日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2018年 05月 01日 ( 1 )



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   

 今日から5月だ~。(・o・)<ってことは、もう今年も1/3が終わったってことね。^^;>

 連休が明けたら、政治的に様々な動きがありそうな感じだけど。<国会再開できるか、国民民主党の結成、モリカケ問題(証人喚問を行なうか)、財務省・防衛省の責任問題、北朝鮮外交、、憲法改正具体化できるか、安倍内閣の責任問題(安倍おろし、解散カード)などなど>
 今週は、まったりとmewペースで・・・。_(。。)_
 
* * * * *

 先週4月27日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が軍事境界ラインの38度線を越えて、初めて韓国を訪問。板門店で、韓国の文在寅大統領と会談。共に会見を行ない、共同宣言を発表するというアジアの歴史上(世界の歴史上でも)、画期的な出来事があった。(**)

 金委員長は、北朝鮮が今後、完全な非核化を目指すことを明言。また、両国が年内に朝鮮戦争の終戦協定を結ぶことを決めるなど、会談や共同宣言の内容も画期的なものだった。(++)

 金委員長が果たしてどのような思惑で、今回の訪韓や共同宣言を行なったのか。各国の政府機関を含め(mewも含め?)、ついつい疑心暗鬼になってしまう人は多いと思うし。注意深くウォッチして行かなければならないと思うのだけど・・・。

 ただ、今回の金委員長と文大統領の決断や言動は、歴史的に見ても、外交政策としても率直に評価したいと思うし。世界にアピールするためのパフォーマンスとしても、素晴らしかったと思う。"^_^"

<昔、知り合いのおばあちゃまが「自分が生きている間に、東西ドイツを隔てていたベルリンの壁が壊されているのを見ることができて、感涙した」と。そして、「いつか(同じように戦後処理・東西冷戦の犠牲者である)朝鮮半島でも南北が融和できる光景が見られるといい」と言っていたのを思い出して、mewもちょっと心に来るものがあったりして。(そのおばあちゃまも天国から見て、喜んでいたかな?)

 朝鮮半島は、戦後、ようやく日本の占領下から解放されたのに。何年も立たないうちに、今度は東西冷戦に巻き込まれて、同じ民族が戦うことになった上、二つに分断されてしまったわけで。
<日本も戦後に分割統治の話があったけど、東日本と西日本が突然、糸魚川あたりで分断されちゃうようなものだものね。 (ノ_-。) >
 まあ、急に南北統一するのはムリだとしても、まずは南北の軍事的対立をなくして、融和、交流を進めて欲しいし。それによって、北朝鮮の孤立化や暴走を防ぎやすくなることもできると思うのだ。(**)

* * * * *

 北朝鮮に関して、悪い方にとることはいくらでも可能だし。そういうネット記事はたくさんあるので、天邪鬼のmewは、敢えていい方にとってみるなら・・・。

 金正恩氏は、まだ34歳と若いし。12歳~16歳ぐらいまで4年ほどスイスに留学していた経験もあることから、これまでのTOPとは感覚が違うかも知れず。(バスケ(特に米MBA)が大好き。他にも欧米、日本文化で馴染んでいるものが多いらしいし。妻同伴で公式の場に出ることも、祖父や父はしなかったという。)
 もしかしたら広い視野をもって、物事が判断できる能力があるかも知れない。(・・)

 で、東西冷戦が終わって30年近く立ち、近時は中国やロシアも絶対的に守ってくれるわけではないし。今後何十年も、韓国や米国とやり合う形で、体制を維持するのは困難だろうと予測して、新たな外交戦略を展開する必要性を認識した可能性が十分にあるのだ。(++)

<隣の中国も変化してるし。かつてソ連崩壊がそうだったように、北朝鮮の一般国民だって、他国の状況などにどんどん気づいて行きそうだしね。^^;
 金正恩氏が、自分の権力を奪いかねない人(兄や側近含む)を粛清して、国内での体制維持に自信を持ったこともあるかも?(@@)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 今月中には、トランプ大統領との米朝会談が行なわれる予定なので、そこで、どのような提案や取り決めがなされるのか注目しなければならないのだけど。
 
 ただ、既に元CIA長官のポンペオ国務大臣(日本でいう外務大臣)が、3月に北朝鮮を極秘訪問して金委員長と会談を行なっており、ある程度、具体的な方針は決めているようだし。韓国同様、水面下で細かい調整を行なっていると思われ・・・。
 もしかしたら、思った以上に、トントン拍子で話が進む可能性もある。(**)

 そうなったら、日本も北朝鮮の動きを歓迎して、米国や周辺諸国とも相談しながら、東アジアの非核化、平和維持に協力すべきだと思うし。(少なくとも安倍首相&仲間たちのように、いつまでも北朝鮮を敵視して、制裁強化ばかりの北風政策をとるべきではあるまい。)

 それこそ、mew周辺では、(半分オチャラけ込みだけど)「もし朝鮮戦争の終戦協定が締結され、具体的に非核化、軍縮が確認されたら、ノーベル平和賞を授与してもいいのではないか」と。「ノーベル賞をもらったら、裏切りにくくなるかも知れないし」なんて話が出ていたりもするのだが。<トランプなんぞには、ノーベル賞はとらせたくない!(-"-)>

 折角、北朝鮮が(たとえ半分は演技だったとしても)歩み寄りを見せているのだから、今後、孤立化して、またグレちゃったりしないように、欧米や周辺諸国が中心になって、うまく国際社会で受け入れて行くような環境を作って行く必要があるのではないかと思う。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

『朝鮮戦争終結へ「半島の完全非核化目標」合意

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(65)が27日、南北分断の象徴である板門店で首脳会談を行い、朝鮮戦争の年内の終戦に向け、米国、中国を交えた協議を推進することなどで合意した。07年以来、10年半ぶりの首脳会談は融和ムードに包まれ、両首脳は合意内容をまとめた板門店宣言に署名すると、抱擁を交わしたが、日本人拉致問題への言及はなかった。

 平壌で行われた過去2度と違い、初めて板門店で開かれた南北首脳会談は午前9時半、金委員長が北朝鮮最高指導者として、初めて韓国の地を踏むところから始まった。

 幅50センチのコンクリートで仕切られた軍事境界線をはさみ、文大統領と対面した金氏は「歴史的な場所で感動的です」とあいさつした。文大統領が「ここまで来られたのは大きな勇断です。こちらに立ちますか」と話しかけると、金氏は左足で韓国の砂利を踏んだ。文氏は「私はいつ北朝鮮に行けるでしょうか」と尋ね、金氏はアドリブで「今行きましょうか」と回答。手をつないだまま2人が北朝鮮側に入るサプライズに、拍手が起こった。

 統一旗カラーのブルーのネクタイを締めた文氏に対し、金氏は3月の訪中時と同じ黒い人民服姿。硬い表情だった両氏はこのアドリブを機に笑顔に変わった。この日のために北朝鮮を代表する景勝地・金剛山の絵に掛け替えられた会場の「平和の家」での会談冒頭、金氏はこう発言した。

 「軍事境界線は高くもなく簡単に越えられた。境界線を越えるまで11年かかったが、今日歩きながら『なぜこんなに長い時間がかかったのか』と思った。私たちが失った11年の歳月を後悔しないくらいに随時会って懸案を解決し、心を合わせて進めば、失った11年を後悔しないほど前に進めるのではないか。こんなことを考えながら200メートルを歩いてきた」

 北朝鮮は昨年までの2年間、早朝に約40発の弾道ミサイルを発射。金氏の「もうたたき起こしませんよ」との冗談に、文氏が「これからは足を伸ばして寝ます」と切り返した。首脳会談は午前だけで1時間40分。昼食と休憩のため、北朝鮮側に戻る金氏の黒塗りの車を、同じ髪形、スーツ姿、ネクタイの随員12人が取り囲んで走った。北朝鮮のものものしさがうかがえたが、午後も両氏は南北の土と水を使って松を植樹すると、ベンチに2人きりで座り30分以上にわたって談笑。融和ムードを強調した。

 午後6時、両氏は<1>核のない朝鮮半島を実現するという共通目標の確認<2>年内に朝鮮戦争の終戦を宣言し、休戦協定を平和協定にするため米国や中国を交えた会談を推進する<3>今秋の文氏の平壌訪問<4>南北共同連絡事務所の設置などを柱とする板門店宣言に署名すると、初の共同会見も行った。金氏は「全ての合意を徹底履行する」と強調したが、核放棄の手順、時期には触れなかった。
 果たして最大の焦点の非核化は実現するのか。金氏は午後9時すぎ、全日程を終え、北朝鮮に戻った。(日刊スポーツ18年4月28日)』 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

『【ソウル=上野実輝彦】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は二十七日、南北軍事境界線のある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で会談し「完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現する」ことなどを明記した「板門店宣言」に署名した。朝鮮戦争の終戦を年内に宣言することで合意。文氏が今秋に平壌(ピョンヤン)を訪問することや南北の職員が常駐する連絡事務所を北朝鮮・開城(ケソン)に設置することでも一致した。ただ国際社会が注目する北朝鮮の非核化へ向けた具体的な道筋には言及しなかった。

 宣言では北朝鮮の核凍結措置について「非核化に向けて有意義で重大な措置」との認識で一致。「国際社会の支持と協力を得るため積極的に努力していく」とした。また「休戦状態の終息と平和体制の樹立は先送りできない歴史的課題」として、終戦宣言のほか、米韓朝三カ国や米韓中朝の四カ国の首脳会談を積極的に推進するとした。

 軍事的緊張の緩和に向け、敵対行為を相互に中止することでも合意。五月一日以降、軍事境界線付近での拡声器による宣伝放送や体制批判ビラの散布を中止し、軍事当局者会談を頻繁に開くことを決めた。
 さらに今後、「民族の和解と団結のため、多面的な交流を活発化する」ことも確認。南北離散家族の再会事業を推進するほか、南北を結ぶ鉄道の連結事業再開に向け対策を取っていくことで合意。首脳会談の定例化でも一致した。

 会談後の共同記者発表で、文氏は「完全な非核化が共同の目標だと確認した。南北はさらに緊密に協力する」と説明。終戦宣言と平和協定を通じて朝鮮半島の平和体制を構築していくことが「国際秩序を根本的に変える重要な合意だ」と会談の成果を強調した。

 一方、正恩氏は「われわれ二人が膝をつき合わせ、意思疎通して協力することで、良い結果が生まれるよう努力していく」と述べた。
 日本人の拉致問題は板門店宣言や共同発表では触れられていない。

◆南北共同宣言骨子

▼南北首脳が、完全な非核化を通して核のない朝鮮半島を実現するという共通目標を確認
▼年内に朝鮮戦争の終戦宣言をし、休戦協定を平和協定に転換するための会談を推進
▼北朝鮮・開城に南北共同連絡事務所を開設
▼韓国の文在寅大統領が今年秋に平壌訪問
▼両首脳が定期的な会談、直通電話で議論
▼敵対行為を全面的に禁止  (共同・中日新聞18年4月28日)』

* * * * *
 
 日本がカヤの外になっている件については、また他の機会に書きたいと思うが。<安倍晋三氏が首相でなくなったら、状況が変わって来るかも知れないけど。>
 
 安倍首相としては、支持率アップ&総裁選3選&改憲実現のために、何とか日朝会談を実現して、拉致問題でもそれなりの成果を出したいところゆえ、ここからは「何でもあり」作戦をとって、これまでとは違った動きをする可能性があるかも。^^;

 いずれにせよ、日本やアジアの平和を保つためにも、世界の非核化を進めるためにも、北朝鮮と韓国や日本、欧米諸国がいい形で融和して行けるといいな~と願っているmewなのだった。(@@)

 THANKS
                        
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-05-01 06:06 | 東アジア、北朝鮮問題

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7