2018年 07月 31日 ( 2 )


 これは7月31日、2本めの記事です。

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【いよいよテニスは、全米に向けて最後のハードコートのシーズンに。30日から始まるシティOP(500)には錦織圭や杉田祐一に加えて、予選を勝ち上がった20歳の綿貫陽介がツアー初出場する。"^_^" <綿貫は錦織が「すぐにTOP100にはいれる才能がある」と評価している選手。先週の体育会TVでも20枚抜きを2回もクリアしていた。(・o・)>
 先週は、ダニエル太郎が250の大会(クレー)でベスト8入りして、ランキング・アップ。今週も西岡良仁が250の大会で1回戦突破をしており、全米に向けて日本選手は調子が上がっている感じが。・・・ただ、錦織のドロー運は相変わらず悪い。第1シードのズベ弟の山にはいちゃったし。(仲がいいので、一昨日、一緒に練習してたけど。^^;)2回戦でランキングを落としてノーシードだけど強いバブと当たる可能性大だし~。(ノ_-。)ガンバ!o(^-^)o】

* * * * * 

 ところで、安倍首相は31日、やはり定例の閣議を行なわず、完全にお休みをとった。ただ、周辺は「体調が悪いわけではない。ただの休暇だ」と強調している。(・・)

『安倍首相、つかの間の休養=31日の閣議取りやめ

 安倍晋三首相は30日、午前中に首相官邸で行われた西日本豪雨の非常災害対策本部会議に出席した後、午後は整骨院で施術を受けるなど休養を取った。
 31日も公務を入れず、つかの間の休みとする予定。同日の定例閣議は取りやめる。

 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、首相の休暇について「危機管理や災害対応などには万全を期している中で、休める時には休んだ方がいい」と述べた。閣議取りやめは、諮る案件がないためと説明した。首相周辺は「(首相の)体調が悪いわけではない。ただの休暇だ」としている。(時事通信18年7月31日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、先日、(迎撃ミサイル用の)陸上イージス導入に6000億円以上かかる可能性が大きいことや、いきなり候補地にされた秋田、山口の自治体が強い電波の影響や攻撃される危険性に不安を覚え、反発しているという話を書いたのだが・・・。


 専門家からも、今の陸上イージスは費用に効果が見合わない(コスパが悪過ぎってことね)ので、導入の決定は見送った方がいいという声が出ているし。実際にに導入される23~25年頃には、北朝鮮情勢がどうなっているかもわからないのに。<まあ、安倍首相は、天敵・中国をアタマに置いているんだろうけど。^^;>

 でも、安倍首相がトランプ大統領のご機嫌をとるために、「ビリオン・アンド・ビリオン(十億ドル単位=千億円単位の?)」の高額な武器+αを買う方針を示してしまったため、次々と米国からアレコレ購入しなければならないことに。(-"-)

 小野寺防衛大臣は30日に、陸上イージス2基を購入することを発表。2基分2679億円、維持・運用費などを含めると4664億円に。そして、やはり迎撃ミサイルの調達費なども含めれば、総額は6千億円を超える見通しだという。(゚Д゚)

 また安倍内閣は、沖縄その他で、政府の防衛政策に従ってくれるところには補助金を、反対すると冷遇というアメムチ作戦を展開しているのだけど・・・。

 ここでも、まさに「出た~~~」という感じで。小野寺防衛大臣は、陸上イージスを設置してくれる自治体には、補助金を出すことを示唆。
 秋田県知事から「お金で釣ると捉えられても仕方ない」と批判を受けてしまった。(~_~;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

『地上イージス2基2679億円 ロッキード社決定

 防衛省は30日、秋田、山口両県への配備を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に搭載するレーダーに関し、米ロッキード・マーチン社製「SSR」を採用すると発表した。イージス・アショアの取得価格は2基分2679億円で、維持・運用費や隊員教育費を含めると最終的に4664億円に上る。このほか迎撃ミサイルの調達費などを含めれば、総額は6千億円を超える見通しだ。

 ロッキード社によると、1基目の配備までに約6年かかるため、政府が目指す平成35年度の運用開始は遅れる可能性が出てきた。小野寺五典防衛相は記者団に、「少しでも前倒しできるよう努力したい」と強調した。「北朝鮮の脅威は変わっていない」とも述べた。

 防衛省はSSRと米レイセオン社製「SPY6」を候補に選定作業を進めていた。(1)高い高度からの「ロフテッド攻撃」や複数のミサイルを同時に撃ち込む「飽和攻撃」への対応能力などの基本性能(2)整備性や部品補給などの後方支援(3)経費(4)納期-の4項目で評価した結果、納期が同等で、残る3項目はSSRが優れていた。

 防衛省はこれまで1基約1千億円弱としていた。経費はレーダー関連のほか、ミサイル発射装置やデッキハウス(建物)などの取得費がかかる。運用には1発約40億円の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」や弾薬庫、基地の防護対策、土地整備なども必要で、さらに膨らむ方向だ。(産経新聞18年7月31日)』

* * * * *

 しかも、小野寺大臣は、2つの候補地が難色を示していることを懸念して、配備先に特別な補助金を交付する可能性を示唆したと。要は「エサを鼻先に」「札束で頬を」という自民党伝統の、とりわけ安倍内閣が得意なバラまき・アメムチ作戦を展開することを示唆したのである。(゚Д゚)

『<地上イージス>「配備先に補助金も」 小野寺防衛相が示唆

 小野寺五典防衛相(衆院宮城6区)は8月3日で就任1年となるのを前に、河北新報社の単独インタビューに応じた。米朝首脳会談後、北朝鮮の核・ミサイル廃棄は進んでいないと指摘し、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の必要性を強調。配備候補地に対し「重要施設だからこそ、しっかり守ることを繰り返し説明する」と理解を求める姿勢を示した。配備先自治体は、部隊展開による支障を軽減する補助金の対象となることも示唆した。

 小野寺氏は北朝鮮情勢について「今も弾道ミサイルの製造を続け、核技術向上に努め、能力を増強している可能性がある。脅威は変わらない」と語った。

 イージス・アショアの配備候補地となった陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)同むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の地元自治体に対しては「多くの住民が生活する地域で申し訳なく思う。だからこそしっかり調査したい。不適地であれば他の場所を探す」と説明を重ねる考えを明らかにした。

 配備先となった自治体に関しては「部隊展開で迷惑を掛けることもあるので、要望を聞きながら対応する」と言及。防衛施設周辺生活環境整備法に基づく民生安定助成事業を適用し、補助金の交付対象とする可能性を示した。

 同事業は陸自王城寺原演習場(宮城県大和町、色麻町、大衡村)航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)空自松島基地(宮城県東松島市)の地元自治体にも適用されている。(河北新報18年7月28日)』

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 この小野寺大臣の話を受け、秋田県知事が「お金で釣ると捉えられても仕方ない」と批判したという。(・o・)

『<地上イージス>補助金交付示唆「お金で釣ると捉えられても仕方ない」秋田知事が批判

 佐竹敬久秋田県知事は30日の定例記者会見で、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、小野寺五典防衛相が河北新報社のインタビューに対し配備先自治体が補助金交付対象になる可能性を示唆したことについて「お金で釣ると捉えられても仕方ない」と批判した。

 防衛省は秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を配備候補地とし、地元住民からは反対の声が上がっている。佐竹知事は「(補助金のことを)最初ではなく、途中で持ち出すのは住民に不快感を持たせる」と語った。

 現地調査の一般競争入札の開札が延期となったことを、「強行すればさらに不信感が増す。延期せざるを得なかったのだろう」と分析。調査前に全体構想を示すべきだと改めて訴えた。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射に備える地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊の撤収方針を防衛省が固めたことにも言及し、「(イージス・アショアの可及的速やかな導入を目指すとの)防衛省の説明がますます苦しくなる」と述べた。(河北新報18年7月31日)』

* * * * *

 30日には、新たな海上イージス艦が進水したのだが。これには、敵のミサイルや航空機の位置情報をリアルタイムで共有する「共同交戦能力(CEC)」が初めて搭載されるという。<調達費は約1680億円だって。(・o・)>

 安倍内閣が、集団的自衛権を認めたことから、米国その他の国と共同で交戦できる体制を整備しようとしているのである。(-"-)

『新イージス艦「まや」進水=20年就役、ミサイル防衛強化-海自

 海上自衛隊に配備される7隻目の新型イージス艦(8200トン)の命名・進水式が30日、横浜市のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所(磯子工場)で行われた。「まや」と命名され、今後は弾道ミサイル迎撃などの装備を整えた後、2020年に就役する。調達費は約1680億円。

 海自によると、まやには、敵のミサイルや航空機の位置情報を共有する「共同交戦能力(CEC)システム」を初めて搭載。CECシステムは高速・大容量のデータを送受信でき、日米の情報共有が強化される。日米が共同開発中の新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射能力も備える。

 来年には別の新規イージス艦も進水する予定で、21年には海自イージス艦は8隻態勢となる。
 「まや」は神戸市の六甲山地中央に位置する摩耶山に由来。かつて摩耶山は八つの国が見渡せたとされ「八州峰」と呼ばれ、隙無く厳格に警戒する様子が連想されるほか、「八」の字が末広がりで縁起が良いという。(時事通信18年7月30日)』

『イージス艦が増えれば練成に多くの時間を費やすことが可能で、高い練度を維持してBMDやシーレーン(海上交通路)防衛などに当たることができる。また、米国など他国との共同演習にもイージス艦を積極的に派遣できるようになる。(産経新聞18年7月30日)』

* * * * *

 最近は、全くと言っていいほど、この手の報道がなされていないことから、主権者たる国民は自分たちの税金を多額で使われているのに(&安保政策は自分の生命、生活の安全にも大きく関わることなのに)、何も知らないままでいて。
 政府、特に防衛省は、安倍内閣が「イケイケ長期政権」なのをいいことに、国民のことなどほとんど全く考えずに、勝手に大金を使って、戦争の準備ごっこに邁進しているわけで・・・。

 改めて「日本がアブナイ!」と大きな声で、警戒を呼びかけたいmewなのだった。(@@)

  THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-07-31 21:10 | 平和、戦争、自衛隊


頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  


【「Googleギフト詐欺」に注意して下さい!

 うわさにはきいていたのだが。最近、PCやスマホに突然「おめでとうございます!Googleをお使いのあなた!」「Google ギフトが当選しました!」とかいう画面が出て来るようになった。
 そのあとに、「無料Movie Card Streaming、iPad Air 2、Samsung Galaxy S6のいずれか」を獲得したとか。クイズの回答を選択しろとか記されていたりする。

 mewはすぐに画面を消してしまうのだが。どうも次の画面では「カード番号を入力しろ」などと言って来るようで。いわゆるフィッシング詐欺の一種らしい。
 どうか余計なものはクリックせず。すぐに画面を消してください!(**)】

* * * * *

 ところで、安倍首相&周辺は、まさに加計学園の理事長や関係者との面会もそうだけど。会ったはずなのに、会っていないと言い張るケースが少なくない。(@@)

 先日は、岸田政調会長が23日に安倍首相と会って話したと会見で言ったのに、菅官房長官は「首相は会っていない」と言い張るし。(首相動静には載っていない。)
 25日夜には、地元・山口の県議30人が首相公邸に来て会食をしたようなのだが。「公邸の見学に来た。首相とは会っていない」と言い張っているらしい。(゚Д゚)(こちらも首相動静には載っていない。)

 安倍首相&周辺の「会っていない」詐欺にも注意が必要なようだ。 _(。。)_

* * * * *

 その前に、昨日、安倍首相が急に30、31日にお休みをとることになったという話を書いたのだけど・・・。
<『安倍、突然のお休み?+杉田発言に抗議のデモ&稲田も批判&石破が差別発言を容認する自民党を批判』>

 さすがは、われらが首相さま。(・・)

 豪雨災害に続き、台風12号の被害にもあっている西日本のことを思い、28日には完全休養をとられたものの、29日も30日も疲れた体にムチ打って(針、打ってかな?)首相官邸での会議に出席されたようだ。 _(。。)_

『首相動静―7月29日 【午前】東京・富ケ谷の自宅で過ごす。
【午後】4時7分、官邸。10分、高橋清孝内閣危機管理監、海堀安喜内閣府政策統括官。31分、豪雨非常災害対策本部会議。5時53分、自宅。』

『首相動静―7月30日 【午前】11時4分、官邸。13分、高橋清孝内閣危機管理監、橋田俊彦気象庁長官、海堀安喜内閣府政策統括官。31分、豪雨非常災害対策本部会議。
【午後】0時42分、石川正一郎拉致問題対策本部事務局長。1時23分、東京・赤坂の赤坂島田整骨院。はり治療など。3時10分、東京・富ケ谷の自宅。』(朝日新聞より)

* * * * *

 やはり豪雨災害が始まろうとしていた夜に「赤坂自民亭」に出席していたことが響いたのか(初動が遅く、支援が後手後手に回っているのが国民にバレたのか?)、今週、発表された毎日新聞の世論調査では、政府の対応が「十分ではない」と答えた人が68%に上ったとのこと。(-"-)

『死者200人を超える大きな被害を出した西日本豪雨については、政府の対応が「十分ではない」と答えた人が68%に上り、「十分だ」は20%だった。自民支持層でも54%が「十分ではない」と回答した。(毎日7.28)』

 総裁選が近づいていることもあって、安倍陣営は、このような数字をかなり気にしているのかも知れない。^^;

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そうなのだ。安倍首相は、近時は総裁選対策のために、毎晩のように関係者と会食していたのだけど。例の自民亭問題が出てからは、夜の会食は控えて、ランチ作戦を展開。関係者と会う時も、こそっとステルス密会しているらしい。(~_~;)

 25日には地元・山口の県議30人を首相公邸に招いて、会食したようなのだが。<地方議員は公邸に招待されるのは自慢になるからね~。ただ、総裁選の支持集めで、地方議員を喜ばすために首相公邸を使っていいものなのか?(-"-)>

 何と安倍首相は、オモテ向きは県議と会っていないことにしている様子。『自民県連幹事長は記者団に「首相とは会っていない。公邸の見学をした」と語った。しかし実際には首相との会合や写真撮影が行われ、首相は「復旧した上で今後の災害を防がねばならない」と熱弁を振るったという。』(゚Д゚)

* * * * *

『安倍首相、夜会食自粛しランチ作戦=自民亭批判浴び

 安倍晋三首相が夜の会食を控えている。

 西日本豪雨で気象庁が厳重な警戒を呼び掛けていた5日夜、自民党所属議員との宴会「赤坂自民亭」に出席して批判を浴びたためで、災害対応が一段落するまでは自粛するのが得策と判断しているようだ。

 自民亭が催された5日まで、首相は毎晩のように関係者と会食。しかし、6日の規制改革推進会議メンバーとの懇親を最後に、夜の会食は途絶えた。確認されている限りでは、外交行事である17日の欧州連合(EU)首脳との夕食会が唯一の例外だ。

 もっとも、9月の党総裁選で3選を目指す首相にとって、会食は重要な選挙運動。このため、首相は昼食の機会をフル活用している。24日は首相公邸に熊本県議を招きランチ。25日には愛知県議らにハヤシライスを振る舞い、地域活性化の要望に耳を傾けた。(時事通信18年7月26日)』  
* * * * *

『<安倍首相>炎上怖い?極秘開催 公邸で夜会合

 安倍晋三首相は25日夜、首相公邸に地元・山口県の県議約30人を招いて会食した。出席者によると弁当と、お茶やジュースなどのノンアルコール飲料だけが用意され、酒は提供されなかった。「かん口令」(出席者)でこの会合は公にされず、報道各社の首相動静には記されていない。被災地への配慮に欠けるとの批判を受けないよう、ひそかに開催した。

 首相は西日本豪雨の甚大被害が明白になった7日以降、飲食店での夜の会食を控えている。5日夜に東京・赤坂の議員宿舎で開かれた飲み会「赤坂自民亭」への批判の大きさを考慮して自粛しているようだ。

 首相は25日午後6時42分に官邸から公邸に移り、そのまま宿泊。県議たちは午後8時半過ぎに公邸から出てきた。友田有・自民県連幹事長は記者団に「首相とは会っていない。公邸の見学をした」と語った。しかし実際には首相との会合や写真撮影が行われ、首相は「復旧した上で今後の災害を防がねばならない」と熱弁を振るったという。

 赤坂自民亭では、出席議員が会場の写真をツイッターに投稿したことが批判に拍車をかけた。公邸の会合では、友田幹事長が出席者にネットへの投稿を自粛するよう呼びかける場面もあったといい、首相周辺の緊張感がうかがえる。

 自民党の閣僚経験者は「なぜ隠す必要があるのか」といぶかったが、ある出席者は「被災地を意識したのだろう」と話した。【竹内望、浜中慎哉】(毎日新聞18年7月27日)』

<7月25日の首相動静(午後)は、『5時14分、小野寺五典防衛相、防衛省の前田防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。6時9分、ドイツのマース外相による表敬。西村、野上浩太郎両官房副長官同席。42分、公邸。』で終わっている。(・o・)>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 そうか~。首相動静には載らないんだ~。(・・)

『動静に載らない安倍首相の「極秘会合」 相手から見えるその目的は?
7/27(金) 19:00配信 J-CASTニュース
動静に載らない安倍首相の「極秘会合」 相手から見えるその目的は?
総裁選「圧倒的勝利」に向けた動きが加速している(2017年9月撮影)
 安倍晋三首相が2018年9月に行われる自民党総裁選での「圧倒的勝利」に向けた動きを活発化させている。党員票のカギになる地方議員との会合を繰り返しているのに加えて、無派閥議員との会合にも積極的だ。

 首相動静に載らない「極秘会合」も多い。西日本豪雨の中で開催された「赤坂自民亭」への批判が大きかったことから、警戒感を強めているようだ。

■県会議員を首相公邸に招いてランチミーティング

 12年の総裁選では、党員票300票と国会議員票198票の計498票で争われたが、その後の総裁公選規程の改正で、今回の総裁選は党員票405票と国会議員票405票の計810票で争われることになった。安倍氏からすれば、12年は党員票では石破茂氏に敗れたという苦い経験があり、票の掘り起こしに躍起だ。

 首相動静から確認できるだけでも、18年6月13日には宮城県、7月5日に群馬県、7月9日に静岡県の自民党県議を首相公邸に招いてランチミーティングをしている。

 国会議員票は、岸田文雄総務会長が不出馬を表明して安倍氏を支持することにしたため、すでに安倍氏支持を表明している細田、麻生、二階の3派と合わせると、すでに6割程度を固めた計算だ。そんな中でも安倍氏は「無派閥」議員への攻勢を強めている。

 問題視された7月5日の「赤坂自民亭」には、無派閥議員も数多く出席。この場に安倍氏が姿を見せることで、存在感をアピールする狙いもあったともされる。

 一方、動静などにも載らない「極秘」の会合も目立つ。

 7月24日、無派閥議員を乗せた車が続々と首相公邸入りする様子を日本テレビが報じた。総裁選での支持を取り付ける狙いがあるとみられるが、この会合が開かれたのは7月6日。豪雨がさらに激しくなる中での会合で、批判を避けるために極秘での開催になった可能性もある。

岸田氏とも「極秘会談」したはずだが...

 それ以外にも、毎日新聞が7月27日に報じたところによると、7月25日夜に地元・山口県の県会議員ら約30人を招いてお茶などのノンアルコール飲料で会食している。やはり各社の動静には掲載されなかった。

 さらに、岸田氏は不出馬を表明した7月24日の会見で、23日に首相と直接会談したことを明らかにしたが、この日の首相動静には、やはり掲載されていない。ここでも「極秘会談」が行われたとみられるが、菅義偉官房長官は7月25日の会見で、「(首相は)会ったことはない、ということだった」と、面会の事実を否定している。(J-CASTニュース18年7月27日)』

 岸田氏との面会の話にせよ、県議との会食の話にせよ、その気になれば、TVのワイドショーや週刊誌などが扱ってもいいんじゃないかな~と思うのだけど。何だか最近、特にTVは安倍首相にマイナスになること、ひいては安倍政権の政治に関わることは、できるだけ扱わないようにしているような感じもあったりして。(~_~;)

 安倍首相&周辺は、どんなにか「平気でウソをつく&つかせる」人たちの集まりなのか、もっと多くの国民に知って欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

   THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


[PR]
by mew-run7 | 2018-07-31 04:18 | (再び)安倍政権について

「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7