日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2012年 11月 28日 ( 2 )



  これは、11月28日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 『嘉田新党「未来」に「生活」「脱原発」+αが合流して、第四極がついに結集』のつづきを・・・。

 昨日、未来の党の嘉田代表が、会見の中で、維新の会の橋下代表代行からメールを受け取ったことを明らかにしていた。

『嘉田氏が会見で読み上げたのは、橋下氏から届いたという「応援メール」。
「絶対に党首を引き受けるべきだ。原発問題に徹底して論戦しよう。次世代への捨て石になろう」(産経新聞11月28日)』

 しかし、その橋下氏は、嘉田知事が未来の党を結党したことに関して、このような発言をしているという。

『日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は27日、嘉田由紀子滋賀県知事の新党「日本未来の党」結成表明について「脱原発グループが新しくできるが、彼らがどれだけ高い目標を掲げようと絶対に実行できない。実行した経験がないからだ」と批判した。
 嘉田氏については「知事としての経験はあるが、国会議員や政治グループを束ねた経験はない」と指摘し、統率力を疑問視した。山形県酒田市での対話集会で語った。(共同通信11月27日):

 橋下氏は、実際には「僕は政治グループを束ねてきた自信があるが、嘉田知事はその経験がない。脱原発グループができても、何もできないのではないか」という言い方をしたようなのだが。
 mewは思わず、「よく言うよ」とつぶやいてしまった。(-"-)

 橋下くんが率いて来た政治グループ(大阪維新の会)は、大阪だけで活動する地域政党であって。国政政党になってからは、まだ2ヶ月も立っておらず。まだ、まともに国会対応をしたこともないし。国政選挙に臨むのも、今回が初めてなのだ。
 しかも、他党から引き抜いた国会議員と最初っから対立して、バタバタしていたし。先月、合流した太陽の石原代表&ベテラン議員には見下れていて、すっかり党を乗っ取られたような状態にあるというのに、「国会議員や政治グループを束ねてきた自信がある」などと言える人の神経がmewにはわからないっす。(~_~;)

* * * * *

 しかも、つい先月まで、自らのクチで「2030年までに原発ゼロにする」と主張していたくせに。原発推進派の太陽と合流した途端、あっさりその政策を取り下げ、いきなり目標年限を示して、原発ゼロ方針を掲げる政党を批判するようになっているわけで。こんなに自分の発言に責任を持たず、短期間のうちにコロコロと言うことを変える政治家も、珍しいのではないだろうか?(@@)

 毎日新聞が、橋下氏の原発に関する発言の変遷をまとめておいてくれたのだが。これを見ると、本当に呆れてしまうです。_(。。)_

<ちなみに維新の会と太陽が合流のために政策協議を行なっていたのが、11月17~8日なのよね。>
 
『◇脱原発を巡る橋下氏の発言の変遷◇

(4月24日)電力供給体制の改革をやる。可及的速やかに原発廃止という文言に集約しないと政治的なエネルギーが生まれない。

(8月9日)電気料金はそんなに問題にならない。2030年原発ゼロに向け、道筋を見せれば絶対いける。

(10月24日)安全性は当然だが、国を強くするために原発依存度を下げる。2030年代ゼロの方向性を目指すべきだ。

(11月18日)原発稼働のルールを再確立し、電力市場を自由化すれば、結果として新しい電力供給体制に転換する。原発ゼロを打ち出すことが問題ではない。

(11月24日)脱原発と言っている人はどういうプロセスでやるのか。選択肢ができてないのに2030年代ゼロなんて言えない。スローガンだけでは実現できない。(毎日新聞11月27日)』

* * * * * 

 みんなの党も、ついに太陽との合併後、すっかり石原慎太郎氏&「た」党議員に毒されてしまった橋下徹氏&維新の会に愛想をつかしたようで。昨日、維新の会と合流しないことを決め、正式に発表した。

 みんなの党は、橋下氏が大阪府知事の時代から、大阪都構想などに共感して同氏と交流。昨年は、W選の支援や法案作りなどにも協力していたし。みんなの党の方が、太陽の党よりもはるかに政治理念や政策が重なっていて、連携相手としてはふさわしいと思うのだけど。

 みんなの渡辺代表は、橋下氏に「合流してほしいというのであれば、太陽の党との合併を白紙に戻してほしい。維新の会の原点に戻って欲しい」と要請したものの、維新の会も、もはや石原代表&太陽議員と別れることなどできるはずもなく。両者の協議は平行線のまま終わったという。

『みんなの党と日本維新の会の合流が見送られることになった。みんなの渡辺喜美代表は27日夜、記者団に「(維新に合流した)旧たちあがれ日本の方々は、全然我々と立場が違う」と合流断念を表明。総選挙に向けて合流を探った両党の決別は、決定的となった。

「原発はゼロにするという人と原発は残すという人が一緒になってうまくいくわけがない」
 27日午前、地元・栃木県那須塩原市で後援会の会合に出席した渡辺氏の声は、怒気をはらんでいた。(朝日新聞11月27日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 みんなの党と太陽と合併後の維新の会との関係が悪化したのは、何も維新の政策が大幅に変わったからだけではない。

 みんなの党は維新の会は、先月から連携or選挙協力を行なうことを視野に入れて、政策協議を行なうと共に、選挙区の調整なども話し合う予定になっていたのだが。
<当時は、関東に強いみんなの党と関西に強い維新の会で、うまく棲み分けを行なうという方針を立てていた。> 

 ところが、維新の会は太陽と合併した途端、みんなの党と相談することもなく、次々と石原氏が強い東京&その周辺を中心に公認候補を擁立することを決めたため、候補者が競合する選挙区が、あっという間に27まで増えてしまったのだ。(・o・)

『旧太陽が合流した17日以降、維新は石原慎太郎代表(前東京都知事)の知名度が高い東京を中心に擁立を進めている。競合区は東京で9選挙区、神奈川で6選挙区と首都圏に集中し、両都県で全体の半数を超える。維新が地盤とする関西では京都の2選挙区のみで、維新側が一方的にみんなの地盤を侵食する形となっている。26日現在で両党の競合選挙区は27に拡大した。(毎日新聞11月26日)』

* * * * *

 『橋下が切羽詰って大迷走&「政策はチャンポン、候補者はジャンケン」に走る? 』にも書いたのだが・・・。

 みんなの党は、結党してから3年間、地道に各地に300箇所以上の政党支部を設け、地方議会の議員も200名以上当選させるなど、地盤を広げて来た。
 今回の衆院選も、早くから候補者を選定を行なっており、選挙準備のために2
3年かけて地元での活動を行なって来た人もいる。

 それにもかかわらず、石原維新の会が、あとから急に同じ選挙区に候補者を擁立したいから調整しろと出して来たわけで。みんなの党としても、簡単に譲歩するわけには行くまい。(・・)

* * * * *

 実は、維新の会の内部でも、同じようなトラブルが生じているという。
 太陽との合併前に公認候補の擁立を決めてあった選挙区に、太陽側が候補者を擁立すると言い出して、はじき飛ばされた候補者が何人か出ているというのだ。(@@)

『「隣の選挙区に移ってくれ」。20日夕。数時間前に大阪で維新の公認証を受け取ったばかりの福岡県の男性は、福岡に帰る途中に松井一郎幹事長の電話を受けた。
 出馬予定の選挙区に太陽系列の候補が立つ-。松井氏の説明に拒否を伝えると念を押された。「党首は石原さんだから」
 前日に公認内定の知らせを受け、チラシ約1万枚を発送済み。公認証は残ったものの、中ぶらりんの状況が続く。「二重行政を変えたい維新が東京と大阪で二重行政。橋下維新はどこにいった」。恨み節が口を突いた。

 同県内の別の男性は太陽との合流2日前に面接を受けた。提示された選挙区は既に太陽の新人が名乗りを上げていた。
 「戦っていいのか」。松井氏は「全力で戦って」と応じた。翌日、合流方針が明らかになり党本部に問い合わせると、返答は「先に手を挙げた太陽が優先。あなた(の公認)はない」。決意は急激になえた。「政策が違うのにバカなことを。維新が変わってきよる」

 トップダウンで独走する党執行部に、選挙の実動部隊からも不協和音が漏れる。大阪維新時代から活動する府議は、面倒を見てきた福岡の候補予定者の差し替えを知り、松井氏に抗議。党の現状に肩を落とす。「急ごしらえで東京と大阪はバラバラ。内部はガタガタや」(西日本新聞11月26日)』

* * * * *

 mewは、橋下代表代行や松井幹事長が、どうしてそこまで石原太陽側にへ~こらして、相手の言いなりになるのか理解不能なのだが。<資金&組織力で太陽に頼るしかないのか。それとも何か弱みでも握られているのかしらん?^^;>

 橋下氏は、この27もの競合選挙区を解消するには、みんなの党と一党に合流すれば、話が早くつく<みんなの党にも譲歩させやすくなる?>と考えたようで。
 23~4日になって、いきなりみんなに合流を呼びかける作戦に出た上に、27日までに結論を出せと迫ったのである。<しかも、競合する選挙区の擁立候補は「じゃんけんで決めてもいい」とか言って。^^;>

 しかも、維新の会の太陽側の議員が、26日になってみんなの党側に、都知事選で選挙協力をするために行なった政策協定を破棄を通告して来たとのこと。<石原氏の考えと合わなかったのかな?^^;>

 結局、渡辺氏は27日に、維新の会との合流を断念することを決意するに至ったのだった。

『渡辺氏は同日、栃木県大田原市で記者団に「選挙のための合流は政治不信を招く。橋下氏には電話で話をさせてもらった」と語った。渡辺氏は、複数のみんなの党幹部にも「合流しない」と明言した。橋下氏が、石原慎太郎前東京都知事率いる太陽の党と合流したことへの反発が原因とみられる。(毎日新聞11月27日)』

『維新と合流した太陽の党のメンバーに関し「理念と政策がかなり違う」と重ねて強調。「ここで選挙のために合流して選挙後に分裂騒ぎになるなら、最初から一緒にならない方がいい」と指摘した。(時事通信11月27日)』 

 まあ、みんなの党にとっては、橋下維新の会の連携して選挙&政治活動をできないのは、残念なことだろうし、ある意味では痛いことだったのではないかと察するのだが。
 でも、石原維新の会と無理に一緒になれば、アジェンダを大切にする政党が野合をするのかと批判された上に、折角3年かけて来た党がボロボロにされるのは目に見えているだけに、mewは、合流をやめたのは妥当な判断だったのではないかと思う。(・・)

 それにしても、暴走老人・石原代表と太陽族の傍若無人ぶりや、橋下氏のへ~こら&コロコロぶりには、呆れるほかないのだけど。それでも石原維新の会に期待する国民が少なからずいることに、呆然とさせられるしかないmewなのだった。_(__)_

                           THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2012-11-28 16:28 | 政治・社会一般 | Trackback(1)

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 前記事『嘉田新党&小沢構想と第四極+民主TPP反対でもOK+太陽に困る維新』の続報を・・・。

昨日27日、滋賀県の嘉田知事が、新党「日本未来の党」の結成を発表。
 その直後に、小沢一郎氏率いる「生活」が解党&新党への合流を決定。亀井静香氏が作った「脱原発」、みどりの風の衆院議員3人も新党への合流を決めた。
<元社民の阿部知子氏も合流する予定。社民と大地は、連携する意向は示しているものの、合流はしないという。>
 これで、民自公(社共)の既成政党に対抗する勢力として、維新の会中心の第三極とは別に、「卒原発」を旗印とする第四極が誕生したことになる。(・・)

 他方、第三極では、みんなの党が日本維新の会と合流しないことを発表。維新は選挙戦略が大きく崩れることになった。^^;

* * * * *

 滋賀県の嘉田知事は、27日に会見を開き、びわこ宣言と新党「日本未来の党」の結成を発表した。

『滋賀県の嘉田由紀子知事(62)は27日午後3時過ぎから大津市内のホテルで記者会見し、新党「日本(にっぽん)未来の党」を結成する、と表明した。原発を段階的に削減する「卒原発」など六つの主要政策を掲げ、「未来をつくる政治の結集軸」を目指すとした。

 嘉田氏は知事のまま代表に就く。任意団体としてスタートし、政党を含む幅広い層に賛同者を募る。代表代行には脱原発を訴える環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が就任する。

 「卒原発」以外の政策の柱は、「活女性、子ども」誰もが居場所のある社会を実現▽「守暮らし」生活に対する不安を取り除く▽「脱増税」消費増税の前に、徹底してムダを削除▽「脱官僚」国民・地域の立場に立った行政・司法に改める▽「誇外交」食品の安全、医療制度を守り、品格ある外交を展開、とした。

 嘉田氏は「びわこ宣言」も発表。東日本大震災後初の国政選挙であるにもかかわらず、原発のない社会に向けての議論は不透明なままだ、と指摘。「自民党はこれまで原発の安全神話をつくり、事故への備えを怠り福島事故に対する反省は一切なく、原発推進ともとれるマニフェストを発表した」と批判した。

 そのうえで「多数の原発が集中立地する若狭湾(福井県)に近い滋賀県、琵琶湖をあずかる知事として、国政にメッセージを出さないことは、これまで琵琶湖を守ってきた先人に対しても、子や孫に対しても申し訳が立たない。国民の信頼を取り戻し、国民が希望を持つことができる、未来への選択肢となる新しい政治の軸を立てる」と決意を表明し、賛同を呼びかけた。

 びわこ宣言の賛同者には京セラ名誉会長の稲盛和夫氏、音楽家の坂本龍一氏、俳優の菅原文太氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、脳科学者の茂木健一郎氏が名前を連ねた。(朝日新聞11月27日)』

* * * * *

 mewは、前記事で、小沢一郎氏が周辺の人を通じて、嘉田氏に新党結成を促した(仕向けた?)という可能性も否定できないと邪推してみたのだが。
 やはり、今回の新党結成には小沢氏が動いていたようで。複数のメディアがそれを伝えていた。

 嘉田知事に対しては、みんなの党、維新の会が早くから出馬を打診していたものの、嘉田氏はこれを固辞していたとの話もあるのだが。
 小沢氏も、(同氏の一番弟子だと言われる)岩手県の達増知事を通じて、9月or10月頃から嘉田知事と接触していたとのこと。

『嘉田氏周辺は「10月ごろから知事への働きかけがあった」と明かす。』
『10月末の会見では「第三極」結集の動きに対し「イタリアで言えば中道左派、オリーブの木のようなものも一方で求められているのでは」と発言。予想より衆院解散が早まったことで、自分が打って出るのは「先週末がタイムリミットだとは言っていた」(知事側近)という。』(毎日新聞11月27日)

* * * * *

 小沢氏は、昨日も書いたように、以前から「オリーブの木の構想」のシンボル(シャッポ)となるべき存在を探していたわけで。維新の会と連携して、橋下徹氏をTOPに置くことができれば、注目度の点でも、また第三極を統合しやすいという点でもベストだったのだろうけど。
 維新と太陽が合流したことで、それも困難になったため、嘉田氏に「あなたしかいない」と強く要請をしていたのではないかと察する。

 他方、嘉田氏は、自らは出馬する意向はなかったものの、このままでは(特に安倍自民党が勝ったりしたら?)「卒原発」が実現できなくなるという危機感を抱いており、「脱原発」を目指す政党を応援したいという気持ちを抱いていたという。
<維新の会からも応援要請が来ていたという話もある。>

 そんな中、小沢氏などから要請を受けていたようなのだが。11月初めに、共に「脱原発」を主張していた橋下維新の会が太陽と合流した途端に「原発ゼロ」の方針を撤回したことには、かなりのショックや失望感を覚えた様子。それが、嘉田氏の背中を大きく押すことになったのだろう。(・・)

 小沢氏が嘉田氏を利用したのではないかと見る人もいるかも知れないし。実際、mewも「実にいい人材に目をつけたな~」と思うところがあったのだけど。<mewは嘉田ファンだったのだけど、全くノーマークだった。^^;>
 でも、嘉田氏も自分の思いを国政に反映したいという気持ちがあって、それを実現する手段として、この道を選択した(小沢氏らを活用しようと考えた)わけだから、そこは「お互い様」なのではないかと思うところがある。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 mewは、今回の衆院選に関しては、「安倍自民党と維新の会に政権をとらせない」「安倍自民党と維新の会の議席を一つでも少なくする」ことを最大の目標にしているので、彼らに対抗する勢力はほぼ全て応援しているわけで。
<ただし、「集団的自衛権を認めない」、「新自由主義政策をとらない」、「原発ゼロを目指す」の3条件をクリアしているところに限る。>

 また、脱原発を願う国民の意思の受け皿となって欲しいという思いもあるので、この新党「未来」も応援するつもりでいるし。<まだ外交安保政策がよくわからないのだけど。嘉田氏は集団的自衛権は認めないタイプだと信じたい。>
 後述するように、おそらく、この「未来」の出現は、安倍自民党や維新の会にも大きな脅威になると思うのだが。<民主党にも脅威になりそうだけどね。^^;>
  
 ただ、先にチョットだけ苦言を呈したいことがある。

 正直なところ、mewは、嘉田氏が昨日、新党を結成した直後に、「生活」や「脱原発」が解党&合流を決めたことには、唖然とさせられてしまったところがあったのだ。(~_~;)
<実は、もう嘉田氏が午後3時に会見を行なう前から、5時に「生活」が幹事会を開いて「解党&合流」を決めるっていう報道が出ていたのよね。^^;>

* * * * *

 まあ、今回の嘉田氏の新党結成が、小沢氏らの第四極作りとリンクしていることはすぐに明るみになったと思うし。小沢氏と嘉田氏の間では、既に政策の刷り合わせなどもできていたのではないかとも思うのだけど。
 また、どの政党や議員も、衆院選まであと3週間もないことから、一刻も早く準備を進めたいという思いがあることも理解できるのだけど。(選挙事務所や選挙カーの看板、ポスター・パンフ・ステッカーなどの印刷物も含め、すぐにでも新党バージョンの準備に取り掛かりたいところだろうし。)

 でも、新党結成をしたその日のうちに、自党の解党、合流を決めたとなると、何かいかにも「選挙目当てで、飛びつきました」という印象を与えてしまうし。
 他党やメディアから、政策面で本当に一致しているのか、野合なのではないかという疑問や批判が呈されることにもなるわけで。
 何か、<メディア向けに形だけでもいいから?>「嘉田氏の呼びかけに応じる」という形で各党の党首や入党希望者が集まって、せめて1~2回ぐらいは政策について協議などを行なってから、「では、一緒にやりましょう」と合流した方がベターだったのではないかな~と思う部分があった。(~_~;)

<みどりの風も、党としては合流せず。民主党から移って来た衆院議員3人は、未来から出馬して、当選したら、また「みどり」に戻ることに決まったとか、妙な形をとることにしたようだし。^^;>

 自民党の安倍総裁も、早速、「選挙に勝つためだけの政党だ」と批判していたという。(~_~;)
<ただ、安倍氏が「選挙目当て」ではなく「選挙に勝つため」と表現したのを見て、「あ、安倍くんは、未来が『選挙に勝つ』ことを意識しているのかな?」と感じたり、「安倍自民に勝つ政党になるといいな」と思ったりもしたのだけど。(・・)>

* * * * *

 そして、この件はまた、おいおいと書いて行きたいと思うのだけど。
 問題は、ここから先、小沢氏らがどのようにして、「未来の党」としての選挙戦略を進めるかということだろう。(**)

 まだ党の執行部がどうなるかわからないのだが。
 何分にも、これから急いで、マニフェスト作りや選挙準備を行なわなければならないわけで。嘉田代表も、飯田代表代行も、国政の経験も国政選挙の経験もないことから、旧「生活」や「脱原発」の議員が中心になって、それらを行なうのではないかと思うし。どのような役職につくかは別として、小沢氏が選挙準備を取り仕切るであろうことは間違いないと思われる。(++)

 その準備を進める中で、mewが、ある意味で一番気がかりなのが、旧「脱原発」の亀井静香氏や河村たかし氏らが、どれだけ大人しくしていられるかということだ。(~_~;)
 折角、嘉田氏が党首になって、フレッシュでクリーンなイメージの下に、地球にも国民にもやさしい国づくりを目指す政党としてアピールして行くつもりでいるのに、彼らがしゃしゃり出て、またアレコレと持論を主張したりすると、政策のくい違いが露見したり、イメージダウンにつながるおそれが大きいからだ。(-"-)
<小沢氏も得意の(?)潜行策で、着々と選挙準備を行なって、その手腕を発揮した方がいいかも知れない。> 

* * * * *

 また、党の政策を決定する際にも、各党の議員が、いかに嘉田代表の意向を尊重して歩み寄って行けるかということが、大きな課題になるだろう。(・・)

 嘉田氏は、昨日の会見で、「卒原発」を含めて柱となるべき5つの政策を挙げたのだが。
 「卒原発」は、緩やかに「原発ゼロ」を目指すものなので、「2022年までに原発ゼロ実現」を掲げる「生活」とは温度差があるし。<追記・嘉田氏は今朝のTV番組で「できるだけ速やかに(原発を)ゼロにする。見通しとして10年後、2022年を考えている」と表明したようだ。> 嘉田氏のいう「脱増税」も、「生活」などが主張する「消費税増税廃止」ほど強いものではな。
 また、嘉田氏はTPPには言及せず、安保外交や経済などに関する政策にもほとんど言及していないことから、それらを決める際にも、嘉田代表と各党の主張にくい違いが生じるおそれがある。

 短い時間の中で、政策を決めるには、誰か柱になる人に合わせて行くことが必要なわけで。他のベテラン議員が自己主張をすることなく、できるだけ嘉田氏&飯田氏の考えを尊重して、大きな枠組の中で、みんながそれなりに納得をして行けるような政策を決めることが重要だと思うし。また、小沢氏があまり動き過ぎると、傀儡政党だという批判を受けかねない。
 その辺りのことも、小沢氏が察知して、うまくサポートしたり、他のベテラン議員を諭したりするといいのではないかな~と思うmewなのだった。(@@)

<今、ニュースで小沢氏と亀井氏は、選挙が終わるまで要職につかないと言っていた。両者とも、しっかりと察知しているようだ。(・・)>

 時間がなくなったので、維新の会のことなど、もう少し書きたいことがあったのだけど。とりあえず、ここで終わってアップすることにするです。

                THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2012-11-28 11:57 | 政治・社会一般 | Trackback(2)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7