日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2017年 10月 10日 ( 1 )

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
          ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   


【世界体操、種目別の男子では白井健三が何と跳馬でも金メダルを獲得した。(*^^)v祝(跳馬での金メダルは39年ぶりだという。床は2位と1.1差と超圧勝だったけど、跳馬は(2本の平均得点で)0.001差の超僅差。(・o・))尚、同じく跳馬に出た安里圭亮は惜しくも6位。
 また鉄棒の宮地秀享は、他の技で落下してメダルはとれなかったのだが。国際連盟に新技として申請していた「伸身ブレトシュナイダー」(身体をまっすぐ伸ばしたコバチ2回ひねり)は成功。「ミヤチ」として現在最高のI難度の新技に認定されそうだ。"^_^"

 そして、女子では、個人総合で悔しい思いをした村上茉愛が、得意の床で金メダルを獲得。技術的にスゴイのはもちろん、空中姿勢や着地も丁寧だったし。手足の動きも細かいところに気をつかっていて、本当に美しい演技だった。(*^^)v祝 
 日本女子の金メダルは54年ローマ大会で平均台を制した田中(現姓池田)敬子以来、69年ぶり、2人め。床運動での金メダルは史上初だ。(@@) <跳馬は村上4位、寺本明日香が6位>
 こんなことを言ったら怒られるかも知れないけど。小さい頃から体操を見て来て、日本の女子が金メダルを見られるとは、(ほぼほぼ)思っていなかった。本当に嬉しいっす。o(^-^)o】

* * * * *

 昨日、『安倍、モリカケで朝日に気色ばむ~小池含め野党党首がモリカケ隠しを批判。逃げ切りは許さない』を投稿する時に、「あ、先週、アップしたモリカケの記事にリンクをつけよ~」と思ったのだけど。
 ブログを探してみても、先週、投稿したつもりの記事がなくて「あらら」という感じに。(~_~;)

 どうやら、ほぼ2本分の関連資料を集めて記事を書き、あとで編集、投稿しようと思って保存。アップしないままになっていたようなのだ。(>_<) saikin bokeboke

 ・・・というわけで、チョット古いものなのだが。まずは、森友学園に関する記事を。(**)

* * * * *

 安倍首相は、森友・加計学園の問題を国民に忘れて欲しくて、臨時国会で審議を全く行なわないまま、冒頭解散を行なったと言われてる。(-"-)

 でも、国民の7割以上は森友・加計学園の問題に関して納得していないし。この問題を忘れてもいない。(**)

『森友・加計問題 安倍政権へ抗議デモ 東京・新宿
 森友学園・加計学園問題の疑惑に安倍晋三首相が十分に答えていないなどとして、安倍政権に反対する市民らが1日、東京都新宿区で抗議のデモ行進をした。主催者発表で1500人が参加した。「自民」対「希望」の構図で語られがちな今回の衆院選で、市民も政治に声を上げようと企画された。

 デモ行進が出発する直前、姿をみせた民進党の枝野幸男代表代行。参加者から「枝野、枝野」というコールで迎えられると、枝野氏は「今、皆さんに大変ご心配をおかけしている」と応じた。

 さらに、枝野氏は「私たちがこれまで国民の皆さんに訴え約束したことを、政治家の都合で変えることがあってはならない」と主張を展開。「この国の民主主義と立憲主義、報道の自由をはじめ、表現の自由と情報公開、この間に安倍政権が壊してきたこと、こうした大事な社会の軸になるべき基本はしっかりと守る。このことについてはぶれない、こびない、ずれない」とスピーチした。

 デモ行進では「さよなら安倍政権」「政治を変えよう、投票しよう」などと書かれたプラカードを手にした参加者が、新宿駅周辺の繁華街で声を上げた。

 参加した川崎市の桜庭寿樹さん(37)は「疑惑追及から逃れるための衆院解散で、国民不在の政治だと感じた。政治を自分たちの手に取り戻し、弱い人も大切にされる政治を実現させたい」と話した。【後藤由耶】(毎日新聞17年10月1日)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


『【森友問題】大阪地検、財務省を背任罪等の容疑で捜査へ…安倍首相の関与解明も

Business Journal 2017.09.26 文=青木泰/環境ジャーナリスト
<ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/09/post_20718_2.html>

 9月15日、東京地検特捜部は2つの市民団体から出されていた、財務省と国土交通省に対する背任罪および公用文書等毀棄罪の訴えを受理したことを発表し、立件捜査を大阪地検特捜部に移送することを通知した。なお、背任罪は市民団体「森友告発プロジェクト(現・森友・加計告発プロジェクト)」(藤田高景共同代表)、公用文書毀棄罪は同「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」(八木啓代代表)がそれぞれ提起していた。

 東京地検では、9月11日に特捜部長が森本宏氏(前任は吉田安志氏)に交代した直後、約4カ月間店晒しにされていた告発状が受理され、大阪地検に移送された。森友問題の本丸は、安倍晋三首相と夫人・昭恵氏が、森友学園の小学校建設をめぐり便宜供与に動き、官僚がそれに応えて国有財産を、大量の埋設ごみを理由にただ同然の格安で払い下げた点にある。

 ところが、この案件を担当している大阪地検は、払い下げの権限を有していた財務省近畿財務局、同理財局そして国交省大阪航空局の捜査すらせず、本丸から外れた補助金詐取問題で森友学園元理事長の籠池泰典氏と妻をいわば別件逮捕し、有識者から疑問を投げかけられていた。

 大手メディアの記者によると、大阪地検は財務省と国交省の背任罪立件の動きを見せていたが、それを止めていたのは東京地検だといわれていた。ところが今回、その東京地検特捜部が部長の交代を機に、告発状を受理したことによって、その障害は取り払われたことになる。

 市民からの主要な告発は上記のほかに、「『森友学園問題』を考える会」(木村真<豊中市議>代表)が提出した告発状(3月)、約240人の弁護士らが提出した告発状(7月13日/現状で未受理)であり、基本的には計4本の告発状について大阪地検は捜査を行うことになる。

 こうした状況のなか、安倍首相が衆議院解散・総選挙に踏み切ったが、今回の告発状の受理によって、背任罪と公用文書毀棄罪の容疑の中心人物である佐川宣寿現国税庁長官の逮捕・罷免へと続けば、安倍首相の不正関与も問われることになる。森友問題から見た時には、安倍首相による衆議院解散は、告発受理と今後の展開を見越した自己保身策といってもよい。

 一方、今回の東京地検特捜部による告発状の受理、大阪地検への移送は、安倍首相による国家の私物化といえ、「国家が崩壊する」(福田康夫元首相)という懸念も高まっている。

 告発状の受理は真相究明の突破口

 前出「森友・加計告発プロジェクト」代理人の大口昭彦弁護士は、告発から受理に4カ月もかかったことへの腹立ちを口にしながら、「受理されたことは、大きい。受理されたことによって、もし検察が立件しなければ、市民自ら検察審査会に訴え、起訴・立件する道が法律上保証されることになる。それは、今回移送された大阪地検特捜部に真剣に捜査に取り組ませる要因ともなる」と語る
 つまり、森友問題を籠池氏逮捕で幕引きしたいと考えていた安倍政権は、この背任罪の受理によってそうはいかなくなった。

 また前出「市民の会」の八木啓代代表は、「幾重にも完璧に要件を満たした告発状を不受理にすることはできなかったのでしょう」とやはり東京地検による告発状受理が遅れたことに感想を述べながら、「国民の注視の中、特捜検察が決定的に存在意義を失いかねない事態のもとで、どういう判断が示されるのかが楽しみ」と大阪地検の捜査に厳しい視線を送っている。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 森友告発プロジェクトでは、5月22日の告発状提出以降も、その後わかった関連情報を東京地検に追加で提出してきた。

 6月18日には、豊中市への情報公開請求で資料「平成23年度大阪国際空港場外用地(0A301)土壌汚染深度方向調査業務報告書」(2012年2月/大阪航空局作成)が見つかった。そこに示された地層図や柱状図によって小学校建設予定地の3m以深にごみがないことが記載されていたが、この資料は今回の格安払い下げ時に3m以深に2万トンの埋設ごみがあると算定した大阪航空局自身が、算定の4年前に作成していたものだった。

 つまり深部にごみがないことを知りながら、8億円の値引きのために2万トンのごみを虚偽に仮装していたことを示す重要な資料であり、背任罪の要件である「故意性」を示す決定的な証拠であった。
 さらに7月7日には、森友学園の建設工事の元受け事業者(藤原工業)が大阪府豊中市に提出した公文書「産廃マニフェスト」によって、2万トンのごみがなく、そこには194.2トンのごみの記載しかなかったことがわかったが、埋設ごみがなかったことを意見書として届けていた。しかも記載されていたごみは「新築混合廃棄物」であり、埋設ごみはなかった。

 国民的な課題

 8月の内閣改造後、安倍首相は「丁寧に説明する」といったものの、野党による臨時議会開催の正式要求は3カ月も延ばし、そして今、9月28日にようやく開催される臨時国会は、冒頭で解散し、総選挙に入るという。民意を聞き反映させるための総選挙を、首相が自らを守るための安全装置として利用しようとしている。

 森友問題が全国的な注目を浴びたのは、国会での福島伸享議員(民進党)の質問に、安倍首相が「私や妻が関与していれば、議員を辞職する」と答えたことが出発点にあった。安倍首相が便宜を図った籠池氏は3月初め、森友学園の小学校建設の申請を取り下げた後は、安倍首相夫人から100万円の寄付を受け取ったと証人喚問で証言し、安倍首相夫妻の関与を決定づけた。

 それを受けて安倍首相は、この100万円寄付問題を念頭に置きながら、「辞職すると発言したのは、(寄付自体はなんら違法な行為ではなく、)不正に関与していれば、という意味であった」と自らの発言を訂正していた。

 これが最大のポイントになる。便宜供与を図った財務省や国交省が、違法で不正な行為を行っていたことが実証されれば、改めて安倍首相の責任問題が俎上に上ってくることになる。

 その意味で、前出「産廃マニフェスト」によって、2万トンあるとされた3m以深の埋設ごみがなかったという事実は、不当に値引いた官僚の背任行為を決定的なものとすると同時に、安倍首相による不正への関与を示している。

 産廃マニフェストについて全国紙やテレビの報道はなぜか腰が引けた状態にあるが、国有地の8億円値下げの根拠とされたごみがなかったという事実の報道が広がれば、背任と公用文書毀棄罪の容疑がある佐川国税長官の逮捕・罷免、さらには安倍首相の引責辞任がみえてくる。(文=青木泰/環境ジャーナリスト)』

* * * * *

 このような背任罪の捜査、立件は本当に難しくて大変だと思うし。大阪地検は、よほどのことがない限り、衆院選終わるまでは捜査状況についてオモテに出すことはあり得ないと思うのだけど。
<安倍首相は「財務省には、刑事的な意味での問題がない。起訴はできそうにない」とかリーク情報を出して欲しいところかも知れないが。そんなことをしたら、検察が選挙で自民党を支援したことになっっちゃうからね~。(-"-)>

 正直なところ、特捜部がどこまで強気で捜査や起訴を行なうかは、国民世論の状況や選挙の結果なども関わって来ると思われ・・・。森友・加計問題や財務省、安倍政権に対する国民の厳しい姿勢が、特捜部の後押しにつながるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS 

                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



[PR]
by mew-run7 | 2017-10-10 05:46 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7