今日10日から、秋の臨時国会が始まる。
 
 mewもそろそろ、まったりモードから政治モードに切り替えをして、
この国会の見所(面白さ?)について書こうと思っていたのだけど。
 
 安倍首相に関して、ビッグ・ニュース(?)が飛び込んで来たので、
情報をかき集めた速報版でそちらを書くことにする。

 でも、実際のところ、具体的なケースという点では、このテロ特措法
の件が、今国会の一番の見所だろう!(@@。

* * * * *

 この秋の臨時国会で最大の焦点になるのが、11月1日のテロ特措法
の期限が切れるまでに、「テロ特措法の延長」または「給油継続のため
の新法」が成立するかどうかということなのだが・・・。

 9日、APECのためにオーストラリアを訪問していた安倍首相が、。
記者会見で、インド洋の給油活動が継続できない場合には、退陣する
ことを示唆する発言を行なった。(・o・) <会見要旨*1>

「(テロ特措法の延長について)国際的な公約となった以上、私には
大きな責任があるわけでございます。民主党をはじめ、野党の皆さまの
ご理解をいただくために、職を賭して取り組んでいく考えです。私の
職責にしがみつくということはございません」<TBS9日より>

 安倍氏は、NYテロで日本人が24人死亡したことを根拠に、日本
もテロとの戦いを継続すべきだと主張。
 また米国、豪州との首脳会談で継続の意思を伝えたことにより、
インド洋での給油継続が「国際公約」になったと述べ、その実現の
ために職を賭す決意を示した。
 安倍氏は、給油継続のために新法提出の可能性にも言及。*3
そして、民主党の小沢代表と早期に協議したいと要望した。

* * * * *

 安倍首相が、ブッシュ大統領との会談のあとに、いきなり「給油継続
は対外公約だ」とか言ってたので、「な~に、勝手に公約とか決めてん
のよ~(`´)」と思ってたのだけど。
 まさか、職を賭すとまで言うとは?(゚Д゚)chotto bikkuri

 このニュースを見た時、真っ先に「やっぱ、テロ特措法に関しては
(もしかしたらイラク攻撃をする場合の石油提供まで含めて)、過去に
何か密約があったのかな~と勘ぐってしまった。(-"-)
 それは小泉政権時代のことかも知れないし。また今年4月に安倍首相
が渡米した際も、何か約束をして来たのかも知れないけど。
 このお約束を守れないと、日米関係に、決定的にダメージを与える
何かがあるのかも知れないと。^^;

 そう言えば、9日朝の「時事放談」で中曽根前首相も、「テロ特措法
の延長に失敗した場合、内閣をやめないとならない」と述べていたこと
を考えると、尚更、勘ぐってしまうところがある。[*2] 

<ただ、安倍氏は「職を賭す」「職責にしがみつかない」と言っただけ
で、「首相を退陣する」「内閣総辞職する」とは言っていない。
 ふつ~は、そういう意味なんだけど。後述の国民新党の亀井氏の発言
のように、彼の場合、「首相の座を賭けるぐらいの強い決意で努力する
との考えを述べただけだ」とか言いかねない気も?^^;>

* * * * * 

 テロ特措法(or海自のインド洋での給油活動)を延長すべきかどうか
は、人それぞれ意見が異なるとは思うけど。
 私が、ここで問題にしたいのは、安倍首相が勝手に、これを「国際
公約」だと位置づけたことである。彼は明らかに、順番を間違っている
と思うからだ。

 自衛隊の海外派遣&活動の仕方は、日本の国のあり方を大きく左右
するものであり、国民にとっても大きな関心ごとだ。
 そして、少なくとも、今の憲法&特措法の下では、首相は勝手に
派遣&活動の延長を決めたり、約束したりできる立場にはない。
<首相にはそんな権限はないので、「最大限に努力する」とは言えても、
「そうするように、約束する」とは言えない立場なのだ。>
 あくまでも国会の場できちんと審議し、国民にもちゃんと説明し、
理解&納得を得た上で、決めるべきことなのである。(・・)

<その意味では、民主党の代表と話し合って(もしかして、何か交換
条件をつけるか、裏取引でもして?)、野党に譲歩をしてもらうような
方法をとるのも、望ましいことではないだろう。>

* * * * *
 
 そして、ここが参院で、野党が上位になった最大の利点だと思うの
だが・・・。
 今までなら、6月のイラク特措法の延長がそうであったように、国民
にも国会でもろくに説明も審議せず、一体、何をやっているのか、活動
内容もきちんと明らかにしないまま、数の力で押し切ってしまうと
いうことができたのだけど。これからはそうは行かないのだ。(・・)

 単に「テロとの戦いは大事だ」「米国をはじめ多くの国から要請が
来ている」というだけで、給油延長を決めることはできない。
 江田憲司氏が指摘したように、海上自衛隊の給油が、イラク攻撃に
参加する米軍の艦船に対しても行なわれているという疑惑が出ている
ことも考えると、尚更、「海自の支援&給油活動の中身は、どうでも
いい」というわけにはいかない。

 政府の都合に合わせて、先に「結論ありき」の国会審議、法案づくり
は、もうできないのである。(**) 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) _V  zansho ga nagaitte honto?
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 それにしても、安倍氏は何故ここで、首相の座を賭けてまで、給油
継続を求める意向を示したのだろう?(@@。

 まず、上述したように、日米の間で給油活動に関して、何か首脳
間の密約があった場合には、それを守れければ、首相として責任を
とるしかないということが考えられる。(--)


 また、安倍氏としては、自分が職を賭す覚悟を示すことによって、
党内の引き締め&意欲を促したかったのかも知れない。

 自民党内では、あくまでもテロ特措法の延長を考えるべきだという
意見と、特措法延長は困難なので、野党と協議しながら給油継続が
行なえるような新法を作るべきだという意見が対立している。
 さらに、その新法も成立、施行が11月1日には間に合わないかも
ということで、その場合、海上自衛隊の艦船をどこかに待機させる
ことを考える、やや弱気なグループもあるようだ。^^;
 もうあまり時間もないだけに、早く党内の意見を一本化して、
何とか給油を継続する形をとれるように、関係議員たちの一層の
努力を求めたいという意図があったのではないか、とも思える。


 そして、彼は「国際公約」「職を賭す」という発言をすることに
よって、国民に給油活動継続の重要性や自分の必死さをアピールして、
世論の支持を得たいのではないかと。それにより、野党側に翻意や
譲歩を促す意図があるのかも知れない、とも考えることができる。(・・)

 また、安倍氏は繰り返し「衆院解散の予定はない」と言っているが。
この法案が成立しない場合、年内に衆院解散を行なう場合も否定でき
ない。<民主党は、年内解散の可能性も考えて、候補者確定するよう
に選挙準備の指令を出している。>
 また野党の議員の中には、安倍氏が首相を継続してくれた方が、攻め
やすいと思っている人も多く、その意味で、野党を揺さぶりたい考えも
あるかも知れない。


<おまけの推測として、安倍氏は「やはり自分の政権の継続は困難だ」
と感じており、辞任のタイミングを探っているということも考えられ
なくない。その引き際を決めるきっかけとして、この給油継続ができる
か否かを用いようとしている可能性もゼロとは言えないかも。^^;
・・・あ、平沼氏の復党を了承したことで、もう小泉陣営から怒りの声が
届いてたりして?(・・)>

* * * * *

 しかし、今のところ野党の反応は冷たいようだ。(-_-)

 民主党の鳩山幹事長は「われわれはいい加減な妥協をするつもりも
なく、反対の立場を貫くという思いで対じしていく。安倍総理大臣が
『職を賭す』というのなら辞任してもらうしかない。民主党の考えを
世界に発信するチャンスだと考えている」と述べた。
 
 共産党の市田書記局長は、記者団に対し、「国会の意思よりもアメ
リカへの協力を優先し、何が何でもごり押しして、法律を延長させたい
ということだろう。安倍総理大臣が『職を賭す』のは自由だが、われ
われはテロは戦争や暴力ではなくならないという立場であり、法律の
延長阻止のために野党で力を合わせて頑張りたい」と述べた。

 社民党の福島党首は、「武力行使をすることでテロがなくならない
ことは明らかで、安倍総理大臣がどう発言しようが、テロ対策特別法の
延長には反対だ。安倍総理大臣は、ブッシュ大統領と会った直後にこの
ような発言しており、アメリカのほうを向いて覚悟を示したのではないか。
国民軽視のずれた感覚だ」と述べた。

 国民新党の亀井久興幹事長は、「退路を断って、テロ対策特別法の延長
に対する強い意思を示したということだと思う。ただ、さきの参議院選挙
でも、政権選択の選挙だと言っておきながら知らん顔をした総理大臣で
あり、責任の取り方が常識と違うのでまだわからない。揺さぶってやろう
という計算で言っているのかもしれないので、真意を見極める必要がある」
と述べた。  <以上、NHK 9日より>


 一言でまとめるなら、「やめるなら、とっととやめてくれ!」という
ことだろうか?^^;

 mewも、今日ニュースを見た瞬間に、同じ言葉を口にしてたの
だけど。(^^ゞ 

 でも、次の首相が麻生氏かも知れないと思うと、「う~ん(-_-;)」。

<まさか、ウルトラ技で平沼氏・・・は、ちょっとムリがあるかな~?
平沼氏も国家観が合わないから、イヤだけど。
国会対策という意味では、安倍っちの方がやっぱ相手にしや
すいかも~?(・・)>

 今、衆院解散されるのも、「う~ん(-_-;)」。

<何かもう少し、民主党が体制をととのえる時間が欲しいし。少しは
政界再編が進める時間も欲しいしな~。(^^ゞ>

 ・・・と、実は、チョット複雑な心境になってしまっているmew
なのだった。(@@。

                    THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m



【報道記事は ↓Moreの部分に】

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-09-10 01:02 | 安倍政権に関して | Trackback(31)