日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2006年 01月 18日 ( 1 )

 16日、あの堀江氏がCEOを務めるライブドア社&関連施設に強制捜査がはいった。
 昨日の時点では事情もよくわからず、大した件でもないのに捜査にはいって、17日の
耐震偽造問題の証人喚問から目をそらす策なのではないかという話まで出ていたが、どう
やらライブドア本体も含めた粉飾決算や株価操作&不正利益取得の容疑があるらしい。

 堀江氏などの新自由主義経済の申し子たちに関しては、以前にも何回か書いたことがある
が<文末*1>、これは現在の経済社会や企業経営のあり方、そしてイケイケの新興企業の営者たちに対し、ある種の警鐘をもたらす事件なのではないかと思う面がある。
 
 しかし、その件は後述するとして、正直なところ私が驚いたのは、株式市場にここまで
大きな影響が出ていることである。
 どうも強制捜査が16日の夕方からはいったのは、単に日本の株式市場の終了(15時)
を待っただけでなく&その日は米国市場がお休みという点まで考慮してのことだったという
話があるのだが。検察庁が市場への影響を配慮したにもかかわらず、東証の日経平均は17日
18日と400円単位で下落した。しかも、18日には東証の売買システムが注文件数をこな
し切れないような状態になり(個人投資家の小口のウリ注文が殺到したらしい)東証社長が
「できるだけ注文件数をまとめて欲しい」と停止の可能性と警告のコメントを出したものの、
結局14時40分に全面的に売買停止される事態となり、19日以降も要注意だという。

確かに、今年にはいってから市場はやや加熱気味で、個人的には少し押してカームダウン
した方が(株価が少し下がって落ち着いた方が)いいのではないかと思っていたし、その
きっかけを探っていた関係者も少なくないと思う。だから、16日の報道が出た時に、これ
でITやベンチャー関連にウリが出て少し押すかなと思ったのであるが、ほぼ全面的に下落
を見せた上に、システムダウンの危険まで生じる始末になった。小口の個人投資家が狼狽ウリ
をして(ウリ好きも活動して?)、ウリがウリを呼ぶような形になったと思われる。しかし、
果たしてここまで市場に影響を与えるような事件なのか疑問に思う面も強い。

 ライブドア社は、特に近時、堀江氏のキャラや目立った言動に対してマスコミが注目を
していることもあって、世間一般での知名度こそ高くなっているが、日本の経済社会や株式
市場の中では、末端に位置するようなごく小さな会社である。こう言っては失礼かも知れ
ないが、客観的に見れば、ライブドア&傘下の会社が潰れたとしても、日本の経済や社会に
の大勢にはほとんど全くと言っていいほど影響がない。それだけ社会の中で実体的に大きな
役割を担っているというような会社でもないのである。<もちろん株主や関係者、利用者は
困るだろうし、気の毒だと思うが、それこそ自己責任の原則なので仕方あるまい。>
 それにもかかわらず、これだけ市場が混迷するのは、少し異常なのではないかと思う面が
ある。他の企業や一般投資家の中には、いい迷惑だと思っている人も少なくないのではない
だろうか?


*1

村上、三木谷、堀江は新自由主義経済の申し子たちかも(1)(2)
 http://mewrun7.exblog.jp/1553634
 http://mewrun7.exblog.jp/1643204

三木谷氏ら新自由主義の申し子たちvs日本型経営
 http://mewrun7.exblog.jp/1793248

<つづきは ↓Moreの部分をクリック>

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-01-18 19:05 | 新自由主義&小さな政府 | Trackback(44) | Comments(14)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7