日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2017年 10月 08日 ( 1 )

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   


【世界体操女子、個人総合。予選TOPだった村上茉愛は、体操人生で最も緊張したそうで、3種目めの平均台のターンで落下して1.0の減点に。最終種目、得意の床で挽回をはかったものの、3位と0.1差、1位と0.533差の4位に終わった。<村上は落下の悔しさから号泣したものの、「何があっても失敗しないというぐらい練習する」と強く誓っていたです。o(^-^)o>
 もうひとりの杉原愛は、6位。メダルは残念だったけど、女子で2人入賞も嬉しいニュースだ。(^^♪

 あと白井健三が、美しい演技者に対して送られるエレガント賞を受賞したとのこと。(*^^)v祝
<最近だと内村が3回、女子の田中理恵が1回受賞。>実際、平行棒とか鉄棒で、きれいに脚がそろっているし、ムダな持ち直しや動きも少ないし、これも今後の大きな武器になりそうだ。(・・)】

* * * * *

 ところで、mewが「希望の党はアブナイ」「この党には絶対に期待できない」と強く思ったのは、同党がイッチャってる系のトンデモ超保守派である中山成彬氏&恭子氏を、初期メンバーとして迎え入れたからだ。(゚Д゚)
 
 先日の記事に書いたように、特に中山成彬氏(元自民党、安倍仲間)は過激な言動で知られていて。麻生内閣の国交大臣に選ばれて数日で「日本は単一民族の国」「火の玉になって日教組を壊す」などと発言したため、すぐに閣僚辞任することに。(その後、また困った言動をして、自民党を除名に。・・・関連記事・『ヒト、カネに困る小池新党?~何と超保守・中山夫妻が入党希望&自民党からも移籍者が』)

 中山氏は、今回の衆院選では希望の党公認で、比例の九州ブロックから出馬することが発表されたのだけど。既にツイッターに「安倍首相の交代は許されない」「思想チェックを行なっている」などと書き込み、物議をかもしている。(@@)

 ネットを見ていると、保守派の間でさえ、特に中山成彬氏の入党には疑問や抵抗をを覚えた人がいた様子。^^;
 それこそ希望の党から出馬する予定だった議員が、中山氏の入党を知り、立候補をとりやめた例もあるほど。(・o・)

 昨日、元民進党の原口一博氏も、一度は希望公認で出ることを発表しながら、無所属での出馬に変えたのだが。(確か、原口氏は日本会議にいたことがある超保守のはずなのだけど。)どうやら、中山氏の言動も大きな理由になっているようだ。(~_~;)

* * * * *

 道休氏に関しては、支援団体の連合が難色を示したのも理解できなくはないのだ。中山氏は、日教組はもちろん労組も大嫌いなので、長い間、敵対関係にあるからだ。(超保守派には、「組合→連帯→サヨク→潰す」みたいなイメージがあるのね。(^_^;))

『希望の党の公認を得て衆院選宮崎1区に立候補する予定だった元民進党議員の道休誠一郎氏(64)が4日、出馬を断念することを明らかにした。民進党宮崎県連が「希望への不信感がぬぐえない」として、道休氏を支援しないことを決めたのが理由とみられる。

 同県連は道休氏について、宮崎1区で希望の公認を目指し、3日に公認が発表された。しかし、地盤の宮崎で民進と敵対関係にあり、希望から立候補する意向の自民党出身の中山成彬・元文部科学相が自身のツイッターに「(希望と)民進党丸ごとの合体は絶対ダメ」「安倍首相の交代は許されない」と書き込んでいたことが判明。これに反発した同県連は3日、公認候補となった道休氏を支援しないことを決めた。(読売新聞17年10月4日)』

『宮崎の民進党、連合が反対に回ったのは、中山成彬元文部科学相の存在が大きい。中山氏は、希望の党の“九州代表”を任じ、候補選定に強く関与した。
 連合宮崎の佐藤真会長は「中山氏は国土交通相時代、日教組解体を唱えており、組合員のアレルギーが強い。特に、官公労は『絶対に支援できない』とのスタンスだ」と語った。佐藤氏は延岡市職員労働組合の出身だ。
 民進党宮崎県連の関係者も「道休氏が中山氏と連携する姿勢を見せたので、支援できないと伝えた」と話した。(産経新聞17年10月4日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 ただ、元・民進党の原口一博氏が7日、突然、太陽の党の公認を取り消し、無所属で出馬することに決めたのもチョット驚いたし。しかも、その理由として、中山成彬氏の発言などについて挙げていたことにも、驚かされた。(・o・)

 というのも、原口氏はかつて日本会議に属していた超保守・改憲派で。10年には「超党派の議員連盟「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」に参加して、尖閣諸島までヘリコプターで行ったり、11年には中道左派の菅政権を支持する勢力とは分かれるべきだという文を寄稿したり。
 旧・民主党の中では、かなり右側に位置していたからだ。(-_-;) <ただし、イッちゃっている系というほどではなくて、憲法や安保ではそれなりに理論が通じる人だけど。(・・)>

『原口一博氏、中山成彬氏の比例入りに不快感か 無所属へ

 元民進副代表の前職原口一博氏(58)=佐賀1区=が、10日公示の衆院選に無所属で立候補すると表明した。希望の党の公認を受けていたが、関係者によると、同党が中山成彬・元文部科学相(74)を比例九州ブロックの上位候補にするとの情報が入ったことなどから決意したという。中山氏は6日、「小池さんが(衆院選に)出なければ、安倍さんがいいと思う」と発言している。

 原口氏は7日朝、SNSで「妥協して当選しても何の恩返しにもなりません。無所属で立つことを決断しました」と表明。「立憲民主党の仲間とも話し合います」とした。希望の党の政策について「新自由主義、新保守主義ではないか?」などと指摘している。(朝日新聞17年10月7日)』

『<衆院選>原口一博氏、無所属で出馬表明 希望公認を辞退

 衆院選で佐賀1区から出馬予定の前職、原口一博氏(58)は7日、佐賀市で記者会見し、希望の党公認を辞退して無所属で立候補すると表明した。希望が掲げる政策に疑問を感じるなどとして、原口氏は「いったん立ち止まって、(有権者から)真っ正面から判断を受けたい」と述べた。

 希望は6日に公約を発表したが、原口氏は「(政策が)新自由主義、新保守主義に偏っていないか。私が危惧するものが何点かあった」と述べた。小池百合子代表にちなんだ、民間の活力を引き出す経済政策「ユリノミクス」について、「(発表内容だけでは)選挙をする自信がなかった」と語った。

 また、希望から比例九州ブロックに出馬予定の元文部科学相、中山成彬氏(74)が6日、首相に推す人物として「小池代表が出ないなら安倍晋三さんがいい」と発言したことに言及。そのうえで、安倍政権の継続容認の考えは「私の許容を超えた」と述べた。
 立憲民主党の枝野幸男代表について「考え方が近い」と、連携する姿勢も見せた。(毎日新聞17年10月7日)』

<希望の九州方面で中山氏と顔を合わせてエラそ~にされるのもイヤだったかも知れないし。あと佐賀は保守系が強い地域ながらも、周辺の雰囲気から、希望公認での戦いに、マイナス要素を覚えた部分もあるかも?^^;>

* * * * *

 でも、中山成彬氏は、周囲の声など耳にはいらないようで、希望の党での活動に意欲的に取り組んでいるのである。(・・)

 小池代表からなのか、またはあの超保守派の側近からなのか・・・候補者の選任や思想チェックを頼まれたそうで。自分が希望の党結党の軸or九州ブロックの親分であるかのような感じで、エラそ~なことを書いてるし。
 自民党時代はずっと安倍晋三氏と同じ団体で、慰安婦問題や南京大虐殺を認めない歴史修正主義の活動に力を入れていた安倍シンパゆえ、周囲から批判を受けても平気で「安倍政権の継続」を主張しているという。(>_<)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

 以下、中山なりあき(中山成彬) @nakayamanariakiのツイッターから・・・

9月24日『「日本のこころ」は衆議院選で消滅する可能性が高い。しかし、先に自主憲法草案を作成し、真の保守としての政策を練り上げてきた。その真髄を小池新党に受け継いで欲しい、それによって小池新党が保守の党であることがはっきりし、国民が安心するだろう。昨日、恭子代表と小池知事に会い意気投合した。』

9月24日『既に小池新党は160人程の候補者を選定中だが、私は遅れている九州地区の候補者の発掘を頼まれた。しっかりした国家観、歴史観を持った有為の人材の自薦他薦をお願い致します。安倍首相の憲法改正を叱咤する為にも「新しい保守」の政党を作りたい。民進党を上回る議席の獲得を目指して頑張ります。』

9月28日『九州で候補者発掘に奔走している間に中央では民進党の崩壊が進む。私達の小池新党合流から始まった今回の騒ぎに前原代表は右往左往。言うだけ番長の面目躍如。小池代表には民進党丸ごとの合体は絶対ダメと釘を刺していたが大丈夫かな。辻元氏等と一緒なんて冗談じゃない。安倍首相の交代は許されない。2017.09.28 07:27』

9月28日『いずれ民進党が消滅し、自民党と希望の党という政権を担える二大保守政党時代になることを願っていたが、こんなに早く民進党がなくなるとは驚いた。民進党現職はみんな希望の党から出馬できると思っているかも知れないが、憲法改正反対のリベラルの連中は公認される筈がない。見事なリベラル派退治!』

* * * * *

『希望の党から比例区での立候補が取りざたされている中山成彬(なりあき)・元文部科学相(74)は4日、宮崎市内で朝日新聞の取材に応じ「安倍政権打倒、政権交代とわめくのは元民主党の人たちだが、国民は民主党政権のトラウマが消えていない」と述べた。政権交代を主張する旧民主出身の立候補予定者らを牽制(けんせい)した。(中略)

 また、希望の党での自らの役割について「小池さんから(候補者の)リクルートを頼まれている」。選定の際には、憲法改正や安保法制などの「思想チェック」をしていると話した。

 中山氏によると、希望の衆院選の進め方について小池氏は「選挙はテレビがやってくれるのよ」などと話していたという。「消費税を上げなくて済む方法があるということを訴えていく」とも語った。(河崎優子)(朝日新聞17年10月5日)』

『中山氏は「小池(百合子)さんが(衆院選に)出たら政権交代を狙う。小池さんが出なければ、安倍さんがいいと思う」と話した。「安倍首相の交代は許されない」という9月28日のツイッター投稿の意図について、「あれは小池さんに出馬してくださいというラブコールだった」と釈明した。

 日本のこころから希望に合流した経緯についても説明。「私たちが作った自主憲法を小池新党でいかしたいと思い、妻(中山恭子参院議員)を説得して参加した。国民は(希望の党が)保守の党だと安心していただけたのでは」と述べた。(河崎優子)(朝日新聞17年10月6日)』

* * * * *

 中山氏は、早速、アレコレ言って物議をかもしているように、決して黙ってはいられないタイプだし。(今はこれでもセーブしているつもりかも?^^;)
 それこそ、もし久々に衆院に戻ったら、(たぶん希望の党の中では、かなり当選回数や実績が上の方なので)党内外で、ますます好き勝手な言動をするのではないかと思われ・・・。(^_^;)

 こうなれば、選挙中からどんどんアブナイ発言をして、希望の党の本性や問題をアピールして欲しいと期待しているmewなのだった。(@@)

  THANKS 

                       
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2017-10-08 04:25 | 政治・社会一般

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7