「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

下村、記者がハメたと「犯罪」..
at 2018-04-24 05:30
セクハラ問題で火に油~世間と..
at 2018-04-23 01:51
新潟知事、醜聞で2人連続アウ..
at 2018-04-22 04:59
柳瀬の面会予定メールが文科省..
at 2018-04-21 06:18
自衛官、議員に「国民の敵」と..
at 2018-04-20 00:36
女性記者、セクハラ次官に一刺..
at 2018-04-19 06:33
セクハラ発言~福田次官、財務..
at 2018-04-18 11:12
安倍、政権維持を賭け、米国に..
at 2018-04-17 19:28
イラク日報に「戦闘」状況、自..
at 2018-04-17 05:02
安倍、支持欲しさに見解変更。..
at 2018-04-16 02:06

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

党名に恥じない国民の党に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍内閣は総辞職し・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
保育園利用出来ない人が未..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2000年代は異常気象の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
首都圏で江戸時代に噴火し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公人の女好きは困ったもの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
現代では考えられないこの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民のためだ、疑惑続きの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
森友問題などの不祥事で国..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
シリアでの敗北が避けられ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44
mewさん3月14日5:..
by xtc 4241 at 05:45
mewさん3月10日4:..
by xtc4241 at 04:34
mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01

ブログパーツ

タグ

(1288)
(767)
(648)
(463)
(285)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(162)
(159)
(156)
(152)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

2006年 04月 24日 ( 1 )

民主党が勝ったというよりも・・・?!<千葉補選+αについて>


 千葉7区の衆院補選は、民主党公認の太田和美氏が自民党公認の斉藤健氏に僅差で
勝って当選した。
 また23日は、全国各地で市長選も行なわれたが、注目されていた岩国市の市長選
では、基地移転の住民投票を行なった旧岩国・井原市長が圧勝。沖縄市長選でも、
自衛隊を唱えた非与党公認・推薦のが勝利。また自民党の中川国対委員長の次男が
立候補していた東広島市長選では、安倍氏らの応援もあったにもかかわらず中川氏の
次男は落選した。
<ただし、他の地区の市長選では保守系の市長の当選が少なくなかったようだ。>

 ☆ 衆院補欠選挙 <千葉七区>

 民主の太田氏と自民の斎藤氏との一騎打ちで、票が開くまで結果がわからないと
言われていたほどの激戦模様であったので、結果は深夜ぐらいにならないとわから
ないのかな~と思っていたら、意外に早く23時前には太田氏の当選確実が発表
された。これは5~10%ぐらい票差が開くのかと思ったら、最終的には8万7千票
対8万6千票で千票も差がつかない大接戦。本当にどっちに転んでもおかしくない
際どい勝負であった。

 正直なところ私は、民主党にとって今回の選挙で「勝った~!」と手放しで喜べるような
結果ではないように思う。むしろ、ある意味では自民党+公明党の大健闘であり、まだ
勢いはあまり衰えていないのかも知れないと感じた。
 例のメール事件のどん底状態から、よくここまで立ち直ったとは評価したいが、選挙
民が民主党を積極的に選んだというわけではないように思うからだ。
 民主党が立ち直れた要因としては、小沢新体制になったこと、また小沢氏が今までと
異なったイメージを与えたこと、そしてとりあえず挙党一致体制を示せたことにあるの
ではないかと思う。地元の企業や周辺地域を回る選挙戦術もよかった。
 太田氏が地元の人間で、県議に立候補した時から「負け組ゼロ」の格差社会の問題を
メインで取り上げていたのもよかったかも知れない。また太田氏は昨年の県議補選で
当選しており、少なくとも彼女は自民党の候補者より知名度もあったに違いない。

 しかし、私の目から見れば、自民党が自らこけてくれた部分もあるような感じがする。
 前回の記事でも触れたが、森前首相も言っていたように、昨年の総選挙のイメージを
引きずり過ぎたのではないかと思うし、候補者選定の遅れや選挙の仕方などを考えても
少し今回の選挙をナメていた部分があったように思える。

<つづきは ↓More をクリック> 

More
[PR]
by mew-run7 | 2006-04-24 08:13 | 民主主義、選挙 | Trackback(46) | Comments(14)