【他ブログからのTBの受付がまだできない状態が続いており、ちょっとイラ立ち
始めている私なのですが。(--) お陰様で、順位&ポイントも再上昇中で、皆さまの
励ましのクリックだけが、心の支えになっています。ご支援よろしくです。m(__)m】

 昨日は重要なニュースや、驚く&ショックなニュースが色々あって、何から書いて
いいかわからないような感じだ。

 一番ショックだったのは、やはり宮沢喜一元・首相の逝去のニュースである。
 宮沢氏はおそらく、自民党議員の中で、私が一番初めに好きになった政治家なのでは
ないかと思う。 そして、今、日本がアブナイ流れになっている時に、その信条と体験を活かし
て、大きな役割を果たし得る人だと思っていただけに、尚更に残念&ショックだったりもした。 
 本当に心から哀悼の意を表したい。

<たまたま前記事で取り上げた加藤紘一氏は、宮沢派の継承者だった同じリベラル&ハト派
の政治家である。>

* * * * *

 宮沢氏に関しては、改めてゆっくり書きたいと思っているのだが・・・。
<好きな政治家だったこともあって、色々な報道を見ながら、思い出すことや書き
たいことが次々と浮かんでおり、アタマの中が収集がつかない感じになっているので>

 昨日、河野衆院議長が「サンフランシスコ講和条約を結んだ吉田茂全権団のただ一人
の生き残りとおっしゃっていた。終始、講和条約を原点に戦後日本はやっていかなけれ
ばいけないと(考えていた)。最近のように歴史観に欠ける乱暴な政治の振る舞いに、
非常に強い危惧の念を持っておられた。後藤田先生と同じ姿勢だった。後藤田先生に
続いて亡くなられ、今の政治の潮流、流れの中で将来が心配だ」と語っていたが。
・・・私も本当に同じような気持ちだ。(-"-;) 

 ちょうどこのブログを立てて間もなくの05年9月に、後藤田正晴氏が亡くなって、
思慮深い重鎮が少なくなると、国政がアブナイ! 」という記事を書いたのだけど。
 政界引退後も、リベラルでハト派の立場から、そして<経済は右に出る人がいない
ぐらいスゴイ人なのだが>経済だけでなく、憲法や国際状況に関しても本当に博識で、
現実的&理論的に、今の政治に警鐘を鳴らし続けていただけに、日本にとって、本当に
大事な人を失ってしまったように思う。

<憲法全文を手帳にはさんで、常に持ち歩いていたのは有名な話だが。改憲派か
護憲派かを問わず、今の憲法の条文や趣旨をほとんど理解できていないと思われる
首相や大臣、国会議員も、見習って欲しいものである。(・・)>

 * * * * *

 宮沢氏と共に、「戦後政治の生き証人」と呼ばれ、政権の中枢で共に日本の戦後体制
を築いて来た中曽根康弘元首相の言葉も印象的だった。
「戦後の最高の知性を持った政治家であり、共に首相もやった同志として、お互いに尊敬しあい、
協力もしてきた。(93年の)自民党分裂などの苦難をなめられ、いろいろと苦労された。あれだけ
の立派な政治家が日本から消え去ったということは日本の大きな損失だ。(私と憲法について)
立場は違っているが、一貫して今の憲法を守るという方向を貫いておられた。それはまた立派な
なことであった」

 中曽根氏と宮沢氏は、党内において政治思想的に、ある意味で対極の位置にいたような感じが
ある。<超保守vs.(保守)リベラル、改憲vs.護憲、タカ派vsハト派などなど>
 でも立場は違えど、日本の戦後の復興&発展のために互いに尊敬&協力して来たのは事実
だと思うし、またこうして「最高の知性を持った政治家」「大きな損失」だと評し、「憲法を守る方向
を貫いたのは立派なことだった」と相手を讃える中曽根氏の姿勢は、本当に立派だと思う。

 ちなみに中曽根氏は、後藤田氏とも親しく、常に意見やアドバイスに耳を傾けていた。
 これもまたいずれ書きたいと思うのだが。昔の自民党には、色々な考えの人がいたし、権力
闘争もあったけれど、自分の信念はしっかり抱きつつも、ここぞという時には、国や国民の利益、
党全体のあり方を考え、お互いに譲歩や協力をし合うところが多々見られた。
 私は、それが自民党が長きにわたって政権与党を担い続けて来た、大きな要因なのではない
かとも思っている。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 しかし、「自民党をブッ壊す」と宣言した小泉前首相の時代から、その自民党のいい部分が、
どんどん崩れてしまっている。
<そう言えば、宮沢氏も中曽根氏も、比例区候補の定年制を厳格に行なうという党の方針に
よって、小泉首相から肩たたきされて、政界を引退することになったんだっけ。(「こうるさい
年配者はジャマなので、追い出したのでは?」という声も出ていたが。^^;>

 そして、それは安倍首相になって、もっとひどくなっているように思える。
 安倍首相は国民や野党だけでなく、自党の議員の声にも耳を貸さず、今国会の最後まで、
暴走を続けている。そして、他の議員たちは、自分の立場(利益)ばかりを優先し、誰も本気で
安倍官邸の暴走を止めようとしない。


 28日には、参院mp政治倫理等特別委員会で、あの超ザル法の政治資金改正法が、
そして、参院の厚労委員会では、社保庁改革法案&年金特例法案が、またまたまた・・・
審議打ち切りの上、怒号が飛び交う中、与党によって強行採決された。

 社保庁や年金の問題は、審議をすればするほど、次々と新たな事実が出て来る。
<昨日は、NTTデータに、契約書も交わさないまま、1年で840億円もの発注を行なっていた
ことが発覚した。(ーー;) *>

 法案の中身も、審議をすればするほど不明確な点が出て来る。
 毎日新聞が「急ごしらえの法案だけに対象者の数や給付額、それに伴う年金財政への影響
などは詰め切れず、今後に宿題を残した形だ」と書いていたが、社保庁の改革も含め、こんな
いい加減な法案の作り方、審議の仕方では、結局は、あとで問題が続出して、国民の利益に
資さないことになってしまうのに。(-_-;)

 また、公務員改革法案が審議されていた参院の内閣委員会でも、与党は採決を求めていた
が、委員長が民主党の議員ゆえ、強行採決を行なうことができない。
 通常は、各委員会で法案を採決して、それを本会議で今度は議員みんなで議決するという
方法をとるのであるが。与党はど~しても今週中に法案を成立させたいと主張。何と委員会採決
をせずに、そのまま議案を本会議に持ち込み、委員長に中間報告をさせたあと、本会議での
議決を行なうという「超裏技」を用いることを考えているようだ。<国会のルールや、法案の審議
を担う重要な機関である「委員会」の存在を無視するような方法であり、ある意味では、強行採決
よりタチが悪い。(>_<)>

 宮沢氏もきっと安倍政権の国会運営を見て、こんなことは民主国家にあるまじきことだと
嘆かれていたに違いない。(-_-;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 昨日は、朝鮮総連の土地・建物の売買に関して、緒方重威氏ら3名が詐欺容疑で逮捕された
というニュースにも驚かされた。

 元・検事長&公安庁長官の逮捕というのも前代未聞の衝撃であるが、逮捕容疑が詐欺罪
だと知って、「はあ?(゚Д゚)」となってしまった。
 電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪の容疑という形で、家宅捜索&事情聴取を行なった
のも、かなり強引なものだったと思ったが。どこから詐欺罪が出て来るのか、という感じである。
 朝鮮総連の職員が「「うちが被害者?」と驚いたというが、緒方氏が不動産会社社長と共謀して
朝鮮総連の土地・建物を騙し取ろうとした(登記移転の時点で、すでに騙し取ったとして既遂
かな?)という構成らしい。
<不動産会社の社長が4億数千万受け取ったのが、詐欺罪というなら、まだわかるのだけど>

 もうここまで来ると、「わけわかんねぇ~(@@」という感じで、奇怪千万を通り越し、魑魅魍魎の
世界にはいってしまったような感じだ。

 緒方氏は、逮捕直前の取材で「官邸の指示があったのではないか。向こうは朝鮮総連を潰す
ことしか考えていない」という趣旨の発言をしていたようだが・・・。
 いずれにせよ、やはりストレートには受け止められない事件であると思う。

【追記・・・『朝鮮総連が整理回収機構から約627億円の債務弁済を求められた訴訟に絡み、朝鮮総連が和解によって中央本部の差し押さえを防ぐため、条件などについて首相官邸と
協議していたとする総連側代理人・土屋氏のメモのコピーを、共同通信は28日までに入手
した。同機構を所管する金融庁は一定額の返済で和解に応じる意向を示したが、官邸が反対
し決裂したと記されており、この結果、緒方容疑者側への“売却”につながった可能性がある。
<サンスポ29日>』・・・安倍官邸も東京をはじめとする保守派の知事のいる都道府県も、
総連つぶしに躍起になっているようで。^^;】




 ともかく国民の力で、このアブナイ流れを止めなければ・・・。政界再編も含め、自民党ももう
仮に改憲を目指す保守政党としてやって行くとしても、一度立ち止まって、党内を立て直す必要
があるのではないだろうか?

 そのためにも、次の参院選では、是非「安倍自民党にNO!」を。(^^♪



                                      THANKS 

 
【下の2つのランキングに登録しています。安倍政権や今の日本の問題点をより多くの人に
伝えたい&クリックが増えると、と~っても励みになる(^^♪ので、できるだけ2つともクリック
して頂けると嬉しい&有難いです。組織票はないので、ブログを読んで下さる方々だけが
頼りです。よろしくお願いいたします。m(__)m 】


↓ 参院選まで、何とか25位枠に残りたい!皆さまのご支援が、頼りです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
      ↑ 1位復活!ご支援に感謝。1日でも長く粘れますように。_(。。)_


報道記事は↓Moreの部分に

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-06-29 09:57 | 政治・社会一般 | Trackback(1)