日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2009年 09月 13日 ( 1 )

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 テニスの杉山愛選手(34)が、11日に会見を行なって、次の
大会(東レ・パンパシフィック)を最後に、現役を引退すると発表
した。(・・)

 8月に自分を追い込むハードなトレーニングを行なっていて、
「これをこの先も続けていく自信はないな、と思った。続けるのは
体力的にも精神的にも無理かなと思って」引退を決めたという。

 本人はまだ実感がわいていないようで、それまでは、淡々と
語っていたのだが。近時まで愛選手のコーチを務めて、共に世界を
回っていた母親の芙沙子さん(60)から、「常に進化し続ける選手
だった。もう頑張らなくていいよと抱きしめてあげたい」と言われて、
「どん底から引っ張り上げてくれて、トップ10までガイドして
くれたのが母。いなかったらトップ10はなかった。感謝の気持ちで
いっぱい」と涙をこぼしていたシーンが印象的だった。(ノ_-。)

 mew的には、折角、伊達公子選手が復活したので、一度でいい
からツアー大会で、伊達っくと愛ちゃんのダブルスを見てみたいと
思っていたので。それが、チョット心残りかな。(@@)
<今後、エキジビションとかで見られるかも知れないけど。(・・)>

 テニス好きのmewは、杉山愛選手に関して、色々な思いもある
ので、後半に、長々と(?)つづきを書きたいと思うのだけど。

 本当に長い間、おつかれさまでした。m(__)m
 そして、mewは愛ちゃんが、いつも前向きにコツコツと努力を
重ねる姿勢や、その心身のタフさをリスペクトしているです。(**)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 そして、もう一人、mewは、全くリスペクトしていないけど、
首相公邸から私邸に戻った「おつかれさま」の人がいた。(@@)

 麻生首相が、10~11日に、首相を辞めるより前に一足早く、
首相公邸から渋谷区の私邸に引越しを済ませたという。

 麻生氏は、昨年9月末に首相に就任したものの、実際に公邸に
越したのは、今年1月にはいってからだった。
 当初は、昨年の10~12月にも解散総選挙を行なう予定でいた
ことや、首相公邸は生活しにくい&警備や記者の目があって、自由
に行動しにくい(特に夜は?)ことが理由だったと言われている。

<麻生氏は、よほど夜の行動をガマンしていたのか、選挙の翌日
には「いつからバーに行っていいのか」と周辺にきいていたそう
なのだが。^^;
 16日に首相を退いたら、いくらでも好きなだけ、バー通い
でもレストラン通いでもしてちょ。_(._.)_> 

 その麻生首相が、総選挙の惨敗を認識しつつ、こんな発言をして
いたという記事が、文芸春秋10月号に載っていて。mewは、
ビックラしてしまったとこがあった。

『開票前の三十日夕、首相官邸に寄せられた民放の出口調査の情報
は、官房長官・河村建夫ら側近を驚愕させた。さすがに「現職首相
の落選」に備えたシミュレーションは行われなかったが、河村らは
マスコミ各社からの情報収集に血道を上げた。

 そして、「民主大勝、自民大敗」の情勢を伝えるために公邸入り
した河村に続き、午後八時からの開票直前には幹事長・細田博之も
自らの辞意を伝えるために公邸に入った。

「ゲームオーバーだな。しかし自民党の基盤である地方組織が
残っている。これをきっちりと強化していかなきゃならん。総裁選
でも、地方組織をかませていく必要がある」

 麻生は河村と細田にこう語った。総裁選は特別国会後に行い、
首班指名では自民党議員に「麻生」と書かせる算段だった。そして、
二人を唖然とさせたのが、麻生の次の一言だった。

「総裁選に手を挙げる者がいなければ、俺が立候補してもいいぞ」

 漢字だけではない。最後の最後まで、麻生は空気が読めなかった。』

* * * * *

 これが、麻生氏特有のジョークであったなら、満点大笑いして
あげるのだけど・・・。
 河村氏と細田氏が唖然としたところを見ると、半分、マジで
言っているようにきこえたのではないだろうか?(@@)

 mewには、チョット思い当たる節があるのだ。

 麻生氏は総選挙翌日の31日に会見を行なって、「責任をとって
総裁を辞任する」と語ったものの、党内でアレコレもめるまでは、
総裁選の投票が行なわれる28日まで、正式に辞任するつもりは
なかったのである。^^;

 31日の会見でも、記者に「首班指名で、麻生総裁の名をみんな
が書いてくれると思うか?」ときかれて、「少なくとも今の段階で
党で最終的にそれが決まれば、そうなると思う」と答えているし。
 しかも、記者に総裁選への出馬について問われ、「今の段階で
まったく考えていません」と答えていた。
<mewはこれを聞いた時、一瞬、「今は考えてないけど、後から
考える気があるわけ~?」とツッコんでいたですぅ。(・・)>

 結局、コチラの記事にも書いたように、党内で「首班指名で、
麻生氏の名を書きたくない」という声が大きくなったために、
麻生氏は8日の両院総会で、16日に総裁を辞任すると発表。、
全員で、若林両院総会会長の名を書くことになったわけだが。

 党内で麻生批判が出なければ、麻生氏はずっと総裁を続けて、
首班指名で自分の名が書かれるのも当たり前だと考えていたし。
 もしかしたら、心のどこかでは、チャンスがあらば、総裁選に
もう一度出馬したいとか、せめてギリギリまで総裁をやって、総裁
選に自分の影響力を行使したいと考えていたのかも知れない。(-"-)

<総選挙の当日に、早くも総裁選の話をして、「地方組織をかませて
行く必要がある」と語ったのも、自分が昨年9月の総裁選で地方票
の大部分をとったことがアタマにあったのかな~と、思ったりして
しまったところもある。(ーー゛)>

 コチラの記事で、麻生、安倍氏らが、自民党を自分たちの思想に
合わせて、超保守政党として再建しようと考えているという話を
書いたけど・・・。
 彼らも、森氏らに劣らず性懲りのない面々なんだな~と、改めて
思ってしまったmewなのだった。(>_<)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


  杉山愛選手の話に戻ろう。

 実は、mewは、愛ちゃんに謝らなくてはならないことがある。
 というのも、mewは、彼女が世界のツアーで、ここまで上位に
なって、ここまで長くプレーするとは思いもしていなかったからだ。
 愛ちゃん、ごめんなさい。m(__)m

 というのも、杉山選手は4歳からテニスを始めて、ジュニアの
世界ランキングで1位になったのだが。彼女は、某カトリック系
のお嬢様学校の出身で、見た目も名前も愛らしく。体格にも恵ま
れず<163cm>、コレぞという武器もあるように思えず、
世界を回ってバリバリに戦うような感じには見えなかったからだ。^^;

 1990年代半ばぐらいから、女子テニスも大型化、パワー化が
進み、180cm以上で筋力の強い選手が増えて行くようになって
いた。しかも、新ルールの下、ランキングを上げたり、高位置で
維持したりするには、ほとんど休ます、世界を転戦し続けなければ
ならない。(-"-)
 そんな中、TOP10で活躍するようになっていた伊達公子選手
<163cm>も、精神的なモチベーション維持はもちろん、故障
の対処や体力、筋力の維持に苦労させられたこともあって、26歳
の若さで、引退を決意することになったのだけど・・・。

 でも、愛ちゃんは、ともかく大会に出続けて、コツコツと努力を
重ねて、ジワジワと上昇。<しかもスゴイことに、彼女は単だけで
なく女子複にも、時には混合複まで出場しているのよね。(@@)>
 そして、20代半ばになって、99年~00年に全米の混合複、
全仏、全英の女子複で優勝して、ダブルスで世界ランキング1位に
なって。30歳近くなった03~04年に、シングルスでもTOP
10入り(最高8位)、全英でベスト8入りを達成したわけで。
 まさに、mewの好きな言葉でもある「継続は力なり」<の世界
レベル・バージョン>を地で行くような選手だったのだ。(**)

 しかも愛ちゃんは、何と17歳で世界デビューしてから、四大
大会を1回も休まず、62回連続で出場するという世界的大記録も
更新中だった。(~~) tetsujin-kinugasa mo massao no kiroku yo! 

 本人は、会見で、長く続けられた理由を、「テニスへの思い、情熱
が一番にある。あとは大きなけがをしない丈夫な体に生んでくれた
両親に感謝したい。トレーニングも技術も、少しでもいいプレーを
目指してやってきた」と述べていたのだが。
母親が「身近でみていて年齢を重ねるごとにメンテナンスの時間が
長くなっていた。テニスやっている以外は、トレーニングかメンテ
ナンスがほとんどだった」と語ったように、特に30を過ぎてからは、
1年中休まずにツアーを回って、心身を維持し続けることは本当に
大変だったと思う。(・・)

 その後は、思うようにプレーできなかったり、勝てなかったり
することも多くなって、すごく悩んでいた時もあるようだけど。
この夏、最後の最後まで、向上心を持ってトレーニングや試合に
取り組んでいた愛ちゃんは、本当にエライと思うし。
 そのことを考えると、尚更に、心から「よく頑張った&おつかれ
さま」と、言いたくなる。m(__)m

* * * * * 

 ただ、彼女のブログやインタビューなどを見ていて感じること
だが。彼女は、その持ち前の明るさ、人懐っこい笑顔ゆえか、他の
国の選手や、他のスポーツ、世界の人たちとの交流する機会も
かなりあったようで。それは、彼女の今後の財産になるのではない
かな~と思ったりもする。(~~)

 選手引退後は、ジュニアの育成など後進の指導やテニスの普及
など「スポーツを通じて多くの人に恩返しできたらいいと思う」
とのこと。また、一部では「いい方がいれば、いつか結婚したい」
と“婚活”突入も宣言したとの報道もされていたが。
<話すのも得意なので、TVのリポーターとかも出来そうな感じ。>

 「アイちゃん」と言えば、他にも卓球の福原愛ちゃん、スキーの
上村愛(子)ちゃん、ゴルフの宮里藍ちゃんなどなど、有名な
女子スポーツ選手がたくさんいるのだけど。

 mewにとって、「愛ちゃん」と言えば、誰より真っ先に浮かぶ
のは杉山愛選手のことだし。
 もう十何年も、愛ちゃんの試合の結果をチェックし続けていた
mewとしては、それができなくなるのは寂しい限りだ。(ノ_-。) 

 でも、愛ちゃんにしてみれば、ともかく、十何年ぶりかで、ゆっくり
休んで、日本にも長期滞在できるようになるのだから。まずは、
今までできなかったことを色々とエンジョイして欲しいかなと。<気が
向いたら、伊達っくのように、カムバックしてもいいし~?"^_^">
 そして今は、また新たな世界で活躍する愛ちゃんの姿を、楽しみ
にしているmewなのだった。(@@)

                      THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓もう1度、25位枠を目指すぞ~!皆様の支援があってこそ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑ また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 解散総選挙&政権交代に向かって、当ブログと一緒にウヨ保守系
の伏魔殿ランキングでコツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル
&平和志向系ブログの応援キャンペーン中です。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 

[PR]
by mew-run7 | 2009-09-13 12:01 | 政治・社会一般 | Comments(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7