日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2009年 09月 28日 ( 1 )

最新の記事一覧・・・9月分は、コチラ。8月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 クルム伊達公子選手が、世界テニス・ツアーの韓国オープンに
優勝した。(*^^)v祝

 昨日が38歳最後の日だった伊達選手は、決勝で第2シード、
世界ランキング23位のメディナガリゲス選手(スペイン)と
対戦して、6-3,6-3のストレートで勝利。
 83年にBJキング選手(米国)がマークした39歳7カ月に
次いで史上2番目の高齢優勝となった。(・・) <ちなみに、これ
までの2位は、何とあのナブロチロワ選手だったんだって。(・o・)>

 伊達選手は、昨年の9月から世界ツアーにも復帰。善戦が続いて
いたものの、予選に通れない大会もかなりあったり。本選に8回
出たものの、最初から強い相手と当たることが多くて、初戦敗退が
続いていて。近時は、脚の痙攣にも悩まされていたりで。本人も
かなりイラ立ちや焦りが募るところがあったと思うのだ。(-"-)

 実は、伊達選手はその前に中国の大会に出ていて<ダブルスで
準優勝>、先週、韓国オープンに繰り上がり本選出場が決まって、
急遽、この大会に出ることになったのだけど。大会前には、
ともかく1回勝ちたいと、目標を書いていた。
 今回もランキング的には、上位の選手ばかりで、フルセットで
何とか勝ったという試合も多かったのだが。準々決勝で、第1シード
のハンチュコバ選手を撃破したのも大きかったかな~と思う。(・・)

 また、世界ツアーに参加してから、なかなか思うように会う時間が
とれなくなっていた夫のミカエルも、今回は、日本と韓国を往復
しながら、伊達っくをサポート。精神的に落ち着いて、体もよく
動いて、楽しくプレーができたのも大きな勝因だったかも知れない。
<でも、ブログを見ると、毎日TV電話やメールで連絡をとり合って
いて、ホントいつもラブラブなのよね。"^_^">

* * * * *

 以前から、伊達っくファンだったmewは、彼女が復帰してから、
ブログでも、彼女のことをかなり書いて来ていたのだけど。
 こうして世界ツアーに優勝する日が来るなんて、本当に嬉しいし。
彼女の前向きさと日々の努力に、改めて敬意を表したいと思う。(~~)

 でも、伊達選手は優勝の余韻を楽しむ間もなく、帰国の途に。
 というのも、昨日から日本で始まっている東レPPOに主催者
推薦で本選出場することになっていて。何と今日の夕方には、
もうシングルス1回戦の試合があるからだ。(・o・)

 この大会は、引退を発表した杉山愛選手の最後の出場大会にも
なっていて。昨日は、引退セレモニーも行なわれたのだけど。
 愛ちゃんはセレモニーでは涙、涙だったものの、ダブルスの
試合では、しっかり1回戦を突破していたですぅ。(~~)

 2人とも、是非、いいプレーを見せて欲しい。p(^-^)q gamba!

* * * * *

 テニスの話が長くなってしまったけど。昨日は、大相撲の秋場所
で、この日、29歳の誕生日を迎えた朝青龍が、優勝決定戦の末、
白鵬を下して、初場所以来となる4場所ぶりに優勝。(*^^)v祝
<またガッツポーズしちゃったので、何か言われそうだけど。^^;
鳩山首相が、早速、表彰式に来てたですね~。(・・)>

 競馬の神戸新聞杯では、デビュー以来、妙に名前が気になって
いた「イコピコ」with四位騎手がレコード勝ちを。(*^^)v祝
 産経オールカマーは、中山王者(?)のマツリダゴッホが、
横山ノリ騎手を背に逃げて、3連覇を達成。(*^^)v祝
 ・・・などなど、印象に残る試合やレースの多い1日だった。

<みかりんは、騎乗停止期間が過ぎたけど。今週の大井は乗らない
みたいだね~。(-"-) やっぱ除Xの話は本当なのかな~。(@@)>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 さて、今日28日は、自民党の総裁選が行なわれるのだけど。

 今回の総裁選は、議員票199、地方票300の計499票で
争われることになっている。

<ちなみに、前回までは、地方票は各都道府県支部X3票の
141票しかなかったのだが。9月の初めに、麻生執行部が、
もっと地方の意見を重視すべきだとして、配分を変えた。
 麻生前総裁は、地方票が強かった&もう1度、総裁選に出る気
もあったので、そう決めたのかな~と思ったりもして?(@@)
(再出馬については、コチラのentry参照)>

 各社の報道によれば、谷垣禎一氏が、議員票の過半数を確保。
<もしかしたら、130~50票ぐらい行くかもという話も。^^;>
また、河野太郎氏と競っていた地方票も、過半数を超える見込み
で。当初の予測通り、優勢は変わらず、流れによっては、圧勝に
なる可能性もあるという。(**)

* * * * *

 各地方支部における自民党の党員による投票は、昨日が締め切り
だったのだけど。どうやら、前回の総裁選よりも投票率がかなり
低くなりそうだという話が、アチコチに出ていたのだが。何だか
それも、頷けてしまうとこがある。(・・)

 実際、mew周辺のやや保守系orもともとは自民党支持者だった
人たちも、「あの3人の中に、投票したいと思う人がいない」と
言ってたし。<その前に「西村って、誰?」という声が。(@@)>
 もしmewが自民党党員だとしても、マジに困ってしまうこと
だろう。^_^;

 「どうしても誰かに投票しなくてはいけない」となったら、
「やっぱ谷垣かな~」という人が多いし。
 mewも、超保守の西村氏は「あり得ない」、「小さな政府&
改革」論&若過ぎる過激発言の河野氏はアウトで。森氏らの影響
があるのはイヤだけど、結局、もともとごヒイキの谷垣氏を選ぶ
ことになるのではないかと思われ・・・。
 そんな感じで、実際の総裁選も、いわば消極的な選択として、
谷垣氏が選ばれるのだろうと思うのだけど。

 ただ、もし谷垣氏に総裁が決まったら、追々今後のことを
書こうと思うけど。おそらく谷垣氏では、何となく党内を
落ち着かせて、曖昧&まやかしっぽくまとめて、新たなスタート
を切ることはできるかも知れないが。
 いわゆる「解党的出直し」による「党再生」を行なうことは
難しいだろうし。次の選挙に向けて、民主党との対立軸を鮮明に
打ち出したり、国民からの大きな注目や期待を受けたりすること
も、難しいのではないかと考える。(-"-)

 結局、今回の総裁選は・・・、
1・選挙以前に、党が再生するために目指すべき方向性が固まって
いないこと
2・本来、次世代リーダーとして、前面に立って、党再生に取り
組むべき50代の中堅議員が、ひとりも出馬しなかったこと
3・相変わらず、長老組の森、青木、古賀氏や派閥の領袖などが、
総裁選に影響力を及ぼそうとしたこと
・・・などなどによって、何だか、最初から、半分以上、失敗に
終わっていたようなところがあるのではないかな~という感じ
がある。(ーー゛)

* * * * * 

 ちなみに、今回、西村康稔氏が急遽、参戦した背景には、森氏ら
が、世代交代を求める河野氏ら若手議員を分断しようとする意図が
あったのではないかと報じられているのだが。
 mewは、以前も書いたように、安倍元首相の子分格である
西村氏の出馬には、いわゆる日本会議系の超保守勢力の受け皿に
する目的もあったのではないかと考えている。(・・)

 谷垣氏も、日本会議の議員懇談会の幹部をやっていたことが
あるし。伝統や家族などを大切にすることを訴えていて、やや
保守タカ派的な思想は持っているのであるが。
 彼は、安倍氏らほど、戦後体制や現憲法、今の歴史教育を強く
否定したりするような、強い超保守的イデオロギーは有して
いないので、そのような思想を持つ議員には、かなり欲求不満
な部分が残ると思われるからだ。(>_<)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 実際、西村氏は、TV等でも、憲法改正や教育再生などの話も
持ち出すようになっていたし。<しかも、印象に残る首相には、
しっかりと安倍祖父の岸信介氏の名を出したりもして?^^;yoisho>
 そして、安倍元首相自身も、25日には、自分のHP&メルマガ
コチラ>で、西村氏を支持することを表明していた。^_^;

 『今回の自民党総裁選、私は西村康稔議員を支持します。
 私が重視するのは外交、安保、教育政策ですが、彼は私が進めた
主張する外交路線の支持者であります。(中略)
 教育についても教育再生推進派であり、また外国人地方参政権、
危険な人権擁護法案、夫婦別姓等には反対を表明しており、
しっかりとした保守派の候補です。
 河野氏には党改革へむけた突破力も期待できますが、保守の理念
のはっきりした西村氏に投票する事にいたしました』って。

<これを見ると、やっぱ谷垣氏には、期待してないのかな?^^;>

* * * * *

 で、mewは西村支持の話をきいて、久々に安倍晋三氏の
HPを覗いてみたのだけど・・・。
 安倍っちが、首相時代から、全く変わっていないことに、
呆れてしまったというか、ある種の驚愕さえ覚えて、絶句
してしまったとこがあった。(゚Д゚)

 だって、HPのTOPに、まず「美しい国、日本」の文字が
ド~ンと出て来ちゃうし。^^;
 政策のとこを開くと、『「美しい国、日本」を目指して』という
タイトルと共に、首相時代からよく使っている腕組み写真が載って
いたりして。<コチラ
 さらに、相変わらず「美しい国創り」構想の2本柱だった「教育
再生」「憲法改正」の文字が。(・o・)<+「外交」に関する記述も>

 そして、中身を読んでみると、各コーナーとも、自分が安倍内閣
の時代にいかにこれらの政策を推進したか、自慢を書き並べて
いたりして。^^;

<教育再生では、mew的には最悪だった教育基本法改正について
やれ「公共の精神」「道徳心」「国や郷土を愛する心」を書き
込んだとか。国旗「日の丸」、国歌「君が代」の教育指導に力を
入れる必要が云々とか。おまけに、メルマガでは、性懲りもなく
日教組批判をやってたりするしね~。_(_^_)_>

 憲法改正の欄では、またまた「戦後レジームからの脱却」の宣言
を行なったりしているし。(-"-)
<妙にリンカーンの誕生日の話にこだわってるのも不思議。^^;>

 外交では、『金正日体性に核兵器をはじめとする大量破壊兵器
への野望を放棄させるため、「圧力と対話」の原則を貫いていく
ことが重要です。今後は「圧力」に重点を置いて厳しい対応で
臨むべきです』と、相変わらずの強硬路線を主張していて。
どこが「圧力と『対話』」の原則なのかわからないし。^^;
<麻生くんじゃないけど、金正日「体制」みたいに、ところ
どころの漢字の間違いもあったりして。_(。。)_>

* * * * *

 まあ、確かに、国家観は大事だし。よく言えば、ぶれない思想、
信念があるとも言えるのかも知れないけど。
 悪く言えば、そこに固執し過ぎて(イッチャっていて?)他のこと
が見えなくなっていたり、政治家としての学習や成長が止まって
しまっているとこもあるのではないかと。(-"-)
  
 安倍内閣は、そんなことばかり考えていて、経済格差や国民
生活の対策を講じなかったから、自民党が、07年の参院選で惨敗
して、そのままズルズルと行って、09年の衆院選で大敗すること
になってしまったのに。それには気付いていないのか。
 このメインの「政策」のコーナーには、今、一番国民が関心を
持って、国政に求めている国民生活や社会政策に関することは、
全く載せていないのはいかがなものかと・・・。(>_<)

 自民党は、この超保守のイッチャッった系の人たちをどうにか
しない限りは、少なくとも「国民政党」として再出発はできない
だろうな~と、つくづく思わされたmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓上位に行くとアクセスが増えるので、応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑また上位を目指して。アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと一緒にウヨ保守系の伏魔殿ランキングで
コツコツと頑張り続けている生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援を!(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
by mew-run7 | 2009-09-28 06:24 | 自民党について | Comments(7)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7