今回の内閣改造には、サプライズがなかったと言われるが・・・。
私には、驚いた&不思議に思ったことがいくつかあった。

 一番驚いたのは、町村派(旧・森派)から町村会長ひとりしか閣僚
&党要職にはいらなかったことだ。(゚Д゚)

<ちなみに、入閣決定的と言われた超盟友の中川昭一氏が、内閣に
はいらなかったことが、すご~く不思議だったりもしている。(・・)>

* * * * * 

まず、今回の内閣&党要職(以下、内閣)の人選を見て、私は安倍
氏<&麻生氏>のメッセージがかなり色濃く出ていたように思った。

 ☆「ボクをしっかり支えてよ!」のアピール

まず、今回は各派閥のTOPクラスを入閣させたのであるが、その
多くは、総裁選で安倍氏または麻生氏を支持した派閥である。
 彼らはこの人事によって、「総裁選では自分たちを担いだんだし、
内閣にもはいったんだから、下手に陰で画策せず、最後まできちんと
安倍政権を支持するように!」というアピールをしたのではないかと
思われる。
「もし、この内閣がダメだったら、自民党もダメージを被る。みんな
一蓮托生なんだから、しっかり協力してね」と。

<特に総裁選では、他の候補の擁立も考えていた津島派(旧・橋本派)
古賀派を多く登用していることが目についた。(麻生氏が宏池会合流
で、古賀派を取り込みたいという意図もチョットはあるかも?(・・))>

 安倍首相にとっては、ここが正念場で、ともかく勝負を賭けて行く
しかない。彼が目指すのは、党内の立て直し&民主党に負けぬ国会運営
→内閣支持率アップ、そして衆院選での勝利→堂々の首相続投だ。
 その戦いの中で、彼が一番コワイのは、身内の党内から安倍政権を
批判したり、足を引っ張ったり、安倍おろしを画策したりする勢力が
出ることなのではないかと思う。

 その意味では、この派閥のTOPクラスを散りばめた内閣&党内人事
は、よく言えば「ほぼ挙党一致内閣」だが。斜めから見れば、彼らが
抵抗勢力になるのを防ぐために「囲い込み」を行なったものと見ること
もできるかも知れない。


 とはいえ、派閥の領袖は、みんな海千山千、タヌキもこなすベテラン
実力議員ばかり。<色々な意味で、実力があるのら。(・・)>なかなか
一筋縄で行く方々ではない。
 安倍氏が彼らを取り込む、ということはあり得いと思うけど。^^;
 それでも、まあ、どうにかうまく自分を尊重&協力してもらえるのか、
それとも安倍氏が彼らに取り込まれて、支配されてしまうのか。その中
で麻生氏がどう立ち回るのか・・・見所が色々ありそうだ。(**)
  
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ☆ 「ボクの思うようにやらせてよ!」のアピール

 でも、安倍首相は、これがラスト・チャンスかも知れないだけに、
自分の意思をかなりオモテに出したようにも見える。

 特に町村派(旧・森派)から、町村会長ひとりしか内閣にも党要職
にも起用しなかったのは、ある意味でかなり異常なことだ。(**)
 それも町村氏は、当初ウワサされていた官房長官ではなく、外務
大臣に就任することになった。
<町村氏は閣僚の人数&自分の処遇に、不満&怒りをあらわしていた
という。>

 安倍氏はもともと旧・森派の議員であるし、それに町村派は衆参
ともに最大の派閥であり<森ー小泉ー安倍と3人連続で総裁を出して
いる力のある派閥でもあり>、永田町の常識では、内閣や党の要職に
一番多くの議員が登用されなければおかしいのだ。
<特に要になる官房長官か幹事長は町村派がとるのがフツ~だ。>

 実際、昨年発足の第一次内閣では、町村派は<党幹事長のほかに>
閣僚が4人も起用されている。<尾身財務大臣、長勢法務大臣、
若林環境大臣、高市アレコレ大臣・・・今年7月からの小池防衛
大臣も>

* * * * *

 そして私は、この人事に安倍氏が「旧・森派離れをしようとして
いるのではないか」と。いわば「旧森体制(レジーム)からの脱却」
を考えたのではないかという気がした。(・・)

 何だか安倍氏が、何かと口うるさい&アレコレ干渉して来る親代わ
りの森喜朗氏や派閥の兄貴分たちに、「しばらく黙って、ボクを放って
おいてよ。頼むから、もう自分の思うようにやらせてよ!」とアピール
しようとしているようにも見えたのだ。
「ボクは自分でちゃんと考えたり、麻生くんと相談したりしながら、
自分の力でやって行きたいんだから」と。

 ある意味では、首相として崖っぷちに立った今、安倍っちの反抗心&
自我の芽生えがあらわれたとも言えるのかも知れない。(@@。

* * * * *

 詳しくはMore部分の*4に書くように、ともかく森氏らは、安倍氏が
総裁選に出馬するか否かという時に始まり、初の内閣人事の時も、また
何かの折に、アレコレ口を出して、なかなか安倍氏の思うようにコトを進め
させてくれなかったのである。<まあ、確かに子供扱いで、チョット
過干渉の親バカみたいなところはあったのよね。(-"-;)>

 たとえば、幹事長に自派閥の兄貴分である中川氏を選んだのも、
森氏がゴリ押ししたからなのだが。結果として、中川氏は党運営も、
選挙も失敗して、自分の足を引っ張りこそすれ、な~んの役にも立っ
てくれないまま終わってしまった。<しかも、参院選の開票日に森氏
&中川氏らは、続投したいと言っていた安倍氏の首相退陣を協議して
たりしたし~。^^;>

 安倍氏の中には、森氏たちの言うことをきいても、ぜ~んぜんいい
ことがなかったじゃないかという思いも生じただろうし、アレコレと
不満や不信感が募って、「も~、ヤダ!」という気持ちになっていた
のではないだろうか?

* * * * *

 ちなみに、安倍氏は、去年の内閣人事でも、「誰の推薦も受けない」
と明言していたのに、青木参院会長が参院枠として2人の議員を推薦
して来たので、それを断ろうとした。でも、それも青木氏と親しい&
参院との良好な関係を保つようにと気遣う森氏が、安倍氏を説得して、
そのままの起用を認めさせたりもした。
 
 今回も、森氏はTVや講演などアチコチの場を通じて(もしかした
ら安倍氏自身に対しても、直接間接的に?)、福田氏か町村氏を官房
長官にすべきだとか、谷垣、古賀氏を要職に置くべきだとか、色々
言っていたのだけど。<*3>


 昨日、発表された人事を見ると、ものの見事に、森氏の進言は全て
拒絶する形の人事になっている。
 町村氏は官房長官にせず。<毎日のように近くにいて、エラそうに
アレコレ言われたくない?^^;>
 また、このあたりは次回にも書きたいのだが、谷垣氏と古賀氏は、
入閣させず。しかも、参院会長から推薦のあった矢野氏の入閣も
蹴ってしまい・・・。(・o・)
 
 私は、このような部分に、安倍氏が、森氏&旧森派から距離を置こう
としているのではないかと。もう森氏の言うことをきく気はないという
ことを、アピールしているのではないかと感じたのであった。(@_@。

<麻生氏も、あまり森氏は得意じゃないようだし。町村派の影響力は
受けたくないと思ったかも知れない。
 尚、今回の参院選で、町村派以外の派閥の候補(特に現職)がかなり
落選して、党内に不満があったことから、それに配慮したとの見方も
できるが・・・。でも、やっぱ一人というのは、ふつ~ではないと思う>

* * * * *

 ちなみに森氏は、今回の内閣の顔ぶれを見て、「年少組が年中組に
なった」と皮肉っぽい感想を述べていたのだが・・・。それに対し、
安倍首相は不快感をにじませたという。

『安倍晋三首相は28日夕、渡辺喜美行革担当相の留任などをやゆした
森喜朗元首相の発言について「政策実行力で今度の内閣、自民党の新役
員を決めた」と述べ、不快感をにじませた。
 森氏は27日の神戸市での講演で、首相と親しい石原伸晃氏の自民党
政調会長への起用や渡辺氏と甘利明経済産業相の留任に触れ「お友達
内閣と言われたが、(首相補佐官の減員で)年少組が年中組になった」
などと指摘していた。<時事通信 29日>』

 <つづく>   
  THANKS



 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m



<報道記事は↓Moreの部分に>

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-08-29 02:04 | 安倍政権に関して | Trackback(10)