人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!

最新の記事一覧は、1月分・・・コチラ、12月分・・・コチラ
*印のついた報道記事は、記事の最後のMoreの部分にあるです。

 クルム伊達公子選手が、全豪OPの1回戦で、ランキング28位の
カプネ選手(エストニア)と対戦。4-6、6-4、6-8の3時間
近い大接戦のフルセットの末に、敗退した。

 ナマ中継は見られなかったので<一瞬、WOWWOWが見られる家に、
押しかけようとかと思ったけど^^;>、ネットのライブ・スコアと
睨めっこしながら、応援。

 相手のファースト・サービスが、常に170kmを超えていたので、
「WOW!」という感じに。<ダテっくが、150km台>
ともかく、追いつ追われつの展開で。最終セットは、2回ブレイク
されて、もうダメかな~と思ったら、また追いついて。
 ライブスコアだけでも、息が詰まるような試合だったから、もし試合
の映像を見てたら、ホントに呼吸困難になっていたかもですぅ。(@@。

 ここまで来たら勝たせたかった(勝って欲しかった)と思うと、
「超・悔しい~~~」って感じなんだけど。でも、ここまでやれたこと
に「本当に本当に、よくやったな~」という気持ちもあって。
 きっと本人は、mewの何百倍も悔しい思いと、同時に、満足感を
覚えているのではないだろうか?(・・)

 そして、これは彼女が次なるステップに挑戦する気持ちをかき
立てるための、大きな原動力となる試合になったに違いない。(**)

 尚、杉山愛選手は、1回戦を2-0で順当勝ちしたです。(~~)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 本当は昨日、自民党、民主党の党大会について、報道記事を集めて、
ブログの書いていたのだけど。何か一部が消えてしまって、アップ
できなくなってしまったんですぅ~。(ノ_-。)

 というわけで、これは機会があったら、後日にアップすることに
して、今回は別の話を・・・。(・・)

* * * * *

 米国の国民やマスコミはもちろん、日本のマスコミも、今日から明日
は、オバマ新大統領の就任式の話題で持ちきりなのではないかと思う
のだけど・・・。exciteコチラ

  チョット気になるのは、米国の政府関係者から、ミョ~な予言や
警告の言葉が、相次いでいることだ。
 mewは、あまりこの手の話はオモテ立ってするのは好きではないので、
これらの発言を知った時には、ブログには書かなかったのだが。
<ウラでは、個人的にアレコレ情報収集&推理ごっこをしていたり
して。^^;>
 
 昨年10月にパウエル元国防長官が、TVで行なった「オバマ氏が
大統領に就任した場合、 (就任式直後の)1月21日か22日に
大きな危機に見舞われるだろう」と予言。
<文脈から、何らかの経済危機をあらわしたという説もあるのだが>

 実は、同時期に、副大統領に指名されたバイデン氏も、「オバマ氏が
新大統領に就任した場合、6ヶ月以内に国際問題を含む人為的な大きな
危機が起きて、世界がオバマの強さをテストする」と公言している。

 また今月12日には、ブッシュ大統領が、最後の会見で、オバマ次期
政権が直面する最も差し迫った脅威として「米本土への攻撃」を挙げ、
「世界には、米国人に危害を加えようとする(テロリストなどの)敵が
依然として存在する」と警告の言葉を述べていた。

 何かこの他にもいくつかの予言や警告が出ているようで、米国内では
もちろん日本のネット界の一部でも、一体、これらの世界的危機とは
何なのかと、色々な憶測が飛んでいる。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 mewは、ここで推理ごっこをする気は全くないのだが・・・。

 ただ、米政府の中枢にいるorいた、それなりの立場の人たちが、
わざわざ公的な場で、このようなことを言うからには、何かよからぬ
情報を得ている可能性は高いのではないかな~、と思う部分があるし。
警戒をしておくに越したことはあるまい。(・・)

 今、就任式が行なわれるワシントンの会場周辺では、オバマ氏や
家族の身の安全を確保するために、かつてないほどの厳戒な警備体制
を敷いているところだというが・・・。
 彼らの予言や警告は、もっと大きな危機が起きるであろうことを
暗示しているような感じがある。(-"-)

 そんな話もあったので、mewはイスラエルで戦闘が起きたか、ロシア
がEUに輸出するための天然ガスへのパイプラインを止めたなどの
ニュースを見るたびに、ハラハラしてしまう部分もあったのだが。

 おそらく米国だけでなく、世界の人々が恐れるのは、中東地域
の争いやテロ行為が発端になって、第三次世界大戦とも言えるような
大きな戦争に発展することだろう。(ーー) 

<mewは、ソマリア沖に米軍、EU軍やらが集結しているのも、単に
海賊退治のためだけではないんじゃないのかな~って、疑ったりする
部分もあるほどで。^^;> 

* * * * *
 
 そんな中、mewが危惧していたイスラエルのガザ地区への攻撃が、
いったんSTOPすることになったという。

 イスラエルは、18日にパレスチナ自治区のガザ地区に対して、
一方的停戦を発表。停戦の発表後、若干の小競り合いがあったものの
今は、両者とも攻撃はやめている。
 そして、イスラエルは当初、ガザ地区に兵士を駐留させると言って
いたのだが、昨日になって、20日に行われるオバマ次期米大統領の
就任式までに、ガザ地区から撤退を完了することを目指す意向を
示したという。(**) exciteコチラ

 この停戦の背景には、国連の事務総長やEU各国首脳や、周辺
のアラブ諸国からの強い働きかけや、1300人もの死者を出して
いることへの国際批判への配慮や、ハマスの攻撃力が弱化したこと
などもあったと思われるが・・・。
 でも、おそらく最大の要因は、やはり米国側から、かなりの&何かの
働きかけがあったことだろう。(・・)

* * * * *

 米国は、8日の国連安保理が停戦決議を採決した際に、棄権して
いたのだが。
 実は、米国は、ライス国務長官が決議文をとりまとめにも参加して
いて、賛成するつもりだったのに、決議採択の10分前にイスラエル
のオルメルト首相がブッシュ大統領に電話をして、賛成しないように
要請していたという。

『オルメルト首相によると、ライス米国務長官が決議の取りまとめに
動いたため、ホワイトハウスに電話をかけてブッシュ大統領につなぐ
よう要請。大統領は演説中だったが、「米国は(決議に)賛成しては
いけない」と首相から伝えられると、即座にライス長官に指示を出した
という。
 オルメルト首相は、ライス長官が「(決議の)文言を調整、整理した」
と説明。「彼女は自分で用意した決議案を棄権し、恥をかいた」と
述べた。

 マコーマック米国務省報道官は13日、「100%でたらめ」と
オルメルト首相の発言内容を否定した。だが、アラブ諸国の複数の閣僚
はロイター通信に対し、ライス長官が決議を支持すると確約していた
にもかかわらず、ブッシュ大統領の電話を受けて方針転換したと話して
いる。<毎日新聞14日より>』

<ちなみに、パウエル元国務長官も、ライス現国務長官も、イスラエル
とパレスチナの本格的な和平に、並々ならぬ意欲を抱いていたのだが。
2人とも、志を遂げられずに、任期を終えることになってしまった。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 結局、イスラエルは、この国連の停戦決議を拒否。さらに、先週
には、イスラエル軍が、ガザ地区にある国連のパレスチナ難民救済事業
機関(UNRWA)が運営する学校や関連施設などを何箇所か攻撃して、
さらなるヒンシュクを買っていた。(ーー;) 

 mewは、イスラエルは、あえて国連を敵に回すようなことをして、
一体どうしたいんだろうと思っていたのだが。今にしてみれば、これも
米国に何かをアピールするためだったのかも知れない。(**)

 この間、米国は、イスラエル、ハマス側の双方と交渉を続けていた
のだが・・・。

 16日には、ライス米国務長官とリブニ・イスラエル外相が、
ワシントンで、ハマスの武器密輸阻止に向け、米国の協力内容を示した
覚書に調印したということが報じられていた。
 この覚書には、米軍や米情報機関が、密輸を摘発するための探知用
機材の提供や監視要員の訓練に協力することや、『複数あるとみられる
ガザへの武器密輸ルートの摘発に向け、米軍の方面軍である中央軍、
欧州軍、アフリカ軍などが協力すると明記。密輸で生計を立てる人を
減らすため、雇用創出策にも取り組むほか、イランのハマス支援阻止に
向け、国際的に対イラン制裁を強化する方針を盛り込んだ』という。
<NIKKEI17日より>

 他方、ハマスはエジプトと停戦案を協議していたのだが。一時停戦
の条件として、米国側に、イスラエル軍のガザ地区から完全撤退させる
ことを要求していたと伝えられている。(・・)

* * * * *

 おそらく米国は、イスラエルに、オモテに報じられている以上の
何かを約したのだろう。
 米国にとっては、ブッシュが悪の枢軸国と名指ししたイランを
押さえるためにも、また米国の政界、財界を維持するためにも、
イスラエルは重要な存在だからだ。^^;

 オバマ次期大統領は、イスラエルの攻撃に関しては「米国に2人
の大統領がいてはいけない」と言って、ほとんど言及しなかったの
だが。もしかしたらオバマ新政権からも、何らかのメッセージを得る
ことができたのかも知れない。 <何かお約束したとしたら、オバマ
新大統領も了承しているはずだしね。(・・)>

 そして、こちらも様々な意味で、国連よりも何よりも、米国と緊密
な関係をキープしたいイスラエルとしては、オバマ新政権との良好な
関係を築くことを考えて、もともと平和主義のオバマ氏の門出となる
大統領就任式を汚さぬように、いわばご祝儀として、一時停戦&ガザ
地区の撤退を了承したのではないかと思われる。(**)

* * * * *

 ただ、この停戦は「とりあえず1週間」程度のものなのではないか
と言われており、ハマス側の言動によっては、イスラエルがまた攻撃
を再開するおそれが高いという。

 また『米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は10日、イスラエル
が08年初頭、イランの核施設を空爆するため、米国に協力を求めて
いたと伝えた』という報道もあり<毎日新聞15日より>、イスラエル
とイランの関係も一触即発の状態が続いているし。

 しかも、AFP通信によれば、14日に、あのビンラディンが「ガザ
地区に対する侵略を阻止するジハードの呼びかけ」という声明を発表。
 ガザ地区の衝突に対するアラブ諸国の対応や、ブッシュ、オバマ氏
の新旧米大統領を批判し、エルサレムとパレスチナを取り戻すジハード
(聖戦)を呼びかけたという報道も出ていたりして・・・。(-"-)

 これらが上述の予言と関係があるのかどうか別として、他にもアレや
コレやで、中東情勢は、決して楽観視できない状況にある。(ーー)

 それでも、あの好戦的なブッシュ親子に比べれば、オバマ新大統領
&クリントン新国務長官は、対話を重視すると言っているだけ何百倍
もマシだし。その姿勢に期待をしたいとも思っているのだが・・・。

 まずは、オバマ新大統領の就任式が、無事に滞りなく行なわれる
ように。そして、平和を切望する世界の人たちと国際社会の力で、妙な
予言や警告が、杞憂で終わるようにと、心から願っているmewなの
だった。(@@。
                   THANKS  
 
【下の2つのランキングに参加中です。
mewなりに、政治や社会の問題などについて書いて、より多くの人にそれを
伝えたいと思っているので、頑張れ~と思って下さる方は、クリックをお願い
します。m(__)m と~っても励みになるです。(^^♪ 

できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、
記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓ 25位枠遠のく。(ノ_-。) ご支援、よろしくです。 m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ 1位も遠のく。(ノ_-。) アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
 わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」をご参照下さい。
 

by mew-run7 | 2009-01-20 04:25 | 政治・社会一般