麻生解散先送りに、ボロボロへの道になると自民、公明から反発が+高橋尚子引退に思うこと

 最新記事の一覧 10月はコチラ、9月はコチラ 

 昨日、女子マラソンのQちゃんこと高橋尚子選手(36)が引退発表
を行なった。exciteコチラ
 高橋選手は、中高大時代もそれなりの成績はおさめていたものの、
有名選手ではなく。本人いわく、ただの陸上好きな少女だったという。
 そして、大学卒業後、教員になるか選手を続けるか迷った末、小出
監督のいた企業に押しかけ(?)入社。98年に名古屋国際マラソン
で優勝して、脚光を浴びたのは26歳になる年で、いわば遅咲きの花
だった。(・・) <小出監督は、学生時代に無名で、実直にトレーニング
に取り組めたからこそ、今の彼女がいると話していたことがある。>

 その後、いくつかのアクシデントに見舞われたものの、前向きな精神
で乗り切って、アジア大会、シドニー五輪、ベルリンマラソンなど、
マラソン6連続優勝を達成。(~~)
 特に35km前で、父親に向けてサングランスを投げて、スパート
したシーンが印象的だった00年のシドニー五輪での金メダルは、
日本陸上界で戦後初の快挙で、国民栄誉賞を受賞した。

 そして、04年のアテネ五輪を目指すも、気象条件が悪かった東京
国際マラソンで2位になったこともあり、陸連の選考会で代表に選ば
れず。五輪のマラソンは、スピードより経験がものをいうことを
考えれば、彼女が選ばれてもおかしくなかったのだけど・・・。そこ
から、彼女の歯車がチョット狂い始めた感じもある。(-"-)

 05年には、小出監督の下を離れ、プロとして自らのチームを立ち
上げて、東京国際で優勝。そして、北京五輪を目指すも、怪我や調整
の失敗に悩まされ、その後は、なかなか思うような走りやレース出場
ができないまま、引退の日を迎えることになった。(・・)

* * * * *

 ところで、彼女が、国民的な人気を得た最大の理由は、人前で苦しい
顔を見せず、いつも前向きな姿勢とQちゃんスマイルを絶やさなかった
こと、そしてその愛想のよさ&礼儀正しさにあったのではないかと思う。
<何かどこにでもいそうな、明るくていい娘さんというイメージも
大きかったかも?(^^♪>

 実際には、男子でもとても耐えられないと言われるようなハードな
練習をこなし続けていて、あまりに自分を追い込む分、骨折や肉離れ
などの故障も多くて、本当に大変な日々を送っていたのだけど。
 それでも、カメラの前に出れば、にっこり微笑む彼女を見て、いつも
本当に精神的に強い人なんだな~と、感服させられたものだった。(・・)
<本人もよく言っているように、何よりも陸上&走ることが好きだった
ということも大きかったのかも知れないけど。>

 これからは、ゆったりした気持ちで、自分のために時間を使って、
色々なことを楽しんで欲しいと思うし。その気になったら、またマラ
ソンに出てみてもいいと思うし。
 
 そして、以前、有森裕子選手が、様々なスポーツの普及活動やボラン
ティア活動をしている話を書いたのだけれど。<コチラ参照>
 Qちゃんは、まさに世界の子供たちに走ることの楽しさを伝えたり、
世界各地で、貧困や病気、戦後の荒廃などで苦しむ子供たちをハッピー
な気持ちにさせて、勇気づけるのには、うってつけの存在であるよう
にも思われるし。
 これからも、彼女の前向きさ&スマイルで、世界の人々に笑顔と
励ましを届けて欲しいと願っている。(~~)
 
 今まで、有難う&お疲れさまでした。m(__)m
 そして、これからもp(*^-^*)q がんばっです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 
 何だかさわやかなQちゃんの話を書いたあとで、ドロドロとした
政界の話を書くのも何だかな~って感じがしてしまうのだけど。^^;

 麻生首相は、やはり解散先送りを決意した様子。(・・) 

 自民党の大島国対委員長は、28日に公明党の漆原国対委員長に
「どんな困難があっても、解散しないで経済対策をやりたい」という
首相のメッセージを伝えて。exciteコチラ さらに、同夜、麻生首相自身が、自民党の細田幹事長とともに、
公明党の太田代表、北側幹事長と会談して、解散先送りに理解を求めた。
 しかし、太田代表は「総理大臣が指導力を発揮するためにも早く国民
に信を問うべきだ」として、来月末までに衆議院選挙の投票を行うよう
あらためて求めたそうだ。<NHK29日より>exciteコチラ
<追記・何かオモテ向きは「ホテルで秘書官と食事」ってことにして
公明党の幹部と会っていたそうで・・・。けど、NHKは朝から、思いっ切り、
自公幹部が出入りするとこの映像を出してたですぅ。(・・)>

 麻生内閣の閣僚は、この決意に理解を示しているようなのだが。自民
党の幹部や一部の議員、公明党にとっては、解散先送りは、決して意に
沿うものではないだけに、不満や不安の声が出始めている。

 何と早くも、『(与党内に)「麻生政権はいつまで持つのか」との
声も漏れ始めた<毎日28日>』、『自民党の実力者の中からは「党内
から『辞めろ』という声がいずれ上がってこないとも限らない」(参院
幹部)と、「麻生降ろし」に言及する声も漏れ始めた<時事通信28日>』
などの記事も見られていたりして・・・。

 何だか、このままでは、麻生首相は、今後の政権&党運営によっては、
国民よりも先に、自党の議員や公明党に見放されるおそれもあるかも
知れない。(・o・)
 
* * * * *

 特に公明党は、9月に約束したはずの総選挙の日程を10月26日
から1週、2週とどんどんズラされていて。各地方支部の学会員は、
何度もスケジュールを変更しながら、11月末までには必ず行なうと
いう話を信じて、選挙の準備を進めて来ただけに。
 こんな間際になってから、「やはり選挙をやらない」と言われても、
納得が行かない部分が大きいだろう。(-"-)

『公明党の太田昭宏代表は28日、党本部での会合で「戦闘態勢は
解かない。12月7日、14日の投開票もまだある」と述べ、先送り
を受け入れていないことを強調。同夜、首相と東京都内で再び会い、
翻意を促す動きも見せた。(中略)
「民主党がどんどんごねれば、それを理由に首相が解散に踏み切る
道もまだ残っている。民主党頑張れ」とエールを送る公明党幹部もいる。
 首相への不信感が高まったのは事実で、公明党幹部は28日「解散
を先延ばししても景気状況はますます悪くなるだけだ。首相はそんな
簡単なことも分からないのか」と述べた。<毎日新聞28日より>』
<ただし、創価学会側は、解散先送りを容認しているらしい?!
太田氏のアピールは、末端会員向けのポーズなのかしらん?
それとも、党として、麻生氏に引っ掻き回されたことの怒りから?(・・)>

excite・・・11月2日の関連記事<コチラ>

* * * * *

 また、自民党内では、党の執行部や幹部の中にも、批判の声を上げる
人が少なくない。

『大島氏が「30日に解散しなければ野党が抵抗し、法案成立は困難
になる。それで行き詰まって解散になったら最悪だ。30日に解散すべき
だ」と進言。<読売新聞28日より>』
『大島氏は「首相には『解散しないと追い込まれてボロボロになる』
と言ったんだが……」とも明かした』
『「早期解散の旗はまだ立っているが、ボロボロだ」。早期解散を
主導した党四役の一人はこの日、敗北感をにじませた。自民党の古賀
誠選対委員長は28日夜の古賀派幹部会で「もうこれで任期満了だな」
と語った。』<以上、毎日新聞28日より>

『自民党の中川秀直元幹事長は27日午後、茨城県日立市で講演し、
衆院解散・総選挙について「(先送りすれば)民主党が再び審議拒否
や引き延ばしを繰り返し、国会が荒れる。麻生太郎首相も安倍晋三
元首相や福田康夫前首相と同じ目に遭う」と述べ、早期解散に踏み切ら
ないと首相の政権運営が行き詰まるとの見方を示した。
 中川氏は「(先送りしたら)何のために福田さんが引き(退陣し)、
総裁選をやったのか分からなくなる」と強調。さらに「2009年度
予算は(来年9月までの)衆院議員の任期を越える。年末の予算編成
前に国民の信を得るのが王道だ」と述べた。<時事通信27日>』  

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 今回、麻生首相が解散先送りを決断した背景には、どうも自民党が
行なった2回目の選挙情勢の調査結果でも、自公で過半数に届く見込み
がないことがわかったからだと言われているのだが。

 そうであるなら、公明党はともかく、少なくとも自民党の議員たちは、
ここで、わざわざ負け戦をするよりも、来年度を目指して、逆転の方策
を練った方がいいと思ったりするとこもあるのだけど・・・。

 ところが、党の執行部や幹部まで、このままではボロボロになると
考えて、早く選挙をしたがるのは、何故なのだろう?(・・)

 おそらく、その最大の理由は、自民党議員の多くが、実のところ、
麻生太郎という政治家や人間を支持していないから、そして麻生氏の
政策や党運営に期待できないからではないかと思ったりする。^^;

* * * * *

 そう。麻生首相は肝心なことを忘れているのである。
 麻生氏は、もともと早期に解散することを前提に、「総選挙の顔」
として、主にその人気やクチの上手さに期待されて、総理総裁に選ば
れたのだということだ。(**)

 だからこそ、福田氏も早く首相辞任して、派手な総裁選ショーを
行なって。党の議員たちや全国の党員たちも、その茶番劇に付き合った
のに。
 しかも、もともと麻生氏はわずか20名の小さな派閥の長にしか
過ぎず。超保守仲間はいるものの、実際のところ、何が何でも麻生氏
を支持する議員というのは、党内には数十名ぐらいしかいないのに。
 早期に解散総選挙をすると言うから、総裁選では、他の派閥の議員も
麻生氏に投票することにしたのに。(・・)

 それが支持率が福田内閣以下。選挙情勢は日々悪化している現状
では、もう「何のために総理総裁に選んだかわからない」「使えない
やつ」だと感じている人も増えているのだろうし。
 しかも、周囲の意見を聞かずに、自らのエゴで解散総選挙を先送り
するとなれば、「話が違うだろ~」「あんなやつを総裁にすべきじゃ
なかった」ってことにもなるし・・・。

 やがて、「やっぱ、麻生じゃ選挙に勝てないんじゃないか」という
声につながった時に、また森氏らの古ダヌキたちや若手が動いたり
して、「麻生おろし」の動きが出始めるおそれもあるのだ。(・o・)
<でも、これぞっていうポスト麻生がいないんだけどね。^^;>

* * * * *

 それに、総選挙が延びれば、民主党もそうだけど、自民党だって
選挙資金で困る人や、士気低下の問題も出て来るし。新たなスキャン
ダルや失言問題が出る可能性もあるし。
 民主党が国会で抵抗すれば、政権運営がもたつくし。年金や医療
問題でツッコまれれば、さらに支持率が低下するおそれもある。

 そうなれば、今の選挙を行なえば当選したであろう議員も、落選
してしまう可能性が出て来るだけに。下手に選挙を先延ばしして
欲しくないと思う者がいても不思議はない。(**)

 しかも、このあたりのことはまた改めて書きたいと思うのだが。
 今後の党内の情勢によっては、麻生氏とも対立している中川秀直氏
のグループが、町村派を離脱したり、下手すれば、離党までする危険性
まであるし。
 さらには、あまり選挙が先送りされた場合&戦況が悪い状態が続いた
場合には、93年の小沢氏らの離党騒動のように、党内が分裂して、
数十人以上が党を出て行くことを懸念する声もあるのだという。(・・;)

そうなったら、まさに自民党はボロボロになるし。ある意味では、
麻生氏によって、自民党がぶっ壊されるという事態も起こり得るかも
知れないわけで。それを危惧する議員もいるのかも知れない。(-"-;)

 まあ、mew的には、自民党がぶっ壊れてくれれば、それはそれでいい
かも~と思う部分もあるのだけど。(・・)de seikai-saihen ne
 逆に言えば、民主党にも色々と懸念すべき状況が生じる可能性も
あるわけで・・・。^^;

いずれにしても、麻生首相が解散先送りの決断をした場合は、民主
党との駆け引きも激化しそうだし。それ以上に、麻生氏は身内である
はずの自民党の議員や公明党とのバトルも大変になりそうな感じも
あって・・・何だか、単に総選挙の日程が先になるというもの以上の
影響をもたらすのではないかと思ってしまうところがあるmewなの
であった。(@@。

THANKS

【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

[PR]

by mew-run7 | 2008-10-29 09:51 | 政治・社会一般