「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

枝野「国民が怒らないと!」~..
at 2018-04-26 09:24
下村、安倍おろしのメディアを..
at 2018-04-25 04:51
下村、記者がハメたと「犯罪」..
at 2018-04-24 05:30
セクハラ問題で火に油~世間と..
at 2018-04-23 01:51
新潟知事、醜聞で2人連続アウ..
at 2018-04-22 04:59
柳瀬の面会予定メールが文科省..
at 2018-04-21 06:18
自衛官、議員に「国民の敵」と..
at 2018-04-20 00:36
女性記者、セクハラ次官に一刺..
at 2018-04-19 06:33
セクハラ発言~福田次官、財務..
at 2018-04-18 11:12
安倍、政権維持を賭け、米国に..
at 2018-04-17 19:28

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

日本人拉致問題は起きては..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
党名に恥じない国民の党に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍内閣は総辞職し・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
保育園利用出来ない人が未..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2000年代は異常気象の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
首都圏で江戸時代に噴火し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公人の女好きは困ったもの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
現代では考えられないこの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民のためだ、疑惑続きの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
森友問題などの不祥事で国..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

「闘将星野に続くことわず..
by 豊岳正彦 at 08:11
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44
mewさん3月14日5:..
by xtc 4241 at 05:45
mewさん3月10日4:..
by xtc4241 at 04:34
mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09

ブログパーツ

タグ

(1288)
(767)
(649)
(463)
(286)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(162)
(159)
(156)
(152)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

2005年 12月 09日 ( 1 )

強度偽装マンションの政府支援に疑問あり(2)

わが国では、手抜き工事などによる欠陥建築物が多く見つかるようになった。特に
構造体の欠陥は容易に補修するのも難しい上、居住して何年か立つうちにおかしい
と気付くケースが少なくなかった。
 そこで、平成12年、建築物の構造体の主要部分に欠陥がある場合には、売主に
10年の長期にわたる瑕疵担保責任を負わせるように法が改正されたのである。
これは無過失責任なので、売主が欠陥のことを知らなくても落ち度がなくても、責任を
追及することができる。
 ヒューザーの社長もこのことはわかっているようであるが、会社には全てのマンショ
ンに対処する十分な資力がないと思われ、そこがネックになってしまう。

 マンション購入者は、建築に関わった会社や人に不法行為責任を問うことも可能
であろう。この場合、相手の故意、過失を立証することが必要になる。姉歯氏は偽造
を認めているが、彼にも資力がなさそうだ。木村建設は倒産してしまった。あとは
もし民間検査機関に過失が認められれば、若干の賠償はとれるかも知れないが、その
バックにいる国の責任まで問えるかはビミョ~なところである。(この件については
次回に書きたい。)

 こうなると、「民と民の問題だ」と言っても、ヒューザー物件の購入者が救済され
る可能性が極めて乏しくなってしまう。
 ヒューザーの物件は他より若干価格が安かったこと、規模の小さい会社であったこと
などから、自己責任の原則によりそれだけのリスクも覚悟すべきだったという声もある。
 確かに価格が安い分、たとえば上下、隣の音がきこえやすいとか、建材や内装が安っ
ぽいとかの問題があったとしても致し方ないと思うべきなのかも知れない。だが、
一般人のできる範囲でどんなに注意深く調べても、耐震偽造までは見抜くことはできな
いだろう。(自分で建築確認書類を手に入れて再計算でもしない限りは・・・。)
 それを考えると、全て自己責任を負えというのは酷であるようには思う。
 ただ、では国や自治体がどこまで支援すべきかと考えると、ここでまた迷いが生じる
のである。

 <つづきは ↓ More をクリック >

More
[PR]
by mew-run7 | 2005-12-09 04:58 | 政治・社会一般 | Trackback(10) | Comments(4)