安倍が絶賛の杉田水脈、LBGTに生産がない、普通でないと寄稿。戦前志向の超保守思想がアブナイ


 これは24日、2本めの記事です。

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 これまで杉田水脈氏なる女性議員の暴言は、イッチャッてる超保守ウーマンの戯言ととらえることにして、当ブログではあえて無視して来たし。大手メディアもほとんど取り上げずスル~し来た感じがあったのだが・・・。

 ただ、今度の「LGBTは生産性がない」などの月刊誌への投稿ばかりは、ほぼ全ての大手メディアが取り上げていて、かなり批判も載せている様子。
 しかも、先に言っておくなら、彼女は安倍首相が「素晴らしい」と評価し、超保守グループにスカウトされて、こころから自民党に移って立候補することになった議員だということを覚えておいて欲しい。(**)

<ちなみに杉田氏は2014年に、あの田母神俊雄氏も受賞したアパ主催の「真の近現代史観」懸賞論文で最優秀賞を受賞してたりして。(真性ウヨ保守と認められた証拠?)この間までは何故か安倍トモのジャーナリストに強姦されたと訴えている伊藤詩織さんを、妙に攻撃しまくっていたのだけど。他にもあちこちでさんざんアブナイ発言を繰り返しているのよね。(-_-;)>

* * * * *

『自民党の杉田水脈衆院議員(比例・中国ブロック)が7月18日発売の「新潮45」2018年8月号に寄稿した文章「『LGBT』支援の度が過ぎる」への批判が広がっている。

 杉田議員は、寄稿文で「LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか」として、LGBTへの差別を解消する動きについて疑問を呈した。

また、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」「なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょう」などと持論を展開している。(ハフポスト18年7月23日)』

<国会議員に「生産性がない」などと書かれること自体、もう男女のカップルに比べて差別されていると思うんだけどね。(ーー゛)
 あんたの方がよっぽど生産性がないどころか、社会にとってマイナスなので、LBGTの人も含む私たち国民の税金から、あんたのような国会議員を給料を払いたくないんだけど。(`´)

 LBGTの人の多くは、ちゃんと働いて社会の中でお金も回したり、税金も払ったりしているわけで、ちゃんと生産性があるし。養子をとったり、様々な工夫をして子どもをもうけている人もいるんだよ。(・・) それに税金から生活支援を受けるわけでなくて、差別をなくして欲しいとか相続など夫婦に認められる権利を自分たちにも認めて欲しいと求めているに過ぎないし。(**)

 大体、子どもを作る=生産性があることになるなら、子どもを作らないor作れないカップルは生産性がないのであれば、安倍首相夫妻もmewんちも生産性がないってことになるよね。これは子どもがいないうちへの差別にもつながるのでは?(@@)>
 
* * * * *

 杉田氏は、何分にも戦前志向、明治思想をベースにしている人なので、もともと「男性と女性は別で当たり前」と主張し、ジェンダー思想を批判。男らしさ、女らしさ、男女の関係を重視し、LBGTは、「普通でない」(ある意味で、異常な?)望ましくないとしてとらえているのである。(~_~;)

『LGBは、性的嗜好の話です。以前にも書いたことがありますが、私は中高一貫の女子高で、まわりに男性がいませんでした。女子高では、同級生や先輩といった女性が疑似恋愛の対象になります。ただ、それは一過性のもので、成長するにつれ、みんな男性と恋愛して、普通に結婚していきました。マスメディアが『多様性の時代だから、女性(男性)が女性(男性)を好きになっても当然』と報道することがいいことなのかどうか。普通に恋愛して結婚出来る人まで、『これ(同性愛)でいいんだ」と、不幸な人を増やすことにつながりかねません。(本件論文59頁)』

『「『常識』や『普通であること』を見失っていく社会は、『秩序』がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません。私は日本をそうした社会にしたくありません(本件論文60頁)」』(オルタナより)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 mewは時々、居酒屋談義などで、杉田氏のことを「維新の足立、自民の和田の女性版」と揶揄したりしているのであるが。

 維新の足立康史氏はもともと杉田氏の発言には批判的で。先月も『天下の自民党、官僚として21年仕えた自民党に、杉田水脈衆議院議員のようなアホな国会議員が所属していること自体が、どうしても許せないのです。
 私は辻元清美議員のことを悪人だと思っています。それに比べれば、杉田水脈議員は大したことありません。まあ、敢えて煽って言えば、単なるアホです。しかし、立憲民主党=万年野党の“悪人”と与党自民党の“アホ”とを比べたら、自民党の“アホ”の方が社会的には害悪になります』などと書いていたのだが・・・。

 今回も「政治家ですから、報道批判もいいし、3年前に渋谷区が先陣を切り、札幌市、福岡市、そして大阪市等の政令市も展開するLGBTカップル公認制度等の施策を批判することもあっていいと思いますが、LGBTカップルを取り上げて「生産性」批判するのは、さすがに、“度が過ぎる”のではないでしょうか。

杉田議員は『なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょうか」と問題提起しますが、過去に支配的であった「常識」や「普通」という枠組みには収まらず、「異常」や「病気」として差別されてきた人々が「普通」に市民生活を享受できるようにしていく作業は、政治が果たすべき重要な役割の一つです』と早速、批判を行なっている。(アゴラ7.23より)

* * * * *

 LBGTの団体や野党からはもちろん、同じ自民党の議員からも批判が出ている。(ーー)

『SNSで「優生思想だ」といった批判が広がると杉田氏は22日、自身のツイッターで、先輩議員から「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと声をかけられたとし、「自民党の懐の深さを感じます」と投稿した。

 しかし、党内からも批判が相次ぐ。武井俊輔・前外務政務官は19日、寄稿を念頭に「劣情を煽(あお)るのは政治ではなくて単なるヘイト」とツイッターで指摘。橋本岳・同党厚生労働部会長は朝日新聞の取材に「生きづらさを抱える人たちが、自分らしく生きられるようにするための福祉行政全般を否定していると受け止められかねない」とした。

 当事者団体も23日、抗議声明を発表した。LGBT法連合会は「LGBTに限らず広く人権の観点から、『生産性』を引き合いに出す主張は疑問」と指摘。LGBT理解増進会は「重大な懸念」を表明し、自民党本部に善処を申し入れた。

 杉田氏は23日、月刊誌の発売後に「ゲイだと名乗る人間」から殺害予告のメールが届いたとして赤坂署に被害届を提出し、関連するツイートを削除。その後、朝日新聞の取材には「コメントできない」と語った。

 杉田氏は2012年に初当選し、2期目。元次世代の党で、自民党が昨年の総選挙で比例中国ブロックに、比例単独候補としては最上位の17位で擁立した。(二階堂友紀)(朝日新聞18年7月23日)』
 
『武井議員はハフポストの取材に対し、特定の人に対し「生産性がない」とする考えについて「危機感を覚える。生産性のない人間だと人を断ずるのは、社会で生きている価値がないと言っているのと同じ。この考えは越えてはいけない一線を越え、相手を傷つけるもので、様々な立場の少数者の方々を差別・排除する構造と似ている」と語った。

 また、投稿した経緯については「ネット上を見ていても、このような考えを少なからず称賛する意見があり、これは危ないと思った。自民党にも多様な意見があることを知ってもらいたかった。できるだけ大きな網を張って、そこから漏れる人がいないように政策を考えていくのが保守だと思う」と説明した。(ハフポスト18年7月24日)』

* * * * *

 実は自民党内にも「性的指向・性自認に関する特命委員会」というのがあって。LGBTへの理解を促す「性的指向・性同一性の多様性に関する理解増進法案」をとりまとめているのである。(**)

<何故か超保守派の稲田朋美氏や古屋圭司氏が中心に活動しているのが不思議なのだけど。^^;  ただ、彼らも24条は「両性の合意」と定められているので、同姓の正式な婚姻は認められないとする立場。中には、この件をうまく利用して、憲法改正のきっかけにしたいと考えている改憲派の人もいるようだ。^^;>

 ただ、杉田氏の22日のツイートによれば、「自民党に入って良かったなぁと思うこと。『ネットで叩かれてるけど、大丈夫?』とか『間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ』とか『杉田さんはそのままでいいからね』とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださること」なんだって。 _(。。)_

<「LGBTの理解促進を担当している先輩議員が「雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉も選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ないから」と、仰ってくれました。自民党の懐の深さを感じます。」とも書いてあったらしい。(削除済み?)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 杉田氏は、関西地方が橋下ブームで沸いた2012年の衆院選で維新の党(兵庫6区)から出馬し、落選したものの比例近畿で復活当選。その後、維新の分裂に伴い、超保守ロード(次世代、こころなど)を歩んでいたのだが。
『櫻井よしこによれば、安倍晋三首相が「杉田さんは素晴らしい」と絶賛し萩生田光一議員と「一生懸命になってお誘い」し、自民党からの出馬が決まったという。(wikipediaより)』<で、比例中国から出馬したのよね。>

 杉田氏は何かと言えば、旧ソ連のコミンテルンが復活して、日本に侵攻しつつあると主張。
 保育園の待機児童もそんなに深刻な問題ではないのに、コミンテルンが「保育園落ちた、日本死ね」などの発言をさせているのではないかという趣旨の主張をしていたのを覚えている。(-_-;)

 で、実は安倍氏周辺も、何かと言えばコミンテルンという言葉が持ち出す人が多いし。<自民党の超保守派が、菅直人氏は日本を滅ぼすためにコミンテルンの力で首相になったので、早くおろさないととマジで言ってたのをきいて、逆に「大丈夫?」って心配になったのを思い出した。^^;>

 安倍氏もまだ2003年、若手の頃だったけど。札幌に講演に行った際に「乳幼児保育には反対である。それをやったスウェーデンは、一時は出生率が上がったが、今は急落している。その上、保育所で育った子供たちによる少年犯罪が激増していて、ストックホルムは、今や犯罪発生数では、ダントツの世界一である」と語ったことも。<要は社会主義的な高福祉には反対ってことね。^^;>
 
 また、民主党政権の時には、国会でも「子育てを家族から奪い去り、国家や社会が行う子育ての国家化、社会化だ。これは実際にポルポトやスターリンが行おうとしたことだ」と言って、子ども手当てを拡充しようとしていたのを強く非難していたこともあった。(・o・)

<首相になったばかりの2012-3年には「お母さんは出産後、3年、育児のために仕事を休んで職場復帰できるようにすべきだ。『3年間、抱っこし放題』できるとアピールしていたこともあったもんね。・・・思いっきり批判が多くて、いつの間にか、その主張は引っ込めたけど。(>_<)>
 
 これは書き始めたらキリがないのだけど。この杉田氏の国家、社会、人権、性別、育児などに対する思想や感覚は、10割とは言わずとも、7~8割は安倍首相&超保守仲間と重なっている部分があるし。
 いくら思想、言論の自由があるとはいえ、これ以上、杉田氏のトンデモ言動の容認を続けているようでは、安倍首相や党幹部の見識が問われるようになるのではないかと思うmewなのだった。(@@)

p.s. 共産党の志位委員長が頚椎を痛めて、腕にしびれが出ているため、手術をするとのこと。どうかお大事に。早く元気になって、来年の参院選に向けて頑張ってもらわないと!
 mewも腕が痛くなって、原因がわからず困っていたら、実は頚椎がおかしかったということがあった。幸い手術はしなくて済んだけど。もし腕が痛くなったり、しびれたりした場合、頚椎の異常も疑ってみるといいかもです。(・・)

 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-07-24 18:25 | (再び)安倍政権について

安倍3選は確実?~国民は2法案や災害対応批判も、支持率下がらず。自民支持層では安倍人気ダントツ


 ついに埼玉県の熊谷では41.1度の日本最高。そしてわが東京でも、青梅で初の40度超えを記録。(都心のアスファルトの上も、40度超えしている地点が多数あると思うけど。)
 まだ全国の多くの地域で、高温が続くとのこと。18日以降だけで熱中症による死亡者が100人近く出ていて、もはやこれは自然災害と言えるかも。皆さま、健康や生命を第一に考えて、どうかムリせぬよう。水分補給、暑さ対策をしっかり致しましょう!(**)

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

最初に、「51%の真実」さんの『内閣支持率推移から今後の安倍政権の命運を考える (06/04)』という記事をリンクさせていただく。(・・)

 実際のデータをすごく見やすく示して、わかりやすく分析している記事で。安倍政権の今後を予想する&倒した方を考える上で、貴重な記事だと思う。(++)

<実は、これをリンクする際に、mewも何かこれに見合うような記事を書こうと思っていたのだが。なかなかうまく書けず、記事をアップできないうちに、1ヶ月以上も立ってしまうことに。でも、安倍3選に絡んで、重要な記事だと思うので、今回リンクさせていただくことにしたです。遅くなってすみません。m(__)m>

* * * * *

 で、今回は、この記事に沿う形で、内閣支持率に関する新たな情報と感想を・・・。

 mewは、今週の世論調査の結果をチョット楽しみにしていたのだ。"^_^"
 というのも、ここ10日ほどTVやネットが、例の「赤坂自民亭」に関する問題や、安倍内閣の対応の遅さや不備などをそこそこ積極的に取り上げるようになっていたし。それに国民の多くは、安倍自民党が強行成立させた参院6増法案にもカジノIR法案にも反対だからである。(-_-)

 で、mewが今週、最初に目にした世論調査の結果は、日経新聞の記事だったのだけど。<22日の18時台にネットにアップされていた。>

 これを見て、mewは「キターーー」と(古語だけど、まさにこんな気分だったのだ>、正直なところ、チョット小躍りしてしまったのである。<思わず知人に、この記事を見るように連絡しちゃったほど。>
 何故なら、安倍内閣の支持率が7ポイント減、不支持率が5ポイント増で、計12ポイントも安倍内閣に対するマイナス評価が増えたからである。(**)

* * * * *

『日本経済新聞社とテレビ東京による20~22日の世論調査で、安倍内閣の支持率は45%となり、前回の6月下旬の52%から7ポイント下落した。不支持率は6月の42%から47%に上がった。不支持率が支持率を上回るのは2カ月ぶり。

 通常国会で成立した参院定数を6増やす改正公職選挙法やカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法への反対論が多く、支持率下落に影響したとみられる。改正公選法については反対が56%で、賛成の28%を上回った。IR実施法は反対60%、賛成27%だった。

 西日本豪雨を巡る政府の対応に関しては「評価する」が39%で、「評価しない」の46%を下回った。首相と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との首脳会談を「早く開くべきだ」は49%、「急ぐ必要はない」は43%だった。日本人拉致問題の解決を「期待できない」は71%で、「期待できる」の21%より多かった。

 政党支持率は自民党が38%で、前月の44%から6ポイント下落した。立憲民主党は12%と9%から3ポイント上がった。特定の支持政党を持たない無党派層は36%だった。

 調査は日経リサーチが20~22日に全国の18歳以上の男女に携帯電話も含めて乱数番号(RDD方式)による電話で実施。965件の回答を得た。回答率は47.5%。(日本経済新聞2018/7/22 18:14)』

 日経は、経済界の意向に配慮する面があって。その影響があるのかどうかわからないが、内閣支持率の数字も他より高い傾向にあったのだ。^^;
 それが頭にあったので、ますます小躍りしてしまくなった部分があったのだけど。今にして思えば、他が早くから40%台に下がっていた中、日経は6月まで52%という異例の高数字をキープしていた分、今回はマイナスが大きくなってしまったところがあるのかも知れない。(-_-)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 でも、残念ながら、10ポイント以上にも及ぶ大きなマイナスを示したのは、日経&テレ東の調査だけだった。_(_^_)_  

 同じく22日に発表されたNNNと読売新聞の共同調査では「安倍内閣を「支持する」と答えた人は45%(前月比0pt)、「支持しない」も45%(前月比+1pt)だった。」

 共同通信の調査では「内閣支持率は43・4%で6月16、17両日の前回調査から1・5ポイント減少した。内閣不支持率は41・8%だった。」(毎日新聞18年7月22日)<尚、6月の不支持は43・2%だったので、2ポイント減っている。^^;>

 「20日に成立したカジノ解禁を含む統合型リゾート(IR)実施法に反対との回答は64・8%に上り、賛成27・6%を大きく上回った。西日本豪雨への安倍内閣の対応を「評価しない」としたのは62・2%で「評価する」は27・5%(同上)」なのに。支持率はほとんど下がらないのである。(-"-)

 そして、産経新聞&FNNの合同調査の結果と言えば、「内閣の支持率は42・1%で前回調査(6月16、17両日)から2・5ポイント下落し、不支持は1・7ポイント増の47・3%だった。第2次内閣が発足した平成24年12月以降の安倍首相の政権運営については「評価する」が44・6%、「評価しない」が45・0%と拮抗(きっこう)した」という。(産経新聞18年7月22日)』

 産経は、カジノIR法案に賛成か反対かはきかず、その効果に期待するか否かをきいたのだが。「IR設置による経済効果や地方活性化に「期待する」と回答したのは31・3%、「期待しない」は62・0%に上った」なんだよね。
 さらに『改正公職選挙法が成立し、参院定数を6増とする選挙制度改革が実施されることに対しては「賛成」は26・5%、「反対」は60・8%に達した』という。(・・)

<『参院定数を6増する改正公職選挙法への「賛成」は全体で26.5%にとどまったが、同法を提出した自民党の支持層でさえ反対が47.2%となり、賛成(37.5%)を上回ったんだって。>

 mewがチョット驚いたのは、『西日本豪雨の復旧・復興に向けた政府の対応を「評価する」は43・8%、「評価しない」は45・0%だった』とのこと。(゚Д゚)
 一体、何を見たら、この数字になるのかmewには理解不能だ。 _(。。)_

* * * * *

 総裁選の見通しについても、mewが泣きなくなるような結果が出ていた。(ノ_-。)

『次の総裁、自民支持層は安倍氏首位…読売世論調査

 読売新聞社が21~22日に実施した全国世論調査で、次の自民党総裁に誰がふさわしいと思うかを聞くと、全体では小泉進次郎・筆頭副幹事長が29%で最も多く、安倍首相が26%、石破茂・元幹事長が22%などで続いた。自民支持層に限ると、首相が49%に上り、小泉氏25%や石破氏15%を大きく引き離してトップだった。(読売新聞18年7月22日)』

 産経・FNNの調査でも、小泉進次郎氏や石破茂氏の方が少し上にいるのだが。これが自民党支持者だけだと、安倍首相がダントツの1位なのである。(ーー)

『9月の自民党総裁選に向け、だれが総裁にふさわしいかを尋ねた設問では、トップが小泉進次郎筆頭副幹事長で26・8%、2位は石破茂元幹事長で25・3%、3位は安倍首相で23・6%だった。岸田文雄政調会長は4・4%、野田聖子総務相は3・7%と低迷した。』

『、自民党の次期総裁にふさわしい人物として自民党支持層では安倍晋三首相(党総裁)が6月の前回調査(49・4%)とほぼ横ばいの49・1%で引き続きトップに立った。石破茂元幹事長は前回比で3・0ポイント増となったが、16・9%にとどまり、2位の小泉進次郎筆頭副幹事長(前回比1・6ポイント減の19・8%)よりも下だった。首相は石破氏の3倍近い支持を得ており、総裁選まで残り約2カ月となっても首相の優位は変わっていない。(産経新聞18年7月22日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『産経・FNN合同世論調査 総裁選 自民支持層の安倍首相優位変わらず 石破氏の3倍、49%で圧倒

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)による21、22両日の合同世論調査で、自民党の次期総裁にふさわしい人物として自民党支持層では安倍晋三首相(党総裁)が6月の前回調査(49・4%)とほぼ横ばいの49・1%で引き続きトップに立った。石破茂元幹事長は前回比で3・0ポイント増となったが、16・9%にとどまり、2位の小泉進次郎筆頭副幹事長(前回比1・6ポイント減の19・8%)よりも下だった。首相は石破氏の3倍近い支持を得ており、総裁選まで残り約2カ月となっても首相の優位は変わっていない。

 自民党支持層では、安倍政権の外交政策を72・1%が支持しており、激変する北朝鮮情勢への対応など、首相の外交手腕への評価が堅調な支持率を支えているとみられる。

 一方、石破氏は劣勢挽回の切り札としたい党員票獲得で苦しい状態が続いている。石破氏は全体の調査では男性の10~20代と50代、女性の10~20代以外の全世代で首相を上回る。自民党支持層の数値も増える傾向にあるが、党員票の行方が混沌(こんとん)とするような劇的な変化はみられない。

 今回の総裁選で、前回まで300票に固定されていた党員票は、党総裁公選規程の変更で国会議員票(現在405票)と同数となり、決選投票でも各都道府県に1票ずつ計47票が新たに加わる。それだけに首相と石破氏は党員票の取り込みに力を入れている。

 首相は4月以降、大阪府や北海道、滋賀、埼玉両県などを訪れ、自民党県連や地方議員の会合に出席した。いずれも首相が勝利した平成24年の総裁選で、首相が獲得した党員票が石破氏に敗れるか、同数だった地域だ。

 石破氏も、自ら率いる石破派(水月会、20人)以外の国会議員票の支持拡大に苦戦する中、党員票の獲得に特に力を入れている。2月に大阪府で約1200人を集めるパーティーを開いたほか、各地の県議レベルの会合にまで顔を出し、コツコツと集票活動を進めている。

 “旋風”を起こして劣勢との下馬評を覆した13年総裁選の小泉純一郎元首相のように党員票で圧倒し、国会議員の投票に影響を与えようというのが石破氏の基本戦略だ。総裁選まで約2カ月に迫る段階で、肝心な自民党支持層の期待が膨らんでいない状況は痛手といえる。

 総裁選への対応を決めていない岸田文雄政調会長は、前回比0・7ポイント減の4・4%だった。自民党支持層では3・8%とさらに低迷し、知名度不足が課題となっている。総裁選出馬を公言している野田聖子総務相も横ばいの3・7%で、党支持層では3・5%と伸び悩んでいる。(大島悠亮)』

* * * * *

 党員からの支持がなかなか増えないと言われていた安倍首相が、早い段階から党員票の獲得のため、全国各地を回って、直接エサをバラまき、自己の存在をアピールしていた効果が、かなり出て来たのかも?^^;

 また自民党の総裁選は「後出し有利」と言われている上、西日本の災害が起きたことから、安倍首相はなかなか総裁選への出馬を表明せず。<出る(出たい?)のは見え見えなんだけど。落選するわけに行かないので、ギリギリまで支持率などを見極めたいのかも。>
 そのため、総裁選の立候補を考えている石破氏や野田氏らも正式な出馬表明&選挙準備がしづらくなっており、ますます安倍首相に有利な流れになっている。<それも安倍陣営の狙いの一つかも。>

 このままでは、安倍氏の総裁選3選、首相継続がどんどん確実になって行きそうな感じで。何とか逆転のきっかけとなる事がないものかと(モリカケや防衛省の隠蔽その他で安倍首相の責任を問い得るような決定的な証拠が見つかるとか)、ついつい期待してしまうmewなのだった。(@@)

   THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]

by mew-run7 | 2018-07-24 05:24 | (再び)安倍政権について