日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2018年 06月 18日 ( 1 )



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



 先週12日、シンガポールで米国のトランプ大統領と北朝鮮の金委員長が、初の首脳会談を実現した。(++)

 安倍首相は、事前に会談(電話会談を含む)を行なった際、トランプ大統領に何度も「拉致問題について取り上げて欲しい」「自分が会いたいとの意向を伝えて欲しい」と強く要望していたのであるが・・・。
 トランプ大統領は、12日に行なった会見で、拉致問題について安倍首相の考えを伝えたことを明らかにした。また、その後、安倍首相との電話の中でも、そのように語っていたという。(・・)

 安倍首相は、もともと拉致問題に力を入れていた上、この秋の総裁選で3選するには、日朝会談の実現や拉致問題の前進が不可欠であることから、この2点に関して改めて強い意欲を示している。(**)

『安倍首相は、トランプ大統領から米朝首脳会談について電話で報告を受けた。安倍首相はその上で、拉致問題の解決に向け、北朝鮮との直接交渉に改めて意欲を示した。
 安倍首相「(拉致問題に関する)私の考えについては、トランプ大統領から金正恩委員長に明確に伝えていただいた。トランプ大統領の強力な支援をいただきながら、日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかなければいけない」
 安倍首相は、トランプ大統領からの報告について、詳細を明らかにしなかったが、ある政府関係者は「拉致問題への取り組みについて金委員長からしかるべき反応があったそうだ」と述べている。(NNN18年6月13日)』

<ここで邪推を一つ。何か12日の米朝会談が終わってから、安倍首相がやたらに「拉致問題は、日本と北朝鮮との間の問題だ」「日本が(or私が)北朝鮮と直線向き合って解決したい」という表現を使い始めたような感じがする。
 もし米国がこれらの問題に本気で協力する気なら、トランプ大統領か幹部が、拉致の協議や首脳会談セッティングの仲介やアシストを行なうことも可能だと思うのだけど。もしかしたら、トランプ大統領は、メッセージは必ず伝えるが、その後の協議や首脳会談の設定には、米国は一切関わらないので、日本が独自でやるようにと言われたのかも知れない。(~_~;)>

* * * * *

 ただ、実のところ、金委員長か、安倍首相のメッセージに対して、何と答えたのか、どのような反応を示したのかについて、正式に発表されたことは一つもないのである。^^;

 安倍陣営としては、支持率をアップさせるためにも、国民に期待を持たせるような話をしたいところだろうし。安倍首相の周辺からは「北朝鮮は、これまでのように拉致問題は解決済みだと拒まなかった」とか、「安倍首相にオープンに対応すると言ってたらしい」などの記事が、ちらほら出ているのであるが・・・。
 早くも北朝鮮側が、改めて「解決済み」だと発表したように、それらの情報がどこまで本当なのか、金委員長が本当に安倍首相に会う気があるのか、現時点では、全くわからないのが実情だ。(@@)

 ロシアのプーチン大統領が、9月にウラジオストクで開く国際会議(「東方経済フォーラム」)に金委員長を招待。その際に、ロ朝首脳会談を行なうことを提案している。(・・)

 安倍首相も、できればこのような機会を利用して、金委員長と会談を行いたいところなのであるが。以前も書いたように、安倍陣営には、北朝鮮とのルート、パイプが限られているため、コンタクトをとるのも難しい様子。
 昨日、モンゴルの国際会議で外務省の官僚が北朝鮮の役人と接触を試みたのだが。まともな対話はできなかったという。 _(。。)_

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『<金正恩氏>「拉致解決済み」言及せず 米が安倍首相に電話

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日の米朝首脳会談で、トランプ米大統領から日本人拉致問題を提起された際、「解決済み」という従来の立場に言及しなかった。安倍晋三首相と13日に会談した自民党の萩生田光一幹事長代行が記者団に明らかにした。首相が12日夜にトランプ氏から電話で説明を受けた内容を萩生田氏に伝えたとみられる。

 萩生田氏は「解決済みだという反応がなかったのは大きな前進だ。今まではここで(日朝間の)話が終わっていたが、これからさらに話をするという確認ができた」と評価した。

 これに関連し、菅義偉官房長官は13日の記者会見で「トランプ氏が拉致問題を提起してくれたのはわが国にとって極めて力強い。首相が直接、北朝鮮の委員長と会談して物事を進めていく」と述べ、日朝首脳会談の開催に意欲を示した。

 菅氏はまた、日朝両政府が拉致被害者の再調査で合意した2014年5月の「ストックホルム合意」の履行を引き続き求める方針を示した。北朝鮮が16年に再調査を中止したことを「まったく受け入れられない」と改めて批判した。

 首相は13日、自民党宮城県連の地方議員や萩生田氏らと首相公邸で面会し、拉致問題について「安倍内閣の最重要課題であり、拉致されたすべての国民を日本に取り戻し、家族と会わせる。自分の責任でしっかり解決する」と強調した。(毎日新聞18年6月13日)』

* * * * *

『日朝首脳会談「可能な限り早期実現を」 安倍首相が指示

 安倍晋三首相は拉致問題の解決に向け、日朝首脳会談を可能な限り早期に実現するよう関係当局に調整を指示した。日本政府関係者が14日、明らかにした。米朝首脳会談を踏まえ、圧力一辺倒路線から転換を図った形だが、北朝鮮側の出方を慎重に見極めたうえで、会談開催の是非や時期を最終判断する方針だ。

 安倍首相は14日、拉致被害者の家族らと首相官邸で面会。12日の米朝首脳会談でトランプ米大統領が拉致問題を提起したことを説明し、「拉致問題は日朝の問題。主体的に責任をもって解決しなければならない」と決意を伝えた。日朝首脳会談については、「拉致問題が前進していくものにならなければ意味がない」とも語り、具体的な進展が見込めるかどうかを見極める考えを示した。

 河野太郎外相は14日、韓国・ソウルで米韓両国の外相と会談した際に「日本は北朝鮮と拉致問題を含む様々な懸案事項を話し合う用意がある」と伝えた。外務省幹部は同日、モンゴル・ウランバートルで北朝鮮外務省の担当者と接触した。

 一方、韓国情報関係筋によると、トランプ氏は12日の米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に「日本とも対話すべきだ」と強く促した。正恩氏は「日本とも対話を進めたい」と応じ、拉致問題は「解決済み」との従来の主張はしなかったという。

 安倍政権幹部によると、トランプ氏は同日、首相との電話協議で、「正恩氏は拉致問題に関する日本との対話にオープンな姿勢を示した」と説明。正恩氏には「日本からの経済支援は拉致問題の解決が前提」との安倍首相の方針を伝えたという。

 日朝首脳会談が実現すれば、2004年に小泉純一郎首相が訪朝して以来。安倍首相は9月にロシアのウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムに出席を予定しており、ロシアのプーチン大統領は正恩氏にも訪ロを要請している。この機会をとらえた会談の可能性も考えられる。

 ただ、菅義偉官房長官は14日の記者会見で、「現時点で決まっていることは何もない」と述べた。首相周辺も「北朝鮮が実効性のある再調査を確約しなければ首脳会談には進めない」と強調するなど、日本政府内には慎重な意見も根強い。(朝日新聞18年6月15日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 常に日本ウォッチしている北朝鮮側は、おそらく、日本で「拉致問題は解決済みと言わなかった」という記事が出ているのを、チェックしたのだろう。
 15日、早速、ラヂオプレスが、改めて「解決済み」だと主張する放送を流したという。(~_~;)
<確か5月12日にも朝鮮中央通信が「拉致は解決済み」と主張していたのよね。>

『日本人拉致問題「すでに解決」 北朝鮮が報道

 北朝鮮は15日夜、国営ラジオで、日本人拉致問題について「すでに解決された」と米朝首脳会談後初めて言及しました。

 ラヂオプレスによりますと、北朝鮮の国営ラジオ平壌放送は15日夜の論評で、日本について「無謀な北朝鮮強硬政策に執拗にしがみついている」としたうえで、「日本はすでに解決された拉致問題を引き続き持ち出し、自らの利益を得ようと画策した」と主張しました。北朝鮮が米朝首脳会談後に拉致問題は解決済みとの従来の主張を示したのは初めてです。

 この北朝鮮側の主張を受け、拉致被害者家族の横田早紀江さんは15日夜、「いつも北朝鮮が言うことだから、何とも思わない」「日本側から動いていかなければ、何とかしなければいけない」と話しました。(JNN18年6月16日)』

* * * * *

『モンゴルで北朝鮮高官と接触、外務省幹部が帰国の途に

 モンゴルで開かれている国際会議の場で14日、北朝鮮の高官と接触した日本の外務省の幹部が、15日朝、帰国の途に就きました。
Q.日本と接触しましたか?
 「あなたたちの国の人に聞いて」(北朝鮮軍縮平和研究所 キム・ヨングク所長)

 外務省によりますと、モンゴルでの国際会議に出席していた外務省の志水史雄参事官は14日、北朝鮮外務省のキム・ヨングク軍縮平和研究所長と短い時間、意見交換しました。日本側は「2国間の直接交渉で拉致問題を解決していく」という立場を伝えましたが、北朝鮮側がどのように回答したかは明らかになっていません。

 12日の米朝首脳会談で、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は「拉致問題は解決済み」という従来の見解を示さなかったことがわかっています。今後、交渉が活発化するとみられますが、北朝鮮の別の担当者はJNNの取材に「日本と接触していない」と述べるなど、今回の意見交換の受け止め方には温度差が見られます。(JNN18年6月15日)』

* * * * *

 一国民としては何とか早く拉致問題を解決したいという思いが強いし。また、北朝鮮とも平和的な交流ができればいいとも思うけど。<「安倍なんぞに手柄をやりたくない」なんて、心が狭いことを言う気もないけど。^^;>

 何か安倍陣営が3選や手柄欲しさに前のめりになり過ぎて、正常な判断ができなくなるのではないかと。また、北朝鮮に足元を見られて、振り回されたり、貢がされたりするのではないかと危惧しているmewなのだった。(@@) 

  THANKS
                       
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-06-18 03:36 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7