安倍官邸&政府にはいり込む経産省や各省官僚TOP~原発・TPP政策など国政を主導か

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


  昨日、安倍首相が福島原発の視察を行なった際に、民主党政権が立てた政府の「原発ゼロ実現」の方針を見直すことに言及した。

『安倍首相は29日、東京電力福島第1原発の視察や、避難生活が続く住民と意見交換を行ったうえで、民主党が掲げた2030年代に原発をゼロとする目標を見直す考えを示した。

 安倍首相は「福島の復興なくして、東北の復興はない。(民主党政権の原発ゼロ方針について)それが希望の段階で、それが直ちに今の政策になっていくということではない」と述べた。
 安倍首相は、民主党政権が掲げた2030年代に原発をゼロとする目標について、「希望を直ちに政策にすることはない」として、見直す考えをあらためて示した。
 安倍首相は、福島第1原発で事故の処理にあたっている作業員を激励したあと、構内のがれき保管場所などを視察し、今後、廃炉作業を進める姿勢を示した。(FNN12月29日)』

<よりによって、福島原発や避難住民の視察に行った時に、こういう発言をしちゃうなんてね~。(-"-)>
 
* * * * *

 このブログでは衆院選前から、安倍自民党が政権をとったら「脱原発」の道が遠のくことになると、何度も警戒警報を流し続けて来たのだが・・・。

 案の定、安倍首相&関係閣僚は、政権奪還後に脱原発政策をとることを否定。原発の再稼動や新増設などに前向きな姿勢を示す発言をどんどんと行ない始めている。(-"-)

<関連記事・『安倍が原発新設に言及(上関原発に注意)&原発推進に舵切る』『安倍自民は早速、防衛強化、原発ゼロ見直し。TPPも方針変更か』>

 実は、先日、安倍首相の官邸人事に関して、首相秘書官の筆頭格である政務秘書官に、今井尚哉・前資源エネルギー庁次長が就くことになったと。経産省の官僚が秘書官TOPになるのは異例なことだという報道が出ていて。
 これも原発推進と関係があるのかな~と思っていたのだが・・・。

 今週発売の週刊朝日に、その秘書官に関して、安倍官邸に経産省の「黒幕」が就任したという記事が出ていた。(@@)

* * * * * 

『原発はどうなる? 安倍秘書官に経産省「黒幕」就任〈週刊朝日〉
dot. 12月29日(土)12時16分配信

「脱原発」が争点の一つとなった今回の衆院選。圧勝した自民党は選挙中、「10年以内に持続可能な電源構成のベストミックスを確立する」というあいまいな表現に終始したが、そこはもともと原発推進で突き進んできた当事者である。

 実は、ある男の首相秘書官“返り咲き”が内定したことで、すでに舵が切られたとみられている。経済産業省資源エネルギー庁前次長の今井尚哉(たかや)氏だ。

「今井さんは東大法学部を卒業し、1982年に入省。2006年の第1次安倍内閣でも首相秘書官を務めた経産省のエースだ。新日鉄会長や経団連会長を務めた今井敬氏の甥っ子で、将来の事務次官候補といわれています」(経産省関係者)

 原発問題を取材するジャーナリストの横田一氏が、こう解説する。「今井氏は、福井県の大飯原発を再稼働させるために、滋賀県の嘉田由紀子知事や京都府の山田啓二知事に『再稼働しないと電力不足になる』などと、散々“脅し”をかけて回った人物なんです」。

 つまり、今井氏は民主党の原発ゼロ戦略を骨抜きにした張本人。いわば“黒幕”的な存在というわけだ。

「震災前は、菅直人政権で官房長官を務めて“陰の総理”と呼ばれた仙谷由人氏をうまく取り込み、ベトナムへの原発輸出を推進した。民主党がまとめた原発ゼロ戦略も、ことさら『(ゼロ戦略そのものを)閣議決定はしていない』と強調してマスコミに吹聴して回る一方で、枝野幸男経産相をはじめ、民主党政権の閣僚らには『こういう形でも、ゼロを目指すという閣議決定であることには変わりない』と説明していたようです。自民党に政権交代したときに備え、どちらにも取れるようにしておいたのでしょう」(民主党関係者)

 案の定、さっそく“変化”は始まっている。12月21日、安倍晋三次期首相は会見で、民主党政権の「原発の新設を認めず、2030年代の原発稼働ゼロを目指す」という方針を見直すことを示唆した。

※週刊朝日 2013年1月4・11日号』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ちなみに、AERAにも、こんな記事が載っていた。

『「原発ゼロ」を否定する安倍新政権。官邸など足元は原発推進派で固められつつある。

 次期首相安倍晋三と、常に行動をともにすることになる政務担当の首相秘書官に、経済産業省の原発政策のキーマンが就く。12月17日付で資源エネルギー庁次長から官房付に異動になった今井尚哉(54)だ。2006年の第1次安倍内閣でも、安倍の首相秘書官(事務)を務め、今回は2度目の登板だ。

 1982年入省組の「三羽烏」の一人で、将来の事務次官候補と目されている。新日鉄社長、日本経団連会長を務めた今井敬と、元通産事務次官の故今井善衛のおいにあたる。善衛は『官僚たちの夏』(城山三郎著)のモデルとされている。

 民主政権下でも、原発政策に影響力を及ぼした。原発について門外漢だった経済産業相の枝野幸男は、同じ宇都宮高出身の今井を何度となく呼んだ。「大臣、つまりこれはこういうことです」と難解な原子力村の事情を短時間で明快に説明した。「つかみ」の説明能力は霞が関一という評判だ。

 環境庁に出向していた時には、千葉県知事(当時)の堂本暁子と懇意な間柄を築きあげ、「政治的なウイングが広い」と評判だった。

 4人いる首相秘書官の事務担当は通常、財務、外務、経産の各省と警察庁の指定席。経産省から2人の首相秘書官を出すという異例の事態に、省内では「経産内閣と言われないようマスコミとの接触は注意を」と口頭で訓示され、末端の管理職にもメールなどで流れてきた。

※AERA 2012年12月31日・2013年1月7日号』

* * * * *

 今年4月、菅元首相が、経産省の役人について、こんな話をしていたことがある。

 週刊朝日の「菅直人 原発再稼動を叱る 「このままでは脱原発がなかったことにされてしまう」という記事の中での話だ。

『2020~30年の間に原発をゼロにし、自然エネルギーを増やすなど、会として提案するたたき台の私案は、すでにできあがっている。しかし、一方で「脱原発を元の木阿弥にしよう」と狙っている勢力がいることも事実だ。経産省がやっている「総合資源エネルギー調査会基本問題委員会」の25人のメンバーの中にも、私たちと同じ考えの人もいれば、「2030年までに35%の原発を維持すべきで、新規でまだ、造る必要がある」と主張する人もいる。誰がどういう意図で発言しているのか、"目に見えない恣意的な意図"を政権はちゃんと把握する必要がある。

――恣意的な意図とは。

 例えば、経産省は私に知られないよう、浜岡を止める代わりに、その他のすべての原発は速やかに再稼働させるというシナリオを描いていた。しかし、私が「浜岡の停止はOKだが、他の原発の再稼働について保安院の承諾だけではダメだ、ストレステストを実施しろ」と言いだしたので、シナリオが狂った。役人は常に自分たちの省益を考え、そういう動きをするものだ。今、経産省内には再生可能エネルギー推進派もいるが、まだ原発を廃止するという腹はくくれていない。だから、省内には再稼働をテコに、脱原発をなし崩しになかったことにしようとする一派もいる。

――野田政権が大飯原発の再稼働を「妥当」と判断した。どう思うか。

 首相在任中の昨年5月、浜岡原発を止めた。その1カ月後、玄海原発の再稼働を決めるとき、「原子力安全・保安院が再稼働を認めたので許可してもらいたい」と海江田万里経済相(当時)が言ってきた。「保安院だけが判断するのはおかしい。原子力安全委員会の意見は聴いたのか?」と聞くと、海江田大臣と事務方は「法律では再稼働を決めるのは保安院だ」と言うので、「それはおかしいんじゃないの。原発事故を止められなかった大きな責任は保安院にあった。そこが再稼働を決めて国民が納得するのか」と従来の法でやることに、待ったをかけた
(週刊朝日 2011年5月4・11日合併号)』

* * * * *

 この辺りのことは、『菅が落ちれば、原子力ムラの思うツボ。脱原発派をひとりでも多く当選させよう。』という記事にも書いたのだが。

 経産省は、昨年3月に福島原発事故が起きて、まだ事故の検証もなされず、現場や周辺地域への対処も十分に行なえていなかったにもかかわらず、もう4~5月頃から、停止中だった他の原発の再稼動を行なうことを計画。
 6月には当時の海江田大臣に安全宣言を発表させて、夏までに佐賀の玄海原発から再稼動をさせようとしていたのだ。(-"-)

 もちろん、そのウラでは、自民党を中心とした原発推進派の政治家、電力会社をはじめとする原発関連&原発に依存する大企業や省庁の役人、自治体、学者などなどのいわゆる原子力ムラの人たちが動いていたことは言うまでもない。
 彼らは、政官財&自治体+αの癒着の構図の中で、原発利権を分配し合っていることから、原発停止が長く続くことは耐え難いことだし。ましてや、彼らにとって、「原発ゼロ」を目指すなんてことは「あり得ない」ことなのである。(@@)

<自民党+αの保守派の政治家&官僚などの場合には、日本に核兵器製造能力(施設、材料、技術)をキープするためにも「原発ゼロ」は許容できないと考えている。>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 経産省は、何とか野田陣営(特に前原&仙谷氏?)を取り込んで、今年4月に大飯原発の再稼動を決定させ「しめしめ」と思っていたものの、野田氏が党内で脱原発活動を行なっていた菅元首相に取り込まれて(?)&衆院選のことも意識してか「脱原発」を願う国民の意思を反映すべきだとして、脱原発志向にシフト・チェンジ。(・・)

 米国や経済界などなどの圧力もあって閣議決定には至らなかったものの、政府として「2030年代までの原発ゼロ実現」の方針を決定するに至ったのだが・・・。
 おそらく経産省&原子力ムラの人たちは、「これはマズイ」と。そして、1日も早く民主党政権を終わらせて、自民党にまた原発政策を推進してもらおうと考えていたに違いない。(~_~;)

 同時に経産省は、野田前首相が党内の反対派に配慮してTPP交渉参加を決め切れなかったことにイラ立っていたのだが。<米国や経済団体もしかり。>
 今度は、何とか安倍首相にそれを決断させようと懸命になっているようなのだ。

『政権再交代で、経済産業省の存在感が高まっている。安倍晋三首相を支える官邸スタッフに多くの経産省出身者が配置されるほか、経済再生担当相や経産相に、同省とつながりの深い自民党商工族議員が就任。官邸と両閣僚をてこに同省は、出遅れていた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加や、民主党政権下で原発ゼロに向かっていたエネルギー政策での巻き返しを図るとみられる。
(中略)

 野田政権下では、首相と財務省が密接に連携して消費増税法を成立させる一方、経産省は脱原発を志向する枝野幸男前経産相としばしば対立。政府内での地盤沈下が目立っていただけに、省内には「仕事がしやすい」「安倍政権は長く続いてほしい」(幹部)との歓迎ムードが広がる。(毎日新聞12月26日)』

* * * * *

 安倍首相は、今回、内閣官房参与として、小泉政権のブレーンでもあった谷内正太郎元外務事務次官、丹呉泰健元財務事務次官の2人の元官僚TOPを起用。

 さらに自民党は、今月28日から、民主党政権が廃止した事務次官会議(各省庁のTOPである事務次官が全員そろって行なう会議)を復活させた。

『政府は28日、民主党政権が「政治主導」を掲げて廃止していた各省庁の事務次官による会議を復活させ、第1回の会議を開いた。
 かつての自民党政権で行われていた事務次官会議は、閣議の前に開催され、閣議案件を事前に協議・了承していたことから、「官僚主導」の象徴として批判の対象になっていた。

 安倍首相は「我が国が直面する危機を突破するには、内閣一丸となった取り組みに加え、政官相互の信頼関係に基づく、真の政治主導を推進する必要があります」と訓示した。
 今回、安倍政権が復活させた会議は「次官連絡会議」と名称を変更した上で、週1回、閣議の後に開催されるという。閣議で決定した内容を各省庁の事務方のトップが共有し、政治と行政の連携を図ることにしている。(NNN12月28日)」

『かつての自民党政権では、閣議の前日に事務次官会議が開かれ、閣議にかける案件を「事前審査」していた。官僚出身の官房副長官が取り仕切り、全会一致できない案件は閣議に上げない慣例だった。(中略)
 今回の次官連絡会議も「政と官」が同席する構成は変わらない。「政策決定はあくまで閣議で行う」(菅氏)こととし、会議が閣議決定に事前に関与しないのも民主党政権と同様。政権再交代で官僚主導に逆戻りしたと批判されないよう配慮したことがうかがえる。

 27日の記者会見で民主党政権との違いを問われた菅氏は「民主党がどういう形だったか知らないが、中身はまったく違う」と述べるにとどめ、具体論には踏み込まなかった。(毎日新聞12月28日)』

* * * * *

 mewも、政府の政治家はうまく官僚と協力し合いながら、部下として使いこなして行くことが重要だと考えているのだが。
 ただ、かつての自民党政権は、官僚と結託して、お互いに持ちつ持たれつの関係にあった上、官僚が米国や経済団体の要望も汲み入れる形で大部分の政策&法案作りを担っており、結果的には官僚が国政を支配することになっていたという実態がある。(~_~;)
<まあ、野田政権も財務省べったりだったんだけどね。^^;>

 安倍首相は、「政、官相互の信頼関係に基づく真の政治主導を推進する必要がある」と言っているものの、原発政策にしてもTPPへの姿勢にしても、早くも経産省ペース(+米国、経済団体)で政官財の癒着&相互存の体制にはいっているようにも見える。(-"-)
<しかも、ある意味では大企業でもある大手メディアも、この癒着の構図の中にいて、アチラ寄りのスタンスで情報や批判を流したりするので、タチが悪いとこがあるのよね。(>_<)>

 でも、原発政策にせよ、TPPにせよ、政官財癒着&官僚ペースの国政を許していれば、国民の生活の安心を守ることはできないわけで。
 一般国民は、自分たちの身や生活を守るためにも、しっかりと今後の安倍自民党による国政の実態をウォッチして行く必要があるのではないかと改めて思うmewなのだった。(@@) 
                      THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2012-12-30 10:47 | (再び)安倍政権について

東京大賞典+フリオーソ&ボンビネル+頑張れ、地方競馬!

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


  昨日は、大井競馬場で東京大賞典が行なわれ、2番人気だったローマンレジェンドwith岩田が優勝した。(*^^)v祝

 ハナを切る予定だったエスポワールシチーwith松岡が、スタートで膝を折る形で大きく躓いてしまい、出遅れることに。(゚Д゚)<それでも最後は5着に上がったけど。>
 代わりに今レースで引退するフリオーソが先頭に立って、レースを引っ張ることになった。北海道期待のMビクトリーwith服部がこれに続き、さらにHヴァンクール、Rレジェンド、Wアキュートwith和田のJRA人気上位3頭が後につける展開。
<昨日はとりあえず重馬場で前残りが多かったので、JRA3頭も前に行ってお互いをずっとマークし合っているような感じだった。>
 4角を過ぎて、直線半ばまでTOPで頑張って見せ場を作ったフリオーソだが。最後のヨーイドンにはついて行けず、6着に沈むことに。
 そこからRレジェンドが先に出て、Wアキュート、Hバンクール3頭の争いになったのだが。一度はRレジェンドをとらえたかに見えたWアキュートの動きが一瞬にぶり、その間にRレジェンドが差し返して先頭でゴール。Hヴァンクールが内から差して来て2着にはいった。(・・)

<1番人気のWアキュートは結局、3着に。レース後の和田の話によれば、一瞬動きが鈍ったのは、「Rレジェンドとぶつかって体が浮いた」かららしい。^^;
「あら~、岩田はまたやっちゃったのかな~」と思ったりもして。(~_~;) でも、リプレイで見たけど、まともに馬体がぶつかってはいない感じなので、肢かお尻の辺りが接触したのかな?(・・)>

 岩田は、JCでジェンティルドンナ(優勝)に騎乗した際に、直線でオルフェーヴルとぶつかったことで騎乗停止をくらい、JCダートでは、それまで7勝を挙げていた&ずっと育てて来たRレジェンドに騎乗できず(JCDは4着)、悔しい思いをしていたので、昨日は勝利後、大興奮状態に。何度もガッツポーズをしたり、両手を挙げたりして、ファンの声援に応えていたです。(@@)
 
* * * * *

 全レース終了後、東京大賞典出走を最後に引退するフリオーソ(牡8・船橋・川島)、ボンネビルレコード(牡10・大井・庄子)の引退式典が行なわれ、調教師、馬主と共に主戦の戸崎、的場騎手も参加。
 それぞれの馬との思い出を語ると共に、ファンもフラッシュOKで、写真撮影会が行なわれたりした。

 フリオーソは、同厩舎のアジュディミツオーに続いて、JRAのヴァーミリアンやカネヒキリ、Sファルコンなどの強者と対応にわたり合って勝ち負けできる馬で。南関&地方競馬のエースとして統一GI&重賞で、最後までファンの声援に応え続けてくれた能力馬&頑張り屋さん。<南関重賞では、川島厩舎のエリート馬が勝つと「またか~、ツマンナイ」とブツブツ言っているmewも、JRA勢との戦いではフリオーソを大応援しちゃうのであった。(^^ゞ>
 
 当初、石崎父、内田博などが乗っていたのだけど。4歳からは、戸崎が主戦に。<ちょうど内田がJRAに移って、戸崎が南関TOPになろうとしていた時だったのよね。>戸崎も初めての超有力馬の騎乗では色々とプレッシャーを感じたり、うまく行かずに葛藤したりしていた時期もあったようなので、昨日は思い出を語りながら、言葉につまってウルウルする場面もあったです。(ノ_-。) <でも、その戸崎も来年はJRAに行っちゃうのよね。^_^;>

 本当に長い間、おつかれさま&有難う。m(__)m
 そして、同馬の調教をずっと担当して来た佐藤裕太騎手やスタッフの方々にも、おつかれさまと言いたいです。m(__)m

 南関では、ここ十何年か、トーシンブリザード、アジュディミツオー、フリオーソと統一重賞&GIでJRA馬と優勝を争える馬がいたのだけど。<短距離では、フジノウェーブもね。)フリオーソの引退で、超有力馬がいなくなってしまうのが残念なところ。<セレンも肢の故障が治らず2年休養しているし。ダービーを制したCセクレタも牡馬とやり合うのは大変なようで、牝馬路線を進んでいるし。>
 川島父師も何か最近、元気がない感じで気になっているのだけど。また、スゴイ馬を育てて、大賞典や各場のGIをわかせて欲しいです。<変な言い方だけど、いつまでも、憎たらしく思うぐらい強い厩舎でいて欲しいのよね。"^_^">

 尚、ダーレー所有でブライアンズタイムっ仔のフリオーソは、種牡馬になることが決まっているとのこと。今度はフリオーソの子供に期待したいと思うです。(・・)

* * * * *

 ボンちゃんことボンネビルレコードは、04年のデビューの頃からずっと見ていた馬で。残念ながら、わがホーム大井には、なかなか南関上位になれる有力馬がいないので。何とか初戦(新馬勝ち)から乗っている的場さまに、ダービー初制覇をプレゼントして欲しいと思っていたのだけど、それがかなわなかったのは残念だった。
 ボンちゃんは、レース同様、スロースターターで、3歳前半はなかなか勝ちきれず。競走馬人生(馬生)でも、かなり遅咲きの花だったのだ。

 ただ、05年にJDダービーでJRA勢を押さえて3着にはいってから<この時は現場にいて、大興奮)、どんどん力をつけて行って南関重賞で3連勝。06年にはJBCで3着にはいるまでに成長したのだけど。その後、JRAに移籍することに。(・o・)

 07年には、ついにBコンコルドやSバッカスを押さえて帝王賞(GI)を制することに。08年にはフリオーソを下して日テレ盃に勝利。かしわ記念(GI)にも優勝するなら大活躍をした。<めっちゃ嬉しかったのだけど、当時は、的場さまの勝負服が赤☆ではなく、JRA仕様の赤白縦じまの馬主服だったので、それがチョット残念&寂しかったです。ちなみにJRA時には、善臣やユタカなどが騎乗することもあったのだけど。彼らが乗っても、なかなか動かなかったのよね。(・・)>
 10年にはいってから、大井に戻って来て、8歳馬ながらも、的場追いに応えて得意のジリジリ追い込みを見せ重賞でも上位に食い込んでいたのだけど。さすがに、ここ2年は衰えを隠せず。それでも10歳の終わりまで一生懸命に走り続けて、昨日、東京大賞典で無事に74戦目のラストランを終えることになった。

 ボンちゃんが出走するたびに、本当にワクワクさせてもらったし。たぶん大井ファンにとっては、ボン&的場コンビは、近時では一番のヒーロー&アイドルだったのではないかと思う。
 本当に長い長い間、頑張ってくれて有難う&おつかれさまでした。m(__)m
<的場さまは、ダービーをとるまで引退はできなくてっよ。(・・)>

 ボンちゃんは、高齢なっても、子供みたいな表情&動きをしているとこがあって。昨日の引退式&写真撮影でも、フリオーソは王者の貫禄と落ち着きを見せて、静かに歩いたり、撮影時にはじっとして構えているのだけど。ボンちゃんは、歩く時も首をふってイヤイヤをしたり、厩務員さんに抵抗したりで早く帰りたそうにしていていて、お子ちゃまぶりを発揮。<それがまたカワイイんだよね~。"^_^">
 最後の写真撮影の際に、フリオーソには戸崎が跨ったのだけど。ボンちゃんに的場さまが跨らなかったのは、チョット残念だった。<興奮しちゃうからかな?>

 実は、ボンちゃんは種牡馬にはなれないので、大井の誘導馬になることに決まったようなのだけど。こんなにお子ちゃまで気が悪いと、ちゃんと誘導馬になれるのか、チョット心配になったりして。
 でも、しっかりと調教を積んで、ずっと大井のアイドルでいて欲しいです。(^^)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 残念ながら、昨年末には熊本の荒尾競馬場が廃止に。また今年は、広島の福山競馬の廃止されることに決まり、地方競馬界は、どんどん苦しい状況に追い込まれているのが実情だ。(ノ_-。)

 この不況に「競馬どころじゃないだろう」って思う人もいるかも知れないけど。
 でも、そこには何千頭の馬や生産牧場、育成牧場やトレセン、調教師、厩務員、騎手、競馬場のスタッフ、関連の飲食店、競馬関係の業者、専門家などなどおそらく、全て合わせれば万単位の人たちの仕事や生活も関わっているわけで。
 競馬場が廃止になれば、多くの馬が命を絶たれ、多くの人たちが仕事を失うことになるし。単に地方のレジャーがなくなるというだけではなく、地元の産業が一つ潰れるような感じなのである。(-_-)

 先日、JRAの有馬記念を制したゴールドシップの馬主さんが、ばんえい競馬に1000万円寄付をしたという話が載っていた。
 ゴールドシップの馬主の小林英一さんは、ばんえいのシベチャタイガーの馬主でもあるとのこと。ばんえいの重賞レースの賞金や報奨金があまりにも安いことから、少しでも励みにして欲しいと思って、寄付を行なったのである。(・・)

<シベチャタイガーって、一度きいたらもう名前を忘れらないって感じでしょ。(@@)今年は北見記念で大穴の2着に。来年は、重賞で優勝争いできるかも?(@@)>

『北日本精機会長が1000万円寄付  重賞レースなど賞金減補う

 帯広市が主催するばんえい十勝は「ばんえい頑張れ記念」と題し、特別報償金を設けることを決めた。芦別市の会社役員小林英一さん(81)から16日に1000万円の寄付があり、これを全額、報償金に充てる意向。23日の「第41回ばんえいダービー」(BG1)を皮切りに、来年3月24日の「第45回ばんえい記念」(同)まで続ける。

 報償金は重賞レースと特別競走の計20レースが対象。馬主の出走手当や着外手当、調教師(1着9000円)、騎手(同6000円)、厩務(きゅうむ)員(同2000円)に支払われる各奨励金とは別に交付される。

 これに伴い、今年度から馬主に対する1着賞金を500万円から300万円に減額予定の「ばんえい記念」に減額分を補う形で200万円、BG1に80万円、BG2に50万円、BG3に30万円、特別競走に25万円が追加される。

 馬券の売り上げが伸びず、重賞レースの1着賞金が減少しつつある厳しい状況の中、小林さんは「沈みがちな競馬関係者を少しでも活気づけたい」と寄付した。市ばんえい振興室の田中敬二室長は「今回の寄付を通じ、関係者にはこれまで以上に迫力あるレースを見せてくれることを期待したい」と話している。

 小林さんは、高精度ベアリング製造で世界トップクラスのシェアを誇る北日本精機の会長。今年の日本中央競馬会(JRA)の皐月(さつき)賞と菊花賞(いずれもG1)、神戸新聞杯(G2)、共同通信杯(G3)を制した競走馬ゴールドシップの馬主で、ばんえい競馬の競走馬シベチャタイガーの馬主でもある。(十勝毎日新聞12月22日)」

* * * * *

 JRAをメインにやっている人から見れば、アンビリバボーな話だと思うのだが。 ばんえいや高知競馬の通常レースは、1着賞金が10万円にも満たないものが多い。(5着だと数千円とか。^_^;)
 騎乗料もスズメの涙のようなものだし。重賞やGIの賞金もどんどん減額されており、折角、何年もかけて毎日馬を育てて勝利しても、調教師やスタッフ、騎手のもとには、ごくわずかな金額しかはいらないというのが現状だ。^_^;

<JRAは、重賞やGIの賞金は何千万円から1億円以上。(騎手、調教師などは、その5%を取得)ただ、レースに騎乗するだけでも、数万円もらえるです。(・・)
 とはいえ、近時は、騎乗機会を得られない騎手や資金難に苦しむ調教師などが、どんどん引退したり、残念なことになったりして、それはそれでまた問題を感じているのだけど。^^;>

 じゃあ、「やめちゃえば~」と言っても、地方には転職可能な仕事場はほとんどないし。大部分の騎手やスタッフは、中学や高校を卒業してから、ずっと馬に関わる仕事をしていて、他の分野に関する知識や技術を得る機会もないので、他の職場では採用されにくいという現実もある。 
 それに、何よりも、皆、馬が好きだし。何とか競馬場を存続させたいという思いで、収入が激減してカツカツの生活をしながらも、懸命に頑張っているのである。(・・)
  
<mewの地元の南関は、東京&周辺にある分、賞金や収入(預託費など含む)はかなり恵まれている方なのだけど。都市部にある分、諸経費もかかるので、近時は賞金カット、人件費カットが続いていて、競馬場や厩舎の経営なども苦しくなっているという実情がある。>

 mewは小さい頃から馬も競馬も大好きだし。人と馬が一緒に生活や仕事をして行くのは、歴史的に見ても日本の大事な文化だと思っているので、何とか一つでも多くの競馬場が存続して、そのような場を残して欲しいな~と願っているです。(**)

* * * * *

 ・・・というわけで、地方競馬は、年末年始も休まずに開催。大晦日も元日も、全国のアチコチの競馬場でレースが開催されているので、お近くの方は是非、競馬場に。また、ネット参戦して下さいませ。m(__)m
 ちなみに、今年一番最後まで開催するのは、大晦日の高知ナイターだ。(@@)
<開催日程&ネット投票などに関しては、コチラを。>

 尚、南関では、大井競馬が大晦日31日まで開催中。1日からは、川崎競馬で開催をスタートする。<きっと獅子舞姿の誘導馬が登場するはず。(・・)>

 以上、勝手に地方競馬広報係のmewでした。(^^♪

                    THANKS

p。s。『G1東京大賞典の売り上げは22億4299万3600円で前年比120・2%。JRAインターネット投票(即PAT)が占める割合は17・0%だった。また大井3日目の総売り上げは40億6575万5100円で同114・8%。入場人員も3万5595人で同111・1%と増加した。(スポニチ30日)」
 今週の土日はJRAの開催がないこと、お天気に恵まれた&比較的暖かかったこと、I-PATでも買えたこと、香里奈さんが来たこと(?)、フリオーソとボンちゃんの引退式があったこと、などなどが売り上げや入場者数アップの要因かな~と思うです。
 ご観戦、ご参戦してくださった方には、有難うございました。m(__)m

 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]

by mew-run7 | 2012-12-30 07:25 | スポーツ・競馬