プーチン「北方領土返還なしの平和条約を」と爆弾発言。大目標遠のき、ショックの安倍陣営



頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、福岡、中国・四国地方の人たちも
     ・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  

 安倍首相がロシアに出発する前に、蜜月状態だったはずのロシア&プーチン大統領との関係が悪化しており、北方領土返還の話も進んでいないという記事を書いたのだが。(『安倍、ロシアとの関係も悪化。北方領土返還は話が進まず、墓参は中止。ロ軍機や艦船が次々と日本に』)

 案の上、10日に行なった安倍ープーチンの首脳会談は、思うように行かず。(-"-)

 しかも、プーチン大統領が12日に突然、他国の首脳もいる公の場で「前提条件なしの平和条約締結」、つまりは「北方領土返還の合意なしで、平和条約だけ締結)を提案するという爆弾発言を行なったため、安倍首相らに、大きなショックを与えることになった。 _(__)_

<それも、安倍首相が、北方領土返還の話も交えた講演をした後、天敵・中国の習主席もいる前で、そんなことを言われて、首相としたらトンデモ恥をかかされたとも言えるかも。 (ノ_-。)

 安倍首相&超保守仲間にとっては、北方領土の返還は憲法改正と並んで最重要の目標。首相が、二次政権にはいって、プーチン大統領と20回以上も会談を行ない親交を深めようとて来た最大の目的も、北方領土返還&それを前提とした平和条約締結を実現することにある。^^; <あと中国包囲網を築くため&「プーチンのような強いリーダーに憧れてるから>
 
 しかも、日本政府はずっと1956年の日ソ共同宣言に記されたことを前提に、「北方領土は日本固有の領土。平和条約は、領土返還の合意を前提にして締結する」と主張し続けているのだが。プーチン氏は昨日、「56年の共同宣言(2島返還)を日本が拒否した」と発言。これまでの協議を、根本から覆す姿勢を示したという。(゚Д゚)

 安倍官邸や政府は、プーチン氏が何か特別な意図を持って、このような発言を行なったと受け止めているようで。菅官房長官は12日の会見で、「プーチン大統領の意図について、コメントするのは控える」と発言。その上で、「北方4島の帰属問題を解決したうえで、平和条約を締結するという姿勢に変わりはない」と改めて政府の立場を主張した。(・・)

 しかし、今回にプーチン爆弾発言で、ロシアとの関係はさらに悪化し、北方領土返還の合意も、極めて困難になったと見ていいだろう。 _(。。)_

【尚、一部のメディアが、プーチン大統領が「年内に平和条約締結を」と提案したことを(タイトルなどにも上げて)強調、安倍首相の首脳会談っや外交がうまく行っているかのように見せかけて報じようとしているのだが。
 安倍首相&日本政府にしてみれば、北方領土の返還合意なしに、早く平和条約締結してもさしたる意味もないわけで。国民に安倍首相の大好きな「ファクト」を知ってもらうためにも、プーチン氏が領土返還を棚上げにしようとしていることをメインに報じるべきだろう。(・・)】

* * * * *

 まず、10日の会談と会見の話を・・・。

 安倍首相は、10日の午前中に総裁選の演説会と会見を行なった後、午後からロシアのウラジオストクへGO。「東方経済フォーラム」なる国際会議に出席するほか、ロシアや中国などと首脳会談を行なうためだ。(・・)

 安倍首相は10日の夕方、早速、ロシアのプーチン大統領と22回目の会談を行なったのだが。プーチン氏は、毎度のことながら(毎度以上に?)、2時間半も遅刻したとのこと。^^;
 その後、2人は共同会見も行なったのだが。映像を見る限り、以前に比べて笑顔や親密なムードはなく、2人の関係がやや冷えているのが感じられた。(~_~;)

<ちなみにプーチン氏は、その後、中国の習近平主席と会談や会見を行なったのだが。こちらは逆に、満面の笑顔を浮かべるような超友好ムードで。中国を敵視している安倍氏に見せ付ける意図もあったのかと、うがった見方をしたくなったほどだ。(>_<)*1>

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 プーチン大統領の爆弾発言のため、10日の会談や会見に関する記事を載せるスペースがなくなってしまったので、*2にアップしておくが・・・。

 先日も書いたように、安倍首相は、ともかく「日本の領土である北方領土」の返還を早く実現しようと考えて動いているのだけど。プーチン大統領の方は、安保軍事の面から考えても、領土(の主権)を早く返還しようとする考えはない。<本土の近くに、米軍または同軍と一心同体の自衛隊が配備されるおそれもあるしね。>

 逆にプーチン大統領は、安倍首相をうまく利用して、いかにロシアに対する経済的支援を引き出すか、また経済制裁解除に賛同するなどいかにロシアの味方をさせるかということをメインに考えていて。
 北方領土に関しても、とりあえず経済交流、人・物の往来を進めることを提案。10日の会談も、そのことがメインに協議され、領土返還の話はほとんど進まなかったという。(~_~;)

『日ロ首脳共同記者発表要旨

【ウラジオストク時事】安倍晋三首相とプーチン・ロシア大統領が10日行った共同記者発表の要旨は次の通り。

 大統領 ロシアにとって日本は信頼の置けるパートナーだ。長年議論が続いている領土・平和条約問題を一朝一夕に解決できないことは分かっているが、両国民が受け入れられる解決法を模索する用意がある。その文脈で共同経済活動に着手した。日本からのビジネスミッション(官民調査団)訪問を予定しており、その後、内容を詰めていく。元島民による墓参の手続きの簡素化に関して依頼があった。ロシアも検討中だ。朝鮮半島情勢については、南北対話を支持することを確認した。

 首相 共同経済活動は本日の会談で、ロードマップを承認し、5項目のプロジェクトの具体的内容と、実施に向けた作業の進め方で一致した。(北方)4島の未来図をともに描く作業の道筋がはっきりと見えてきた。ビジネスミッションも10月初めに実施する。新しいアプローチは日ロ協力の姿を確実に変化させている。こうした変化を積み重ねた先に平和条約がある。 
 北朝鮮問題でも率直な議論を行った。拉致問題の解決が不可欠だと改めて話し、プーチン氏の理解と協力を得た。10月からロシア人団体観光客を対象とした新たな査証緩和を行う。日ロ租税条約発効のための公文を交換した。プーチン氏が訪日される来年6月の大阪20カ国・地域(G20)首脳会議の際に日ロ首脳会談を行い、東京で日ロ交流年の閉会式を行うことを約束した。 【時事通信18年9月10日)』

* * * * *

 ただ、この後、AFP(時事)からチョット先行きが不安になるような記事が出ていたのだ。^^;

『北方領土問題の速やかな解決の可能性は低い、プーチン大統領

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は10日、極東のクリール諸島(Kuril Islands、北方領土を含む千島列島)における日本との領有権問題が速やかに解決する可能性は低いとの見解を示した。より楽観的な見通しを示していた日本側に冷水を浴びせるような形となった。

 プーチン氏はロシア極東のウラジオストク(Vladivostok)で開催の「東方経済フォーラム(Eastern Economic Forum)」に出席するためロシアを訪問した安倍晋三(Shinzo Abe)首相と会談。会談後に「この問題は何十年にもわたって協議されてきており、速やかに解決されると考えるのはナイーブ(訳注 世間知らずの、考えが甘い、といった意味)というものだ」と語った。

 プーチン氏は「だがわれわれはロシアと日本の両国にとってうまくいき、両国民に受け入れられるような解決策を模索する用意がある」と説明。協議を通じて日ロ関係に「新たな弾み」がつくことは間違いないとの見通しを明らかにした。またプーチン氏は、日ロ政府は千島列島の南端に位置する北方領土4島での協力・経済関係で進展を見せたとも述べた。・・・(AFP時事18年9月11日)』

 菅官房長官は、10日の首脳会談では「前提ナシの平和条約」の話は出なかったと説明していたそうだが。プーチン大統領は、この時、既にこの爆弾提案のことを考えていたのかも知れない。(-_-;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  
 
 12日には、ロシア政府主催の「第4回東方経済フォーラム」の会合で、安倍首相が講演を行い、他の参加国に北方領土返還問題への協力を要請したという。(++)

【安倍晋三首相 北方領土問題解決へ「私たちの歩み支援してほしい」

【ウラジオストク=小川真由美】ロシアの極東ウラジオストクを訪問中の安倍晋三首相は12日午後(日本時間同)、ロシア政府主催の「第4回東方経済フォーラム」で演説した。首相はロシアのプーチン大統領と通算22回目の会談で北方領土問題を協議してきたことを踏まえ「機会をとらえては幾度なく会談を続ける。私たちの歩みを支援してほしい」と述べ、両首脳間で領土問題を解決し、日露平和条約を締結する決意を改めて示した。

 日露の経済協力について、液化天然ガス(LNG)や港湾など150以上の事業を念頭に「ウラジオストクをはじめ、極東各地は日露の協力によって人、モノ、資金が集まるゲートウェイになる」と述べ、日本が極東地域の発展に貢献する意志を示した。(つづきは*3に。産経新聞18年9月12日)』

* * * * *

 しかし、壇上に各国首脳が並んで、質疑応答を行なっていた時のこと。安倍首相が、(早く北方領土の協議を進めたいという思いで?)「今までのアプローチを変えるべきだ」と言ったのを受ける形で、プーチン大統領がこんなことを言い出したのである。(@@)

『ロシア極東ウラジオストクで12日、日本との平和条約交渉などについて、ロシアのプーチン大統領が話した主な内容は次の通り。

 (「今までのアプローチを変えるべきだ」という安倍晋三首相の発言を受けて)シンゾウは正しい。我々は問題を解決し、平和条約を締結したい。
 安全保障は重要だ。あなた(司会)が言った(米軍が北方領土に進出する可能性についての)議論もしている。当然、米国のミサイル防衛システムを含む多くの軍事協力について懸念しないわけにはいかない。

 シンゾウ・アベは今、アプローチを変えると言った。信じないだろうが、正直に言う。今、思いついた。単純なアイデアだが、まさに今、ここで頭に浮かんだ。
 70年間、我々は問題解決に取り組んできた。1956年の日ソ共同宣言は、調印しただけでなく、日本とソ連の双方で批准された。その後、日本は宣言の履行を拒否し、問題は逆戻りした。

 シンゾウがアプローチを変えようと提案した。そうしよう。平和条約を結ぼう。今ではないが、年末までに。あらゆる前提条件なしで。 (会場で拍手)
 争いのある問題はその後で、条約をふまえて友人として解決しようじゃないか。我々が70年間にわたって解決できなかった課題の解決が、より簡単になるだろうことは明らかだ。(朝日新聞18年9月12日)』

* * * * *

『プーチン大統領が平和条約について初めて「年内」と期限を区切ったことに、同行筋からは「どこまで真剣に受け止めればいいのか」と嘆く声も聞かれた。官邸幹部は「揺さぶりだろう」と静観する構えを示している。

日本政府は発言の真意を慎重に見極める方針だが、ロシア側は、プーチン大統領の発言を踏まえて今後の交渉に臨んでくるものとみられる。プーチン流の強引な駆け引きを前に、安倍外交はさらに厳しい交渉が迫られそうだ。(NNN18年9月12日)』

 安倍首相がプーチン大統領と、来年5月、日本で行なわれるG20会合の際に次の会談を行なうことを約束したとのこと。
 安倍陣営は、来春ぐらいまでに北方領土返還の協議を進めることで、支持率をアップさせ、憲法改正の発議や国民投票につなげて行きたいと思惑もあったと察するのだが。果たして安倍首相は、ロシアにもトンデモお貢ぎ外交をして、強引にでも協議を進めようとするのか。しばらくは静観するしかないのか、注目したいと思うmewなのだった。(@@)

 THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】

↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



More
[PR]

by mew-run7 | 2018-09-13 06:21 | (再び)安倍政権について