15日、福田康夫氏(71)と麻生太郎氏(66)が、正式に自民党
の総裁選に立候補の届け出を行なった。

 総裁選の状況などに関しては、週明けにアレコレ書く機会もあると
思うので、今回はPASSするが。
 現段階では、8つの派閥が福田氏の支持を表明。チルドレンなどの
無派閥議員も福田支持に流れ始めていることから、福田氏の勝利が確実
視されているような状況になっている。
<国会議員+地方県連票の計528票で争うのだが、福田氏は支持する
議員の数だけで、過半数の265票を超えてしまっているとか?^^;>

 麻生氏は「今まで出た過去3回の総裁選の中で、一番劣勢になって
いる」と言っていたが、確かにそうかも知れない。(・・)

・ ・ ・ ・ ・
 
 もし麻生氏が少しでも逆転できる目があるとしたら、マスコミ&世論
に「やはりこのような派閥談合的な政治に戻るのはいけない」「これ
では元の自民党に戻って、改革も行なえない」というムードを作り、
党内の若手議員や県連の票を少しでも多く集めるしかないと思われる。 

 しかし、そのためには、まず「(安倍辞意を)3日前には知っていた」
という早速の失言(?)や、安倍氏が「麻生にだまされた」と言ったと
いう情報から生じた麻生氏への不信感や疑念、ある種のバッシングを
いかに払拭して、イメージ&人気を回復するかが、大きな課題になる
ことだろう。(・・)

 夕刊フジ15日には『退院後の安倍首相が謀略情報を否定すれば、
「反麻生」の流れを食い止める可能性もある。安倍首相に近い議員も
「安倍さんは否定している。真相を話してほしい」と漏らしており、
首相の言動が票の行方にも影響を与えそうだ。』との記事も載っており、
安倍氏の退院後の言動に注目が集まりそうだ。(@@。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 安倍氏が本当に「麻生さんにだまされた」と言ったのかどうか、
私には知る由もないのだけど・・・。
<まあ、「だまされた」とまで言わなくとも、「自分の思うようにでき
なくなった」いう話ぐらいは、したかも知れない?!>

 もしかしたら、「だまされた」とは言っていないけれど。麻生氏の
ことを快く思っていない安倍氏の側近or旧・森派の人などが、そのよう
にとらえて、麻生氏の追い落としのために、マスコミにリークした可能
性もあるとは思う。

 しかし、私が12日にTVでその話を聞いて、コチラの記事を書いた
後も、TVやネットではまことしやかに「麻生にだまされた」という
話が、どんどんと展開されて行っていた。

<片山さつき氏は、安倍氏に近しいと言えるのかどうかわからないが、
(世耕氏と共に広報の仕事をしていたけど)TVで堂々と、「これは
クーデターですよ」とか言ってた。(・o・)>

* * * * *

 ↓Moreの部分に、麻生クーデター説や、「麻生にだまされた」
説について書かれた記事をいくつかアップしておくが。
 TVなどの情報も含め、話をまとめると、安倍氏は次のようなこと
で、麻生氏への不信感を募らせたと言われている。

 まず、これは、もう辞意表明する前からアチコチに書かれていた
ことだが、閣僚や党役員の人事の主導権を麻生氏に奪われてしまった
上、遠藤前農水大臣の辞任や平沼氏の復党などに関して、麻生・与謝野
氏の二人で勝手に話を決めてしまい、安倍氏はカヤの外に置かれて、
事後承認するしかないような状況にあったという。

<閣僚や党の主要役員はまだ安倍氏の意も組み入れられたが、細かい
ところは麻生氏に任せたところ、副大臣や党の細かい役員などで、
麻生氏の好き勝手に決められてしまったという話もある。麻生氏は、
今後を考えて、自分を支持してくれそうな若手議員を積極的に登用。
その結果、安倍氏に近い立場の若手や小泉チルドレンなどは、ほとん
ど選ばれなかったらしい。^^;>

* * * * *

 国会運営や、特に安倍氏が最重要視していたテロ特措法延長への
対応でも、安倍氏の要望が反映されない形になったという話もある。

 特に安倍氏は早くから、当初から、「ともかく11月1日の期限に
間に合うように、テロ特措法を延長する。給油活動に空白を作らない」
ということにこだわっていた。また、もう8月の中旬には、民主党と
協議して協力を依頼したいとも言っている。
<これは、TVや報道記事などで私も見ている。> 

 安倍氏は、米国側の度重なる要請に、「テロ特措法を延長する」と
約束しているし。参院選のマニフェストにも記していたように、近い
将来、特措法のレベルを上げて、恒久法を作ろうとしていたので、特措
法の活動内容をさらに制限するような新法を作ることなど、当初は、
全く考えていなかったに違いない。

 そこで、中川前幹事長は安倍氏の意を汲んで、どうにか8月中に
国会審議を始めて、何とか期限までに延長成立させるように動いていた
のだが。もう辞任する執行部が国会日程に口を出すのはおかしいと
批判され、結局、国会運営は麻生氏ら新執行部に委ねられることになる。

 さらに日が立つにつれ、高村防衛大臣をはじめ党内から次々と、
「テロ特措法の延長は日程的にムリなので、新法を作るしかない」
「新法は給油、給水のみに限定する」。しかも、「11月1日に成立
が間に合わず、活動を中断する可能性もある」という話が出て来て、
安倍氏の思いとは別のところで、新法路線が固められて行った。

<私が安倍氏が新法のことを初めて口にするのをきいたのは、7日か
8日だと思う。もしかしたら、安倍氏はギリギリまで、新法よりテロ
特措法の延長をしたいと考えていたのかも知れない。>

* * * * *

 APEC出席のためにオーストラリアに行った安倍氏は、8日に
ブッシュ大統領と会談し、給油活動継続は「対外公約」だと言い出す。
そして、9日の会見で「職を賭す」「職責にしがみつかない」発言を
した上で、小沢代表との会談を要望した。

 もしかしたら12日に書いた記事の推測が当たっていたかも知れないの
だけど<まあ、ネットや報道の記事が本当かはわからないけれどね>、
『「総理が職を賭すと言ったのは、党首会談で小沢氏に特措法延長後
の辞任を約束し、自分のクビを差し出すことで民主党の賛成を取り付け
る覚悟だった(安倍側近)』らしい。(・・)

 安倍氏は会談の場を設けることを依頼していたようなのだが、10日
に帰国してみると、官邸側も執行部も小沢氏との会談のセッティングを
していなかった。<下手に、こんな時に辞職を賭けての会談とかをして
欲しくなかったのかも?^^;>
 また、安倍氏は大島国対委員長に「新法にした場合、期限に間に合っ
て、給油中断を避けることはできないのか?」と質問し、大島氏が
「かなり困難な状況だ」というと、ガッカリしたようだったという話も
ある。

 安倍氏は、その10日の夕方に麻生氏に辞意を漏らした。また、あと
から判明したことに、その日に国連側に連絡し、25日の国連総会の
出席を断っていたという。

 おそらく安倍首相は、心身の限界を感じていたのだろうが・・・。
『(小沢氏との会談ができず)インド洋での自衛隊の給油活動継続を
花道に退陣するというせめてもの望みも絶たれ」(安倍側近)』
ここで、ついに最後の気力も萎えてしまったのかも知れない。

   <つづく>        THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m


* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

 決してアブナイことはない? らんき~な お玉喜八もよろしくです。

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-09-16 12:55 | 安倍政権に関して

 最新の記事の一覧はコチラに。

 この記事は、前記事のつづきです。 


 恐ろしく大雑把ながら、チョット経団連と小泉・安倍政権の関係を
書いてみたい。<細かいこと書くと、グジャグジャしちゃうので。>
もとネタの報道記事は*1

かつて、世界も日本も自由&資本主義vs.社会&共産主義だった頃、
日本では自民党vs.社会党の55年体制が築かれ、自由&資本主義の
維持を願う大企業はもちろん、中小の企業の多くも、ひたすら自民党
&その議員に献金しまくっていた。そして自民党の庇護(&癒着)の
もと、着々と実績を伸ばし、経済成長を果たして行った。

 中でも旧・経団連は、「自民党の金庫」と呼ばれたこともある
ぐらい献金王者だったのだが。93年に、経団連としての献金斡旋を
自粛休止することになる。
 きっかけは、リクルート事件などで企業との癒着、汚職事件が
批判を浴びたことだと言われるが。バブル崩壊による大不況で、
各企業とも業績が悪化したこと、東西冷戦&イデオロギー対立の
終焉で、55年体制が壊れたことも大きな要因だったように
思われる。(・・)

 ところが、01年に小泉首相が就任。02年に新・経団連ができて
トヨタの奥田氏が新・会長になってから(旧時代の一方の会長だった)、
両者の関係がまた急速に近づいていく。<奥田氏は財界の総理、奥田
天皇とも呼ばれた強い力を持っていた人だ。>

 小泉&竹中氏は、アメリカや経団連の要望にも乗って、新自由主義
に基づく構造改革を推し進め、大企業に有利な政策をどんどん導入して
行った。奥田氏は01年から政府の経済諮問委員会のメンバーとして
その改革を支持し続け(何かアレコレ審議会にもはいってた)、小泉
改革を強力にバックアップしたのだ。
<小泉氏は、ともかく郵政民営化を応援してくれれば&その悲願達成
のために、自分が自民党内で、それなりの力を維持できれば、それで
よかったんだと思うけど。他のことは、よきにはからえって感じ?(-"-;)>

 やがてトヨタを筆頭に大企業の収益が回復。その見返りの意味もある
のか、04年から経団連が政党の評価&加盟企業の献金斡旋を再開した
のであった。<早速、自民党は二十数億円の企業献金をゲット。(ーー;)>

 ちなみに、奥田氏は、経団連をはじめ大企業に出資&参加を呼びかけ、
シンクタンクを設立。小泉氏を顧問に迎えた。<小泉氏に中東和平で
活躍してもらい(+石油ルートも確保し?)、「ノーベル平和賞」を
とらせたいという話も。(゚Д゚)> コチラのFACTAの記事参照

* * * * *

 06年から経団連の会長は、キャノンの御手洗会長に代わったのだが
<ただし、奥田氏の影響力はいまだに強く、奥田院政とも言われてる?
本当は、トヨタの張会長に経団連会長を継がせたかったけれど、二人
トヨタが続くのがマズイので、御手洗氏をはさんだとの話もある>。

 ここで、ひとつ問題が出た。政治資金規正法&政府解釈では、外資の
株保有率が50%を超える企業は「外資系企業」とみなし、そのような
企業の献金を禁じている。<外国の企業が、日本の政党に多額の献金を
行なって、国政に影響力を持つのは好ましくないので。> そして、
キャノンは、外資の株保有率が50%を超えているので、これだと経団
連会長の関係企業が、自民党に政治献金できないことになってしまう。

<実際、近時は日本企業への外国からの投資が盛んなので(時に乗っ
取り&ある種の脅迫的買占めがあるほど)、有名企業の中には、外資株
が50%を超えるとことが増えている。>

 そこで、経団連は、自民党に政治献金をして影響力&パイプを保持
するために(?)、政治資金規正法を改正することを要望した。
 これには野党はもちろん、自民党内にも慎重論が出ていたが、結局、
安倍政権になって06年12月に、かなり甘い要件での法改正を実施。
キャノンは早速、その月に自民党に4千万円の献金を行なった。^^;

 御手洗氏は、07年に経団連会長として「御手洗ビジョン」なるもの
を発表。それは「希望の国・日本」というタイトルで、その大部分が、
安倍首相の「美しい国創り」構想と重なるものであった。(・o・)
 もちろん大企業優遇の改革&政調路線を推し進めることを提唱。しっ
かりと、2010年までの憲法改正まで明記。また、安倍氏が力を入れ
ている教育再生&教育システムの変革なども記したもので、安倍政権を
バックアップしておくことをアピールしたものであった。<コチラ参照>

<で、そのかわりに、いわゆる「残業代ゼロ法案」などの「大企業に有利
な労働法制をよろしくね」ということだったのだけど。残念ながら?、
安倍政権は労働法関連法案は予定通りに改正できずに、終わることに。>

 ちなみにキャノンは偽装請負を行なっていることが発覚。民主党は、
御手洗氏を参考人招致or証人喚問することを検討している。

* * * * *

 ここまでで長くなってしまったので、またこの件はゆっくり書きたい
けど。
 私は基本的に自由主義っ子だし、株式をはじめアレコレの投資も
してるし。大企業が全く関わりがないわけでもないし。日本経済の中で
大企業の存在がどれほど重要なのかは、よ~くわかっている。(・・)

 不況打開のために、まずは大企業を立て直して、経済成長を牽引して
もらうのも必要だと思ってたし。大企業は関連&下請け会社、工場など
を含めると、何万人、何十万人の生活も関わっているし。グローバル化
が進む中、体力もつけて行かないといけないし。大企業が儲かれば、
日本の経済関係の数字も上がるし。株も上がるし、投資も増えるし、
プラスになることは、たくさんある。

 ただ、大企業の利益&そのためのコスト削減、規制緩和などを極端に
重視してしまうと、今のような、経済格差や地方格差、社会政策の問題
が生じて、労働者や一般庶民の生活が圧迫されてしまうわけで。
 そのことを、きちんとケアしようとしなかった小泉ー竹中路線の政策
に<しかも、あたかも少し痛みに耐えれば、国民全体の生活がよくなる
かのように詐欺まがいのアピールをし続けたことに>腹が立っているの
である。(`´)

 何かキレイごとっぽく「小泉改革の光お陰」とか言っているけど、大企業
など国民の一部にしかスポットライトを当てれば、そこはめっちゃ明るく
照らされるけど。そこしかライトを当てる気がなければ、周囲は、陰なんて
もんじゃなくて、暗闇の状態が続いたままになってしまうのは、最初っから
わかっていたことだろう。(ーー;) 

* * * * *

 実は、少なからずの自民党議員も、それには気付いていたのだけど。
<大都市圏以外の地方選出の議員は、特にわかっていたことだろう。> 
彼らは、なかなか行動を起こせないでいた要因の一つは、経団連や財界
が小泉改革を支援し、政治献金や選挙支援をしていたことにあるのでは
ないかと思う。
 自民党は、党員が激減しているし、制約も多くなったり、長引く不況の
あおりも受けて、個人議員(政治団体への献金もどんどん減っているし(*2)
もはや企業から政党への多額の政治献金なしには、政党の活動資金が
枯渇してしまいそうな状況だからだ。(>_<)

 
 安倍氏は、実のところ過度な改革路線には疑問を抱いていたのでは
ないかと思うのだけど。政治献金のことや、改憲&国家再生を支援
してくれることを考えて、どうしても経団連の要望をきかざるを
得ない状況になっていたようにも見える。
<今は、自民党は25億、民主党は8千万だけど、要望を実現して
くれないと、評価が下がって、比率が変わって行くらしい。まさに
カネでつるという感じでしょ?(・・)>

 こういう大スポンサーつきの国政とは、いい加減、縁を切らないと
結局、日本全国の様々な立場の国民に目を向けた政治、国民の意思が
反映される政治・・・つまりは本当の民主主義的な国政からは、また
どんどん遠のいて行ってしまうことになる。
<また、ここに色々と産業や団体や特殊法人や官僚やアレコレの利権
も絡んでしまいやすくなってしまう。>

 それに、前述の政党交付金の使い方にせよ、議員個人の政治団体の
収支報告にせよ、自民党&その議員は、ど~してもおカネにクリーン
な政治を行なわなければ、透明性を高めればという意識に乏しい部分
がある。

 このようなシステムを変えるには、やはり一度、このようなおカネ
&企業との癒着体質&隠蔽体質に慣れた(そこに戻って行った)自民党
には、1回政権の座をおりてもらうのが、一番いいのである。
 自民党&その議員が、政府与党の座にいる限り、このシステムを
変えることはできない。

 民主党がなっても、結局、いずれ同じことになるのではないかという
人がいるけど。まずは、政権を変えてみることだ。そして、民主党が
結局、自民党のような金権体質になったなら、また自民党に政権を交代
すればいいのである。
<自民党も、さすがに参院選で負ければ、改革路線の問題を反省して、
今まで黙っていた議員たちも立ち上がるように、下野すれば「政治と
おカネ」の問題にも反省を示すだろう。(@@。>

* * * * *

 議員個人のおカネの問題も大事なのだけど。政党とおカネの問題、
企業との癒着や政党交付金の使い方の問題も、もっと考える必要が
あるのではないだろうか?

 折角、国民の「政治とおカネの問題」への関心が高まっているし。
自民党の大企業優先の過度な改革路線への疑問も大きくなっている
今日このごろだし。
 それらの問題を解決するためにも、早く政権交代可能な政界のシス
テムが作れればと願うmewなのだった。(**)

                    THANKS


【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m



  そして<下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに>

 決してアブナイことはない? らんき~な お玉喜八もよろしくです。

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-09-16 01:08 | 自民党について