最新記事の一覧は、カレンダーの<September2007>をクリック。


 今日は、JRAの中山競馬場で、芝短距離の王者を決めるスプリン
ターズS(GI)が行なわれる。
 
 ちなみに6年前の今日(01年9月30日)に、3月に行なわれた
高松宮記念に続いて、このレースを制覇し、春秋スプリントGI2冠
に輝いたのが、私の溺愛するトロットスターである。(写真・右・・・
今日は本物、TOPにいる馬)である。(~~)

 一つ前の安田記念で体調が悪くて、惨敗。休養のあと24kg増で
出走。爪の状態も悪いという話もあって、心配していたのだけど。(-"-)
<それで、評判を落とし、4番人気だった。> トロットスターは、
そんな劣勢をはね返し、見事に優勝したのだった。(*^^)v
<でも、折角、中山に応援に行ったのに、コースの内側から差して来た
ので、勝った瞬間が見えなかったという残念な思い出も。^^;>

 そして、この時に出した中山1200mのコース・レコード1分7秒0は
いまだに破られていない。( ̄ー ̄)bachuu no yoko o mite mitene!

 短距離レース好きの私は、毎年このレースを楽しみにしているのだけど。
ひそかに「誰も絶対、この記録は破っちゃダメだからね」と強く念を送り
ながら、レースを見ているmewなのだった。(@_@。 
 
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 ミャンマーのデモの取材中に死亡した日本人ジャーナリストの長井
健司氏が、至近距離から兵士に狙い撃ちされた可能性が濃厚になって
来た。(-_-;)
 ミャンマー政府は、当初、長井氏は流れ弾に当たったと発表していたが、
高村外務大臣が、ミャンマーの外務大臣にそのことを伝えたところ、否定
をせず、謝罪したという。<*3>
 
 ジャーナリストを狙う行為は、いわば表現の自由を奪うor抹殺する行為
であり、いかなる政治体制の国であれ、国際社会において最も恥ずべき、
そして最も許容されるべきでないものだと考えれている。

 この長井氏が銃殺された件を受けて、世界各国はますますミャンマー
の軍事政権の凶暴性に対する批判を強めている。

 改めて、この言論を封殺するような銃殺&武力による鎮圧行為に対して
強く抗議の意を評したい。
 
 そして、これから書く沖縄の集団自決の教科書検定の問題も、このミャン
マーの状況とは全く無縁ではなということを、書き添えておきたいと思う。(・・)

<追記・ミャンマー国内では、ネット・ケーブルが切断され、民間の新聞、
雑誌が発禁に。外国人の報道関係者への圧力も強まっており、政府は
情報統制をはかろうとしているようである。*4
 日本でも、ある種の情報統制が少しずつジワジワ行なわれようとして
いることに留意して頂きたい。(コチラの記事を参照)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 さて、今日は沖縄の集団自決に関する教科書と検定問題と、その絡み
で、政治と教育の関係についての話を書きたい。

 29日、沖縄の宜野湾市海浜公園を主会場にして、「沖縄戦での集団
自決」をめぐる教科書検定意見の撤回を求めた県民大会が行なわれた。
 30℃を超える炎天下の下、海浜公園には、沖縄県知事や国会&地元
の議員をはじめ、老若男女が11万人以上も集まって、様々な立場の代表
が意見を表明。多くの人たちが「真実を曲げないで欲しい」「真実を伝え
て行かなければならない」と主張し、高校生の代表は「真実を学びたい」
と強く訴えていた。

 そして、この県民大会では、今年になっていきなり「軍隊による命令
(強制)」の文言を削除するように求めた文科省の教科書検定意見を
撤回するように、国と文科省に要求する決議を採択した。<*1>
<尚、すでに沖縄県議会や各市町村の議会で、撤回要求の決議がなされ
ている。>(・・)

* * * * *

 実は、今年になって、急にこのように教科書検定の方針が変わった
背景には、安倍氏が首相になったことがあると考えられている。
<伊吹氏が文科大臣だったことも、大きいかも?(-_-;)>

 安倍氏や改憲&国家再興勢力の仲間や支持者たちは、教育再生と
いう名の下に、国家主義的な教育を導入し、その一環として、日本の
戦争や軍隊の活動に批判的な視点を持つような「自虐的歴史観」を
否定することを目指していたからだ。(ーー;) 


 それゆえ、安倍政権の下では、沖縄県民や議会がいくら抗議して
も、全く取り合ってはもらえない状態だったのだけど。
 安倍氏が首相をやめたことで、この件に関しても、少し明るい展望
が開けて来たかも知れない。(・・)

 *2にアップするように、新たに就任した渡海文科大臣は「検定過程
を詳しく調査する」という考えを明らかに。
 また、自民党の山崎拓前副総裁も、「軍の関与を認めているが、強制
の有無が明確ではない」との認識を示し、「検定に過誤があった場合、
文科相は(省令で)見直しを勧告できる。文科相と話し合う」と発言。
 そして、民主党の鳩山幹事長も、教科用図書検定調査審議会が記述内容
を再検討するよう求める談話を発表。新たに発覚した問題点も指摘した。
<昨日の集会には民主党の菅直人氏の姿も見られた。>

 自民党が参院選で大敗し、何より安倍氏が首相でなくなった効果が、
こういうところにも、現れるのである。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
中休みで「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 
tokyo wa asakara tsumetai ame・・・kyuuni samukunattayo~

「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキングへ
   
にほんブログ村 政治ブログ


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 私にとって、安倍政権の1年の中で、最悪な行為だと思い、また最も
悔やまれることは、国や国民にとって、憲法に準ずる重要な基本法で
ある「教育基本法」を強引に改正(改悪!)されてしまったことと、
さらに教育関連法をアレコレ改正(改悪!)され、国の権限を強め
たり、教育システムを色々と変えられてしまったりしたことだ。

 もちろん私も、今の教育には本当にたくさん問題点があると思って
いる。でも、安倍氏が唱えた「教育再生」には賛同できなかった。
何故なら、彼らが目指していたのは、ピラミッド型の国家を作り、
国のために尽くす国民を育成するための、国家主義的な教育を行なう
ことだったからだ。(ーー;) 

* * * * *
 
 彼らはその一環として、彼らが「自虐的な歴史観」(以下、自虐
史観)と呼ぶものを排除することも目指している。
<安倍氏は、「日本の前途と歴史教育を考える(若手)議員の会」なる
ものを発足させたメンバーのひとりである。当時の代表は中川昭一氏、
事務局長が安部晋三氏、幹事長が平沼赳夫氏。今は、みんな顧問に。>

 そのために、自分たちの主張を取り入れる形での新しい歴史教科書
を作る活動を行なったり、TVの歴史番組に意見をしたり。また、近時
では慰安婦問題を否定し、河野談話を見直すための活動や、南京大虐殺
を否定するための活動なども行なって来た。
<今年、米国議会で、慰安婦問題に関して批判決議が行なわれたのも、
この安倍氏らの動きを警戒したことがきっかけになったと言われている。>

 そして、今まではOKだった「沖縄集団自決には軍の命令(強制)が
あった」という記述が、今年になって急に削除するように検定方針が変え
られたのも、安倍氏が首相になり、彼らと同じ考えの関係者の主張が
反映されやすくなったからだと考えられているのである。(-"-)

* * * * *

 ただ、油断は禁物である。(**)
 自民党には(民主党の一部にも)、麻生氏やW中川氏をはじめ、まだ
まだ安倍氏らと同じ国家観を持っている国会議員や将来の首相候補は、
少なからず存在する。
 彼らが自民党&政府与党の実権を握れば、また安倍氏と同じような
方向で、国の教育のあり方を変えて行こうとする可能性が高いからだ。

<麻生氏は、総裁選の討論会で、わざわざ「自分は自虐史観はとら
ない」と宣言していたほどだ。(`´)>

 前記事にも書いたが、安倍氏が首相を辞任しても、「教育再生会議」
は、しっかりと残されてしまっている。<「美しい国」会議は、解散
になったのに。^^;>

 だから、先に結論を書くなら・・・どうか、このような教育に反対or
疑問を覚える方々は、国や地方の選挙の時に、是非、各政党や候補者
の教育に対する考え方や姿勢を、よ~くチェックして、考慮した上で、
投票する政党や人を判断して欲しいと、切に切に思う。(・・)

<そうしないと、東京都が石原都知事になってから(ある意味で、国を
先取りする形で行なわれている)かなり国家主義的&過度に競争主義的
な学校教育が、日本全国で行なわれるようになってしまうおそれが
ある。(ノ_-。)>

【できれば、後で、もう少しつづきを書きたいと思っているのだけど・・・。
もう十分に長いかな~?^^; 別立てにしようかな~?】

                          THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会のことなどを書き続けたいと思っているので、
頑張れ~と思って下さる方は、励ましのクリックをお願いします。m(__)m
できれば、2つともクリックして頂けると、と~っても嬉しいです。(^^♪
 組織票はないので、記事を読んで下さる方々だけが頼りです!】

                  
↓ 25位枠、マジにギリギリに?!(・・) ご支援よろしくです。 m(__)m

人気blogランキングへ
   

にほんブログ村 政治ブログ
 
↑ 2位もアブナくなったかも~? (ノ_-。) 応援、よろしくです。m(__)m



* * * * *

そして・・・下にあった方が、他のブログに移りやすいようなので、こちらに

 ブログランキングがアブナイ? らんき~な お玉喜八もよろしくです。


<報道&関連記事は、↓Moreの部分に> 

More
[PR]
by mew-run7 | 2007-09-30 08:38 | 教育問題 | Trackback(18)