<どうもTBの調子が悪くて(PING送信中、途中で止まったりとか^^;)、
TBのお返しが遅れがちになっていますけど、ご容赦を!m(__)m>

最新記事の一覧は、←の<September2007>をクリック。

 19日に書いた「どうなる、給油新法?・・・日本政府の要請で、国連決議
に謝意。but実際の給油先は不透明なまま」<コチラ>のつづきになるが。

 19日(現地)、国連安保理でISAF(アフガニスタンで行なって
いる国連の国際治安支援部隊の活動)の任務延長の決議が行なわれた。
 その「前文」の最後に、「謝意を表す」という一文が初めて盛り込ま
れ、その最後にチョコンと日本が参加しているOEFの「海上阻止行動」
という一言が書き加えられた。これは異例なことだという。<*1>

<ちなみに、このISAFは、日本の給油活動とは全く別個のもので
ある。日本が参加しているのは、米国が中心になっているOEF(『不朽
の自由作戦』)という有志連合の活動だ。(その中の「海上阻止行動」と
いう部門に参加して他国の艦船に給油活動を行なっているのだが、実は
イラク作戦に参加する艦船に燃料が渡っているとの疑惑が出ている。)
 また、決議文のどこにもJAPANの文字があるわけでもないし。前文
には、法的拘束力があるわけでもない。(・・)>


 そして、このような異例な文が急に書き加えられた(ねじ込まれた?^^;)
のは、安倍首相や町村外務大臣を含め、日本政府(主に外務省)が、米国
を中心に欧州の国々に強く要請、依頼したからだという。<*2>
 
 それにもかかわらず、日本政府は、日本の海上自衛隊が行なっている
給油活動は、「国連の決議文に記されて、国連に認められたものだ」と
アピールしている。
 それで、民主党にも理解を得ようと、また国民を理解、納得させよう
としているのである。(ーー;) 


 さらに、米国の国連大使は、わざわざインタビューで、ミョ~におお
げさに「これは日本の活動を国連が評価、感謝したものだ」とアピール
していた。<mewTVで目撃・・・何か米国に見返りがあるのではと勘ぐり
たくなるほど、日本の活動をPRしていた感じ~。^^;>

 だが、ロシアは「国連と関係のない活動に関して、一国の内政の事情
によって、決議文の言葉を急に変えるのはおかしい」と疑問を呈して、
議決を棄権。そのために、全会一致での決議が達成できなくなって
しまった。 <*3>
* * * * *
 
 先に言えば・・・私は、この決議に関する日本政府の対応を知って、
あまりにも国民をバカにしているように、思った。(`´)

<外務省スタッフが「国民の理解を得るために、国連決議にからめる
必要があった云々」という発言をしているのをきいたのだが。「どうせ
国民の多くはバカで、細かいことはわからないから、ともかく何らかの
形で、日本の給油活動を決議文にからめて、「国連も認めたものだ」と
思わせろという指示があったように感じた。(ーー;)>

 また、同時にひとりの日本人として、このようにあさはかで、あさま
しい手段を使う自分の国の政府を、恥ずかしく、情けなく感じた。
<他国から見たら、「みっともない」と思われるだろうな~。(ノ_-。)>
 私はこんなことをされたら、却って自分の国に「誇り」を持てなく
なってしまう。(-"-;)

<暑い中、一生懸命に任務を行なっている海上自衛隊の人たちだって、
こんなムリ押しの形で感謝されても、心から喜べないのではないかと
思ったりもしてしまう。(・・)>

 そして、20日、海自の給油活動について、このような報道記事が
出ていたことも、書いておきたい。<詳細記事 *4>

『03年のテロ特措法による米空母への海上自衛隊による給油支援を
巡り、市民団体「ピースデポ」は20日、海自からの給油量について、
約80万ガロンと記載された米艦船の航海日誌を入手したと発表した。
政府が答弁してきた約4倍で、同団体は「大部分がテロ特措法に反し、
対イラク作戦に転用されたのでは」としている。<毎日新聞20日>』

 これに関して、防衛省の増田好平事務次官は「内容が分からない
のでコメントは差し控えたい」と述べている。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 tokyo wa manatsubi da~

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 私個人は、以前から書いているように、たとえどんなに「テロとの
戦い」や「国際貢献」、「国益や国際的立場」だ大事でも<私もそれ
らは大事だと思っているけど>。でも、国家が現憲法に違反するような
活動を自衛隊にさせるようなことは許されないと思うし。
 また、個人的な信条&心情としてアフガンでもイラクでも、テロと
関係のない一般国民を何万人も殺傷し続けるような攻撃に、日本が
加担して欲しくないとも思うので、テロ特措法の延長(or給油新法)
には反対の立場である。

 だから、私にとっては、国連の決議文に何がどう書き込まれようと、
「そんなの、関係ねぇx4」(by小島よしお?)なのだけど。(@_@。


 でも、政府与党は、民主党の小沢代表が国連の承認にこだわっている
こともあってか、海事の給油活動を何らかの形で国連の決議にからめれ
ば、民主党や国民も理解や支持をしてくれるのではないかと、私から
見れば、あまりにも「安直~」な手段を思いついたらしい。(>_<)
 そして、米国などに頼み込んで、日本の活動とは関係のないISAF
の任務延長決議文に、日本も参加する「海上阻止行動への謝意」を
盛り込んでもらったのであった。

 まるで「子供だまし」のようなやり方である。(-"-;)maii nasakenai

* * * * *

 しかし、政府与党の閣僚、議員たちは、まるで鬼の首でもとったか
のように、次々と「日本の給油活動が、国際的に評価された証だ」
「給油活動を継続する根拠ができた」などと発言。
 国連決議の根拠ができたことを理由に、民主党に翻意を迫っている。
<*5>

 しかも、アンビリバボーなことに、政府筋は20日、「今回の決議
は、海上阻止活動などの国際的な努力を継続する必要性に言及しており、
新法の根拠の一つとして、法案に明記する」という方針を語ったと
いう。^^;<読売新聞20日より>

 そして、私が「おいおいっ」とツッコミたくなったのは、この子供
だましの策に、外務省スタッフだけでなく、首相や閣僚まで、ある意味
国家ぐるみ、政府ぐるみで関わっていたということである。

 8日にAPECで日米首脳会談を行なった際に、安倍首相がブッシュ
大統領に「海自の活動に権威付けができるような種類の国連決議ができ
ないだろうか」と要請。<*3>
 町村外務大臣も、『外務省内で記者団に対し、日本の国連代表部が
米、英、フランスなど安保理メンバーに決議採択を求め、町村氏自身
も九月上旬にシドニーで、ライス米国務長官と会談した際に要請した
ことを明らかにした』という。 <北海道新聞 21日より>


 TVで見たのによれば、国連安保理では、ISAFの任務延長に
関しては、全会一致でスムーズに決議される予定だったのだが。急に、
当初は予定にはいっていなかった「謝意」の表記や「海上阻止行動」
という文言を前文に盛り込む話が持ち出されたのだという。
 しかも、その件に関し、ろくに理由の説明もなく、審議もされる
こともなく「ともかく議決を」と急がされたため、棄権したロシアだけ
でなく、他の国のスタッフの中にも不快感を覚えた人がいたようだ。
<何だか、どこかの国の強行採決みたいだわね。(ーー;)> 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

ただ、私にとって救いだったのは、マスコミが国民に、ある程度
きちんと、その経緯や実態を報道してくれたことである。

<日本が国連の部隊の給油活動に関わっていて、安保理でその延長の
決議や謝意があったかのように報じたら、どうしようかと危惧して
いたので。^^;>
 
 そうでないと、国民の中には「それなら給油活動の延長もすべきだ」
「民主党は国連決議があったのに、何で反対し続けるんだ」とか勘違い
してしまう人が出る可能性があるからだ。

 ほとんどの新聞が、今回の日本政府のとったやり方に批判や疑問を
呈している。<私の知る限り、この謝意決議を評価して、新法の根拠
になるかのように記しているのは、読売新聞と産経新聞しかない。>
 あとは、タイトルだけ並べてみても、こんな感じだ。
「給油謝意決議 姑息では見透かされる(中日新聞)」
「アフガン決議「謝意」本文に言及なし「お墨付き」疑問(毎日新聞)」
「日本の要請、混乱要因に=「国連外」活動評価に疑問の声も(時事通信)」

<一例として、すごくわかりやすかったので、北海道新聞の21日の
社説「海上給油活動 国連使い世論対策とは」を*5にアップしたい。>

 今朝は、保守的で知られる「ズームイン朝」の辛坊氏でさえ、日本が
このような要請をしたことは「みっともない」と言っていた。(・・)
<ただ、みっともないことをしなければならなくなったのは、何故なの
か?・・・と、給油活動継続の重要性をアピールしていたけど。^^;>

 民主党の鳩山幹事長も、「感謝は強要するものではない。民主党を
賛成に回らせる手段の一つだろうが、非常にみっともない」と批判して
いた。
 民主党は、この決議によって、姿勢を変えることはないという。
この決議の謝意表記には何の効力もないからだ。<*6>

* * * * *

 長くなってしまったので、海上自衛隊の提供している燃料が、
イラク参戦している艦船に使われている疑惑については、またの
機会に取り上げたいと思うが。*3にも記したように、政府は、
給油活動に関して、国民をだまそうとしている可能性もある。
 

 どうか、多くの国民が、こんな子供だましの茶番劇を画策した
日本政府に、そして自衛隊の活動内容をごまかそうとする政府に、
「国民をだますな」、そして「国民をバカにするな」と怒りを
抱いて欲しい。
 
 そうしないと、日本政府は図に乗って、私たちの見えないところ
で何をしようとするかわからない。
 国民の知らないところで、軍隊が好き勝手なことをするほど、
恐ろしいことはないのだから。(@@。

             THANKS       
 

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠にギリギリ残留!ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑新ブログ急騰で、ついに一位陥落~。(ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

 決してアブナイことはない? らんき~な お玉喜八もよろしくです。

<報道記事は↓Moreの部分に>

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-09-21 08:34 | 平和、戦争、自衛隊 | Trackback(12)