「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑ バナーをクリック・プリ~ズ


↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

下村、安倍おろしのメディアを..
at 2018-04-25 04:51
下村、記者がハメたと「犯罪」..
at 2018-04-24 05:30
セクハラ問題で火に油~世間と..
at 2018-04-23 01:51
新潟知事、醜聞で2人連続アウ..
at 2018-04-22 04:59
柳瀬の面会予定メールが文科省..
at 2018-04-21 06:18
自衛官、議員に「国民の敵」と..
at 2018-04-20 00:36
女性記者、セクハラ次官に一刺..
at 2018-04-19 06:33
セクハラ発言~福田次官、財務..
at 2018-04-18 11:12
安倍、政権維持を賭け、米国に..
at 2018-04-17 19:28
イラク日報に「戦闘」状況、自..
at 2018-04-17 05:02

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

日本人拉致問題は起きては..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
党名に恥じない国民の党に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍内閣は総辞職し・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
保育園利用出来ない人が未..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2000年代は異常気象の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
首都圏で江戸時代に噴火し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公人の女好きは困ったもの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
現代では考えられないこの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民のためだ、疑惑続きの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
森友問題などの不祥事で国..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

「闘将星野に続くことわず..
by 豊岳正彦 at 08:11
ミュウさん大変お久しぶり..
by CONSAMA at 08:38
mewさん 4月22日8..
by xtc 4241 at 08:58
mewさん、4月5日5:..
by xtc 4241 at 05:48
mewさん3月26日⒎:..
by xtc4241 at 07:44
mewさん3月14日5:..
by xtc 4241 at 05:45
mewさん3月10日4:..
by xtc4241 at 04:34
mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09

ブログパーツ

タグ

(1288)
(767)
(648)
(463)
(286)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(162)
(159)
(156)
(152)
(149)
(149)
(146)
(141)
(128)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

2015年 09月 14日 ( 2 )

安倍がパネル説明のまやかしを認める+内閣支持率がまた低下&辺野古の協議決裂

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】




 先週、気になった記事をいくつか・・・。

 まず、今月2日にアップした『安倍のパネル説明は、ウソだった~集自権行使に邦人救出も相手国要請も必要なし?』に関する話を。

 安倍首相は昨年5月、集団的自衛権に関して国民に説明するために行なった記者会見において、わざわざ日本人母子が米艦船に救出されているイラストが描かれたパネルを使って、「日本人の命を守るために必要だ」と主張していたのであるが・・・。

<安倍首相は、このパネルを国民に示しながら、「紛争国から逃れようとしているお父さんやお母さんや、おじいさんやおばあさん、子供たちかもしれない。彼らが乗っている米国の船を今、私たちは守ることができない」「世界の平和のためにまさに一生懸命汗を流している若い皆さん、日本人を、私たちは自衛隊という能力を持った諸君がいても、守ることができない」と強調し、日本人を守るためには、集団的自衛権の行使容認が必要だと主張。
 「会見を御覧になっている皆さんや、皆さんのお子さんやお孫さんが、こうした立場になるかもしれないという、そのことを考えていただきたい」と訴えたんだよね。(~_~;)>

 これに対して、野党側が何度も「法案では、日本人が乗っていなくても、米艦船を防護することになっている」「あの会見の説明は、おかしいのではないか」と追及していたところ、11日になって、ついに安倍首相自身が、「日本人が乗っていない船も当然守る」と認めるに至った。(**)

 mewは、安倍首相が、法案成立時(or国会閉会時)に会見を行なう時には、是非「あれはウソでした。皆さんの共感を得たくて、ほぼあり得ないような母子救済ケースを図示したパネルを作りましたが、あれはごくごく一部の例の誇張です」「本当は日本人が乗っていようといまいと、米軍の艦船、兵士を助けるために、集団的自衛権を行使するのです」と、説明すべきだと思う。(・・)

<自ら説明しない場合は、良識ある記者の方々に、その点について、是非、しつこく質問をして欲しい!(++)>
 
『安倍晋三首相は11日の参院平和安全法制特別委員会で、集団的自衛権の行使による米艦防護について「日本人が乗っていない船も当然守る」と述べた。首相はこれまで、朝鮮半島有事を念頭に邦人輸送中の米艦防護を集団的自衛権行使の代表例として何度も説明してきたが、大詰めを迎えた国会で、武力行使の範囲が広がることを認めた。

 首相は集団的自衛権の行使容認を閣議決定した昨年7月の記者会見で、紛争地域から日本へ退避する親子が米艦船に乗っているパネルを使い「日本人の命を守るために自衛隊が米国の船を守る」と訴えた。
 だが、この日の答弁では、日本人の乗船は集団的自衛権の行使を可能にする存立危機事態に認定する「要素の一つ」にすぎないとして、日本人を乗せた米艦以外にも防護する対象が拡大することを明言した。(北海道新聞15年9月11日)』

* * * * *


 また、これは『安倍や自衛隊幹部を図に乗らせるな!&文民統制、民主政を妨げる情報隠しは認めない』に関連する記事なのであるが・・・。

 安倍首相は、自衛隊TOPの河野統合幕僚長が、米軍幹部などと法案成立やオスプレイ導入に対する考えなどを交わしたとされる文書に関して、11日にまさに防衛省が決めた回答通りに答弁したとのこと。^^;
 安倍首相や中谷防衛大臣らは、もはや防衛省、特に制服組の自衛隊にナメられているような感じがあることから、どんどん内閣のアタマ越しに、日米軍幹部がアブナイ戦略を決めるようになるのではないかと、危惧している。(-_-;) <日米ガイドラインを含め、以前から防衛省&国防省+日米軍が主導しているように見える部分もあるのよね。^^;>

『安倍晋三首相は11日の参院平和安全法制特別委員会で、河野克俊統合幕僚長と米軍幹部の会談内容を記した文書が流出した問題に関し、防衛省による調査を根拠に「統幕長の発言内容に不適切な点はなかった」との認識を示した。共産党が国会で示した文書については「同一のものの存在は確認できなかった」と述べた。同党の仁比聡平氏への答弁。 

 文書によると、統幕長は昨年12月に訪米した際、ワーク米国防副長官と会談し、垂直離着陸輸送機オスプレイに関し「不安全性をあおるのは一部の活動家だけだ」と発言したとされる。これに関し、首相は「政府としてオスプレイの安全性に対し(配備される)地元の皆さまに不安の声があることは十分認識している」と述べた。
 中谷元防衛相は、文書に記載された内容について統幕長に改めて確認したと説明。ただ、発言の事実関係に関しては「公表を前提としていない会談の内容が明らかになる」として言及を避けた。(時事通信15年9月11日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 次に、前記事の最後にもちょこっと乗せた記事なのだが。安倍内閣の支持率が、また下がったという。

『時事通信が4~7日に実施した9月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比1.2ポイント減の38.5%だった。政権復帰後、初めて4割を切った前月を下回り、最低を更新した。不支持率は同0.4ポイント増の41.3%。安倍晋三首相は自民党総裁選で無投票再選を果たしたが、政権を取り巻く環境は厳しさを増している。
 支持率の低下は、安全保障関連法案に対する世論の理解が進んでいないことに加え、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる県との対立の深刻化などが影響したとみられる。

 次期衆院選の時期について、いつごろが望ましいかを尋ねたところ、「任期満了まで行う必要はない」が36.2%と最も多く、「来年夏の参院選と同時期」24.7%、「できるだけ早期」14.6%と続いた。(中略)
 政党支持率は、自民党が前月比0.8ポイント減の23.3%、民主党が同0.7ポイント減の4.9%。以下、公明党3.4%、維新の党1.9%、共産党1.2%と続いた。支持政党なしは同2.5ポイント増の63.5%。
 調査は全国の成年男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は調査は全国の成年男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.2%。(時事通信15年9月11日))

* * * * *

 mewは、そもそも8月末の各社の世論調査で、7月に過去最低まで低下した安倍内閣の支持率が持ち直したこと自体がアンビリバボーなのだけど・・・。

<各社の調査のやり方、結果を信用しているわけではないけど。各社がどんな工夫や策を練ったとしても、もっと支持率が低下して欲しかった。(-"-)
 だから、日本の国民は、多数が反対している法案を強行成立させたって、すぐに忘れるから大丈夫だとナメられちゃうんだよ。(`´)>

 実は、この時事通信の調査結果の記事にも、疑問を覚える部分があるのだ
 一般的に、各社が4日(金)~7日(月)に調査した結果は、7日の夜か8日の朝には発表されるのに(しかも、普通は土日中心に4~6日に調査するのにな)、時事通信がこの調査結果の記事をネットにアップしたのは、「2015/09/11-15:05」、11日の午後になってからなのである。(・o・)

 思えば、9月8日は自民党の総裁選の告示日だったわけで。しかも、7日夜から8日朝には、野田聖子陣営が何とか立候補せんとして、必死で推薦人集めをしていたのを、安倍陣営が野田氏のの出馬潰し、推薦人剥がしにかかっていたわけで。

 安倍陣営のメディア支配に対して、す~っかり疑心暗鬼になっている今日この頃、「もしかして、7~8日に安倍内閣の支持率が低下してるって報道が出るのはマズイから、時事通信が遠慮して、11日に発表したのかしらん?」なんて邪推して、疑いたくなったりもするmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 上の記事で、辺野古移設について触れていたのだが・・・。
 
 菅官房長官は7月に、1ヶ月間、辺野古の調査、工事を中止して、沖縄県とゆっくり話し合うことを提案したのだが。何回か協議した後、先週7日、意見の隔たりが大きかったとして、協議を打ち切る意向を示した。

『1カ月に及ぶ集中協議でも政府と沖縄県の溝は埋まりませんでした。

 菅官房長官:「普天間飛行場の危険除去、閉鎖の必要性については認識が一緒になったが、方法論については大きな隔たりが埋まらなかった。(沖縄)県側の理解を得るまでには至りませんでした」
 沖縄県・翁長知事:「『辺野古の(工事)中断は再開ですか』と話したら、(政府側は)『そうさせてもらいます』と言うので、私からすると『全力を挙げて阻止させて頂く』と」
 アメリカ軍普天間基地の移設問題を巡る政府と沖縄県の集中協議は、安倍総理大臣も出席して、7日午後に最後の会議が行われました。安倍総理は辺野古移設を進める立場を改めて説明し、沖縄県の振興を推進すると強調しましたが、県側の理解を得ることはできませんでした。(ANN15年9月7日)』

 でもって、この辺りのことは、またゆっくりお伝えしたいのだが。安倍内閣は、早速、先週12日から移設のための調査、工事を再スタートすることを決定。(@@)
 しかし、沖縄の翁長知事は、これに対抗して、辺野古の埋め立て工事の許可の取り消しを行なう方針を決めたという。(・o・)

 安保法案だけでなく、辺野古移設に関しても、どうか全国の国民の強い後押しをお願いしたいmewなのだった。(@@)
                 THANKS
 








【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】



↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
 




 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2015-09-14 07:31 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)

山形市長選の結果は、安保賛成の民意ではない。公明党の票の上乗せ分(+野党の出遅れ)で勝っただけ

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 この件について、あまり記事を書きたくないな~って感じもあるのだけど。テニス全米の男子決勝戦が、雨のためになかなか始まらないので(?)、とりあえず、ちょこっと書いてみよう。(@@)

 正直なところ、政治分野に関しては、mewは昨夜のガ~ックリを引きずっていて、まだテンションがかなり低い状態にある。_(。。)_
 何故って、昨日、山形市長選で、野党系候補が負けてしまったからだ。(ノ_-。)

 いや、先に言っておけば、mewはこんなことじゃ、めげないよ! o(^-^)o

 ただ、安倍首相&仲間たちや、自民党がこの勝利に気をよくして、安保法案や他の問題ある政策を強行しても大丈夫だと、イケイケ・モードになるのが、ムカつくってだけで。(-"-)

 でも、実を言えば、ここは「直近の民意」として注目されていた選挙だっただけに、安保法案に反対する野党系候補に勝たせて欲しかった~というのがホンネだし。<安倍自民党も公明党も、逆風を意識して慎重にならざるを得ないからね。>
 逆にこの山形市長選の結果が、野党側に傾きつつあった国政の流れを変えなければいいな~と、祈るばかりだ。(・・)
 
<安倍陣営が総裁選&安保法案の対応で強気になったのは、8月後半の各社の調査で、内閣支持率が上がっていた(下げ止まっていた)からだという話も。何で折角、安倍政権が押し込まれている時に、救いの手を差し伸べる人たちがいるのかしらんって、ちょっと愚痴りたくなったりして。(ーー)>

* * * * *
 
 13日に投票が行なわれた山形市長選は、自公などが推薦した佐藤孝弘氏(39・元経産省、NPO)と民共社生が推薦した梅津庸成氏(46・元防衛省、議員秘書)の新人2人の一騎打ちだと見られていたのだが。
 結局、佐藤孝弘氏が5万6369票、梅津庸成が5万4596票を獲得し、2千票を切る僅差で、佐藤氏が当選した。(**) <2人のほかに五十嵐右二氏が出馬し、3737票を獲得。>

 いつも書くように、mew個人は、地方選に国政マターを持ち込むのは好ましくないと考えているのだが。
 それでも、安保法案の強行採決を目前に控えている今日。野党系の梅津氏が安保法案や安倍政権の問題点もかなり訴えていたので、もしここで野党系候補が勝てば、安倍首相&自民党にはそれなりの打撃を与えることができるのではにないかと・・・。
 逆に、もしここで自民党系候補が勝てば、安倍自民党は「よっしゃ」とばかりに勢いを増してしまう可能性が大きいことから、何とか野党系候補に頑張って欲しいな~と願っていたのである。(~_~;)

<自民党系の候補は、8月の埼玉知事選で、元民主党議員の現職候補に敗北。9月の岩手知事選では、連敗による安倍政権&安保法案へのダメージを避けるため、党本部が主導する形で、当初、予定していた候補者の出馬を辞めさせて、不戦敗の道を選んでいた。それゆえ、この山形市長選で野党系が勝てば、逆に野党の勢いがぐ~んと増す可能性があったんだよね。(・・)>

 ただ、今回、mewは山形市長選に関しては(維新の応援&分裂騒動の要因として扱う以外は)、ブログに書かずにいた。というのも、かなりビミョ~な状況にあったからだ。(~_~;)

<心では、絶対勝って欲しいと願っていた&地元紙なども含め、選挙情勢をチェックしていたのだけど。
  佐藤氏の方が15Pもリードしているなんていう報道もあったことから考えると、梅津氏は大健闘したと言えるのかも。(++)>

* * * * *

 山形市では、50年以上も非自民党系の市長が続いていているそうで。自民党系候補は、かなり苦労していた様子。
 佐藤氏は、前回の市長選にも出馬して、自民系の現職候補に敗れたのであるが。今回、勝つことができた最大の理由は、おそらく次の2つだろう。

 一つは、佐藤氏は前回の市長選で負けてから、北海道出身で地元の人間ではないというマイナス要因を克服するため、4年間、妻子と共に山形市内で生活し、次の選挙を目指して地道に政治活動を続けていたこと。<前回の選挙後に子供が誕生。30台の若さ、父親としての面もアピールできた。安保法案には触れずに通した。>

 もう一つは、(結果を見ると、これが大きくものを言ったのだが)前回、推薦をしていなかった公明党が、今回は同党の推薦を得て、おいしい組織票をゲットしたことだ。(・・)<今さらだけど、公明党の節操のなさには、愕然とさせられるです。_(_^_)_>

 また、地元選出の自民党の衆院議員・遠藤利明氏が五輪担当相に任命されたことから、市民の中に地元の大臣に恥をかかせては行けないという心理が働いた部分もあるかも知れない。(++)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 先に先週7日、告示日前日の報道記事を・・・。

『安全保障関連法案の参院採決の行方を左右する、与野党対決の山形市長選が6日、告示された。地元の遠藤利明五輪相が全面支援する佐藤孝弘氏(39)、野党共闘候補、梅津庸成氏(48)の事実上の一騎打ち。佐藤氏は市政刷新を前面に訴えるが、梅津氏は、法案を「違憲」とした憲法学者、小林節・慶大名誉教授の教え子で、街頭でも法案反対を主張した。投開票は、安倍政権が目指す14日以降の法案採決直前、13日だ。結果は、山形発の「直近の民意」となる可能性もある。

 自公両党が全面支援する佐藤氏と、野党を中心とした「オール山形」で臨む梅津氏。告示日の訴えは対照的だった。安保法案反対を主張した梅津氏に対し、佐藤氏は法案に触れず、市政刷新の必要性を強調した。

 梅津氏は第一声で、少子化対策や観光政策に続き、「最後に平和です」と切り出した。「安保法制が違憲といわれる中で、強行採決は認められない。国を守ることは大事だが、市民の理解が得られない法案には反対だ」と訴えた。

 今年6月の衆院憲法審査会で法案を憲法違反と指摘した小林節氏は、慶大時代のゼミの恩師。事務所には、小林氏とツーショットのポスターも張られる。この日小林氏は不在だったが、今月1日、「今回は間違いなく、戦争と平和が論点の選挙。応援に来る役割が回ってきてうれしい」と事務所で訴えた。今後はほぼ連日、応援に入る予定だ。

 陣営も、法案反対を訴えの1つの核とする方針。「山形でNOを示し、法案反対のうねりを山形から起こしたい」。東北の「SEALDs」と連携した活動も、念頭にあるという。

 一方の佐藤氏は、山形市が選挙区の遠藤氏と、遊説に回った。前回11年の市長選は告示1カ月前に出馬表明、現職の市川昭男氏に約1万票差に迫ったが、落選した。リベンジ戦に際し「浪人中の4年間、市内を隅々まで歩いた。山形市の実力はこんなものじゃない。生かすも殺すも、トップリーダー次第だ」と話す。

 街頭演説では「市政の刷新か継続か。それが大きな争点だ」と訴えた。法案への言及はない。「4年間、考えた政策を市民の皆さんに訴える」(陣営関係者)ことを、主眼に置く。

 吉村美栄子知事や市川市長は梅津氏を支援するが、出陣式では「今回は勝てる選挙だ」とげきが飛んだ。安倍内閣の閣僚の地元。敗れれば政権にも痛手だ。遠藤氏も「相手候補は市政の継承と言う。それでは何も変わらない」と、訴えた。

 両陣営とも、現状を「五分五分」「横一線」とみる激戦。ともに「勝たなければならない」と口をそろえた。13日という投開票日のタイミングが、大きな理由だ。与党は法案を14~18日の間に採決、成立させたい意向で、結果は与党の思惑に大きく影響しかねない。

 市民からは、「安保法案が争点なのは違和感がある」と戸惑いもある。それでも、法案成立VS廃案という与野党の対立軸がそのまま持ち込まれ、一市長選にはとどまらない影響力を秘めている。(日刊スポーツ15年9月7日)』

* * * * *

 梅津氏は近時、同じ山形一区で当選を争っている民主党の鹿野道彦氏(元農水大臣)の秘書を務めていたとのこと。
 ただ、残念ながら、鹿野氏は12、14年の衆院選で遠藤利明氏に連敗しており、若干、勢いを失っていたかも知れず。^^;

 また、相手の佐藤氏が前の選挙から4年間かけて市長選の準備をして来たのに、梅津氏は年5月末になってから出馬を表明したため、知名度や意欲への評価の面でマイナス要素になったことも否めないように思った。(~_~;) 

<この梅津氏は慶大時代、今、安保法案反対活動で頑張っている小林節氏(慶大名誉教授)のゼミにいたため、小林氏が選挙の応援にはいっていたとのこと。
 維新の柿沢幹事長は、小林氏に頼まれて、1回、梅津氏の選挙応援に行ったのであるが。安倍シンパ&タカ派が多い大阪系の松井一郎氏らが、柿沢氏の行動を批判。それをきっかけに(口実に?)して、維新の党を離党し、分裂騒動に発展したです。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 
 でもって、結局、自民党系の候補が当選したのだけど。案の定、自民党や公明党の幹部は、お喜びの様子。(>_<)

『山形市長選で自民、公明両党などが推薦した候補者が接戦の末に勝利したことで、安全保障関連法案の採決を前に与党内には安堵(あんど)が広がった。
 自民党の茂木敏充選挙対策委員長は13日夜、「今回の激戦を制した勢いを今後の地方選や来年の参院選につなげていきたい」とのコメントを発表した。
 ただ、民主党など野党が推した候補との差はわずかだった。安保法案が逆風になった可能性は否めず、茂木氏は「気を引き締めて終盤国会に臨む」とも言及した。(時事通信15年9月13日)』  

『自民党・公明党・次世代の党・新党改革が推薦する佐藤氏が、民主党・共産党・社民党・生活の党と山本太郎となかまたちが推薦する梅津氏らを破り、初めての当選を果たしました。

 佐藤氏は39歳。経済産業省に勤務したあと、政策研究機関の研究員などを務めました。前回(4年前)の山形市長選挙に続いて立候補した佐藤氏は、自民党や公明党などの支援を受け、医療関連産業の集積による雇用の場の確保や、第3子以降の保育料の無料化といった子育てしやすい環境の整備など、山形市の活性化を訴えました。
 そして、野党4党の支援を受け、安全保障関連法案への反対などを訴えた梅津氏と競り合いましたが、佐藤氏は推薦を受けた各党の支持層を固めたほか、支持政党を持たない無党派層など幅広く支持を集め、初めての当選を果たしました。

 佐藤氏は、「大変な激戦だった。『ここで流れを変えなくては』という市民の思いが、この結果につながった。働き場所を作ることや、子育て支援を充実させるなどして、人の流入を増やしたい」と述べました。
 投票率は56.94%で、前回(4年前)の選挙を9.34ポイント上回りました。

 当選した佐藤氏を推薦した、自民党の茂木選挙対策委員長は、「与野党対決の激戦を制して、実に50年ぶりとなる革新市政の転換を実現することができた。佐藤新市長には、市民の期待に応えて市政に新風を吹き込み、公約の実現にまい進してほしい。わが党としても、気を引き締めて終盤国会に臨むと同時に、今回の激戦を制した勢いを今後の地方選挙や来年の参議院選挙につなげていきたい」というコメントを発表しました。

 公明党の斉藤選挙対策委員長はNHKの取材に対し、「『安全保障関連法案反対』を中心に掲げてきた野党の戦略で苦しい選挙となったが、佐藤氏が地域振興や市政刷新を地道に訴え続けたことで勝利することができた。佐藤氏がつくる新しい市政を全力で支援していきたい」と述べました。

 民主党の近藤役員室長はNHKの取材に対し、「梅津氏の立候補表明から3か月という短い期間の中で、野党各党が連携しスクラムを組んで追い上げたが、1歩及ばず残念だ。安全保障関連法案についても、反対の姿勢を明確にして戦ったが、法案に反対する声を捉えきれなかった」と述べました。(NHK15年9月13日)』

* * * * *

 まあ、あえて逆に考えれば、(自民党が地方選で負けた時の常套句で?)山形市長選に負けたからって、国民の多数が安保法案を支持しているってわけではないしね。(・・)

 直近の世論調査では、また支持率が低下しているようだし。(++)

『時事通信が4~7日に実施した9月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比1.2ポイント減の38.5%だった。政権復帰後、初めて4割を切った前月を下回り、最低を更新した。不支持率は同0.4ポイント増の41.3%。安倍晋三首相は自民党総裁選で無投票再選を果たしたが、政権を取り巻く環境は厳しさを増している。(時事通信15年9月11日)』

 ともかく、今週予定されている安保法案の強行成立阻止に向けて、みんなで力を合わせて、頑張って行きたいと、意欲満々のmewなのだった。o(^-^)o  
  
     THANKS






【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】



↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
 




 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2015-09-14 06:26 | (再び)安倍政権について | Trackback