2014年 12月 05日 ( 1 )

昨日、自民党が300議席を超えるかもという予測が出ているという話を書いたのだけど。
mewがコワイのは、「どうせ自民党が勝つんでしょ」というムードがどんどん広がってしまうことだ。

実際、解散が決まってから、もう何度、この言葉をきいたことだろう?

「どうせ自民党が勝つんでしょ」「結局、何も変わらないんでしょ」「選挙やるのも、選挙に行くのもムダだよね」

そういう声を耳にすればするほど、安倍陣営は「しめしめ」とほくそえんでいる違いあるまい。
それこそが彼らが目論んでいたことなのだから。

どうせ自民党が勝つのだから、選挙の争点や各党の主張に関心を持っても意味がない。忙しい時にわざわざ投票に行っても意味がない。

そう思う人が増えれば増えるほど、自民党の議席は増すことになるし。彼らは、ここから自分たちの思うように国政を進めやすくなるのだから。
(彼らが本当にやりたいのは、日本の戦後体制の破壊→憲法改正、富国強兵、戦前教育の再生などなわけで。そのためのアベノミクス、集団的自衛権行使、秘密保護法&NSC、原発維持なのだし。彼らは国民の生活より国力重視の政策を推進しようとしているのだ。)

確かに、今回の選挙は、どうせ自民党が勝って、自公政権が続くことになる可能性が極めて高い 。
でも、選挙の結果、果たして自民党がいくつ議席がとれるのかによって、今後の政治の流れは大きく変わって来るのである。

もし自民党が前回の議席数をa大きく下回ることになれば、安倍首相の求心力がぐーんと低下して。代わりに政権与党内では自民党内のアンチ安あ倍派や公明党の発言権が強くなるし。野党が抵抗する力も強くなるわけで。
安倍政権の暴走を食い止めることができるし。さらには、安倍首相を退陣に追い込むことも可能なのである。

つまり、もし自民党の議席が減って、野党の議席が増えれば増えるほど、たとえ自公政権が続いたとしても、わたしたち国民は、より平和でより安心して生活できるような政治環境を作り出すことができるのだ。

だから、どうか「どうせ自民党が勝つんでしょ」と選挙の争点や投票への関心を失わないで欲しいと思うし。
メディアや野党も、その点をもっともっとアピールしてみるけど欲しいと願っているmewなのだった。



        THANKS





よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m







人気ブログランキングへ



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



[PR]
by mew-run7 | 2014-12-05 13:38 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7