日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2017年 05月 10日 ( 2 )


 これは5月10日、2本めの記事です。

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 この記事では、森友学園がらみの話を・・・。

 森友学園の籠池前理事長は、「安倍晋三記念小学校」との校名を記した設立趣意書を2013年に財務省近畿財務局に出したと明らかにした。
 また、14年には、首相の妻昭恵氏と建設予定地で撮影した写真も示し、支援を受けていると説明したという。(@@)

 森友学園が財務省に提出した設立趣意書は、タイトルのところが黒塗りになっていて、学校名が隠されているのだが。<財務省の佐川理財局は内容と一体になっているので消したと説明。>
「文字の大きさから考えて、5文字しか入らない」「安倍晋三記念小学校の9文字ははいらない」との指摘がある。^^;

 まあ、でも「森友学園小」などなら消す必要もなかったと思うし。13年当時は、籠池氏まだ「安倍晋三」の名を小学校につけることに意欲があった上、財務省の注目、配慮も望んでいたようなので、「安倍記念小」「安倍晋三小」「安倍小学校」などと、何か安倍首相の名がはいる形でタイトルをつけた可能性が大きいように思う。(・・)

 籠池夫妻が安倍昭恵夫人と小学校の建設予定地で撮影した写真を示し、支援を受けていると説明したところ、担当職員は「コピーを取って局長にみせる」と言っていたのには、チョット笑ってしまったりもして。^^;
 でも、それぐらい財務省にとっても、籠池夫妻が首相夫人と懇意で、小学校新設の支援を受けているか田舎は重要なことだったのではないかと思われる。(**)

* * * * *
 
『昭恵氏との写真「14年に近畿財務局に示す」 籠池氏

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、学園前理事長の籠池泰典氏が8日夜、朝日新聞の取材に応じ、「安倍晋三記念小学校」との校名を記した設立趣意書を2013年に財務省近畿財務局に出したと明らかにした。14年には、首相の妻昭恵氏と建設予定地で撮影した写真も示し、支援を受けていると説明したという。

昭恵氏と籠池氏の写真、財務局職員「局長に見せないと」

 小学校設置の認可を受けるには、建設地を自己所有しているのが原則で、近畿財務局は将来の売却を前提とした定期借地契約を学園側と結ぶ異例の手続きを15年5月に取った。籠池氏の証言通りなら、財務省側が14年時点で国有地の取引を昭恵氏関連の案件と認識していた可能性も出てきた。

 籠池氏が小学校の設立趣意書を出したのは、13年9月。籠池氏の説明では、小学校の建設用地として、大阪府豊中市の国有地を取得したいとの要望書を近畿財務局に出した際に添付した。籠池氏は「日本初で唯一の神道の小学校」の開設を目指しており、設立趣意書に記した名称を「安倍晋三記念小学校」としたという。

 籠池氏は14年4月、昭恵氏を学園の幼稚園での講演に招いた。籠池氏によると、この際、昭恵氏を建設予定地に案内し、一緒に記念写真を撮った。直後の近畿財務局との土地取引の交渉で、財務局側から「見せてくれ」と求められ、写真を渡した。担当職員は「コピーを取って局長にみせる」と言っていたという。籠池氏は「(支援を)わかってもらわないと(いけなかった)」と話した。(朝日新聞17年5月9日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 維新の会の元代表だった橋下徹氏が、森友学園の新設小学校の認可に関しては、国からの圧力がかかったという話をしていたのであるが。
 大阪府の調査では、実際、2013年以降、近畿財務局は森友学園の件で5回も府庁を訪れて、認可の件を確認していた(せっついていた?)という。(~_~;)

『森友学園 近畿財務局の訪問は5回 大阪府が調査結果発表

 大阪府の松井一郎知事は5日の定例記者会見で、学校法人「森友学園」の小学校建設計画の経緯を巡る職員への調査結果を発表した。建設予定地だった豊中市の国有地を管理する財務省近畿財務局の担当者が府側を訪れた回数について、府はこれまで2回と説明していたが、計5回だったことが判明。両者のやりとりは電話や府側からの訪問も含めると十数回に上った。

 松井知事は財務局の対応について「早く売りたいから認可のめどを付けてくれ、ということだったのだろう」と改めて強調。財務局が「記録は廃棄した」と一貫して説明していることには「説明不足だ。国も聞き取りして当時の担当者の証言はきちっと公表すべきだ」と求めた。

 府は3月の府議会では、財務局職員の来庁は2013年9月12日と同11月19日の2回と説明。その後、一連の過程で職員が内規を逸脱した対応がなかったかを確認するため、財務局から初めて照会があった13年度以降を対象に、当時の担当職員への聞き取りやパソコンに残る日程表などを基に交渉の経緯を調べていた。

 調査結果によると、森友側は認可申請書の内容を事前に説明する「設置計画書」を14年8月に府に提出。その直前の7月28日、財務局職員が府側の担当課のある咲洲(さきしま)庁舎(大阪市住之江区)を訪問し、担当課員は設置申請の進捗(しんちょく)状況を説明した。同10月2日、財務局から複数の職員が咲洲庁舎を訪れ、設置認可申請について審議する府私立学校審議会(私学審)の日程などを確認した。

 私学審が14年12月に認可申請を継続審議とした直後の15年1月8日には財務局職員2人が来庁。府担当課の補佐が「いつ(認可適当の)答申が得られるか分からない」と話すと「私学審の結論を出す時期などある程度、事務局でコントロールできるのでは」などと求められたという。

 府側は記録を文書で保存しておらず、松井知事は「明確な記憶はなかったが、職員がダイアリー(日記)をめくる中で思い出した。全て議事録にして残すのは負担だ」と説明した。【藤顕一郎、念佛明奈】(毎日新聞17年4月5日)』

『大阪府は5日、学校法人「森友学園」(大阪市)をめぐり、国有地を売却した財務省近畿財務局の職員と、小学校の設置認可事務を担当した府職員のやりとりの調査結果を公表した。財務局側は2013~15年に職員が5回府庁を訪れ、設置認可の審議状況などを確認していた。府側には財務局の対応について「(学園に)親切だと感じた」と受け止めた職員もいた。

 調査は、府人事課が府私学・大学課(現・府教育庁私学課)の担当者や元担当者4人から聞き取った。

 調査結果によると、財務局の職員2人が最初に府庁を訪れたのは13年9月12日。財務局側から「(学校の)認可はいつおりるのか」と聞かれ、府側は、認可の妥当性を審査する府私学審議会の日程などを伝えた。同年11月19日にも財務局職員2人が訪れ、小学校の実現可能性を尋ねる照会文を持参。府側は「正式な認可申請が出ていない段階で回答は難しい」と答えたが、財務局側から「それでも構わないから照会文を受け取ってほしい」と言われ、受け取ったという。

 14年10月2日には、担当課長級の「統括管理官」を含む数人が訪問。統括管理官は、私学審で小学校認可が継続審議となった直後の15年1月8日にも訪れた。府の担当者が「いつ(私学審の)答申が得られるかわからない」と説明すると、財務局側は「審議会の結論を出す時期など、ある程度事務局でコントロールできるのではないか」と語ったといい、府の担当者は今回の調査で「失礼に感じたと記憶している」と話した。(朝日新聞17年4月5日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 自民党内でも、安倍官邸の強い「政高党低」現象が続き、議員たちが安倍首相の言動に関してなかなか意見が言えない状態が続いているのだが・・・。
 そんな中、最近、党内で一番まっとうな発言を行なっている船田元氏だ。<昨日も憲法改正で慎重にすべきだと提言していましたね。(・・)>

 船田家は、昔から代々栃木県の作新学院(昔、江川がいたところ)の経営をしていることから、認可などにも詳しいようなのだが。船田氏は、以前から今回の森友学園の認可や土地購入の話はおかしい、何かの力が働いているとしか思えないと話している。(**)

『自民・船田氏「特別な力学働いたと…」 森友問題に言及

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題をめぐり、学校経営者として教育に関わる船田元・衆院議員(自民)は9日、朝日新聞の取材に対し、森友学園の幼稚園教育について「ある意味で洗脳だ」と批判した。売却の不透明さも指摘し、籠池(かごいけ)泰典理事長の参考人招致について「国会で参考人を呼ぶことも一つの手段」と述べた。

 船田氏は、栃木県内で幼稚園や高校などを運営する学校法人「作新学院」(栃木県)の学院長。6日付のブログで、大学設置認可や国有地売却をめぐる自身の苦労話を紹介したうえで、「特別の力学が働いたと思わざるを得ない」と指摘。森友学園の幼稚園の教育内容を「極めて異常」と批判していた。

 船田氏は取材に対し、国有地売却について「事がうまく進みすぎているなという印象が極めて強い」と語り、「本当に安倍晋三首相側、役所側に不正がないとすれば、積極的に自ら情報公開すべきだ」として、政府側に説明を求めた。

 疑惑解明に向けては「学校法人側が記者会見を開いて証拠を示すことが第一」としたうえで、参考人招致についても「会見でも疑惑が晴れないとすれば、次の手段としてはあるかもしれない」と述べた。安倍首相は会計検査院の調査に問題解明を委ねる考えを示しているが、船田氏は「何らかの結論を1カ月も2カ月も出さないとすれば、隠れみのにしたと思われても仕方ない」と言及した。
(後略・ここから有料・朝日新聞17年3月10日)』

* * * * *

 今回の衆院予算委員会では、ちらっと安倍トモが経営する加計学園の話も出ていたが。やはりこの2つの学校の認可や国有地取得の優遇(森友は8億円引き、加計は36億が無償)については、決してスル~してはなるまい。(・・)

 安倍自民党としては、早く野党やメディアが扱わなくなって、国民が忘れてしまうのを待っているんだけど。ビビットで真矢みきさんが「忘れてはいけないんですよね」と呼びかけていたように、野党もメディアも、しつこく粘って、どんどん材料を集めて、オモテに出して行くことが必要だと思っているmewなのだった。(@@)

  THANKS
                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-10 15:15 | (再び)安倍政権について
頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

【韓国もフランスに続き、左派・革新系の大統領が誕生。経済不況に苦しむ中、上から引っ張る新自由主義政策よりも、下から雇用や生活を支える社会政策や、北朝鮮との戦いよりも対話による解決(というか、落ち着いた生活?)を求める人たち、特に若者からの支持が高かったようだ。(++) 
 でも、日本には厳しい姿勢で臨むつもりらしいし。保守派の中でも右側の安倍首相、トランプ大統領と日米韓の協力関係がうまく築けるか、ビミョ~なところだ。(~_~;)】

 8、9日、安倍首相が出席して、衆参予算委員会の集中審議が開かれた。(・・)

 昨日は、森友学園問題に関する質疑について書いたのだが・・・。
 世間的には、3日の憲法記念日に、安倍首相(自民党総裁)がいわば「憲法改正宣言」と言えるような話をトートツに、読売新聞と超保守団体の会合に出したことに関する質疑にもかなりの注目が集まっていたようだ。(@@)

 とりわけ、安倍首相が民進党の長妻議員に改憲メッセージについてきかれ、上からシンゾー目線で「読売新聞を熟読していただいてもいいんだろう」と言ったことには、野党だけでなく与党やメディアからも批判を受けることに。(浜田委員長も「一部新聞社の件は、ちょっとこの場では不適切・・・」と注意していた。^^;)
 
 安倍氏は以前から、憲法改正に関しては、国会議員としてor自民党総裁としては話すけど、行政府の長・首相である時には話すべきではないと、立場によって分けているのであるが。理論的には、正しい考え方ではないかと思う。(++)

 ただ、実際のところ、国民はもちろん、周辺の議員でも、厳密に安倍氏が首相である時と党総裁である時とは分けては見ていない人が多いだろうし。
 安倍氏が「自民党総裁として応えた」と主張する読売新聞3日の一面には、しっかりと「首相インタビュー」という見出しが。(*_*;

 この安倍氏のやり方を、理にかなったものと見るか、都合によって立場を使い分けるダブルスタンダードと見るか。チョット難しいところだ。(-_-)<首相として答弁する時も、自民や維新などの改憲派から水を向けられると、改憲への意欲や考えについて嬉しそうに語っている時もあるしね。^^;>

* * * * *

 今回、安倍首相が突然、改憲について「宣言」とも受け取れる強いメッセージを出したこと、2020年までに施行という具体的目標を掲げたり、中身について、1・9条の改憲(1・2項残し、3項に自衛隊明記)、2・教育無償化などの具体案を出したことが、野党だけでなく、自公与党内にも驚きと論争を巻き起こしている。^^;

<この改憲のメッセージ全文は、『安倍が20年改憲、9条改正に言及。安倍のための憲法改正は、絶対に阻止したい。』にアップしたので、興味のある方はそちらも熟読していただいてもいいんだろう。(^^ゞ>

 3日にこのような改憲宣言を行なうことは、自民党の幹部、議員の多くや公明党もきいていなかったようで。いいサプライズとして受け止めた人もいたが、根回しや議論もなく、 勝手に自分の考えを発表したことに不快感を示す人も少なからずいた。(~_~;)

 また、1は公明党、自民党の改憲慎重派、民進党の改憲派向けに考えた案、2は維新の案を採用したものだが。安倍氏がこの案をクチにするのは初めてのこと。(・・) 
 自民党内でも、ちゃんと議論したことがない案だし。特に安倍首相を支持する超保守派、タカ派派は2項を削除するか、大幅改正することを望んでいるので、この案には不満を覚えている人が多いようだ。
 さらに、自民党には、教育の無償化も憲法で決めるべきではないと考えている人も多いのが実情で。<安倍氏もそうだったはず。民主党政権が行なってた高校授業料の無償化も、政権奪還した途端、廃止しちゃったしね。(~_~;)>

 まあ、各論に関しては、追々書いて行くとして、今回は読売発言、ダブルスタンダード、唐突宣言問題を中心に、いくつかの報道記事を取り上げることにする。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『<首相>憲法改正「読売新聞を熟読して」答弁 野党が反発

 安倍晋三首相が8日の衆院予算委員会で、野党議員に憲法改正への見解をただされ、「自民党総裁としての考え方は詳しく読売新聞に書いているので、熟読していただければいい」と答える一幕があった。

 民進党の長妻昭氏が、自衛隊を「国防軍」などと位置づける2012年の自民党改憲草案について質問。首相は、3日付の読売新聞に自身のインタビュー記事が掲載されたことを踏まえ、「(委員会の答弁には)首相として立っており、総裁としての考えはそこ(新聞)で知ってほしい」とかわした。

 野党側は「国会軽視だ」などと反発し、浜田靖一委員長(自民)が「一部新聞社の件は、ちょっとこの場では不適切なので、今後気をつけていただきたい」と首相を注意して、その場を収めた。【真野敏幸】(毎日新聞17年5月8日)』

* * * * *

『「考え方は新聞に書いてある」首相発言に民進が抗議

安倍総理大臣は8日の衆議院予算委員会で、憲法改正をめぐる民進党の質問に対し、「自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてあり、ぜひ、それを熟読して頂いてもいいのだろう」と答弁しました。

これについて、民進党は9日の衆議院議院運営委員会の理事会で、「立法府の破壊につながりかねない重大な発言であり、答弁の空洞化につながり、大変問題だ」と抗議したうえで、萩生田官房副長官を呼び、見解をただすよう求めました。

これに対して、自民党は「指摘のとおりであり、抗議があったことは政府に伝えたい」と述べた一方で、萩生田副長官を理事会に呼ぶかどうかは、持ち帰って検討する考えを伝えました。

また、佐藤委員長は「安倍総理大臣の答弁の議事録を精査し、対応を検討したい」と述べました。(NHK17年5月9日)』

* * * * *

『蓮舫氏、安倍首相批判「立場を使い分け、二枚舌だ」

 「総理・総裁は同人格だ。立場を使い分けるのは、あまりにも二枚舌だ!」

 安倍晋三首相と民進党の蓮舫代表が9日、参院予算委員会の集中審議で対決した。蓮舫氏は、8日の衆院予算委員会で憲法改正に対する持論の真意を問われ、自民党総裁としての意見だとして答弁を避けた首相を、強く批判した。

 また、首相が持論の詳細について「読売新聞(のインタビュー)を熟読してほしい」と発言したことを問題視。「読売新聞では気持ちよく話せて、なぜ国会では話さないのか。立法府の軽視であり、到底、容認できない」とののしり、「国会を何だと思っているか。責任放棄だ」と述べ、「読売発言」撤回の意思があるか、首相にただした。

 これに対し、首相は「今この場には総理として立ち、答弁する義務を負っている。議論は憲法審査会でなされるものと考えている」と、前日と同様の答弁にとどめた。その上で逆襲に転じ、対決モード全開の「リアル蓮舫」に、「憲法(の問題)は、一方だけが具体的な案を出し、一方は追及、批判するだけのテーマではない。民進党も、具体的な提案を提出してほしいし、建設的議論を行いたい」と指摘。改憲私案を月刊誌に発表し、党執行部との考えの違いから代表代行を辞任した細野豪志氏の名前を挙げ、「細野さんも提案している。(党も)立派な提案をしてほしい」と、皮肉った。

 さらに、「蓮舫さんもこういう外形的なことではなく、中身についての党の案を…」と、蓮舫氏の質問内容にもケチをつけたため、民進党席が大ブーイングを出し、審議が混乱。首相は「まあ、みなさん、そんなエキサイトしないで。最後まで聞いて、質問で批判してほしい」と、ヤジの声に対応し、蓮舫は「誰に答えている」「(私の質問に)まったく答えていない」と、怒り心頭。「自分のやりたいことをやって、でも、聞かれたら答えない。そのダブルスタンダードはあらためてもらえないか」と、訴えた。

 それでも首相は、「今やらないといけないのは自衛隊だ」と、憲法改正の持論の一端に言及。「憲法学者の8割が違憲としている。そういう状況を変えていくのは私たちの世代の責任ということで申した」と述べた。

 ただこの日も、延々と説明する答弁が目立ち、しびれを切らした野党議員が「長いだろ!」と怒りのヤジを飛ばす場面も。首相は「最後、答弁をやめようと思ったら、結論をやじで乱されるから、こういうことになるんでしょう」と述べた。(日刊スポーツ17年5月9日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『伊吹文明元衆院議長、党内手続き経ない安倍晋三首相の意向表明に「残念」 9条改正には賛同

 自民党の伊吹文明元衆院議長は8日夜のBSフジ番組で、安倍晋三首相(党総裁)が自衛隊の存在を明記するための憲法9条改正と2020(平成32)年の新憲法施行の意向を表明したことについて、正式な党内手続きを経ずに言及したことに苦言を呈した。

 伊吹氏は、自民党が野党時代の24年に公表し、「国防軍を保持」と明記した党憲法改正草案と異なる内容を首相が表明したことを挙げ、「党内手続きをとって出したもの(草案)でないものを公にするときは、党内の話を組織政党としてやっておくべきだった。少し残念といえば残念だ」と述べた。

 同時に、伊吹氏は「安倍さんがやりたいと思っている気持ちは、党として当然応えていくという流れになるのではないか」として、党内での議論を進めるべきだとの考えを強調した。「安倍さんの気持ちは痛いほど分かる。『もっと早くしっかりやってくれよ』ということだ」とも語った。

 9条の改正自体についても「自衛隊が現に存在し、国の安全保障にきちっとした役割を果たしている。その人たちに『あなた、憲法上、違反と言っている学者がいるけど頑張れよ』という政府はよくない」と述べ、理解を示した。

 同じ番組に出演した古賀誠元幹事長も「唐突だ」と首相の表明に注文をつけた。ただ古賀氏は、戦争放棄と戦力の不保持をうたった9条1項と2項を残した上で自衛隊の存在を明文化する首相の見解について、「一定の評価に値する」と述べた。(後略)(産経新聞17年5月8日)』

* * * * *

『船田氏「もう少し慎重に」首相の改憲発言をブログで批判

 自民党の船田元衆院議員は8日、2020年に改正憲法の施行を目指すとした安倍晋三首相の発言に対し、自身のブログで「行政の長たる総理大臣には、もう少し慎重であっていただきたかったというのが本音だ」と批判した。船田氏は衆院憲法審査会の幹事を務めている。

 与野党合意の憲法論議を重視してきた船田氏は「(首相の発言は)国会での議論の行く末や期間を、行政の長が規定することにつながりかねず、野党の反発を招くことは必至」と指摘。11日予定の衆院憲法審について「(開催に向けて)困難な交渉を余儀なくされるのではないか」と懸念を示した。

 国会発議後の国民投票に備えて、「(改憲勢力の)3分の2だけで進められるものではなく、少なくとも野党第1党の理解を得ながら手続きを進めなければならない」と指摘した。(朝日新聞17年5月8日)』

* * * * *

『憲法改正 公明・山口那津男代表、安倍晋三首相の改憲表明「自民の議論見守る」

 公明党の山口那津男代表は9日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条の改正と2020(平成32)年の新憲法施行に意欲を表明したことについて「今われわれが評価すべき段階ではない。自民党の中の議論を見守っていきたい」と述べた。

 首相は戦争放棄や戦力の不保持をうたった9条の1項と2項を残した上で、自衛隊の存在を明記する条文の追加を目指している。山口氏は「これまでの自民党憲法改正草案とは違った視点のようなので、それを自民党の中での議論に委ねたということだ。われわれはそれを見守りたい」と強調した。首相発言を受けた党内議論は当面、行わない意向とみられる。

 山口氏は平成27年の安全保障関連法成立を受け、9条改正は当面必要ないとの立場をとってきたが、9日の記者会見では「基本的に考え方は公明党としては変わっていない」と語った。首相の改憲意向表明は、事前に知らされていなかったとも明らかにした。(産経新聞17年5月8日)』

* * * * *

 まだまだ載せたい記事がいっぱいあるのだが。ここまでで、かなり長くなってしまったので、各論の話も含め、つづきはまた後日ということで・・・。
 
 果たして来週辺りの世論調査では、国民はどんな反応を示すのだろう?(・・)

 ただ、自公議員たちの反応や困惑ぶりを見ていると、そうスンナリとは話が進まないような感じもしているmewなのだった。(@@)

  THANKS
 
                                             
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2017-05-10 09:14 | 憲法&憲法改正

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7