(2)、赤沢亮正(1)、佐藤ゆかり(1)※、牧原秀樹(1)※、山内康一(1)

 (注)9日現在。敬称略。数字は当選回数。参=参院議員。※は今回初登録し会合にも初出席の議員。麻生派と二階派からの参加者はなし 
<毎日新聞10日より>』

『◇郵政民営化推進派会合の出席者
 9日開かれた自民党の「郵政民営化を堅持し推進する集い」の出席者は以下の通り(敬称略、丸数字は当選回数、参院議員は町村派のみ)。
 【町村派】伊藤公介(9)、中川秀直(9)、衛藤征士郎(8)、坂本剛二(6)、杉浦正健(6)、細田博之(6)、安倍晋三(5)、小野晋也(5)、小池百合子(5)、木村太郎(4)、高木毅(3)、中野正志(3)、松島みどり(3)、柴山昌彦(2)、中山泰秀(2)、並木正芳(2)、早川忠孝(2)、大塚拓(1)、越智隆雄(1)、関芳弘(1)、松本文明(1)(以上衆院)
 世耕弘成(3)、山本一太(3)、中村博彦(1)、中川雅治(1)(以上参院)
 【津島派】笹川堯(7)、茂木敏充(5)、桜田義孝(4)、棚橋泰文(4)、加藤勝信(2)、木原稔(1)、渡嘉敷奈緒美(1)
 【古賀派】今井宏(4)、塩崎恭久(4)、菅義偉(4)、西野陽(4)、木原誠二(1)
 【山崎派】石原伸晃(6)、木村勉(3)、山際大志郎(2)、上野賢一郎(1)、平将明(1)、広津素子(1)
 【伊吹派】山本朋広(1)
 【麻生派】中馬弘毅(9)、鈴木馨祐(1)
 【無所属】小泉純一郎(12)、水野賢一(4)、秋葉賢也(2)、菅原一秀(2)、飯島夕雁(1)、石原宏高(1)、猪口邦子(1)、小野次郎(1)、片山さつき(1)、近藤三津枝(1)、佐藤ゆかり(1)、田中良生(1)、土屋正忠(1)、藤田幹雄(1)、牧原秀樹(1)、安井潤一郎(1)、山内康一(1)
<時事通信9日>』
by mew-run7 | 2008-12-10 11:25 | 自民党について

by mew-run7