5日は、朝に『麻生が、平沼無条件復党を望む発言。「小泉&平沼の
板ばさみ」になる安倍首相はどうするのか?』という記事をアップ。
 尚、9月に書いた最新記事は、コチラです。

* * * * *

 まず、宮崎の東国原知事について。人間ドックで甲状腺に腫瘍が
見つかったとのことで心配していたのだけど。組織検査の結果、良性
だと判明したようで、よかったですぅ。(~~)
 でも、彼ももう50歳なのだし。まだまだ任期は長いのだから、
あまり働き過ぎず、きちんと休養もとって欲しいと思う。

 また、今朝、平沼氏の復党に関する記事をアップしたのだが・・・。
TBSのニュースでは、「4日夜、麻生幹事長や与謝野官房長官と会談
した安倍総理は、平沼赳夫氏の復党手続きをできるだけ早く進めるよう
指示。これを受けて麻生幹事長は、平沼氏側に問題がなければ、今週
金曜日に党規委員会を開き、平沼氏の復党を正式に決定する方針を
固めた。<誓約書抜き>」と伝えていた。

 早っ!(゚Д゚) 
 で、小泉くんは、OKなのだろうか?(・・)shintou tsukucchae! 

 でも、これは去年の復党の時にも書いたのだけど。
 このような復党は、国民に対しては、公約違反+議席&投票2重どり
の詐欺行為&大きな裏切り行為なのである。(ーー;) 
<同じ選挙区の阿部氏は、比例当選しているしね。>

 ここら辺は、メディアもしっかりツッコンで欲しい。(・・) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 そして、3日には「テロ特措法でインド洋に派遣されている海上自衛
隊がイラクで活動する米軍に給油していた」という記事を書いたの
だけど。 
 そのネタを「朝まで生テレビ」で暴露した江田憲司議員が、自分の
HP<コチラ>で、この件について書いていたので、興味のある方は
お読み頂きたいと思う。(3日付けの直言のとこ>


 それにしても、マスコミはこの件をほとんど全くと言っていいほど、
取り上げていないように思える。<私は翌日、同じ田原総一朗氏が司会
を務めるサンプロで扱った以外、TVでも新聞(ネット含む)でも、
ひとつも見ていない。^^;>

 でも、安倍っちスタッフでもある森本敏氏(拓大教授)でさえ、
朝ナマで、司会の田原氏から「森本さん、江田さんがさっき言った数字ね、
8割以上がイラクへ行っているというのは、森本さんはご存じだった?」
と訊かれ、「うん、知ってました。知ってましたというのは、僕は、ほと
んど海上自衛隊の活動だとか、あるいはアメリカ大使館だとか、あの、
アメリカ大使館の武官だとかの情報を」と発言していたのだから。
 おそらく事実である可能性が高いのだろう。

* * * * *

 安倍内閣&与党からは、今週にはいって、あたかもテロ特措法延長
をあきらめたかのように、新法による給油継続の話が出始めている。

『政府・与党は4日、秋の臨時国会の最大の焦点であるテロ対策特別
措置法について、インド洋での海上自衛隊の活動などを新たに規定
する新法案を提出する方向で検討に入った。
 海自の活動を延長するために政府がこれまで提出を予定してきた
テロ特措法改正案は、提出を見送ることも検討している。また、新たな
法案の策定過程では、民主党の主張を取り入れる用意もあることを示し、
可能な限り民主党の支持を得たい考えだ。<読売新聞5日より>』


 高村防衛大臣は3日、都内の講演で『11月1日で期限を迎える
テロ対策特別措置法の延長問題に関し「(海上自衛隊のインド洋での
給油活動が)続けられる方向なら、野党の要求をどんなことでも聞いて
いく覚悟だ」と述べ、法案修正などに柔軟対応する考えをあらためて
表明した<東京新聞4日より>』という。

 防衛省の増田好平事務次官も記者会見で「(同法の)延長が政治的
に難しいなら、あらゆる可能性を研究することになる」と述べ、同法
の延長に代わり、インド洋での給油を継続するための新法提出を前向き
に検討する考えを示した。<毎日新聞4日より>

* * * * *
 
 これらの報道を見ていると、政府与党は、「テロ特措法」の運用に
問題があったことを暗に認めているようにも思える。
 つまり、彼らは、こそっとイラク給油も行なって、国民をだまして
いたような「テロ特措法」を、そのまま延長するのは難しいと。それ
では国民の納得は得られまいと。
 だけど、ど~しても給油は続けなければいけないから、「テロ特措
法」を捨ててでも、新法を作るしかないだろ~という方向で進んで
いるように思えるのだ。

 それにしても、高村大臣の「野党の要求はどんなことでもきいて
いく覚悟」という言い方には、少し驚かされたところがあった。
 お玉おばさんも書いていたが、日本政府=安倍内閣には、そこまで
野党にへり下ってでも、給油を続けなければならない事情があるの
だろうか?(・・)

 米国と大きな摩擦でも起きるおそれがあるような、それぐらい強い
密約でも交わしてしまったのだろうか?(@@。

 尚、民主党は、この新法とやらにも応じる気はないようだ。(~~)yoshi!

~~~~~~~~
中休みも兼ねて、「クリック・コーナー」を。( ^^) _V tokyo wa taifuu sekkin
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


~~~~~~~~

 4日には、小林温氏が選挙違反の責任をとって、議員辞職したの
であるが・・・。
 関係者が起訴された時点で、議員辞職するのは異例なことのようで。
安倍自民党のイメージダウンを避けるためということに加え、公明党
からの無言の圧力もあったかな~と思ってしまう。<本人も会見で、
暗に「連立の枠組みを考えて」というようなことを言っていたとか?>

 その小林氏の辞任を受けて、与謝野官房長官が、公職選挙法の連座制
について「(当選者が)自分の知らない、意図せざるところで起きた
事柄で責任を取らなくてはならない非常に過酷な部分がある」「連座制
の適用を検察官が判断するのはどうか?」というような見解を述べた
という。
 尚、安倍首相は同日、記者団に「(連座制を)緩めるような改正を
考えるべきではない」と法改正の必要性を否定した。<日経TBS4日より>

 チョット与謝野氏にしては、「?」マークの発言だと思うけど。
<自民党の中では好きな政治家なので、尚更に。>

 ただ、私は一瞬、もしかして、これは小林氏のことよりも、塚田氏を
意識した発言なのかな、とも思ってしまった。

 自民党では、7月の参院選の新潟選挙区で当選した塚田一郎氏も、
地元の現役県議を含む選挙関係者が、公選法違反(買収)で逮捕
されている。
 ただ、こちらは次点が民主党候補だし。何より、塚田氏の立場を
考えると簡単に議員辞職はせず、最後まで争うことだろう。
 というのも、塚田氏は父が衆院議員(郵政大臣、政調会長)&
新潟県知事だった2世議員で、麻生幹事長の秘書を務めていたことも
ある人だからだ。<当選後、麻生派にはいった。>
 かつては保守王国と言われた新潟だが、近時は民主党がかなり
勢力を伸ばしており、塚田氏も2回落選後、今回やっと当選できた
のだが・・・。自民OB&麻生氏の関係者であることに加え、彼が
当選無効になれば、補選も分が悪くなるだけに、何とか議席を守り
たいという意識が働いたとしても不思議はない。

* * * * *

 連座制というのは、一定の選挙関係者が公選法違反の有罪が確定
した場合に、候補者の当選が無効になる制度であるが・・・。
 これは、選挙関係者が買収などで有罪になっても、候補者は知らない、
関与していないということで、そのまま議員を続けるのはおかしいと
思われたからできた制度で。<実際、候補者は細かいことまで関与
していないことが多いと思うけど。秘書や地元関係者が犠牲になれば
買収してでも当選した方が、得になっちゃうもんね。(-"-;)>
 でも、連座制があれば、本人の当選を無効のことを考えると、関係者
も安易な選挙違反をしにくくなるので、私はこれは必要な制度だと
思うのだ。

 それに、仮に候補者本人に責任を負わせるのは酷だと思われるケース
があったとしても、検察官が連座制適用の判断をするのは筋違いである
と思う。<検察なんか、ある意味では、政府側の公務員なんだし。^^;>
 もし必要であるなら、裁判官に連座制の適用の可否を判断してもらう
システムを作る方が、まだ国民も納得行くのではないだろうか?(・・)

                    THANKS  

 
 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m

[PR]
by mew-run7 | 2007-09-05 21:03 | 安倍政権に関して | Trackback(9)

<前記事のつづきを、自分のミスで消してしいました。(ノ_-。) 
とりあえず、もう一つ書いておいた記事をアップします。m(__)m>

  9月に書いた記事の一覧はコチラ


『首相、農相交代で「緊張感持って」と指示』<読売新聞4日>
・・・ まず、オマエが緊張感を持てよ!(`´)

『新体制の下、士気を高めて信頼回復に努める』<時事通信4日>
・・・首相が交代しないと、もう士気も信頼も高まらないのよ。(ーー;) 

 もし、私が超保守系の人間でも、思わずこんな風にツッコンでしまい
たくなりそうな今日この頃・・・。(・・) 
 このままじゃ、2010年までの憲法改正なんて、とても実現しそう
にないと、イラ立っている者も少なくないかも知れない。
<まあ、自民改憲反対派の私にとっては好都合なんだけど。(^^ゞ>

* * * * *

 超保守の大先輩・中曽根前首相が、行政改革などで自身のブレーンと
して活躍した瀬島氏の死去に関し、「残念ながら今の安倍首相の周り
にはそういう人は見当たらない」と指摘。
 それに対し、安倍首相は「多くの方々に、それぞれの識見や個性を
生かしていろいろと助言や支援をしてもらっている」と反論したそう
だけど。[*1]

<確かに、それがいいか悪いかは別として、中曽根氏や小泉氏には
様々な経験やルートや(悪)知恵を持っている実践派のブレーンや
スタッフがいたけど。安倍氏のブレーンやスタッフには「机上の空論
ロマン」を語るような識者やお友達しかいないのよね~。^^;>


 また、この件は改めて書きたいと思うが、4日には参院選の神奈川
選挙区で2選目を果たした小林温氏が、公設秘書が公選法違反
(買収)で起訴されたのを受けて、議員辞職。<公明党の松あきら氏
が繰り上がり当選。>
 これも安倍自民党の再出発への逆風になりそうな感じである。[*4]
 
* * * * *

 そんな中、「誰か安倍の代わりに改憲&国家再興の道を進められる
やつはいないのか?」「麻生じゃ、イマイチだしな~」「やっぱ、ここ
は保守本流の帝王(?)・平沼しかいないんじゃないか?」
・・・というような話が出ても、不思議ではない。

 というわけで、・・・なのかわからないけれど。^^;
 4日、こんな記事が各紙で出ていた。

『自民党の麻生太郎幹事長は4日の記者会見で、郵政民営化反対議員の
うち復党が実現していない平沼赳夫元経済産業相(無所属)の処遇に
ついて、「基本的に私自身は(復党に)異存はない」と述べた。さらに
「誓約書を取ってうんぬんするつもりはない」と明言、復党に条件を
付ける考えがないことを強調した。平沼氏は民営化に賛成する誓約書の
提出を拒み、復党の障害になっている。
 これに関連し、平沼氏周辺は「安倍晋三首相から三顧の礼で迎えられ
たら戻るかもしれないが、平沼氏は次の衆院選を保守系無所属で戦うと
決めている」と語り、早期復党に否定的な見方を示した。
[毎日新聞9月4日]』

『平沼氏の復党の意思を確認するかどうかについて、麻生氏は「特に
改めて(確認する)、ということはないような気がするぐらい気心は
知れている」と語った。[朝日新聞 4日]』

麻生氏は、31日にTV番組でも、平沼氏復帰について語っている。
[*2] これを受けて安倍首相は、「今後、よく党側とも話し合っていき
たい。私はその話はまだ聞いていない」と述べていた。

* * * * *

 以前、ブログのどこかに書いたと思うけど。
 私は、昔、もし自民党が改憲を成し遂げようとする場合には、平沼
赳夫氏を首相&総裁の座につけるのではないかと、思っていた。
 何か見た目からして、いかにも「保守~!」って感じだし。ど~ん
と構えて、しっかり筋を通す政治家であり、党内外の保守勢力からの
信頼も厚いからだ。
<国家観は、私と140度ぐらい違うんだけど、ひとりの政治家と
しては、評価したくなるような感じの人である。>

 まあ、それが、平沼氏は小泉氏の郵政改革法案に反対して離党。
 平沼氏とはあまり仲が良くない中川幹事長が、昨年秋の離党者
復党を認める際に、「郵政民営化賛成」の誓約書を出すことを求めた
ため、平沼氏はそれに応じず、今でも無所属を貫いているのだが。
<そもそも保守本流は、米国追従ホイホイにならず、もっと地方も
含めて、国の民の利益を守ることを考える人が多いのでは?>
 でも、もし誓約書などの条件がつかず、安倍首相をはじめ党幹部
が三顧の礼で迎えるなら、平沼氏も戻る気になるかも知れない。

* * * * *

 麻生氏は、党幹事長に就任した27日に「(小泉前首相に)
ぶっ壊された後の党をどう立て直すかが使命だ」と述べて、脱・小泉
自民党を宣言。彼は、小泉氏やその政策に気を使うつもりは、ほとんど
なさそうな感じだ。

<菅選対局長は、麻生氏に、次の衆院選での小泉チルドレンの処遇に
関して、30日の古賀派議員懇談会で「『君の仕事はクビ切りをする
ことだ』といわれた」と打ち明けたという。[*3]>

 安倍氏も以前から平沼氏を慕っており、共に活動することが多かった
ので、おそらく個人的には、平沼氏の復党を心待ちにしているところも
あるのではないかと思うのだけど。
 問題は、小泉氏や財界、米国との関係をどうするかということだろう。
彼の場合、と~っても複雑に立場にあるのだ。(-"-;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

中休みも兼ねて、「クリック・コーナー」を。( ^^) _V atsusa burikaesu
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


 コチラの記事にも書いたように、安倍氏と麻生氏は、自民党の軸足
を右寄りに移して、いわゆる保守本流の政党として立て直すことを
考えている。
 しかも、参院選の結果から考えて、自民党は「改革路線」一辺倒
ではなく、国民の生活&地方対策を重視した政策に変えて行かない
と、次の衆院選では、改憲発議に必要な2/3どころか、過半数を
維持することさえ危なくなってしまうかも知れない。

 また、参院選の前までは、党内に「小泉復活待望論」も根強くあっ
たのだけれど。今回の「地方&生活者からの反乱」が、「小泉改革の
負の遺産である」との認識が広まりつつある中、今さら、小泉氏を
もう一度担いで衆院選を戦うことは難しいと思われる。

 それゆえ麻生氏としては、仮に安倍氏か麻生氏が首相を務めると
しても、平沼氏に復党してもらって、保守派の党員の柱になって
もらい、自民党の保守本流化をさらに進めたいところであろう。

 しかし、安倍氏の場合は、手放しで「そうしよ~」とは言いにくい
立場にある。

* * * * *

 安倍氏は、本当は経済政策にはさほど興味はなくて<経済はよく
わからないらしいという説も^^;>、もっぱら憲法改正&国家再興の
方にアタマが行っているのだが。彼は、もともと心根の優しい人だし、
弱者保護や社会政策の方に心が傾いているように感じられることも
少なくない。
<敬愛する祖父の岸・元首相も、ライバルの社会党対策があったもの
の、社会保障や地方政策にかなり力を入れていたと言われている。>

 だから、もしかして本当は、新自由主義的な小泉改革路線をすごく
いいとは思っていないかも知れないのだけど。<ただし、官僚政治
打破&組合潰しはやりたい。>ただ、安倍っち仲間には、改革推進
派が多いし、やはり何と言っても、小泉氏&財界&米国のことを
容易に裏切ることができないという思いがあるだろう。

* * * * *

 安倍氏が若くして総裁になれたのは、ひとえに旧・森派の先輩の
小泉氏が首相の時に幹事長や官房長官につけてくれて、自己の後継者
として育ててくれたからにほかならない。<それがなければ、もし
総裁になれたとしても10年後かもっと先だったかも?(・・)>

 ただ、小泉氏を継ぐ条件は、彼の改革路線を継承して行くことに
あった。それが財界からも大きな支援を受けられる要件になっている
し。もちろん、小泉・竹中氏に郵政民営化&その他の規制緩和による
市場&マネー開放を促した米国から支持を受ける大きな要素にもなっ
ている。
 そして、財界や米国は、憲法改正にもと~っても協力的なのだ。(-"-)

 小泉氏は、昨秋の11人の復党の時に、かなり機嫌を悪くした様子
だったという。
 それなのに、ここで誓約書もとらずに、平沼氏を復党させたら、
かなり気を悪くするに違いない。信長チックに無情なところのある人
ゆえ、安倍氏を裏切り者&自分の敵としてみなすこともあり得る。

 今年に入ってから、週刊誌や夕刊紙などでは、何度も「小泉新党」
の話が出ているのだが。安倍・麻生氏の対応や党運営の仕方次第では、
本当にチルドレンや改革推進派を引き連れて、党を割ることもあり
得なくはない。
<個人的には、そうなってくれると、政界再編も進みやすいし、
政治的にも面白いと思ったりする部分もあるのだけど。(・・)>

* * * * *

 たぶん、麻生氏は今回の平沼氏に関する発言をしてみて、まず
党内がどのような反応を示すか、様子を見ようとしているのでは
ないかという感じもするのだけど。
 
 安倍氏の求心力がかなり低下してしまった今、もし党の立て直し
には平沼氏の復帰が必要だという声が大きくなれば、安倍氏は「小泉
+α or 平沼氏」のどちらを選ぶか、大きな決断を迫られることに
なるかも知れない。(@@。

                    THANKS


 【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m


【*印の報道記事は↓Moreの部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-09-05 04:48 | 安倍政権に関して | Trackback(8)