人気ブログランキング |

ブログトップ

日本がアブナイ!

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 
頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


【東京の有権者の方へ。mewが長年応援している民進党の小川敏夫氏(参院3期)が、東京選挙区で苦戦しているらしい。(~_~;) 小川氏のHPはコチラhttp://www.ogawatoshio.com/
 もしHPを見て「いいな」と思ったら、小川氏への投票をご検討くださいませ。m(__)m】

【全英OP・・・フェデラーが準々決勝のチリッチ戦で、セットカウント0-2から大逆転勝利。4セットめも3回マッチポイントをとられながらもタイブレーク11-9でゲットし、チリッチもちょっとガックリ来た様子。
 やっぱ、フェデラーって、スゴイな~。・・・よ~し、逆転するぞ~~~!!!o(^-^)o】

* * * * *

 先日『もはや「参院選隠し」~自公は投票率50%割れを期待。どうか今回こそ投票を!』という記事を書いたのだが・・・。

 残念ながら、TV各局は、もはや報道や国民への情報提供を通じて、日本の民主主義に貢献する使命も、メディアの人間としての矜持も、完全に放棄した様子。(@@)

 本来であれば、10日が参院選の投票日であることを積極的にPRして、投票率を上げることに寄与しなければならないはずなのに。また視聴者のために、投票の判断に必要な材料を提供しなければならないはずなのに・・・。
 参院選が近づくにつれ、参院選に関する話題はできるだけ扱わず。無党派層が下手に参院選に関心を持って、投票に行ったりしないようにと。何とか安倍政権の足を引っ張らないようにと、安倍自民党が無事に勝利をキープできるようにということばかり考えているようだ。(-"-)

 このようなTV局の情けない状況を見て、田原総一朗氏も、安倍の意向をやたらに重視するテレビ局に怒っていたのだけど・・・。<『田原総、安倍の意向を重視するテレビ局に怒る。テレビが参院選報道を敬遠か

 そんな中、参院選を1週間後に控えて、3日の夜に、唯一、きちんと選挙に関する番組「参院選直前スペシャル・選挙に行こう!」をやっていたのが、テレビ東京&池上彰氏だった。(**)

 その池上彰氏が、テレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力や、ネトウヨによる抗議の“電凸”などがあることを認める発言をしていたという。(++)

「最近までは権力を持つ側は『メディアに圧力をかけてはいけない』というのが共通認識でした。(略)ところが、安倍政権になってからは、自民党はおもなニュース番組をすべて録画して、細かい部分まで毎日のように抗議し、訂正を求め、注文をつけてくる。すると、テレビ局は『面倒くさい』となる。対応が大変で、次第に『文句を言われない表現にしようか』となってしまうのです」
 
「さらに深刻なのは『電凸』です。『電話で突撃する』という意味のインターネット用語ですが、一般の読者や視聴者が、気に食わない報道があると、スポンサー企業に一斉に抗議電話をかける。『不買運動をする』なんて言われるとビックリするんですね。昨年6月に自民党の議員が、マスコミを懲らしめるためにスポンサーに圧力をかけることを提案して、問題になりました。それも実際にはすでに行われているんです」

「現代的に言うと『反知性主義』という言葉に言い換えることができるのではないでしょうか。冷静に議論をするのではなく、『マスゴミ』『反日』と罵倒して、数の力で封殺する。その状況でも冷静に立ち止まって議論することが、メディアの役割ですよね」

『いろんな人から抗議の電話がかかってくるわけです。その応対に1時間から2時間、ずっと相手をしているわけですね。すると、面倒くさくなりますよね。次からやめておこう……ああ、こうやっていろんなテレビ局はこういう微妙な話を取り上げなくなっているんだ、って感じましたね」』

 TV各局は、政府にメディア支配されることのアブナさ、コワさを承知の上で、このようなことを行なっているのだろうか?(・・) <もう幹部の世代も、みんな戦後生まれで学生運動ピークからもはずれてる世代だから、民主主義&報道の重要性に対する価値観とか感覚が乏しい人が多くなっているのかな~?(~_~;)>

 早く国民がそのコワさに気づいて、それこそ国民の側からメディアに圧力をかけるようにならないと・・・マジで日本がアブナイと憂慮しているmewなのである。(ノ_-。)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 では、リテラに載っていた池上彰氏の記事を・・・。

『池上彰がテレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力があることを明言!「テレビ局には連日、抗議と“電凸”が」』

リテラ 2016.07.06

 本サイトで既報のとおり、今回の参院選に際して、自民党は弁護士を引き連れて放送局に乗り込み、公職選挙法違反の政党CMを流せと圧力をかけた。安倍政権において、こうしたメディア圧力はもはや日常茶飯事になっている。そして、テレビ局は完全に飼いならされ、圧力をかけられる前に自ら政権の意向を忖度し、過剰な自主規制を行っている。

 ところが、これまで本サイトが何度も具体的に報じてきたように、テレビメディアにかかわる当事者たちからは、なかなか具体的な話が出てこない。安倍政権に追い詰められてキャスター辞任に追い込まれたテレビ朝日『報道ステーション』の古舘伊知郎氏にしても、TBS『NEWS23』の岸井成格氏にしても、最後まで「政治的な圧力はなかった」「特定の圧力を感じたことはない」という姿勢を崩さなかった。結局、これからもテレビの世界で生きていくことを考えると、本当のことは言えない、ということなのだろう。

 しかし、そんななか、いまも現役で数々のテレビ番組に出演中の有名ジャーナリストが、この圧力問題についてかなり踏み込んだ証言をした。
 そのジャーナリストとは池上彰氏。池上氏は緊急復刊された「朝日ジャーナル」(朝日新聞出版)における元共同通信社編集主幹の原寿雄氏との対談で、テレビ局の自主規制、さらに政権からの圧力の詳細を具体的に語っているのだ。

 池上氏はまず、「『報道の自由度』と言いますが、国が報道の自由を制限しているか、それとも報道機関の側が勝手に自主規制したり、忖度したりして、自ら自由を狭めているのか。日本では後者が多いような気がします」と指摘した上で、古巣のNHKの体たらくを嘆く。

 「高市早苗総務相が、政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に電波停止を命じる可能性に言及した際、ジャーナリストらが抗議会見を開きましたが、NHKは取材にも行かなかった。情けないですね」

 しかし一方で、池上氏は、この「忖度」はメディアが勝手にやっているわけではなく、それを生み出したものがあることをはっきり指摘している。

 「最近までは権力を持つ側は『メディアに圧力をかけてはいけない』というのが共通認識でした。(略)ところが、安倍政権になってからは、自民党はおもなニュース番組をすべて録画して、細かい部分まで毎日のように抗議し、訂正を求め、注文をつけてくる。すると、テレビ局は『面倒くさい』となる。対応が大変で、次第に『文句を言われない表現にしようか』となってしまうのです」

 つまり、安倍政権による大量の抗議が、テレビ局を萎縮させ、局内に「忖度」の空気を蔓延させているというのだ。(下につづく)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、池上氏はネット右翼による放送局への抗議電話、いわゆる「電凸」についても、このように語っている。

「さらに深刻なのは『電凸』です。『電話で突撃する』という意味のインターネット用語ですが、一般の読者や視聴者が、気に食わない報道があると、スポンサー企業に一斉に抗議電話をかける。『不買運動をする』なんて言われるとビックリするんですね。昨年6月に自民党の議員が、マスコミを懲らしめるためにスポンサーに圧力をかけることを提案して、問題になりました。それも実際にはすでに行われているんです」

「現代的に言うと『反知性主義』という言葉に言い換えることができるのではないでしょうか。冷静に議論をするのではなく、『マスゴミ』『反日』と罵倒して、数の力で封殺する。その状況でも冷静に立ち止まって議論することが、メディアの役割ですよね」

 池上氏は4月27日放送の『荻上チキ・Session-22』(TBSラジオ)に出演した際にも、こんな自身の体験談を明かしていた。

 「私も『(週刊)こどもニュース』をやっているころにですね、まあ、それこそ大きな政治の問題をやるわけですよね。すると、いろんな人から抗議の電話がかかってくるわけです。その応対に1時間から2時間、ずっと相手をしているわけですね。すると、面倒くさくなりますよね。次からやめておこう……ああ、こうやっていろんなテレビ局はこういう微妙な話を取り上げなくなっているんだ、って感じましたね」

 ネトウヨの「電凸」に放送局が屈するとは、それこそ涙が出るほど情けない話だが、しかし、この「電凸」にしても、自民党、とくに安倍氏周辺が下野した時代に、自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)というかたちでネトウヨを組織し、その下地をつくってきたものだ。

 実は、この『南京事件 兵士たちの遺言』は、放送日の新聞ラテ欄では『しゃべってから死ぬ 封印された陣中日記』というフェイクのタイトルがつけられており、そこに「南京」の文字はなかった。つまり清水氏は、南京事件を扱うにあたり、政権や上層部から余計な「圧力」がかかるのを避けるために、こうした策を講じたと考えられるのだ。このしたたかな姿勢こそ、テレビ局の現場で求められているものに他ならならないだろう。

 池上氏はこの2、3年、新聞紙面や雑誌で舌鋒鋭く安倍政権を批判してきた。今回の「朝日ジャーナル」でも、安倍自民党の惹句である「日本を、取り戻す。」について、こうチクリと刺している。
「(安倍首相が)取り戻したい『日本』とは何なのか。いま、米国では『メイク・アメリカ・グレイト・アゲイン(米国を再び偉大な国に)』と言うトランプ氏が大統領候補になりそうですが、安倍さんは『メイク・ジャパン・グレイト・アゲイン』と言っているようなもの。中身はいろんな意味で受け取れるわけです」

 できれば、この鋭いツッコミをテレビでも見せてほしい。池上氏はこの参院選投票日でも選挙特番のキャスターをつとめる予定だが、安倍首相と対峙したときは、ぜひこれ以上の辛辣なセリフをぶつけてほしいものだ。(小杉みすず)』

<ラジオで安倍自民党の問題点を鋭く指摘していた荻上チキ氏も、何か週刊誌にスキャンダル・ネタを出されちゃったようで・・・。(~_~;)> 

* * * * * 

 一体、TV各局は安倍政権が続いている間、ずっとこんな調子で官邸や自民党のご意向を忖度し続けるつもりでいるのだろうか?(`´)

 アレコレ言われると面倒臭い、民主主義を支えるメディアの使命なんてどうだっていいやと、楽な道を進み続けるのだろうか?(-"-)

 どうか池上彰氏には、参院選当日、メディアとはどうあるべきなのかということを、そしてジャーナリストの矜持や気概というものを、一般国民だけでなく他のメディアや報道関係者に見せ付けて欲しいと願っているmewなのだった。(**)

 THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

by mew-run7 | 2016-07-07 05:31 | (再び)安倍政権について