日本がアブナイ!

mewrun7.exblog.jp

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター

2018年 06月 21日 ( 1 )



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も! 
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


【テニス・・・18位まで上がった大坂なおみは、ネイチャー・バレーCで1回戦に勝利するも、2回戦1セットめを落としたところで負傷のため途中棄権した。<ドクターに腹部を診てもらっていたらしいのだが。腹筋でも痛めて、全英に備えて大事をとったのかな~?ちょっと心配。>
 で、男子のゲリー・ウェバーOPの方は、昨年、この大会を途中棄権した錦織圭が無事に2回戦を迎えたものの、何と36位のカチャノフに2-6,2-6で完敗。(-_-;)<同じ山のズベ弟が負けたので、決勝まで行けるかと思ったのに~~~。サーブがはいらないと~。>
 でも、何と56位まで順位を落としていた杉田祐一が、7位のティエム(この間、錦織に勝ったクレー得意な選手)に6-2、7-5で勝って、ベスト8にはいったですぅ~。(^^♪<サーブが実によかった。錦織に杉田のサーブがあれば1位になれるかもと思うことも。身長は杉田の方が低いのにな~。^^;> 杉田は去年も全英前にツアー初優勝して、そこからぐ~んと順位を上げたわけで。今年も芝シーズンで調子を上げて、全英、全米で頑張って欲しい。o(^-^)o】

 安倍首相が16日、読売テレビに出演して、拉致問題その他について答えたという。

 長期政権の問題点では、モリカケがらみも頭に置いてか「私の知らないところで、首相の指示がひとり歩きしている」とか言い出したりもして。(~_~;)
 チョット気になる発言もあったので、取り上げておきたい。(・・)

『<安倍首相>自民総裁選、3選に意欲 「拉致解決に使命感」

 安倍晋三首相は16日午前、読売テレビの番組で「まだまだやるべきことがたくさんある。北朝鮮の問題、拉致問題は私自身の責任で解決しなければいけないという強い使命感を持っている」と述べ、9月に予定される自民党総裁選での3選に意欲を示した。最終決断する時期については「東京近辺でセミの声が相当にぎやかになってきたころ」と明言しなかった。

 首相は「意思は完全に固まっているわけではない」とも述べたが、12日の米朝首脳会談を受け、自民党内では首相の3選を支持する声が相次いでいる。

 拉致問題について首相は「北朝鮮が知っていることをきれいさっぱり話し、すべての拉致被害者を日本に帰国させたときに解決する」と指摘。「解決済み」という北朝鮮の従来の立場を変えるために「金正恩朝鮮労働党委員長が大きな決断をすることが求められる」と強調した。日朝首脳会談に関しては「やみくもに行うのではなく、拉致問題の解決に資する会談にしなければいけない」と述べた。

 首相は、北朝鮮の非核化を巡ってトランプ米大統領が米韓合同軍事演習の中止に言及したことに理解を示し、「北朝鮮が米国の善意を受け止めて、行動を示すことが重要だ」と語った。そのうえで「核の脅威がなくなることで平和の恩恵を被る日本などが費用を負担するのは当然だろう」と述べ、国際原子力機関(IAEA)による査察などへの資金拠出に前向きな考えを示した。

 一方、学校法人「森友学園」「加計学園」問題で長期政権の弊害が指摘されることに対し、首相は「いろいろな政策について、私がこうすればこうなるというほどでもない」と反論。「私の分からないところで『これは首相が言っているんだから』ということは起こっているかもしれない。『首相の指示』が独り歩きしていると感じることもある」と述べ、森友・加計問題への自身の関与を重ねて否定した。【古川宗】(毎日新聞18年6月16日)』

『北朝鮮による日本人拉致問題に関し「私自身の責任において解決しなければならないという強い使命感を持っている」と強調した。
・・・長期政権で官僚が首相の顔色をうかがう状況になっているとの指摘を否定しつつ、「私の分からないところで『これは首相が言ってる』ということは起こっているかもしれない。『首相の指示』が独り歩きしていると感じたことはある」と述べた。(産経新聞18年6月18日)』  

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  


 まず、安倍首相が「拉致問題の『解決』」について、どう考えているのか。mewは初めて、安倍首相の考えをきいたような気がする。

「北朝鮮が知っていることをきれいさっぱり話し、すべての拉致被害者を日本に帰国させたときに解決する」

 なるほど~。どこまでが「すべての」拉致被害者なのかわからないが。(北朝鮮が拉致したと言った人、すべてなのかな。)それを実現するには、どれぐらいの時間と費用がかかることか。(~_~;)
 
 それとも、安倍首相は「拉致に関して全てを語って、全員を帰国させれば、謝罪も不要だし、責任も問わない。そして、できる限りの経済支援を行なう」と言うのだろうか?<本当の経済支援の額がオモテに出ることはないだろうけど。1兆レベルになるのではないかとの記事まで出ている。^^;あと、本当に非核化に関して、直接、費用を拠出しないのかどうかも見ておきたいところだ。(・・)>

 ただ、安倍首相にとって、(本当は最大の目標は「憲法改正」なんだけど)、拉致問題の解決を3選出馬の大義名分として利用できることは、実にグッド・タイミングになったと思われる。(・・)

* * * * * 

 モリカケ問題に関する発言も、どんどん変わって来ている。(@@)

『学校法人「森友学園」「加計学園」問題で長期政権の弊害が指摘されることに対し、首相は「いろいろな政策について、私がこうすればこうなるというほどでもない」と反論。「私の分からないところで『これは首相が言っているんだから』ということは起こっているかもしれない。『首相の指示』が独り歩きしていると感じることもある」』

 安倍首相は、昨年2月17日、森友学園の問題に関して、「私と妻が関与していたら、総理も議員も辞める」と明言。また、ことあるごとに「私が指示したことはない」と言っていたのだ。(・・)

 文科省などから出て来た文書に、「首相のご意向」「首相案件」などの言葉が出ていても、ともかく「自分は関わっていない」と言い張って来た。^^;

 ところが、少しずつ安倍夫妻や側近の関与が明らかになって行く中、最近になって、「関与」の中身について、かなりハードルをあげているのである。

 これは18年の5月の記事だが・・・。

『安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会集中審議で、学校法人「森友学園」の問題への自身や妻の昭恵氏の関与の有無について「お金のやりとりがあって、頼まれて行政に働き掛けをした、という意味での関わり合いはしていない」と述べた。収賄に問われるような関わりはないとの趣旨で、従来の説明を修正した。公明党の浜村進氏への答弁。

 首相は昨年2月の国会答弁で「小学校の認可や国有地払い下げには一切関わっていない。私や妻が関係していたとなれば、首相も国会議員もやめる」と断言しており、28日の説明は関与の意味合いを限定して追及をかわす狙いとみられる。
 首相は、森友学園が開学を予定していた小学校の名誉校長に昭恵氏が一時就任していたことに触れ、「そういう意味での関わりはあった」と認めた。自民党の平井卓也氏への答弁。(維持通信18年5月28日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  


 で、今度は『これは首相が言っているんだから』ということは起こっているかもしれない。『首相の指示』が独り歩きしていると感じることもある」と。

 そうなのだ。まさに安倍首相が実感しているように、これが長期政権のアブナい、恐ろしい部分なのである。(・・)

 政治権力を長く握っていればいるほど、首相のちょっとした言葉はどんどんと重みを持って来るし。権限、権力はどんどん強くなる。<さらに言えば、首相自身や周辺の仲間たちも図に乗って、何でもできると勘違いしてしまうおそれもある。(-"-)>

 安倍氏は、自分が指示していないけど、周囲が首相の言葉を深くとって「首相が言っているということは、実質的に指示していると、勝手にとらえているのだ」と釈明したかったのだろうけど。
 それこそ、「獣医学部、いいね」とでもつぶやこうものなら、「これは首相が獣医学部新設にOKを出しているのだ。新設を認めよという指示なのだ」と受け止められかねない(重要フレーズとして文書にも残しちゃう?)可能性もあるのだ。(~_~;)

 だからこそ、梨下に冠を正してはいけないのに、安倍首相は、妻を森友学園の小学校の名誉校長にするわ、加計学園の理事長とは獣医学部新設の手続きを進めている間(13~16年)に20回もプライベートでゴルフや食事に行くわ・・・。
 ふつうなら言動を控えるべきところを、むしろ、自ら梨の実をお友達に与えたりするような感じで。両者の関係に疑念を抱かれるようなことを積極的にしているのである。(>_<)

 もうここまで来ると、長期政権の弊害が出すぎだと言えるので、自ら辞した方がいいと思うのだが、安倍首相は自分の手で憲法改正をという目標実現のためにも、総裁3選に意欲を示している。^^;

 実は、自民党は長期政権の弊害を防ぐ意味もあって(総裁になりたい人がいっぱいいるというのもあったかも知れないけど)、総裁の任期を3年X2期までに決めていたのに、安倍首相&仲間たちは、さらに長く政権を握って、憲法改正をしたいがために、任期を3期まで延長するという規約改正まで行なってしまったわけで・・・。
 これも、まさに長期政権の力の強さ、弊害を反映していると言えるのかも知れない。(・・)

<思えば、前回の総裁選は、もっとヒドくて。幹部で協議して無投票で安倍再選にしようと決定。野田聖子氏が立候補しようとして推薦人を集めていたのに、前夜に推薦人はがしをされて、立候補できずに終わったんだっけね。(~_~;)>

* * * * *

 昨日も二階幹事長と麻生副総理と会食をして、総裁選3選に向けた会合を行なったようなのだけど。
 もし安倍首相が3選したら、憲法改正に向けて動くのは必至だし。
 それこそどこまでの権力が広がってしまうのか、どこまで忖度政治が進んでしまうのか。どこまでメディア支配が及んで、民主主義が壊れてしまうのかわからないし。
 
 日本をアブナイ国にしないためにも、何とか3選阻止をしたいと改めて思うmewなのだった(@@)

  THANKS

                      
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-06-21 06:07 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7