党の理念、政策を守ってさえくれれば、小沢代表を否定しない

 
 8日には民主党の新執行部が発表された。新たに代表代行に菅氏が就任したほかは、
ほぼ全員が留任することになった。
 多少疑問を覚える部分もあるが<引責辞任をしたばかりの鳩山氏がまたすぐ幹事長に
就任したことなど>、鳩山氏は小沢代表作りの立役者であったし、今は国会の会期中
なので要職が交替してバタバタするのを避けたいという意図もあったのだろう。また
小沢氏はまだ党内の議員たちを十分に把握できていないという事情もあるのかも知れ
ない。<個人的には前原氏に考えの近い松本氏が政調会長に残ったのもチョット・・・>
 国会終了後にも多少の変更があるかも知れないが、小沢氏が本格的に動くのは9月の
正式な代表選で再任されてからのことだと思うので、それを見てみないと何とも言え
ない部分がある。

 この1~2ヶ月「小沢氏が代表になるorなったことをどう思うのか?」と知人たちからきか
れることが少なくなかった。<きっと私が、小沢氏みたいなタイプの政治家をすごく嫌い
なのではないか、と思っている人もいたようだ。>
 小沢氏に対する私の考え、感じ方はコチラにも少し示したが<またの機会に、もう
少し彼の人物像について書いてみたいと思っている>、一つだけ言えることは、私に
とっては「前原氏が代表であるよりも、何倍もマシだ」ということである。


 <つづきは ↓More をクリック>

More
[PR]

by mew-run7 | 2006-04-09 17:52 | 民主党、民進党に関して | Comments(10)